西川史子の若い頃がモテモテ?当時の経歴や人気などまとめ

タレント、医師として活躍している西川史子の若い頃はモテモテだったという噂が浮上しています。西川史子は生まれながらの美貌で、若い頃はモテモテでした。西川史子の若い頃の経歴や人気ぶりについてご紹介しましょう。また、若い頃と現在とも比較してみました。

西川史子の若い頃がモテモテ?当時の経歴や人気などまとめのイメージ

目次

  1. 1西川史子のプロフィール
  2. 2西川史子の若い頃がモテモテ?
  3. 3西川史子の若い頃の経歴
  4. 4西川史子の若い頃の人気ぶりを調査
  5. 5西川史子の若い頃の魔法の引き出しとは
  6. 6西川史子は若い頃からゴージャス経歴

西川史子のプロフィール

・愛称:???
・本名:西川 史子(にしかわ あやこ)
・生年月日:1971年4月5日
・現在年齢:50歳
・出身地:神奈川県相模原市南区
・血液型:B型
・身長:160㎝
・体重:不明
・活動内容:医師、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:ホリプロ
・家族構成:父、母、兄

西川史子の経歴

西川史子は神奈川県相模原市南区出身で、医師、タレントとして活躍しています。西川史子は湘南白百合学園幼稚園・小学校・中学校と進み、桐蔭学園高等学校を卒業しました。高校卒業後は、聖マリアンナ医科大学医学部に入学しています。

1996年の大学在学中に、ミスコンテストである 『ミス日本』に出場しました。「フォトジェニック賞」を受賞し注目されています。同年から『恋のから騒ぎ』の第3期生として出演し、毒舌キャラで人気を博しました。

西川史子は1996年に医師国家試験に合格し、芸能活動をしながら、医師業もこなしています。西川史子はこれまでに、聖マリアンナ医科大学整形外科で勤務し、その後、青山メディカルクリニック、実家の西川整形外科医院から松倉クリニックで勤務していました。現在は西川整形外科医院と松倉クリニックの両方で診療しています。

2009年7月18日に元葛飾区議会議員の福本亜細亜と婚約したことを発表しました。2010年2月14日にホテルオークラ東京にて結婚式が行われています。その時の媒酌人は桑田真澄が務め話題になりました。しかし、結婚生活は長くは続かず、2014年1月11日に離婚したことを発表しています。

2020年3月22日に2007年から出演していた『サンデージャポン』を卒業しました。現在はタレント業をセーブして、医師業に重点を置いています。西川史子の傲慢で高飛車なキャラクターはバラエティ番組に引っ張りだこで、大変人気がありました。西川史子はセント・フォースという芸能事務所から、株式会社ホリプロに移籍しています。

Thumb西川史子の勤務先の病院は?医師としての経歴などまとめ
タレントとして活躍している西川史子は現在本業の医師として働いています。西川史子は美容にこだわ...

西川史子の若い頃がモテモテ?

西川史子の若い頃がモテモテだったという噂が浮上しています。西川史子は若い頃、ミスコンテスト「ミス日本」に出場した経歴があり、その時にはフォトジェニック賞を受賞しました。西川史子の若い頃はとても美しく、生まれながらのこの美貌で若い頃はモテモテでした。

西川史子の若い頃に注目が

西川史子の若い頃に注目が集まっています。西川史子の若い頃は高飛車なキャラクターが大人気で、全盛期の若い頃はとても美しいことで注目されていました。医師として活動しながら、若い頃からタレントとして芸能界でも活躍し、めちゃくちゃモテたということです。

若い頃はモテモテだった?

西川史子は子供の頃からお金持ちの医者家系の箱入りお嬢様として教育されてきました。西川史子は1996年の聖マリアンナ医科大学医学部に在籍していた大学6年生の時に、「ミス日本」に応募しています。

西川史子は若い頃、とても美しく、若い頃はモテモテでした。ミス日本でフォトジェニック賞を受賞してからは、高飛車で傲慢街道まっしぐらだったようです。西川史子は若い頃、何でもうまくいって、思えば何でもかなってしまうと思っていたそうです。

西川史子の若い頃は挫折も失敗もなく、お金もあり、何不自由のない生活をしていました。若い頃の西川史子は男性からモテモテで、多くの男性を股にかけて交際していたそうです。西川史子の若い頃は、アッシー君が10人くらいいて、車で西川史子の送り迎えをしてくれていました。西川史子は母親からも「男には股をかけなさい」と教育されていました。

バラエティ番組では、男性から300万円の腕時計をプレゼントされたことがあることも明かしています。

西川史子の若い頃と現在の姿を比較

西川史子の若い頃と現在の姿を比較してみました。西川史子の若い頃と現在ではどのような変化が見られるのでしょうか?西川史子の学生時代、20代から30代、そして現在との姿を比較してみましょう。

若い頃と現在の姿を比較①学生時代

若い頃の西川史子はとても美人でした。12歳で小学生か中学生だった頃の西川史子の画像を見ると、かわいらしく、クラスの男子から確実にモテていたことが想像できます。12歳の頃はまだあどけなさが残り、白黒の画像ですが、意志が強そうな目をしています。

大学時代の画像を見ると、現在の西川史子の雰囲気になっていました。大学時代の画像は、知的でクールな感じで、見るからに毒舌そうというのが分かります。

若い頃と現在の姿を比較②年齢20代~30代時代

20代から30代時代は数多くのテレビ番組にも出演しています。写真集やビデオも発売され、女医というよりも、アイドルのような雰囲気でした。西川史子は『恋のから騒ぎ』に出演していた頃、美人女医としてスタートしましたが、番組を卒業してもその強烈なキャラクターが注目され、タレントとして活躍しています。

株式会社セント・フォースに所属していましたが、28歳の時に株式会社ホリプロに移籍し、女医タレントとして活動していました。西川史子は男性はもちろん、女性からも指示されています。毒舌な西川史子は女性から人気がありました。この頃の西川史子は女医には全く見えず、もともと芸能人だったような美貌の持ち主です。

若い頃と現在の姿を比較③現在

現在の西川史子は若い頃と比較すると、痩せすぎていると話題になっています。「西川史子の現在は痩せすぎていて怖い」と言われるほどで、若い頃と比較した画像を見ると痩せすぎなのが一目瞭然です。

西川史子はあまりにも痩せたので、「癌などの病気ではないか?」と心配されるほど。西川史子の若い頃は元気で毒舌キャラでしたが、現在は急激に痩せています。西川史子は何度も急性胃腸炎にかかり、激ヤセしました。

西川史子は2016年5月、2016年12月、2017年7月に急性胃腸炎にかかり入院しています。最初の入院から痩せたことが注目され、その後も何度も入院し、西川史子はとても痩せてしまいました。西川史子は強いイメージのキャラクターのため、痩せたことで心配する声が多数聞かれました。

西川史子の若い頃に対する世間の反応

西川史子の若い頃に対する世間の反応についてご紹介しましょう。「西川史子の若い頃はとても美人!」「さすが医大生。知的でクールな雰囲気が素敵」「これだけ美しいならモテモテだったのは納得」と西川史子の若い頃に対して絶賛する声が聞かれました。

西川史子の若い頃の経歴

西川史子には若い頃、どのような経歴があるのかが気になります。西川史子の学歴は親が全て決め、エリート街道まっしぐらでした。西川史子の若い頃の経歴についてご紹介しましょう。

若い頃の経歴:ミス日本にてフォトジェニック賞を受賞

西川史子は1996年、大学在学中の6年生の時にミスコンテスト「ミス日本」に出場しました。フォトジェニック賞を受賞し、グランプリに次ぐ特別賞を獲得しています。ミス日本は2000人が応募しましたが、西川史子は見事、フォトジェニック賞に選ばれました。

この当時、西川史子は「やっぱり日本で一番綺麗なんだと思っていた」と語っています。フォトジェニック賞を受賞してからは、高飛車で傲慢なご存じのキャラクター一直線でした。

若い頃の経歴:『恋のから騒ぎ』第3期生として出演

西川史子は1996年に人気バラエティ番組『恋のから騒ぎ』の第3期生として出演しています。この番組に出演した時に、西川史子は25歳でした。若い頃の西川史子は1996年にミス日本に入賞し、『恋のから騒ぎ』に出演し、医師国家試験に合格するという人生の転機を迎えています。この頃、西川史子は何をやってもうまくいくと感じていたそうです。

『恋のから騒ぎ』では自分の本音の気持ちを語り、明石家さんまや番組スタッフから面白がられ、一定のポジションを獲得することができました。高飛車で歯に衣を着せない毒舌トークが注目されています。西川史子は頭が良く、周囲の空気をとっさによんで理解する知性があり、それに応えようとするサービス精神から人気を博しました。

若い頃の経歴:医師国家試験に合格

西川史子は1996年に医師国家試験に合格しています。大学時代は豪遊していた西川史子ですが、大学6年生になると医師国家試験合格を目指し、猛勉強しました。見事、医師国家試験に合格し、1996年に医師登録し、同年、研修医として聖マリアンナ医科大学病院に入っています。

若い頃の経歴:タレントとしての活動

西川史子は『恋のから騒ぎ』に出演している時に、女医として本業をスタートしていますが、同時にタレントとしても活動しています。株式会社セント・フォースから株式会社ホリプロに移籍し、女医タレントとして最前線で活躍しました。

若い頃に出演していた『恋のから騒ぎ』とは異なり、プロの芸能人としてテレビに出演するようになります。当初は本業の医師業の合間の趣味程度と思って活動していたのですが、報酬を貰う以上はタレントとしての活動もしっかりとしていきたいと思ったようです。

強気で傲慢で高飛車な女医タレントが求められていたので、西川史子は「求められたら答えなければと思うようになった」と語っています。西川史子はこのように若い頃から積極的にキャラを演じるようになりました。

西川史子の若い頃の人気ぶりを調査

西川史子の若い頃の人気ぶりを調査してみました。西川史子は若い頃、様々な番組に出演しています。西川史子の若い頃はどのくらいの人気ぶりだったかをご紹介しましょう。

若い頃の人気【『サンデージャポン』レギュラー】

西川史子は若い頃、『サンデージャポン』にレギュラー出演していました。西川史子は2007年から13年にわたり、『サンデージャポン』にレギュラー出演していましたが、2020年3月に卒業しています。

西川史子は若い頃から歯に衣着せぬ発言をして注目され、番組の「ご意見番」として人気がありました。様々な企画で活躍し、アナウンサーとも共演しています。

若い頃の人気【毒舌キャラ女医としての魅力】

西川史子は若い頃、毒舌キャラ女医として人気がありました。歯に衣を着せぬ本音トークが大変人気があり、女性からも支持されていました。若い頃から本音をストレートに発言し、ド直球の発言に爽快感を覚える視聴者もいたようです。

若い頃の人気【女優として映画やドラマにも出演】

西川史子は若い頃、女優として映画やドラマにも出演しました。2008年12月6日に公開された映画「特命係長 只野仁 最後の劇場版」に加藤エミで出演しています。また、ドラマでは2001年にテレビ朝日で放送された「OLヴィジュアル系 第2シリーズ」で女医役として出演しました。

また、2011年4月から6月までTBSで放送されたドラマ「シマシマ」では白沢綾役で出演しています。さらに、2014年12月2日にTBSで放送されたドラマ「女はそれを許さない 第7話」で聖子役として出演しました。2015年7月17日にTBSで放送されたドラマ「表参道高校合唱部! 第1話」の萌役としても出演し注目されています。

西川史子の若い頃の魔法の引き出しとは

西川史子の若い頃の魔法の引き出しとはどのようなものなのでしょうか?西川史子は一族が医者という華麗な家系に生まれ、箱入り娘として育てられました。子供の頃から親に「医者になれ」と言われて育っています。

若い頃からセレブライフスタイル!

西川史子は若い頃からセレブライフスタイルでした。お小遣いが月に30万円というびっくりする金額で、テストで100点をとると、お小遣いを1万円貰っていたそうです。中高生の頃には1ヶ月のお小遣いが30万円になり、高校時代には六本木に繰り出し豪遊していました。

西川史子は成績が良ければ何をしても良いと言われていて、朝帰りや夜遊びをしても叱られることはありませんでした。

西川史子の実家には魔法の引き出し?

西川史子の実家には魔法の引き出しがありました。西川家のリビングの引出しにはいつもお金がたくさん入っていたそうです。家族はその引出しからお金を持って行ってよく、いくらでもお金が湧き出てきました。

お金の補充は母親の役目で、引出しには日本円はもちろん、ドルも入っていたようです。自由にお金を使うことができる生活を送っていました。

魔法の引き出しとスパルタ教育のさじ加減

西川史子の実家のリビングには魔法の引出しがあり、お金がいっぱい入っていて、自由にお金を使える環境でした。甘やかされて育ったように思えますが、西川史子はスパルタ教育を受けて育っています。

西川史子の父親は西川史子が子供の頃から「医者になれ」と言っていました。医者至上主義、権威主義のスパルタ教育を受けて育ちます。父親は西川史子に医者になってもらいたい一心から、全教科に家庭教師をつけ、教育に莫大なお金をかけていました。

西川史子は若い頃からゴージャス経歴

西川史子の若い頃についてご紹介しました。西川史子は若い頃、とても美しく、男性からモテモテでした。ミス日本に出場し、フォトジェニック賞を受賞しています。医師として活動しながら、若い頃からタレントとしても活躍し、毒舌なキャラクターが人気でした。西川史子の若い頃の経歴はとてもゴージャス。今後も西川史子に注目していきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ