中島みゆきは結婚してる?相手や子供は?松山千春と噂に!名曲も!

中島みゆきさんは結婚なさってるのでしょうか?旦那さんや子供はいるのでしょうか?中島みゆきさんは若い頃に松山千春さんと噂になった事がありますが結婚には結びつかなかったのでしょうか?中島みゆきさんの結婚にまつわる話題と共に、中島みゆきさんの名曲もご紹介します。

中島みゆきは結婚してる?相手や子供は?松山千春と噂に!名曲も!のイメージ

目次

  1. 1中島みゆきのプロフィール
  2. 2中島みゆきは結婚して子供はいるのか
  3. 3中島みゆきが結婚しない理由
  4. 4中島みゆきは松山千春と噂になった?
  5. 5中島みゆきの名曲を紹介
  6. 6中島みゆきの若い頃の評価
  7. 7中島みゆきは現在結婚も子供もいない

中島みゆきのプロフィール


辛い時に聴くと活力をもらえる名曲を、次から次へと生み出している中島みゆきさんの結婚にまつわる話題をお届けします。その前に、中島みゆきさんのプロフィールと経歴を、画像と共にご紹介させていただきますね。

・愛称:みー様、みゆきお姉様、ぺったん
・本名:中島美雪
・生年月日:1952年2月23日
・年齢:66歳(2019年2月上旬現在)
・出身地:北海道札幌市
・血液型:非公表
・身長:161cm(163cmという説もあり)
・体重:不明(47kgという説あり)
・活動内容:シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ
・所属グループ:なし
・事務所:ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
・家族構成:父(死別)、母、弟 夫と子供は不明(後述します)
・出演作品:ライブ「夜会」(1989年~不定期公演)「縁会」、ラジオ「オールナイトニッポン」「中島みゆき お時間拝借」、楽曲「時代」「空と君のあいだに」「地上の星」、ドラマ「親愛なる者へ」、映画「間宮兄弟」

中島みゆきの経歴

プロフィールに続いて中島みゆきさんの経歴のご紹介です。中島みゆきさんは1952年2月23日に北海道札幌市で生まれました。お祖父-お父様-弟さんと続いて医者の家系ですが、中島みゆきさん本人は歌の道を選びました。

歌手としての活動は高校3年生文化祭のステージを踏んだ時から始まっています。大学時代にもアマチュア歌手として積極的に活動していて、プロデビュー前から多くのファンがいました。当時オリジナル曲100曲以上を持っていました。

プロデビューしたのは1975年です。5月に財団法人ヤマハ音楽振興会主催の「第9回ポピュラーソング・コンテスト」に「傷ついた翼」が入賞した。9月に「アザミ嬢のララバイ」でキャニオンからレコードデビューしました。

同年10月の「第10回ポピュラーソング・コンテスト」に「時代」でグランプリを受賞します。「時代」は翌月11月の第6回世界歌謡祭でもグランプリを受賞し、シンガーソングライター、ミュージシャンとして華々しいスタートを切りました。

自分で歌うだけでなく他の歌手に楽曲を提供する事も多く、研ナオコさんに提供した「LA-LA-LA」と「あばよ」の2曲が他の歌手に提供した楽曲での初めてのヒットになりました。その後も多くの歌手に楽曲を提供、工藤静香さんには最も多く20曲以上を提供しています。

中島みゆきさんのコンサートはチケットが入手困難である事で有名です。最も代表的なライブは1989年から開催されている「夜会」で、当初は年1回公演でしたが現在は不定期公演となっています。

デビュー当時からテレビには出ない事でも有名でしたが、1990年代以降ポツポツと出演するようになっていています。NHK紅白歌合戦にも2度出場しています。ドラマや映画にも数本主役ではありませんが出演しています。

ラジオのパーソナリティとしても評価が高いです。「オールナイトニッポン」はファンの人なら1度は聴いた事があるのではないでしょうか。歌の雰囲気とガラリと変わった陽気で軽快なトークは深夜の華でした。

中島みゆきは結婚して子供はいるのか

プロフィールを見て、2019年2月上旬現在の中島みゆきさんが66歳という年齢である事に驚いた方が多いのではないでしょうか。画像や動画で見る中島みゆきさんは生き生きとしていてとても美しく、とても四捨五入すると70歳という年齢には見えません。

そんな中島みゆきさんは結婚していらっしゃるのでしょうか。旦那さんと子供はいるのでしょうか。あるいはこれまでに結婚のご経験はあるのでしょうか。

結婚相手は現在までいない模様

中島みゆきさんの結婚歴ですが、現在までに中島みゆきさんが結婚されていた事はありません。1度位はないかと調べてみましたが、1度も結婚なさっていませんでした。旦那さんにしたいと思う相手にめぐり逢えなかったのでしょうか。

子供もいない可能性が高い

結婚相手=旦那さんがこれまでにいないという事で、子供についてもいない可能性が高いですね。旦那さんがいなくてもシングルマザーとして子供を育てている女性は多いですが、中島みゆきさんはそうではないようです。

結婚相手にしたいような人もいなくて、どうしても子供が欲しいという訳でもなくて、といったところなのでしょうか。本当に子供が欲しい人なら必死で相手を見つけて結婚したり、結婚しなくても子供を作る相手を探したりと画策しますからね。

恋人の噂がないことでも有名?

中島みゆきさんがプロデビューして40年以上経つのですが、これまでに中島みゆきさんに結婚の噂同様恋愛の噂が立った事はほとんどありません。男女問わず高齢まで独身の芸能人にも結婚や恋人の噂位1つか2つはあるものなのですが。

たった1つ結婚と恋人の噂はあり、それについては後の章で詳しくお伝えしますが、それ以外には皆無と言って良いです。中島みゆきさんほど美人で格好良い女性なら男性が放っておかないと思うのですが、中島みゆきさんが相手にしないのかも知れません。

中島みゆきが結婚しない理由

中島みゆきさんが今まで結婚しなかった理由については、中島みゆきさんご本人から「相手がいない」などと具体的に語られた事がありません。かといって男性が嫌いだとか女性相手の恋愛しか出来ないなどの噂もありません。

子供を産むためだけに結婚する女性もいるのですが、中島みゆきさんは子供が大好きでどうしても欲しいというタイプの女性ではないようです。中島みゆきさんは何故今まで結婚しなかったのでしょうか。

結婚しないのはトラウマが原因?

中島みゆきさんが結婚しなかった理由については、ネットなどでまことしやかに囁かれている噂があります。それは「学生時代に付き合っていた交際相手が死んだので、それがトラウマになっていて結婚できない」というものです。

この噂の真偽について調べたのですが、噂の出処も不明で中島みゆきさん本人の口から語られた事も勿論ないので、どうやらただの噂のようです。中島みゆきさんは何曲か交際相手を亡くした歌を歌っていらっしゃるので、噂の出処はそれかも知れません。

母の介護も結婚しない理由?

中島みゆきさんが結婚しない理由として言われているのは、同居しているお母様の介護が大変だから、というものです。こちらは実際に近所の方が車椅子のお母様を介助する中島みゆきさんを何度も目撃しているので、噂ではなく根拠のある事実です。

現在中島みゆきさんは都内に建てた二世帯住宅で、弟さん一家と同居して事故で足が不自由になったお母様を介護しているそうです。歌手をしながら、義妹さんと二人三脚で車椅子のお母様相手の介護は、確かにとても大変な労力です。

歌手に命を懸けているのも原因か

ただ、お母様が介護が必要になってからまだ5年ほどしか経っていないので、それまでの中島みゆきさんが結婚しなかった理由にはなりません。では何故若い頃からずっと結婚されなかったのでしょうか。

これも結婚しない理由としては根拠のある事実ですが「歌手として、歌う事に生活も生命もかけているので結婚している暇がなかった」というのが、中島みゆきさんが結婚しなかった理由としては最も有力な説です。

結婚というのは相手がいるからこそ、1人で活動する事への妨げになってしまう事になります。仕事が充実していて仕事第一にしたいという理由で結婚をしないまま一生を終える人は沢山います。中島みゆきさんもそんな1人なのではないでしょうか。

中島みゆきは松山千春と噂になった?

中島みゆきさんの結婚と恋愛の噂は過去に1つだけあった、と前述しました。その貴重な1つが中島みゆきさんと親しい松山千春さんと結婚するのではないかという噂でした。

このたった1つの結婚の噂は、かなり長い間中島みゆきさんと松山千春さんのファンの間で流れていました。

人気絶頂期に旦那候補の噂が浮上

中島みゆきさんの結婚するかも知れない相手=旦那さん候補が松山千春さんではないかという噂は、1978年2月に発売された週刊誌「微笑」が発端のようです。当時中島みゆきさんも松山千春さんも若い世代の間で人気が絶頂期にある時でした。

その記事の画像がないか探してみたのですが、残念ながら見つかりませんでした。中島みゆきさんと松山千春さんのツーショット画像も合わせて探してみたのですが、こちらも見つかりませんでした。
 

特に松山千春さんの女性ファンはとても熱狂的だったので、松山千春さんが中島みゆきさんの旦那候補ではないかと週刊誌に書かれた後に、それが事実なのかどうか中島みゆきさん本人に聞き出しにきた人もいたそうです。

その出来事に中島みゆきさんがとても心を痛めたという話も残っています。松山千春さんの熱狂的なファンの人の心情も理解できなくはないですが、対応した中島みゆきさんにとっては大変な迷惑だった事でしょう。

中島みゆきは交際を否定

松山千春さんが旦那さんになるのでは?と騒がれた時、詰め寄ってきた松山千春さんのファンにも週刊誌の記者にも、中島みゆきさんはきっぱりと松山千春さんが旦那さん候補ではないと否定していました。

そしてラジオの中で松山千春さんとの関係について「私はこれからも堂々と友達として付き合っていくつもりです」と語っています。旦那さん候補と騒がれて友達関係が気まずくなってしまいかねないところを、そうきっぱりと言い切った中島みゆきさんは素敵ですね。

二人の交際疑惑に対してネットの反応

中島みゆきさんの旦那さん候補と噂された松山千春さんは、噂の数年後の1985年に一般女性と結婚し、他の女性の旦那さんになってしまいました。

その後はさすがに中島みゆきさんとの結婚の噂が持続する事はなかったので、ここ10年以内に中島みゆきさんのファンになった方は、中島みゆきさんと松山千春の結婚の噂自体を知らないのではないでしょうか。

ツイッターの中で当時の松山千春さんが中島みゆきさんの旦那さん候補だった事を知っている人のツイートは、概ねこちらにご紹介したような感じです。

昔からの中島みゆきさんと松山千春さんのファンは勿論覚えていらっしゃいますが、結婚の噂を真実だったと思っている人は少ないようです。確かに結婚の噂はあったね、位の気持ちの人が多い印象です。

旦那さん候補とされていた松山千春さん本人が噂について語った事はあります。「あの時みゆきと一緒になってたら今頃あいつのマネージャーやってただろうな」「ヒモみたいな生活してた」だそうです。

毒舌で知られる松山千春さんはその時「(中島みゆきさんの事は)嫌いじゃないよ、でもタイプじゃない」とも言っています。中島みゆきさんのファンに石を投げられそうな発言ですが、タイプなのは家庭的な女性だそうなので仕方がないですね。

中島みゆきの名曲を紹介

ここで一旦中島みゆきさんの結婚にまつわる話題から離れて、中島みゆきさんが結婚もせず打ち込んでいた歌手活動の中で生み出してきた数々の名曲の中から5曲をご紹介させていただきます。

名曲があまりにも多く5曲に絞り込むのは至難の業です。ご自分のベストが入っていないという方も多いのではないかと思いますが、どうかご容赦下さい。曲の順番はリリースされた順番とは関係なくご紹介します。

中島みゆきの名曲①糸

中島みゆきさんの名曲の1曲目は「糸」です。この曲は1998年2月にリリースされた中島みゆきさんの35枚目のシングルです。両A面シングルとなっています。片面の「命の別名」共々TBS系列で放映されたドラマ「聖者の行進」の主題歌となっています。

「糸」はカバーした歌手が多い事でも有名です。こちらの動画での坂本冬美さんをはじめ、工藤静香さん・中島美嘉さん・森山直太朗さん・福山雅治さん・ミスチル桜井和寿さんなど錚々たるメンバーがカバーしています。

中島みゆきの名曲②空と君の間に

中島みゆきさんの名曲の2曲目は「空と君のあいだに」です。この曲は1994年5月にリリースされた中島みゆきさんの31枚目のシングルです。日本テレビ系列で放映された「家なき子」の主題歌でした。

安達祐実さん演じるヒロインの「同情するなら金をくれ」という台詞と共にドラマが大ブームを起こすのと同時に、主題歌のこの曲も大ヒットし、147万枚のセールスを記録しました。

「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」という歌詞に心を掴まれた人が多いのではないかと思いますが、この歌詞はヒロインが連れている犬の視点で描かれたものなのだとか。ますますぐっときてしまいますね。

中島みゆきの名曲③悪女

中島みゆきさんの名曲の3曲目は「悪女」です。この曲はぐっと時代を遡って1981年10月にリリースされた中島みゆきさんの11枚目のシングルです。この曲で中島みゆきさんを知りファンになった、という人がとても多いです。
 

愛する恋人と心ならずも別れなければならなくなった女性が、相手に嫌われるために悪女を演じるという歌詞は、多くの女性だけでなく男性の心も鷲掴みにしました。そんな「悪女」が一時期中島みゆきさんの代名詞にもなりました。

中島みゆきの名曲④時代

中島みゆきさんの名曲の4曲目は「時代」です。この曲は「悪女」より更に時代を遡って1975年12月にリリースされた中島みゆきさんの2枚目のシングルです。中島みゆきさんの名を世に知らしめたこの曲は、40年以上経った今でもよく街に流れています。

1975年10月に開催された「第10回ポピュラーソング・コンテスト」でグランプリを受賞していますが、当初出場する時の曲は「傷ついた翼」でした。急遽「時代」に差し替えられた事で中島みゆきさんの「時代」を作る事になったのです。

「時代」は中島みゆきさんのお父様が病気で倒れ意識不明になった時に作った歌、という逸話があります。けれどそれについては1991年に発売された雑誌「月刊カドカワ」のインタビューの中で中島みゆきさん自身が否定しています。

確かに「時代」がグランプリ受賞した時中島みゆきさんのお父様は入院して意識不明でした。けれど「時代」はお父様が倒れた秋ではなく、同年5月以前にはもう仕上がっていたのだとか。

「それはどっかから生まれた神話でしょう。後から見るとそういう事がドラマ性を盛り上げているっていうだけの事じゃないですか?」だそうです。

中島みゆきの名曲⑤地上の星

中島みゆきさんの名曲の5曲目は「地上の星」です。この曲は今までご紹介した中で最も新しい2000年7月にリリースされた中島みゆきさんの37枚目のシングルです。NHK総合テレビで放映されたドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」の主題歌でした。

「糸」の時同様両A面シングルとしてリリースされましたが、面の「ヘッドライト・テールライト」共々番組の中で流れ、特に中高年の男性の支持を多く集めました。元はアルバムに収録される2曲だったのですが、好評のため急遽シングルが先行発売されました。

オリコン調査による累計の売上枚数としては、前述の「空と君のあいだに」が1位で「地上の星」が2位となっています。中島みゆきさんが初めてNHK紅白歌合戦に出場した時は、黒部ダムから中継でこの「地上の星」を歌いました。

以上5曲をご紹介しましたが、動画のうち3曲はカバーバージョンとなっていますし、中島みゆきさんの楽曲にはこちらの5曲以外にも数え切れないほどの名曲が揃っています。アルバムを入手するなどして是非名曲を堪能なさってみて下さい。

中島みゆきの若い頃の評価

ここ20年以内にファンになった方あるいは若い方は、若い頃の中島みゆきさんを画像も含めてご存じない方が多いのではないでしょうか。

この章では若い頃の中島みゆきさんが世間一般の人に与えていた印象を、若い頃の中島みゆきさんの画像を交えてご紹介させていただきます。

若い頃も現在と同じ美人

現在の中島みゆきさんは、こちらでご紹介している画像を見ればお分かりのように、還暦を過ぎているとは思えない位美しい方です。若い頃の中島みゆきさんも美しい方でした。若い頃の中島みゆきさんの画像は以降でご紹介させていただきます。

若い頃は暗いイメージだった?

中島みゆきさんの若い頃に作った楽曲の多くは、失恋をテーマにしたものでした。「道に倒れて誰かの名を呼び続けた事はありますか」という歌い出しで始まる「わかれうた」に衝撃を受けた人は多いと思います。

自分の心を弄んだ男性への想いを歌う「恨みます」も衝撃的な歌でした。傷心の時に聴いてしまうとどん底に落ちていってしまいそうな歌が多かったです。けれど、それでも思いきり落ち込んだ後何故か癒やされているという不思議な感覚がありました。

ただ表面的な部分しか見ない人が、中島みゆきさんの歌やそれを好む人に対して「根暗」という今は死語と化した言葉で批判した事が多かった事も事実です。けれど今の中島みゆきさんには歌にも画像にも「根暗」というイメージは似合いません。

中島みゆきの若い頃を画像で紹介

中島みゆきさんの作る楽曲のイメージから「暗い」と言う人は、必ずしも歌だけで「暗い」と言っていた訳ではありません。画像を見ればお分かりいただけると思いますが、若い頃の中島みゆきさんは今と同様美人でしたが、今と較べるとかなり地味だったのです。

この項でご紹介するのが若い頃の中島みゆきさんの画像です。美人ですが髪は真っ黒で化粧っ気がなく、下の画像になるとまっすぐ伸ばした髪を無造作に束ねています。今動画や画像で観る中島みゆきさんのような華がありません。

若い頃とても美人だった人が年齢を重ねて美貌が衰える事を「劣化」という嫌な言葉で表現しますが、中島みゆきさんにそれは当てはまりません。若い頃の画像の中島みゆきさんは清楚で可愛らしいですが、今の中島みゆきさんはより美しく見えます。

真っ黒だった髪を明るい色に染め、お化粧をしているだけではなく、生き生きとした活力のある表情など、年齢を重ねる事で得たものが、今の中島みゆきさんをより輝く人にしているのではないでしょうか。

中島みゆきは現在結婚も子供もいない

中島みゆきさんの結婚にまつわる話題を中心に、若い頃から現在までの画像と共に振り返りましたが、中島みゆきさんが結婚しなかったのはやはり歌の世界で生きる事を選んだからなのだと思われませんでしたか?

永年結婚せずに打ち込んだ歌の才能を認められた結果、2009年11月に紫綬褒章を受章し「思いがけずうれしいことの表現に『棚からボタ餅』と申しますが、今の私の気持ちは『棚から本マグロ』くらいの驚きでございます」とコメントしています。

中島みゆきさんは医者の家系に生まれましたが、歌の世界で生きる事を選びました。医者の道を選んだ弟さんは多くの人の身体を癒やしていますが、歌の道を選んだ中島みゆきさんは多くの人の心を癒やしています。

中島みゆきさんが結婚して家庭を作り、旦那さんを持って子供を持つ事はありませんでしたが、中島みゆきさんは歌の世界と結婚して、歌という子供を生み続けています。

結婚=けっこんを魂の結び付きと称して「結魂」と呼んだ人がいます。歌の世界と魂の結ばれた中島みゆきさんは、これから先も聴く人の魂を揺さぶる歌を生み歌い続けていかれる事でしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ