西村和彦の現在!嫁との離婚理由は?実家や自宅・若い頃も調査!

「リポビタンD」や「同窓会」といった様々なドラマに出演している俳優の西村和彦さん。今回は、西村和彦さんの現在に注目して迫っていきたいと思います。また、西村和彦さんの2度に渡る離婚原因や実家、そして若い頃の作品も併せて紹介していきます。

西村和彦の現在!嫁との離婚理由は?実家や自宅・若い頃も調査!のイメージ

目次

  1. 1西村和彦のプロフィール
  2. 2西村和彦の現在
  3. 3西村和彦と嫁の離婚理由
  4. 4西村和彦の実家や自宅を調査
  5. 5西村和彦の若い頃
  6. 6西村和彦の現在は嫁と離婚しシングルファーザー

西村和彦のプロフィール

・愛称:???
・本名:西村 和彦(にしむら かずひこ)
・生年月日:1966年8月21日
・年齢:52歳(2019年5月現在)
・出身地:京都府京都市伏見区
・血液型:O型
・身長:175cm
・体重:60kg
・活動内容:俳優
・所属グループ:???
・事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
・家族構成:子供2人
・出演作品:ドラマ「法医学教室の事件ファイルシリーズ」「牡丹と薔薇」「幸せの時間」「37.5℃の涙」、映画「ゆずの葉ゆれて」「バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」など

西村和彦の経歴

まずは、西村和彦さんの若い頃から現在までの経歴を簡単に紹介していきます。西村和彦さんは高校生の頃に役者になることを決意し大学へ進学されますが、役者になる夢を叶えるために途中で辞められます。

そして西村和彦さんは18歳の時に、俳優の夏木陽介さんが新人を発掘するために開催した「夏アクターズスクール」の1期生として選ばれます。

しばらく役者としての演技力を勉強していた西村和彦さんは、22歳の時に特撮テレビドラマ「超獣戦隊ライブマン」で本格的に役者としてのデビューを果たします。

その後22歳の時にリポビタンDのCMに起用されることが決まり、一躍有名となった西村和彦さん。現在に至るまで、数々のドラマ作品や映画作品に出演されています。

西村和彦の学歴

次に西村和彦さんの学歴を簡単に紹介していきます。西村和彦さんは、京都市にある伏見稲荷大社の境内の四ツ辻茶屋に実家があります。そのため高校を卒業するまで、伏見稲荷大社から学校まで通われていました。

西村和彦さんが通っていた高校は京都市にある日吉ケ丘高等学校です。実家がある伏見稲荷大社から比較的近いので、日吉ケ丘高等学校を進学先に選ばれたのかもしれませんね。

高校卒業後は、日本大学芸術学部映画学科に進学されます。日本大学芸術学部映画学科出身の俳優はとても多く、船越英一郎さんや真田広之さん、神田正輝さんといった現在でも活躍されている方々ばかりです。

1996年に立原麻衣と結婚

西村和彦さんは過去に2度離婚をされていました。最初に結婚されたのはジャズ歌手としても有名な女優の立原麻衣さんです。

西村和彦さんと立原麻衣さんは、前述した夏木陽介さん主催の「夏アクターズスクール」で知り合います。交際を経て1996年に2人は結婚されました。

立原麻衣とは

元嫁の立原麻衣さんは1967年生まれで、西村和彦さんとは1歳違いになります。子供の頃から女優が夢だった立原麻衣さんは、高校生の頃に東宝映画が主催する新人スカウトオーディションで合格し芸能界デビューを果たしました。

立原麻衣さんはドラマや映画、舞台など様々な作品に出演し、現在ではジャズ歌手としても活躍されています。

2005年1月に元嫁・立原麻衣と離婚

1996年に結婚された2人ですが、9年後の2005年1月に離婚されてしまいます。離婚した時西村和彦さんは39歳、元嫁の立原麻衣さんは40歳でした。

元嫁との間に子供はいない

西村和彦さんと立原麻衣さんには子供がいたのでしょうか?2人は9年間という結婚生活でしたが、元嫁との間に子供はいないようです。

2006年に國重友美と再婚

そして西村和彦さんは2006年に書道家の國重友美さんと再婚します。俳優と書道家というあまり接点のない2人が出会ったのは、テレビ番組での共演だったそうです。西村和彦さんと國重友美さんは、交際期間が僅か2か月というスピード結婚でした。

嫁・國重友美とは

國重友美さんは1978年生まれで、西村和彦さんとは12歳の年の差になります。元々英語と漢字を組み合わせた「英漢字書家」を目指していた國重友美さんは、ある日ホリプロの関係者からオーディションを受けるのを勧められたのがきっかけで芸能界に興味を持ちました。

國重友美さんはホリプロスカウトキャラバンを受け、最終選考まで残ったことで芸能界入りを果たします。デビュー当初はタレントとして活動されていましたが、最初から書家になることを考えていたそうです。その後、知名度があがり今では海外からの人気も高く、英漢字書家として活躍されています。

國重友美との間には子供が2人誕生

2006年に結婚した西村和彦さんと國重友美さんですが、2008年に長男が誕生します。そして2009年に長女が誕生し、年子で子供が生まれました。

子供の名前は非公表

子供の名前が気になる方も多いかと思いますが、子供については性別のみの公表です。また顔写真についても公開していません。もしかしたら今後公表することがあるかもしれませんが、現時点では子供の年齢のみ公表になっています。

2015年に國重友美と離婚

西村和彦さんと國重友美さんは結婚生活9年で離婚されてしまいます。離婚されたとき、西村和彦さんは49歳。國重友美さんは37歳でした。

西村和彦の現在

2度の離婚をされた西村和彦さんは現在どんな活動をされているのでしょうか?ここからは西村和彦さんの現在について迫っていくとともに、2人の子供を育てる父親としての西村和彦さんを紹介していきます。

現在はシングルファーザー

2015年に元嫁である國重友美さんと離婚後、西村和彦さんはシングルファザーとして2人の子供を育てています。仕事をしながら1人で子供を育てるのは大変そうですね。

元嫁との子供の親権は西村和彦へ

元嫁の國重友美さんは英漢字書家として人気が高まるにつれ、仕事が忙しくなっていきました。忙しい嫁の代わりに、子供たちの世話や家事は西村和彦さんが主にされていたそうです。そのため離婚をした際の親権は、西村和彦さんとなりました。

イクメンぶりが凄いと話題!

西村和彦さんは長女が2009年に生まれた際に、2週間の育休をとっていました。育休期間中は長男や生まれたばかりの長女のお世話や、家事に明け暮れたそうです。

また子供たちが大きくなってからは、お弁当を作ることもあり、なんと子供たちが好きなアニメのキャラクターでキャラ弁を作るそうです。西村和彦さんのブログにはキャラ弁が掲載されており、「イクメン」としての新たな一面を見ることができます。

元嫁2人と離婚し現在はバツ2の西村和彦

立原麻衣さんと國重友美さんの元嫁2人と離婚されてしまった西村和彦さん。現在はバツ2のシングルファザーとして生活されています。離婚経験がある芸能人は珍しくはありませんが、西村和彦さんのようにバツ2で男で一つで育てているシングルファザーは非常に珍しいです。

元嫁と離婚後も俳優として活躍

元嫁と離婚されたあとも、西村和彦さんは離婚前と変わらず俳優として活動をされています。その仕事ぶりは離婚した2015年以降も衰えず、「仮面ライダーゴースト」や「三匹のおっさん」といった様々なドラマに出演されています。

2019年出演作はドラマ「ただいま大須商店街」

西村和彦さんが最新作のドラマは2019年に放送された「ただいま大須商店街」です。「ただいま大須商店街」では、東海テレビの開局60周年記念ドラマとして作成され、西村和彦さんは近藤大輔役として出演されていました。

西村和彦と嫁の離婚理由

2度の離婚をされた西村和彦さんですが、離婚理由や原因は何だったのでしょうか?元嫁である2人の離婚理由と、離婚となった原因についてそれぞれ検証していきましょう。

1人目の嫁・立原麻衣との離婚理由とは

まず1人目の立原麻衣さんとの離婚理由についてです。離婚した当初、その離婚理由については明らかにはされませんでした。

離婚の原因は浮気や生活の擦れ違いとの噂

理由について公表されてはいないものの、離婚となった原因は西村和彦さんの浮気ではないかと噂されています。

またお互いに芸能人として活躍していたため、仕事が忙しく生活する上ですれ違いが続いてしまったため、それが離婚の原因に繋がってしまったと考えられています。

2人目の嫁・國重友美との離婚理由とは

次に2人目の嫁である國重友美さんとの離婚理由や原因についてみていきましょう。立原麻衣さんの離婚の時と同様に、離婚原因や理由についてといった詳細については明らかにされてはいません。

離婚理由は非公表で円満離婚

離婚理由は非公開にしていますが、離婚に伴う慰謝料についてはなしで円満離婚と言われています。また2015年に離婚した2人ですが、離婚した当初すぐに公表しませんでした。それは2人の子供たちに対して配慮したためだと言われています。

遠距離生活での擦れ違いが離婚の原因との噂も

2人が離婚に至ってしまった原因の1つとして、先述した通り國重友美さんの仕事が多忙となってしまったことが考えられます。

國重友美さんは2012年頃から英漢字書家としての活動拠点をアメリカに移していました。日本とアメリカの行き来する生活は子供を抱えながらだととても大変で、心の距離も離れてしまったのが原因と言われています。ただし、離婚原因については明確に発言されていないため不明です。

ネット上では元嫁に対する厳しい声

離婚となってしまいましたが、ネット上では國重友美さんに対して厳しい声が上がるようになります。それは國重友美さんのわがままな性格と、子供や家事を全て夫である西村和彦さんに任せて仕事をしていたためでした。

西村和彦の実家や自宅を調査

西村和彦さんの結婚歴について迫っていきましたが、次は西村和彦さんの実家や現在住んでいる自宅について注目して調査していきたいと思います。西村和彦さんの自宅はどのような住まいなのでしょうか?

実家は京都伏見稲荷大社の境内

西村和彦さんの実家は京都にある伏見稲荷大社の境内にあります。伏見稲荷は日本人だけではなく、外国人にも人気の観光スポットでもあります。そんな伏見稲荷大社の山腹に西村和彦さんの実家があります。経歴でも紹介したように、西村和彦さんは高校まで自宅で過ごされていました。

幼少期は参道を往復する毎日

西村和彦さんは幼少期から伏見稲荷大社の参道と実家を往復する毎日でした。子供の頃は実家が山腹にあるため、友達があまり遊びに来てくれないのが悩みだったそうです。

実家は四ツ辻茶屋「仁志むら亭」を経営

西村和彦さんの実家は四ツ辻茶屋「仁志むら亭」という名前で、江戸時代から代々続く茶屋を経営しています。仁志むら亭は、メインのうどんの他にソフトクリームや甘味といった様々な食べ物も販売していて、毎日観光客で賑わっているお店です。

子供と暮らす現在の自宅は?

西村和彦さんの現在の自宅はどのような雰囲気なのでしょうか?西村和彦さんが暮らす自宅の場所については、様々な噂があるもののどこにあるのかは明言されてはいません。

自宅では子供と一緒に暮らしているので、プライバシーを考慮して場所について話されないのかもしれませんね。

離婚前には「ソロモン流」で自宅撮影も話題に

自宅の場所については分からないものの、かつて國重友美さんの結婚されていた頃にテレビ番組「ソロモン流」で自宅を撮影されたこともあります。テレビでは、家族全員でこたつに入りながら仲良く食事する映像が流れました。

西村和彦の自宅への考え方とは

独身時代は賃貸に暮らし、持ち家を購入するメリットが分からなかったという西村和彦さん。子供を持ち、初めて家を持ちたいと考え始めたそうです。

家を購入し子供たちへ残したいという気持ちが芽生えていったそうです。子供が生まれたからこそ、自宅に対して価値観の変化が生まれたのかもしれませんね。

西村和彦の若い頃

2人の子供を育てながら現在も俳優として活躍している西村和彦さんですが、若い頃はどんな役者だったのでしょうか?ここからは西村和彦さんの若い頃に出演したドラマを動画と共に紹介していきます。

若い頃の西村和彦と言えば「大正製薬・リポビタンD」

若い頃の西村和彦さんと言えば、一番イメージするのが大正製薬の「リポビタンD」だと思います。西村和彦さんが全国的に名前が知られるようになったコマーシャルで、1991年から1998年まで務められました。

ブレイクCM「大正製薬・リポビタンD」動画①

実際に西村和彦さんが若い頃に出演したリポビタンDのCM動画をご紹介していきます。まずは1本目の「電車編」です。

線路に横たわった大木を、おなじみの「ファイトー!」「いっぱーつ!」で線路脇へ移動させる西村和彦さんと渡辺裕之さん。2人の力強さと迫真の演技に注目の作品となっています。

ブレイクCM「大正製薬・リポビタンD」動画②

若い頃に出演したリポビタンDの動画2本目は「吊り橋編」です。吊り橋を渡っているときにロープが切れてしまい、おなじみのフレーズで間一髪助かります。また、このCMは1993年頃に放送されたと言われています。

ブレイクCM「大正製薬・リポビタンD」動画③

若い頃に出演したリポビタンDの動画3本目は「断崖絶壁編」です。断崖絶壁を渡る西村和彦さんと宍戸開さん。

そこに大きな岩が落ちてきて2人を阻みますが、「ファイト一発」のキャッチフレーズで見事助かると言った内容です。このCMは1995年頃に放映されてたと言われています。

若い頃の出演ドラマ一覧

西村和彦さんはリポビタンDのCM以外はどんなドラマに出演されていたのでしょうか。代表的な作品を紹介します。

若い頃の出演ドラマ①「同窓会」

まず1つ目のドラマは「同窓会」です。「同窓会」は1993年に放送されていたドラマで、西村和彦さんは同性愛に悩む夫を演じ、当時とても話題となりました。

若い頃の出演ドラマ②「嘘でもいいから」

次に2つ目のドラマは「嘘でもいいから」です。「嘘でもいいから」は「同窓会」と同じ年の同じクールで放送されていた恋愛ドラマです。西村和彦さんはドラマ内で農林水産省に努めるエリート会社員を演じられました。

若い頃の出演ドラマ③「八代将軍吉宗」

そして3つ目のドラマは「八代将軍吉宗」です。「八代将軍吉宗」1995年に放送されたNHK大河ドラマです。西村和彦さんは水戸徳川軍の一人、「徳川宗堯」役を演じ話題となりました。

若い頃には仮面ライダーオーディションに落選

西村和彦さんは若い頃に「仮面ライダーBLACK」の主人公である南光太郎役のオーディションを受けたこともあります。残念ながら落選してしまいましたが、その経験をバネにオーディションを受け続けていきます。

その後は特撮ドラマ「超獣戦隊ライブマン」出演

そして「仮面ライダーBLACK」の翌年に放送された、特撮ドラマ「超獣戦隊ライブマン」のオーディションを受験し、見事合格を果たします。「超獣戦隊ライブマン」では、ライブマンの1人である大原丈(イエローライオン)を演じました。

西村和彦の現在は嫁と離婚しシングルファーザー

西村和彦さんの現在について紹介してきました。西村和彦さんは嫁と離婚し、現在はシングルファザーとして仕事と育児の両立をされています。

現在も昔と変わらず、精力的に俳優としての活動を続けられている西村和彦さん。そんな西村和彦さんの今後の活躍を応援していきたいと思います。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
まなしま
旅行とかわいいもの、雑貨が大好きです。最近はサンリオ沼で、クロミ推し!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ