内藤やす子の現在!結婚した夫や娘は?ヒット曲など経歴まとめ

歌手の内藤やす子さんは現在どのような活動をされているのでしょうか?病気で倒れたという噂についても気になるところです。また、内藤やす子さんの結婚した夫や娘についても調査しました。内藤やす子さんのヒット曲やこれまでの経歴にとともに紹介します。

内藤やす子の現在!結婚した夫や娘は?ヒット曲など経歴まとめのイメージ

目次

  1. 1内藤やす子のプロフィール
  2. 2内藤やす子の現在
  3. 3内藤やす子が結婚した夫や娘は?
  4. 4内藤やす子の厳選ヒット曲
  5. 5内藤やす子のこれまでの経歴
  6. 6内藤やす子の現在はリハビリ生活を経て歌手活動復活!

内藤やす子のプロフィール

・愛称:???
・本名:内藤泰子
・生年月日:1950年9月28日
・年齢:68歳(2019年8月現在)
・出身地:神奈川県横浜市本牧
・血液型:A型
・身長:155cm
・体重:42kg
・活動内容:歌手
・所属グループ:なし
・事務所:プロダクションオーロラ
・家族構成:???

内藤やす子の経歴

内藤やす子さんは浪曲師の両親のもとに生まれ、幼少期から三味線や長唄などを習っていたそうです。中学時代には浪曲師の二葉百合子さんの弟子になりました。この弟子としての生活は3年ほど続いたそうですが、その後はアマチュアのロックバンドのボーカルとして活動を始めます。

実は内藤やす子さんは後に違法薬物の使用で逮捕されてしまいますが、ロックバンドの活動をしていたこの頃からマリファナを吸っていたということを後に告白しているそうです。

内藤やす子さんが歌手としてデビューすることになったのは24歳の時でした。きっかけはスカウトだったようですが、1975年に「弟よ」でデビューを果たします。

その後も内藤やす子さんはそのハスキーな声で多くのファンを魅了し、1976年には「想い出ぼろぼろ」でこの年の新人賞を数多く受賞しました。1986年にリリースした「あんた」は、人気映画「極道の妻たち」のテーマ曲に選ばれヒットしています。

最終学歴は豊島岡女子学園高校中退

内藤やす子さんの最終学歴ですが、豊島岡女子学園高校を中退しているそうです。その後、内藤やす子さんが高校に入り直したり大学へ進学したという話もないようですので、最終学歴としては中卒ということになるようです。

内藤やす子さんの小学校などの情報については、詳しいことは判明しませんでした。ただ、小学校時代には東京都板橋区に住んでいたということですので、地元の小学校に通っていたものと考えられます。

豊島岡女子学園は中高一貫教育

内藤やす子さんが通っていた豊島岡女子学園は中高一貫教育の学校なのだそうです。ですので、おそらく内藤やす子さんは中学時代からこの学校に通っていたのではないかと考えられます。

豊島岡女子学園は東京都豊島区東池袋にある学校で、私立の女子中学・高校となっています。もともとは女子裁縫専門学校として誕生したようですが、現在は女子校としては異例の東大への合格者も輩出しているほどの進学校となっているようです。

内藤やす子の現在

内藤やす子さんの現在についても詳しく見ていきましょう。内藤やす子さんは現在どのような活動をされているのでしょうか?内藤やす子さんの現在について紹介します。

2019年の誕生日で年齢69歳の内藤やす子

内藤やす子さんの年齢ですが、2019年の誕生日で69歳を迎えるのだそうです。かつての内藤やす子さんを知る人は、その年齢を聞いて月日の流れを感じてしまうと言います。

現在の内藤やす子さんはそのファッションも若々しく、歌唱も若い頃と変わりないほどにパワフルだということもあって、69歳と聞いても信じられないという人も多いようです。また、かつてはバラエティ番組に出演することはほとんどありませんでしたが、現在は出演されることもあるようです。

長期のリハビリ生活後の歌手活動復活

内藤やす子さんは2006年に脳内出血で倒れ、入院しています。命は助かったものの、リハビリが必要な生活となってしまったそうです。そのリハビリ生活は長期間に及び、内藤やす子さんはしばらくの間、表舞台から遠ざかっていました。

脳内出血を経て歌手復帰するというのは並大抵のことではありませんが、内藤やす子さんは懸命にリハビリに励み、2016年に歌手として復帰を果たしたのだそうです。

新曲「あなたがいれば」が話題に

内藤やす子さんが復帰後にリリースした「あなたがいれば」は話題になりました。往年の内藤やす子さんのファンから、復帰して初めて内藤やす子さんを知ったというファンまで、幅広い人たちの反響があったと言われています。

内藤やす子さんの復帰がこれほど話題になり、復帰シングルが注目されたのは、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演されたことがきっかけだったようです。

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で歌も披露

内藤やす子さんは2016年に復帰するにあたって、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演され、これまでの闘病生活などを語られました。また、スタジオでは内藤やす子さんのヒット曲などとあわせ、新曲「あなたがいれば」も歌唱されたのだそうです。

テレビでの歌唱は実に10年ぶりのことだったそうですが、相変わらずのハスキーボイスで、往年のヒット曲や新曲を見事に歌い上げ、大きな反響を呼んだようです。

番組では復帰に向けてボイストレーニングをする内藤やす子さんの様子なども紹介されたのだとか。また、番組には内藤やす子さんの夫も登場し、夫婦二人三脚で復帰に向けて活動してきたことも紹介されたようです。

さらに風吹ジュンさんや葛城ユキさんなど、かつて同じ時代に活躍した仲間たちもスタジオに駆けつけ、感動的な再会の様子も放送され、話題を集めました。

内藤やす子が結婚した夫や娘は?

内藤やす子さんは現在、結婚されているようですが、夫はどのような人なのでしょうか?また、内藤やす子さんの娘についても調べてみました。内藤やす子さんの結婚や夫と娘について紹介します。

1995年に夫マイケル・クリスティンソンと結婚

内藤やす子さんが結婚されたのは1995年のことでした。夫はマイケル・クリスティンソンさんという人で日本人ではなく外国人です。内藤やす子さんの結婚当時の年齢は45歳ですので、かなりの晩婚だったということになるようです。

内藤やす子さんのこれまでの結婚歴について調べてみましたが、以前に結婚歴はなく、マイケル・クリスティンソンさんとの結婚が初婚のようでした。

夫はオーストラリア人で国際結婚

内藤やす子さんの夫のマイケル・クリスティンソンさんについて調べてみました。夫のマイケル・クリスティンソンさんは英語教師や牧師の経歴があるオーストラリア人で、年齢は内藤やす子さんよりも21歳年下なのだそうです。

内藤やす子さんが脳内出血で倒れた後には、夫のマイケル・クリスティンソンさんが献身的に介護をされたのだとか。夫は身長185cmの長身で、若い頃はかなりのイケメンでもあったようです。

夫との結婚の馴れ初めは六本木のバー

内藤やす子さんと夫の馴れ初めですが、六本木のバーだったそうです。アプローチは夫のほうからだったようで、夫が内藤やす子さんに一目惚れしたのだとか。夫からの猛アピールを受けて2人は交際をスタートさせました。

交際期間はおよそ2年だったということですが、21歳という年齢差や国籍、文化の違いなどを乗り越えて、お2人は結婚されたようです。

夫との間に娘がいる?

内藤やす子さんと夫の間には娘がいるという噂があるそうです。内藤やす子さんが結婚されたのが45歳の時でしたので、娘がいるのだとすればかなりの高齢出産になっていたはずです。

内藤やす子さんに娘はいるのでしょうか?また、娘の年齢や名前、現在の職業などは判明しているのでしょうか?

娘など子供はいないとの噂

内藤やす子さんの娘について調べてみたのですが、娘はおらず、子供自体もいないようです。ただ、子供はいなくても夫婦仲は現在もかなり良好なようで、内藤やす子さんが脳出血で倒れたときには介護も引き受けるなど、夫婦は強い絆で結ばれているようです。

内藤やす子さんは夫のことを「マイちゃん」と呼んでいるそうで、結婚から20年以上経った現在も、新婚当時のようにラブラブだという話もあるようです。

内藤やす子の厳選ヒット曲

内藤やす子さんにはこれまで数々のヒット曲があります。往年のファンたちには懐かしい曲も多いかもしれません。内藤やす子さんのヒット曲を厳選して紹介します。

ヒット曲動画①「想い出ぼろぼろ」

内藤やす子さんのヒット曲で外すことができないのは、新人賞などを総なめにすることになった「想い出ぼろぼろ」かもしれません。この曲は1976年にリリースされ、大ヒットを記録しました。

「想い出ぼろぼろ」は累計の売り上げ数が80万枚とされており、オリコンの最高位は9位でした。この曲の作詞は阿久悠さんで、作曲は宇崎竜童さんが担当しています。

ヒット曲動画②「六本木ララバイ」

1984年にリリースされた「六本木ララバイ」も内藤やす子さんの代表的なヒット曲です。この「六本木ララバイ」は内藤やす子さんが不祥事で芸能活動を休止し、復帰後に初めてリリースされたシングルでもあります。この曲はヒットし、内藤やす子さんは無事に復帰を果たすことができました。

「六本木ララバイ」は作詞作曲をエド山口さんが担当されてており、1989年に紅白歌合戦に出場した際にもこの曲を歌唱されています。

ヒット曲動画③「弟よ」

そして、内藤やす子さんのデビュー曲でもある「弟よ」も、代表曲として外すことができません。この「弟よ」は1975年にリリースされましたが、累計の売り上げ数は65万枚を記録しており、デビュー曲としてはまずまずのセールスだったようです。

日本コロムビアから発売されたこの曲はオリコンの最高位が8位となっており、1976年度の年間24位を獲得しています。内藤やす子さんはこの「弟よ」で第5回FNS歌謡祭の最優秀新人賞を受賞しました。

内藤やす子のこれまでの経歴

内藤やす子さんのこれまでの経歴について、改めて詳しく見ていきましょう。内藤やす子さんはどのような経歴をたどってきたのでしょうか?内藤やす子さんの経歴について紹介します。

経歴①24歳でスカウトされ歌手デビュー

内藤やす子さんの芸能界での活動がスタートしたのは24歳の頃でした。24歳でスカウトされた内藤やす子さんはシングル「弟よ」でデビューを果たします。24歳でのデビューというのは、当時としては少し遅い年齢だったかもしれません。

ただ、内藤やす子さんは若さよりも持ち前のハスキーボイスと抜群の歌唱力が魅力で、ファンの多くは年齢が24歳であることなどは気にしていなかったものと考えられます。

経歴②大麻取締法違反による逮捕で芸能活動休止

リリースする曲が次々とヒットし、内藤やす子さんの芸能生活は順調かのように見えていました。しかし、10代の頃に薬物を覚えてしまった内藤やす子さんは、芸能界デビュー後も違法薬物に手を染めていたようです。

1977年、内藤やす子さんは大麻所持の容疑で逮捕されてしまい、数年間、芸能活動を休止することになりました。1979年には復帰するものの、次のヒット曲に恵まれるまでにはさらに数年がかかってしまったようです。

当時は芸能界大麻汚染スキャンダルでマスコミ騒動

内藤やす子さんが逮捕された当時、芸能界では大麻汚染スキャンダルが続いていました。芸能界の大物が次々と逮捕され、内藤やす子さんもその流れで逮捕されてしまったものと見られています。

この一連の大麻取締法違反の逮捕劇は岩城滉一さんから始まり、井上陽水さんや桑名正博さん、内田裕也さん、研ナオコさん、美川憲一さん、上田正樹さんなど、音楽シーンで活躍する大物たちが次々と逮捕され、マスコミを賑わせていたそうです。

経歴③復活後は紅白歌合戦初出場

内藤やす子さんは大麻での逮捕からの復帰後、しばらくは低迷の時期が続きますが、やがて「六本木ララバイ」や「あんた」などのヒット曲にも恵まれ、1989年にはNHKの紅白歌合戦にも初出場しました。さらに翌年にも2年連続で紅白出場するなど、この頃には逮捕の影響はほとんどなくなっていたようです。

1900年代後半は、たとえ薬物で逮捕されても復帰は現在ほど難しくはなく、数年の謹慎期間を経れば、普通に紅白歌合戦などにも出場できるような環境だったようです。

経歴④2006年に脳内出血で緊急入院

復帰後も順調に芸能活動をしていた内藤やす子さんですが、2006年、福島県で行われていたディナーショーの最中に脳内出血が原因で倒れてしまいます。内藤やす子さんはそのまま入院し、1ヶ月半ほど入院生活を送りました。

この時には手術などの大きな処置は行われず、薬だけで治療が行われたそうですが、後遺症は残ってしまったようです。

内藤やす子さんの脳内出血ですが、退院してからのリハビリのほうが大変だったようです。夫の助けも借りながら内藤やす子さんはリハビリに励んだそうですが、自身が歌手だったという記憶を失いそうになることもあったのだとか。

内藤やす子さんが脳内出血で倒れ、芸能活動を休止していた期間は10年にも及びました。復帰は夫のサポートがあったからこそと内藤やす子さんは語っておられたそうです。

経歴⑤歌手復活で現在に至る

内藤やす子さんは現在、歌手として復帰し、新曲もリリースされています。その新曲には往年の名曲を再録したものも含まれているのだとか。

復帰後の2016年7月には原宿クロコダイルで復活ライブも行われました。また、2017年には「第44回歌謡祭・歌謡フェスティバル」にも参加し、「六本木ララバイ」を歌唱されたそうです。現在も内藤やす子さんはさまざまな歌謡イベントに出演されたり、テレビ出演をされたりしているそうです。

内藤やす子の現在はリハビリ生活を経て歌手活動復活!

ハスキーな声と抜群の歌唱力が魅力の歌手・内藤やす子さんについて紹介してきました。内藤やす子さんは2006年に脳内出血で倒れ、10年間のリハビリ生活を送っていたそうです。

2016年に歌手として芸能活動を再開した内藤やす子さんは現在、さまざまなイベントやテレビ番組などにも積極的に出演されているようです。内藤やす子さんの今後の活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

新着一覧

最近公開されたまとめ