越智志帆の病気はガン?喉?症状や治療などの情報まとめ

Superflyの越智志帆さんが病気で活動休止したことが話題となりました。越智志帆さんの病気は喉のガンだったという噂もあるとのこと。越智志帆さんの病気がガンであるという噂の真相とともに、症状や治療などについて調査しました。越智志帆さんの病気について紹介します。

越智志帆の病気はガン?喉?症状や治療などの情報まとめのイメージ

目次

  1. 1越智志帆(Superfly)のプロフィール
  2. 2越智志帆の病気はガン?
  3. 3越智志帆は喉の病気で症状や治療は?
  4. 4越智志帆の病気から復帰後について
  5. 5越智志帆以外の喉の病気が気になる歌手
  6. 6越智志帆は喉の病気の治療から歌手活動復帰!

越智志帆(Superfly)のプロフィール

・愛称:志帆ちゃん
・本名:越智志帆(結婚後の姓は不明)
・生年月日:1984年2月25日
・年齢:37歳(2021年5月現在)
・出身地:愛知県今治市
・血液型:O型
・身長:153cm
・体重:???
・活動内容:歌手、シンガーソングライター
・所属グループ:Superfly
・事務所:44 CARAT
・家族構成:旦那(金澤ダイスケ)

越智志帆の経歴

越智志帆さんは中学生時代の合唱コンクールをきっかけに、歌うことの喜びを覚えたのだそうです。その後、高校生時代にバンドを始め、ボーカルをつとめました。越智志帆さんは元々はポップスの曲を聴いていたのだそうですが、ジャニス・ジョップリンを聴いたことをきっかけにロックに傾倒。

その後、キャロル・キングやミック・ジャガー、シェリル・クロウなどの影響を受け、現在のボーカルスタイルを築き上げたと言われています。そんな越智志帆さんは、2003年に松山大学の軽音学サークルの活動を通じて多保孝一さんと知り合い、コピーバンドを結成したそうです。

その後、越智志帆さんは多保孝一さんに誘われる形で「Superfly」に加入。越智志帆さんはボーカルをつとめましたが、当時はメンバーの入れ替わりが激しかったそうです。2006年に越智志帆さんと多保孝一さんは上京。デモ音源をレコード会社や音楽プロダクションに送り、2007年に「Superfly」は「ハロー・ハロー」でメジャーデビューしました。

この年の8月にはセカンドシングル「マニフェスト」もリリースします。11月には多保孝一さんがコンポーサー・アレンジャーに転向することが発表され、「Superfly」は越智志帆さんのソロプロジェクトとなりました。

2008年には「Superfly」の4枚目のシングル「愛をこめて花束を」が初めてドラマの主題歌として採用されます。また、この年にリリースされた6枚目のシングル「How Do I Survive?」はオリコンチャートで10位となり、初のオリコンTOP10入りを果たしました。2009年には「My Best Of My Life」が人気ドラマ「BOSS」の主題歌に。

2010年には「My Best Of My Life」が春の甲子園の入場行進曲に採用されました。また「タマシイレボリューション」が2010NHKサッカーテーマソングに決定するなど、「Superfly」は人気アーティストの仲間入りを果たします。

「Superfly」として毎年コンスタントにシングルをリリースし、ライブ活動を行ってきた越智志帆さん。2015年にはドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」の主題歌に採用された「Beautiful」で紅白歌合戦にも初出場し、その圧倒的な歌唱力が話題となりました。

私生活の面では2018年に「フジファブリック」の金澤ダイスケさんと結婚したことを発表。また、2021年にはユニバーサルミュージック / ユニバーサルシグマにレーベルを移籍することが発表されました。

越智志帆の病気はガン?

越智志帆さんの病気について詳しく見ていきましょう。越智志帆さんの病気はガンだという噂があるようです。越智志帆さんの病気はガンだったのでしょうか?越智志帆さんの病気がガンだという噂やその理由について調べてみました。

越智志帆に病気の噂が浮上

越智志帆さんの病気の噂が流れたのは2016年のことだったようです。2016年といえば、「Superfly」が紅白歌合戦に初出場した翌年のことで、アリーナ全国ツアー「uperfly Arena Tour 2016 "Into The Circle!"」も開催されていました。

「Superfly」の認知度が高まり、さらに活動の幅を広げていこうとしていた時期でもあったようです。越智志帆さんはパワフルなボーカルが男性女性年齢を問わず人気を集めていたため、病気の噂に心配したファンも多かったようでした。

越智志帆の病気はガン?

越智志帆さんの病気はガンだったのでしょうか?調べてみたところ、越智志帆さんは病名については正式に発表していなかったようです。ただ、「ガンではないか?」という噂が広がっていたとのこと。病気の噂が流れた当時の越智志帆さんの年齢は31歳と若く、もしガンだとすれば進行も早く治療も大変だった可能性があります。

越智志帆さん自身が病名を公表していないこともあり、「ガンなのでは?」という噂の真相については分かっていません。ただ、ネット上などでは、越智志帆さんの病気がガンだったのではないかという噂は現在も囁かれているようです。

越智志帆の病気がガンと言われる理由

病気の噂が流れたとしても、越智志帆さんのように若い女性にガンの噂が流れるというのはそれなりの理由があったはずです。いったいなぜ、越智志帆さんの病気がガンだという噂が流れたのでしょうか?越智志帆さんの病気がガンだという噂が流れた理由を調べてみました。

理由①ベリーショートの髪型

越智志帆さんの病気がガンだと噂されるきっかけとなったのは、復帰後に長かった髪がベリーショートになっていたことだったようです。越智志帆さんといえば、ロングヘアがトレードマークだっただけに、多くの人がこの髪型の変化に驚いたとのこと。ガンの治療で髪型を変えたのではないかという噂も流れました。

理由②抗がん剤治療疑惑

越智志帆さんには抗がん剤治療を行っていたのではないかという噂も流れていたようです。ガンと診断された場合、手術を行うこともありますが、抗がん剤治療という方法もあります。ただ、抗がん剤治療の場合、副作用で髪が抜け落ちてしまうこともあるとのこと。

そのため、抗がん剤治療を終えたばかりの人は医療用のウィッグを利用することも多いそうです。越智志帆さんが復帰したときに髪がベリーショートになっていたのは、抗がん剤治療の影響もあったのではないかと言われていました。

越智志帆は喉の病気で症状や治療は?

越智志帆さんの病気について、具体的な病名の発表はないものの、喉の病気だったことは分かっているようです。越智志帆さんの病気の症状や治療などは判明しているのでしょうか?越智志帆さんの病気の症状や治療について調査してみました。

突然のライブ中止と喉の病気と治療を公表

越智志帆さんは「Superfly」として順調に活動を続けていましたが、2016年7月、喉の不調が原因で活動休止を発表しました。この時、越智志帆さんは夏フェスなどのライブイベントに多数出演予定でしたが、すべてキャンセルとなっています。

「Superfly」は夏フェスでも人気だったため、イベントをキャンセルするというのはよほどのことだと思われたようです。越智志帆さんの病気はかなり重いものなのではないかという噂も流れました。

病名は非公表?当時の症状は?

越智志帆さんが活動休止を発表した際、病気の病名については公表されませんでした。症状については「喉の不調」という説明があったのみです。そのため、病名や症状について、憶測も含めたさまざまな噂がながれていたようでした。

また、越智志帆さんの治療のための休止期間が1年3ヶ月と長期に及んだことから、その症状は深刻なのではないかとも噂されていたようです。ただ、越智志帆さん自身が病名や具体的な症状について公表していないため、現在もどのような病気だったのかということやどのような治療をしたのかについては謎となっています。

現在の喉の病気の症状や治療は?

越智志帆さんの現在の病気の症状や治療についても見ていきましょう。越智志帆さんは病気から復帰後、体調を崩したなどの情報はないようです。そのため、現在は病気の症状も落ち着き、治療の効果が出ている物と考えられます。

越智志帆さんがどのような病気なのかにもよりますが、ネット上では「完治したのでは?」という見方もあるあようです。また、復帰後の越智志帆さんが元気であることから、病気はガンではなく「急性声帯炎」などだったのではないかという意見もありました。

越智志帆の活動休止当時の世間の反応

越智志帆さんが活動休止を発表した当時の世間の反応についても見ていきましょう。越智志帆さんの病気による活動休止の発表が夏フェス前だったということもあり、多くのファンが心配していたようです。

ただ、越智志帆さんが活動休止をする必要があるほどの病気なら「ゆっくり休んでしっかり治して欲しい」と考えるファンが多かったようでした。また、「元気になって再びパワフルな歌声が聴きたい」という声も多かったようです。

越智志帆の病気から復帰後について

越智志帆さんの病気から復帰までの経緯について見ていきましょう。越智志帆さんは病気の休養期間を経て、どのような形で復帰したのでしょうか?越智志帆さんの復帰に対する世間の声についても調べてみました。

病気での休養期間を振り返り

越智志帆さんは2016年7月29日に喉の不調の治療のため、8月のイベントをすべてキャンセルすることを発表しました。これにより、越智志帆さんが公の場に出てくることはなくなりましたが、8月にはライブDVD「Superfly Arena Tour 2016 "Into The Circle!"」を発売。

また、9月には21枚目のシングル「Good-bye」、12月には22枚目のシングル「99」をリリースしました。さらに4月にはBestアルバム「Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”」をリリースしています。このため、越智志帆さんが活動休止しているということを知らなかった人もいたようです。

2017年11月に復帰で話題に

越智志帆さんが復帰したのは、活動休止から1年3ヶ月後の2017年11月のことでした。越智志帆さんは、デビュー10周年記念ライブ「Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"」で活動を再開。ライブのステージは1年8ヶ月ぶりのことだったそうです。

このライブで越智志帆さんの髪型がロングからベリーショートになっていたこともあり、ファンは驚いたのだとか。ただ、復帰したばかりとは思えないほどのパワフルな歌唱に、ファンたちは安堵していたようです。越智志帆さんは復帰に向けて、万全の準備を整えていたのかもしれません。

復帰後のファンの反応は?

越智志帆さんの復帰後のファンの反応についても見ていきましょう。越智志帆さんの復帰の情報に対して、ファンたちは歓喜していたようでした。シングルやベストアルバムのリリースはあったものの、やはり病気の治療のために活動休止をしているという状況は、ファンたちも心配だったのでしょう。

越智志帆さんが復帰のライブで見せた元気な姿は、ライブビューイングによって全国の映画館でも生中継されました。こうしたこともあり、復帰当日のSNSでは、越智志帆さんの復帰を喜ぶ声や変わらぬ歌声に対する称賛の声が多数寄せられていたようです。

越智志帆以外の喉の病気が気になる歌手

越智志帆さん以外にも、喉の病気が気になる歌手はいるようです。越智志帆さん以外の喉の病気が気になる歌手にはどのような人がいるのでしょうか?越智志帆さん以外の喉の病気が気になる歌手を調べてみました。

喉の病気が気になる歌手【持田香織】

喉の病気が気になる歌手としては、Every Little Thingの持田香織さんの名前もあげられるでしょう。持田香織さんはかつて、綺麗な高音が魅力の歌手でした。ただ、喉を痛めたことを理由に、歌い方を変えたとのこと。持田香織さんの歌い方の変化には賛否両論がありますが、喉への負担を考えると仕方のない判断だったのかもしれません。

喉の病気が気になる歌手【中島美嘉】

中島美嘉さんも、高音が美しい歌手として知られています。ただ、近年はその声が変わってしまったという噂もあるのだとか。調べてみたところ、中島美嘉さんは「耳管開放症」という病気になったことがあり、その時に、音が聞こえないことが理由で乱暴な声の出し方をして高音が出なくなってしまったという情報がありました。

喉の病気が気になる歌手【桑田佳祐】

喉の病気が気になる歌手としては、桑田佳祐さんの名前もあげられるでしょう。桑田佳祐さんは、喉と胃を繋ぐ食道のガンになったことがあり、歌手としての復帰が心配されていたようです。

桑田佳祐さんは食道と胃の上部を繋げる手術をすることになり、ライブツアーの中止やアルバムの発売延期が発表されました。ただ、現在の桑田佳祐さんは食道ガンを克服し、65歳となった現在も歌手としてパワフルに活動しています。

越智志帆は喉の病気の治療から歌手活動復帰!

越智志帆さんの病気について紹介してきました。越智志帆さんは2016年に喉の病気の治療のために活動休止することを発表。1年3ヶ月の療養期間を経て復帰しました。ただ、越智志帆さんは病名を公表しなかったことにより、「ガンなのではないか?」という憶測も広がっていたようです。

越智志帆さんは2017年11月に復帰。その後は病気で活動を休止することもなく、精力的に「Superfly」としての活動を続けています。越智志帆さんの今後の活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ