中村嘉葎雄の現在!結婚して妻や子供が?家系図や経歴などまとめ

歌舞伎俳優の中村嘉葎雄さんは若い頃には数々の舞台に出演経歴を持ちますが、現在は何をしているのでしょうか?今回はそんな中村嘉葎雄さんの歌舞伎俳優としての経歴や現在の活動状況、凄いと話題の家系図、結婚した妻や子供についても調べてみました。

中村嘉葎雄の現在!結婚して妻や子供が?家系図や経歴などまとめのイメージ

目次

  1. 1中村嘉葎雄のプロフィール
  2. 2中村嘉葎雄の現在
  3. 3中村嘉葎雄の結婚や妻・子供について
  4. 4中村嘉葎雄の家系図
  5. 5中村嘉葎雄のドラマや映画など出演経歴
  6. 6中村嘉葎雄は現在も現役俳優で陶芸家としても活躍

中村嘉葎雄のプロフィール

・愛称:不明
・本名:小川加沙雄(芸名:中村嘉葎雄)
・生年月日:1938年4月23日
・年齢:81歳(2019年7月現在)
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:167㎝
・体重:不明
・活動内容:歌舞伎俳優、俳優
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:父(歌舞伎俳優の3代目中村時蔵)、母、元妻(女優の柴田恒子)、甥(歌舞伎俳優の2代目中村獅童)

中村嘉葎雄の経歴

東京都出身の中村嘉葎雄さんは3代目中村時蔵を父に持つ、歌舞伎家系に生まれました。古くから続く歌舞伎家系の9番目の子供として生まれた中村嘉葎雄さんは、上の兄たちと同様に、子供の頃から歌舞伎俳優として活動経歴を持ちます。

そんな中村嘉葎雄さんは1943年9月、年齢がまだ5歳という子供の頃に東京歌舞伎座『取替べい』にて初舞台を踏んでいます。そして中村嘉葎雄さんは高校2年生の時に、兄である初代中村錦之介さんに続いて本格的に歌舞伎俳優デビューをし、松竹芸能に所属しています。

松竹芸能に移籍した中村嘉葎雄さんは、東宝映画界のスターとして人気を獲得し、歌舞伎俳優として一躍有名となりました。中村嘉葎雄さんの映画デビュー作である『振袖剣法』は、人気歌舞伎俳優の中村嘉葎雄さんが出演した影響を受けて大ヒットしました。

そして中村嘉葎雄さんは1958年に松竹から東宝に移籍した後は、これまでとは違ったジャンルの映画に出演経歴を持ち、一層スター性を獲得していきます。そして兄である初代中村錦之介さんと『殿さま弥次喜多』シリーズで念願の兄弟共演を果たしています。

1964年には東宝を退社してフリーとなった中村嘉葎雄さんは、私生活では1976年に女優の柴田恒子さんと結婚したことをきっかけに現在の芸名「中村嘉葎雄」に改名しています。結婚して公私ともに充実した中村嘉葎雄さんは、その後も有名作品に出演経歴を持ちます。

歌舞伎俳優としてだけでなく、俳優として時代劇や舞台、映画、テレビドラマなどに多数出演経歴を持つ中村嘉葎雄さんは、昭和の時代を代表する名俳優として現在まで語り継がれています。

中村嘉葎雄さんは古くから続く由緒ある歌舞伎家系に生まれたことでも有名ですが、もちろん兄たちもみんな歌舞伎俳優として活動経歴を持ちます。ちなみに、現在テレビやCMなどでも活躍している2代目の中村獅童さんは、甥にあたります。

中村嘉葎雄さんの家系図など詳しいことについては、後ほどご紹介しますが、中村嘉葎雄さんは甥の中村獅童さんとは2004年の映画『いま会いにゆきます』などで共演経歴があり、歌舞伎俳優の共演として話題を呼びました。

 

中村嘉葎雄の現在

昭和を代表する名歌舞伎俳優として現在まで語り継がれている中村嘉葎雄さんですが、81歳になった現在は何をしているのでしょうか?次からは、中村嘉葎雄さんの現在の活動状況について調べてみました。

2019年の誕生日で年齢81歳の中村嘉葎雄

1938年4月生まれの中村嘉葎雄さんは、2019年の誕生日を迎えて現在81歳となりました。81歳となった現在も、中村嘉葎雄さんは歌舞伎俳優として活動をしているのでしょうか?

一時期は舞台や時代劇などに出演していなかったこともあったため、引退したのではないかとの噂も浮上していた模様ですが、現在の活動状況はどうなのかについて詳しく調べてみました。

現在も俳優として活躍

中村嘉葎雄さんの現在の活動状況ですが、81歳を迎えた現在も、歌舞伎俳優として活動をしていることが明らかになりました。中村嘉葎雄さんは2017年5月公開の映画『たたら侍』に出演し、さらに2019年には時代劇『闇の歯車』に出演しています。

80歳を超えた現在も、未だに現役として時代劇や映画などで活躍している中村嘉葎雄さん。もはや歌舞伎俳優としての範疇を超えた、俳優界のレジェンドとして位置付けられています。中村嘉葎雄さんは生涯現役を貫いて頑張って欲しいですね。

陶芸家として器展も開催し話題に

中村嘉葎雄さんは現在、陶芸家としても活動をしているそうです。趣味で始めた陶芸にどんどんのめりこんだ中村嘉葎雄さんは、なんと「陶芸家」と名乗れるほどの腕前にまでなっていて、陶芸家として器展を開催していることでも話題となりました。

中村嘉葎雄の結婚や妻・子供について

有名歌舞伎俳優として現在も活躍している中村嘉葎雄さんですが、私生活では結婚しているのでしょうか?次からは、中村嘉葎雄さんの結婚した妻や子供などの私生活について調べてみました。

1976年に妻・柴田恒子と結婚

中村嘉葎雄さんは私生活では、1976年に女優の柴田恒子さんと結婚しています。歌舞伎俳優の中村嘉葎雄さんと女優の柴田恒子さんが結婚に至った馴れ初めとは、一体どのようなものだったのでしょうか?

中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんが過去に出演した作品を調べてみると、特に共演などはしていない模様ですが、お互いに俳優と女優として芸能界で活動をしていたため、昔から顔見知りだった可能性もあります。

中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんが結婚に至った馴れ初めは不明ですが、芸能人同士の結婚だったため、仕事をしている中で知り合ったものと見られています。1976年に結婚した中村嘉葎雄さんと柴田恒子さんは、結婚生活は長くは続かず1981年に離婚しています。

わずか5年で離婚することとなった中村嘉葎雄さんと柴田恒子さん。離婚の原因は何だったのでしょうか?中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんの離婚の原因について詳しいことについては、また後ほどご紹介します。

柴田恒子とは

中村嘉葎雄さんの元妻である柴田恒子さんは、女優として芸能界で活動経歴を持ちます。柴田恒子さんの代表作として挙げられているのは1958年公開の映画『明日をつくる少女』ですが、それ以外にも多数の作品に出演経歴があります。

柴田恒子さんは女優として映画やドラマなどに出演しつつ、1966年には成人向けの映画にも出演していて、セクシー路線も開拓をしています。美人でスタイルも良かった柴田恒子さんは、徐々に知名度を獲得していきました。

妻との子供情報は不明

中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんの間に子供がいたのかどうかは、明らかになっていません。しかし、結婚生活がわずか5年ほどと短かったため、子供がいなかった可能性も考えられます。
 

結婚から5年ほどで妻と離婚

中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんは前述した通り、わずか5年ほどで離婚をしています。中村嘉葎雄さんと柴田恒子さんの馴れ初めもまだ明らかになっていないため、2人が結婚するまでどれぐらいの期間交際していたのかどうかも不明です。

中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんの離婚理由については諸説ある模様ですが、次から2人の離婚理由について詳しく調べてみました。

妻との離婚理由とは

中村嘉葎雄さんと柴田恒子さんの離婚理由ですが、先ほどもご紹介した通りわずか5年という短い期間で離婚しているため、もしかすると知り合って間もないうちに結婚をしてしまい、お互いの性格が合わなかったのではないかと噂されています。

もしくは、中村嘉葎雄さんと妻の柴田恒子さんの間に子供が授からなかったため、離婚をさせられたのではないかといった噂も浮上している模様です。中村嘉葎雄さんの家系は古くから続く歌舞伎家系ですが、梨園の妻となるとやはり後継ぎを期待される風潮があります。

梨園の妻となると一番に期待されるのが「後継ぎとなる男の子の子供を生むこと」とされるため、柴田恒子さんも無言のプレッシャーをかけられていた可能性もあります。また、中村嘉葎雄さんの母親である小川ひなさんは元々芸子として活動をしていた方です。

中村嘉葎雄さんの母親である小川ひなさんは、芸子として活動している中で歌舞伎俳優の中村時蔵さんに見染められて結婚しています。そして梨園の妻として5人の男の子を含む、計10人もの子供を生み、1人で中村一門を支えた「影の立役者」として有名です。

柴田恒子さんの姑にあたる小川ひなさんは梨園の妻として徹底して裏方にまわり、夫を支え、10人もの子供たちを立派に育て上げてきた「梨園の妻の鑑」として知られています。このため、子供たちの嫁、つまり嫁に対してはかなり厳しかったとも言われています。

もしかすると、嫁である柴田恒子さんは姑の小川ひなさんとそりが合わなかった可能性も考えられます。中村嘉葎雄さんが離婚する際に柴田恒子さんに対して「今も愛してる」と語っていたことから、夫婦間の問題が離婚の原因ではない可能性が高そうです。
 

離婚後は再婚せずに現在も独身

中村嘉葎雄さんは1981年に元妻の柴田恒子さんと離婚後、再婚をせず独身を貫いています。中村嘉葎雄さんは有名歌舞伎俳優として芸能界屈指の人気を誇っていたにも関わらず、離婚後も熱愛報道などがほとんどなかった模様です。

元妻の柴田恒子さんに対して「今も愛してる」と語っていたことは先ほどご紹介した通りですが、中村嘉葎雄さんは元妻の柴田恒子さんを愛していたことが理由で、再婚せず独身を貫いているのかもしれませんね。

中村嘉葎雄の家系図

歌舞伎家系に生まれた中村嘉葎雄さんは、古くから続く由緒ある「中村一門」で育ってきましたが、中村嘉葎雄さんの家系図が凄いと話題となっています。次からは、中村嘉葎雄さんの家系図や家族関係をご紹介します。

子供の頃から歌舞伎の家系に育つ中村嘉葎雄

前述した通り、中村嘉葎雄さんは子供のころから由緒ある歌舞伎家系で育ち、当然のように歌舞伎俳優として活動を始めました。そんな中村嘉葎雄さんの家系図について、次から詳しくご紹介します。

家系図①親や兄弟

中村嘉葎雄さんの家系図ですが、親や兄弟、甥っ子なども含めるとかなりの人数にのぼります。それぞれがみんな歌舞伎俳優として活動をしている素晴らしい家系に育った中村嘉葎雄さんの、家族関係について見ていきましょう。

父親は歌舞伎役者の中村時蔵

中村嘉葎雄さんの父親は、歌舞伎俳優との中村時蔵さんです。中村嘉葎雄さんの父親である中村時蔵さんは、古くから続く「中村一門」の次男として生まれ、わずか8歳で初舞台を踏んでいます。

21歳で3代目中村時蔵を襲名し、以降は舞台で兄である初代中村吉右衛門さんの相方を務めることが多かったとされています。

長兄は歌舞伎役者の二代目中村歌昇

中村嘉葎雄さんの1番上の兄は、2代目中村歌昇さんです。9歳で初舞台を踏んだ中村歌昇さんでしたが、幼少期から患っていた持病が悪化し、惜しまれながらも夢半ばで歌舞伎業を廃業。その後はテレビや映画の監督を務め、裏方として活躍しています。

次兄は歌舞伎役者の四代目中村時蔵

中村嘉葎雄さんの2番目の兄は、歌舞伎俳優の4代目中村時蔵さんです。9歳で初舞台を踏んだ2番目の兄は、1番上の兄が持病のため歌舞伎俳優を引退したことから、33歳の若さで父親の「中村時蔵」を襲名しています。

三兄は歌舞伎役者の初代中村獅童

中村嘉葎雄さんの3番目の兄は、歌舞伎俳優の初代中村獅童さんです。初代中村獅童さんは歌舞伎俳優として将来を期待されながらも若くして自ら引退を決意し、銀行員に転職しています。その後は映画プロデューサーとして活躍しています。

四兄は俳優の萬屋錦之介

中村嘉葎雄さんの4番目の兄は、中村錦之介(後に萬屋錦之介に改名)さんです。中村錦之介さんは4歳で初舞台を踏んでいて、兄弟の中でも一番早く舞台デビューを果たしています。芸の才能に溢れていた中村錦之介さんは、映画監督からスカウトをされています。

しかし当時は歌舞伎俳優は歌舞伎界のみで活動することが主流で、映画やドラマなどで俳優業をすることは「タブー」とされていました。そのため、中村錦之介さんは映画デビューをするために歌舞伎界から退いています。

家系図②祖父は三代目中村歌六

中村嘉葎雄さんの祖父は、3代目中村歌六さんです。6歳で初舞台を踏んだ中村歌六さんは、19歳の若さで3代目中村歌六を襲名しています。その後も9代目市川團十郎さんと共演するなど、有名歌舞伎俳優として長きにわたり活躍していました。

家系図③二代目中村獅童は甥っ子

中村嘉葎雄さんの甥は、2代目中村獅童さんです。ちなみに中村嘉葎雄さんの3番目の兄である初代中村獅童さんの長男が、2代目中村獅童さんにあたります。2代目中村獅童さんとは2004年の映画『いま会いにゆきます』で共演を果たし、話題を呼びました。

その他多くの歌舞伎役者を親戚に持つ中村嘉葎雄

前述した通り、中村嘉葎雄さんは古くから続く歌舞伎一門の家系に生まれ、歌舞伎界には数え切れないほど沢山の親戚がいます。こうして中村嘉葎雄さんのルーツを辿ると、実に由緒あるご家庭に生まれていることが改めてわかります。

中村嘉葎雄のドラマや映画など出演経歴

現在も歌舞伎界だけでなく俳優として様々な作品に出演経歴がある中村嘉葎雄さんですが、過去にはどのような作品に出演経歴があるのでしょうか?次からは、中村嘉葎雄さんの出演しているドラマや映画などについて調べてみました。

中村嘉葎雄のドラマ出演経歴

中村嘉葎雄さんは俳優として数々のドラマに出演しています。次からは、中村嘉葎雄さんが出演しているドラマについて見ていきましょう。

ドラマ「赤穂浪士」

中村嘉葎雄さんが出演しているドラマ1つ目は『赤穂浪士』です。『赤穂浪士』は1964年1月から放送されたNHK大河ドラマで、赤穂浪士たちの討ち入りがテーマとなっています。このドラマは視聴率が30%超えという、超人気ドラマだったことでも有名でした。

ドラマ「あかんたれ」

中村嘉葎雄さんが出演しているドラマ2つ目は『あかんたれ』です。この『あかんたれ』は1976年に放送されたドラマで、大阪船場の呉服問屋の奮闘する様子がテーマとなっています。

ドラマ「名奉行・遠山の金さん」シリーズ

中村嘉葎雄さんが出演しているドラマ3つ目は『名奉公・遠山の金さんシリーズ』です。『名奉公・遠山の金さんシリーズ』はテレビ朝日系で放送された、俳優の松方弘樹さん主演のドラマです。

主人公の遠山金四郎は前任の北町奉公が急死したことで、急遽奉公に就任しましたが、前任者の急死に疑問を抱き、独自に調査を始めるという面白いストーリーです。

ドラマ「マッサン」

中村嘉葎雄さんが出演しているドラマ4つ目は『マッサン』です。このドラマは1994年9月~1995年3月まで放送された、連続テレビ小説です。大正時代にウイスキー作りに情熱を燃やす青年の奮闘する様子が描かれています。

中村嘉葎雄の映画出演経歴

中村嘉葎雄さんはドラマ以外にも、数々の映画に出演経歴があります。次からは、中村嘉葎雄さんが出演している映画について見ていきましょう。

映画「いま、会いにゆきます」

中村嘉葎雄さんが出演している映画1つ目は『いま会いにゆきます』です。この映画は2004年10月に後悔されたもので、甥の中村獅童さんと共演を果たしていることでも話題を呼びました。

映画「20世紀少年」シリーズ

中村嘉葎雄さんが出演している映画2つ目は『20世紀少年』シリーズです。この映画は浦沢直樹さんの著書を原作としていて、3部作に渡って公開された長い脚本の映画として話題を呼びました。

中村嘉葎雄は現在も現役俳優で陶芸家としても活躍

古くから続く歌舞伎家系に生まれた中村嘉葎雄さんは、子供のころから歌舞伎界で活躍していました。さらに俳優としてドラマや映画にも多数出演経歴のある中村嘉葎雄さんは、80歳を超えた現在も時代劇などに出演しています。

80歳を超えた現在も現役で活躍し続けている中村嘉葎雄さんは、まさに歌舞伎界のレジェンドとも言えます。中村嘉葎雄さんの今後の活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
中村千尋
元々は総合病院で助産師として働いていましたが、現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をさせ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ