小田和正は結婚して嫁がいる!嫁の新井恵子との馴れ初めや子供は?

小田和正は数々の名曲を世に送り出し、今なおミュージシャンとして活動を続けるアーティストです。また、小田和正は結婚しており、結婚相手は新井恵子ということも知られています。2人の馴れ初めや子供など、小田和正の結婚にまつわる話題を取り上げてまとめました。

小田和正は結婚して嫁がいる!嫁の新井恵子との馴れ初めや子供は?のイメージ

目次

  1. 1小田和正のプロフィール
  2. 2小田和正は結婚して嫁がいる
  3. 3小田和正と嫁(新井恵子)の結婚の馴れ初め
  4. 4小田和正の結婚した嫁との子供は?
  5. 5小田和正の結婚ソングなど人気曲【Part1】
  6. 6小田和正の結婚ソングなど人気曲【Part2】
  7. 7小田和正の結婚した嫁は新井恵子で子供はいない

小田和正のプロフィール

・愛称:小田さん、K.ODA
・本名:小田和正(おだかずまさ)
・生年月日:1947年9月20日
・年齢:71歳(2019年9月現在)
・出身地:神奈川県横浜市金沢区
・血液型:A型
・身長:172cm
・体重:不明
・活動内容:ボーカリスト、シンガーソングライター、音楽プロデューサー
・所属グループ:オフコース
・事務所:ファンハウス→BMG JAPAN→アリオラジャパン
・家族構成:新井恵子(妻)

小田和正の経歴

小田和正は神奈川県横浜市出身の歌手です。バンド・オフコースの元ボーカリストでもあり、これまで様々な名曲を世に送り出してきたミュージシャンです。2019年9月現在で71歳になる小田和正は、精力的にライブを行うなど音楽活動を続けています。まずは小田和正について簡単に経歴を振り返ります。

小田和正は1947年9月20日に商店街で薬局を営む家庭に生まれました。幼少期からバイオリン教室に通い、音楽に慣れ親しんでいた小田和正ですが、小学3年生の時にその後から現在に至るまで深い付き合いになる鈴木康博と出会います。

小田和正は1960年に中高一貫校である聖光学院に進学してから、本格的に音楽の道を志すようになりました。高校3年生の時には地主道夫や須藤尊史らオフコースのオリジナルメンバーで、1000人以上のキャパシティーをもつ大きなホールで演奏を披露したことがあります。

小田和正は東北大学時代もメンバーを音楽活動を続け、ヤマハライトミュージックコンテストに参加し、全国大会に出場して2位の成績を収めたことからプロになる夢を抱くようになりました。1972年にメジャーデビューしてから、瞬く間に音楽シーンを牽引するバンドに成長します。

「さよなら」や「Yes-No」などのヒット曲を生み出す一方で、小田和正はソロシンガーとしての活動も多くなりました。1989年にオフコースが解散した後に、1991年にフジテレビ系列のテレビドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブストーリーは突然に」がミリオンセラーを記録しました。

「ラブストーリーは突然に」のヒット後は様々なドラマやCMで小田和正の製作した楽曲が使われるようになり、一躍小田和正はヒットソングメイカーとしてその名を知られることになりました。小田和正の曲はその曲調や世界観から結婚式などでよく使われる、俗にいう「結婚ソング」が非常に多いです。

1970年代から現在まで、およそ半世紀も音楽シーンで活躍を続けている小田和正ですが、この記事ではそんな小田和正の結婚に関する噂や嫁の新井恵子について、また2人の馴れ初めや子供の存在についても取り上げてまとめます。

小田和正は結婚して嫁がいる

小田和正は制作した楽曲が様々なドラマやCMで流されているため、音楽に明るくない人でも知っているほどの一流ミュージシャンですが、そんな小田和正は結婚していて、嫁がいます。ここからは小田和正の結婚についての情報と、結婚相手である嫁との馴れ初めなどを紹介します。

1982年に一般女性の嫁と結婚

1982年に小田和正は一般女性と結婚しました。当時は小田和正が35歳の時で、9月3日に結婚しているのですが、これにはちょっとしたウラ話があります。1981年に発売された「I LOVE YOU」は女性に対して愛を誓う曲なのですが、その歌詞の中に「あぁ、はやく九月になれば」というフレーズが登場します。

この「I LOVE YOU」という曲は、結婚する嫁のために書いた曲なのだそうです。この当時のアーティストは自分が愛する結婚相手に対して曲を書くことが非常に多かったのですが、小田和正もその1人であったようです。非常に情熱的なプロポーズソングであると言えます。

結婚の公表に戸惑った時期も

しかし、当時35歳であった小田和正は一般女性との結婚を公表する事に対し戸惑いを感じていたのだとか。あくまで小田和正はミュージシャンであり、結婚という私的な話を公表しても仕方ないという考え方をしていたようです。

結果的に結婚を公表することになりましたが、小田和正の活動は結婚後もそれまでと変わりなく、結婚による影響はほとんどなかったそうです。小田和正がアイドルのようにルックスではなく、制作する楽曲やミュージシャンとしての腕前によって評価されていたことがわかります。

嫁の名前は新井恵子で顔は?

小田和正と1982年に結婚した一般女性の名前を調べてみたところ、「新井恵子」という名前であることが分かりました。顔写真は当時の新聞記事に少し掲載されていたようですが、あくまで一般女性であることから、結婚の情報が出た時も露出は控えめであったようです。

小田和正と嫁(新井恵子)の結婚の馴れ初め

若い頃から有名ミュージシャンとして活躍している小田和正と、一般女性であった新井恵子はどのようにして知り合い、結婚へと至ったのでしょうか?小田和正と1982年に結婚した一般女性の嫁・新井恵子の馴れ初めについて調べてみました。

嫁(新井恵子)の結婚の馴れ初めはファンクラブ

結婚発表ごろに発行された新聞記事によると、小田和正の結婚相手の新井恵子の馴れ初めはオフコースのファンクラブを作ったことで、それをキッカケに交際を始めたそうです。さらに2人の馴れ初めについて詳しく調べてみたところ、それ以前から小田和正と新井恵子は親交があったことが分かりました。

オフコースのファンクラブが馴れ初め

結婚相手の新井恵子は、小田和正がオフコースのボーカリストとして活動している時も事務所を訪れて様々な雑用をこなしていたようです。一説によると、小田和正と新井恵子は中学生の時からの知り合いだそうで、下積み時代から小田和正のことを支え続けた末の結婚であることがわかりました。2人の馴れ初めについては諸説あるようです。

オフコースとは

ここで1度、小田和正と結婚相手である新井恵子の馴れ初めに深く関わってくるバンド、オフコースについて詳しく取り上げます。オフコースは小田和正が立ち上げたバンドであり、1970年から1989年にかけて活動しました。様々なヒット曲を生み、現在でも根強いファンをもつバンドです。

もともとは小田和正が聖光学院の在学中に、鈴木康博や地主道夫たちと一緒に立ち上げたグループが元になっており、音楽ジャンルとしてはフォークミュージックに大きな影響を受けていました。しかしオフコースはデビュー当初の数年間はヒット曲を出すことはなく、知名度もかなり低いバンドであったようです。

小田和正の透き通るような伸びやかな歌声は注目されていたものの、イマイチな活動を続けていたオフコースに転機が訪れたのは、1976年に大幅なメンバー増員を行った時でした。ギターの松尾一彦やドラムの大間ジロー、ベースの清水仁が加わり、シンセサイザーなども取り入れ、バンドとして重厚なサウンドを奏でるようになります。

フォークミュージックから路線変更し、当時流行しかけていたバンドサウンドを取り入れたことによってオフコースは大きく躍進しました。オフコース結成10年となる年には「さよなら」で大ヒットを飛ばすと、それ以降もヒット曲を量産する有名バンドに成長しました。

当時のミュージシャンの「テレビに出演して知名度を上げる」というブランディングと異なり、オフコースは殆どメディアに出演することはなく、音楽制作とライブ活動に全精力を注ぐという生粋のアーティストとしての姿勢を貫いていたようです。

現在でも再結成が望まれていますが、小田和正自身が「オフコースは学校のようなものであり、学校はいずれ卒業する時がくる」と語っていることから、オフコース再結成の可能性はほぼ絶望的ではないかとファンの間では語られています。

ブレイク前の小田和正を支えてきた嫁

小田和正と結婚相手である一般人女性の新井恵子の馴れ初めについて詳しく見てきましたが、新井恵子は小田和正のことをオフコースで売れない下積みの時代から支えてきた献身的な女性であることがわかりました。長年の知り合いで、音楽活動の中で自然と心が近づいたという2人の馴れ初めは、優しい曲を作る小田和正らしいともいえます。

小田和正の結婚した嫁との子供は?

小田和正と結婚した一般女性・新井恵子の人柄や、2人の馴れ初めについて詳しく取り上げてきましたが、続いては小田和正と新井恵子の間に子供はいるのかなどの情報を調べてまとめました。私生活についての露出が少ない小田和正ですが、2人の間に子供はいるのでしょうか?

結婚した嫁(新井恵子)との間に子供はいない

プライベートな部分に関する話題があまり表に出てくることがない小田和正ですが、現時点で2人の間に子供がいるという情報はありません。またコンサートなどで小田和正の私生活の話になった時に子供の話が出てきたことがないということから、おそらく2人の間に子供はいないと考えられています。

小田和正には嫁以外との子供がいる?

小田和正に嫁である新井恵子以外の女性との間に子供がいるのかについても調べてみました。しかし、小田和正は昔から新井恵子と親交があり、長い間支えてくれた新井恵子と交際して結婚に至っている馴れ初めがあることから、他の女性との子供がいることは考えられません。

もともとそのような浮ついた噂が出ることが極端に少ない小田和正の性格上、小田和正に嫁である新井恵子以外の女性との子供がいる可能性はないと考えてよいでしょう。新井恵子は小田和正のそのような一途な人柄に惹かれたのかもしれません。

過去に「どこかに子供がいたら困る」発言

また、小田和正は過去に「どこかに子供がいたら困る」という発言をしているようです。この発言の真意について調べてみたところ、嫁である新井恵子が子供のように手がかかる小田和正を見て「子供が生まれたら子供が2人になってしまって困る」と言っていたことが関係しているようです。

小田和正の結婚ソングなど人気曲【Part1】

小田和正と結婚相手の新井恵子の馴れ初めについて詳しく取り上げてきましたが、ここからはミュージシャンである小田和正が制作した結婚ソングなどの楽曲や、それにまつわるウラ話についても触れていきます。現在も様々な結婚ソングなどの名曲を作り出すヒットメイカーが世に送り出した楽曲を抜粋して紹介します。

小田和正の人気曲①「たしかなこと」

CMで大きく話題となり、オフコースや小田和正について殆ど知らない人達でもメロディを口ずさめるほどの知名度を誇る楽曲が「たしかなこと」です。「たしかなこと」は2005年に発売され、「明治安田生命」のCMとして起用されました。小田和正の名曲としては比較的新しい部類であると言えます。

この「たしかなこと」は、小田和正がオフコース時代に制作した楽曲「言葉にできない」を超えるべく生み出されたものです。1998年から安田生命と合併する前の明治生命のCMソングとして使用されていた「言葉にできない」は、長年にわたって流され続けた結果、知らない人はいないほどの曲になっていました。

明治生命と安田生命が合併して「明治安田生命」となった時に、小田和正は新たに曲を書きおろしてほしいという旨をCMの関係者から言われます。「言葉にできない」の非常に高いハードルを超えられるのか心配されていたようですが、「たしかなこと」は同じように多くの人々に愛される結婚ソングとしても知られるようになりました。

小田和正の人気曲②「ラブ・ストーリーは突然に」

オフコースが解散した後の、小田和正のソロミュージシャンとしての知名度を一気に押し上げることになった楽曲が「ラブストーリーは突然に」です。この曲は現在では結婚式で流されることもある名曲ですが、当初はカップリング曲として扱われており、結婚ソングとして人気が出るとは思っていなかったようです。

「ラブストーリーは突然に」はフジテレビ系列で制作されたテレビドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として使われた事をキッカケに多くの人に知られることになりました。この楽曲の特徴的なギターのイントロは、今でも様々な番組で使われるほどの人気を博しています。

「ラブストーリーは突然に」は、ドラマの中で重要な演出を彩る挿入歌としての役割も果たしました。当時は主題歌をドラマの中で使う事自体が非常に珍しく、今日においても使われる演出の先駆けであったと言えます。小田和正はこの曲が大ヒットしたことによって大きく注目され、様々なCMなどで楽曲が使われるようになりました。

小田和正の人気曲③「キラキラ」

続いて小田和正の人気曲について取り上げます。「キラキラ」は小田和正の21枚目のシングル曲であり、2002年2月に発売された楽曲です。こちらはフジテレビ系列のテレビドラマ「恋の力」の主題歌で、「ラブストーリーは突然に」以来のフジテレビドラマへの起用に張り切って制作したそうです。

初動売り上げも小田和正の制作した楽曲の中では2位を記録し、大ヒットを記録した曲としてその名を刻みました。小田和正の曲の中では比較的アップテンポな楽曲であり、今日ではカラオケソングとしても良く歌われています。希望に満ちた歌詞のため、結婚式などでも使われています。

また、様々なアーティストがカバーソングを発表している楽曲でもあり、槇原敬之やキマグレン、MayJなどの錚々たる顔ぶれのアーティストがカバーしています。またアーティストの三浦大知が、2019年のTBSの番組「音楽の日」にてカバーしたことで大きく話題になりました。

小田和正の人気曲④「wonderful life」

「wonderful life」は小田和正がSUBARUブランドのCMタイアップソングとして書き上げた楽曲です。コーラスに光田健一や松たか子、矢井田瞳などの豪華アーティストが参加している事でも話題となりました。こちらも結婚式で使われることがある曲です。

小田和正の人気曲⑤「風は止んだ」

2016年に発表されたアルバムに収録された小田和正の新曲で、東宝の映画「64ロクヨン」の主題歌として使用され、TBSの月曜名作劇場「陰の季節」のテーマソングとしても起用されました。

こちらの楽曲でも引き続き光田健一や松たか子、JUJUなどの豪華アーティストがコーラスとして参加しており、ミュージシャンとして小田和正が様々なミュージシャンから尊敬されていることが分かります。

小田和正は小説家である横山秀夫のファンでもあり、横山秀夫原作の映画の主題歌を制作する依頼がきた時に非常に嬉しかったことを自身のインタビューにて語っていました。

小田和正の結婚ソングなど人気曲【Part2】

さらに小田和正の結婚ソングなどの人気曲について取り上げていきます。小田和正は楽曲を制作する時には、主題歌であれば原作の雰囲気を大切にし、CMソングであればマッチするような風景をイメージしたりして楽曲の方向性を決めるそうです。

小田和正の人気曲⑥「愛になる」

「明治安田生命」のCMソングとして、これまで「言葉にできない」や「たしかなこと」があることを紹介してきましたが、こちらの「愛になる」は3作目となる小田和正制作の「明治安田生命」CMソングとなります。

小田和正としてもかなり力を入れて制作した楽曲であったようで、この曲が収録されているアルバムのツアー時には、「このアルバムやツアーの要になっているのはこの曲です」と答えています。結婚ソングとして、結婚式のBGMとして流されることも多いのだそうです。

この楽曲のコーラスにはSing Like Talkingの佐藤竹善や、スターダストレビューの根本要が参加しています。2019年現在、放映されているCMでも使用されている楽曲で、若者にも非常に馴染みのあるものになっています。

小田和正の人気曲⑦「こころ」

「こころ」は小田和正が2007年8月に発表した楽曲であり、小田和正の制作したシングル曲としては25作目になります。フジテレビ系列のテレビドラマ「ファースト・キス」の主題歌として起用されました。

こちらの楽曲はミュージックビデオが撮影されましたが、小田和正自身が出演しているバージョンと「ファースト・キス」の主演を務めた井上真央がウェディングドレスを身に纏って出演しているバージョンの2種類が撮影されました。

人気ドラマの主題歌であったこともあり、2007年のオリコンでは初登場1位を記録し、当時石原裕次郎がもっていた「最年長オリコンシングルチャート1位」の記録を大きく塗り替える「59歳11か月」という記録を樹立しました。この記録は2019年現在桑田佳祐がもっています。

小田和正の人気曲⑧「今日もどこかで」

「今日もどこかで」は、小田和正が2008年に発表した26作目となるシングル曲です。この曲はフジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の2008年度テーマソングとして起用されており、他にも明治乳業のCMソングとしても使用されています。

この曲が制作されたキッカケは「めざましテレビ」のアナウンサー軽部真一が行った小田和正へのインタビューにありました。「めざましテレビ」が15周年を迎えるという事で、小田和正が出会った人々との繋がりをテーマにして制作したようです。

当初この曲は小田和正の中では「めざましテレビ」のテーマソングとしての位置づけのみで、シングル曲としてリリースする予定はなかったそうです。しかし、視聴者からの反響が大きかったためにCD化が実現されました。

小田和正の人気曲⑨「ダイジョウブ」

小田和正が2007年に制作した「ダイジョウブ」は、NHKの連続テレビ小説、通称朝ドラ「どんど晴れ」の主題歌として起用された楽曲です。この曲は「言葉にできない」や「たしかなこと」と同じく明治安田生命のCMソングとして使われたことがあります。

小田和正の人気曲⑩「伝えたいことがあるんだ」

「伝えたいことがあるんだ」は1997年に発売された小田和正の16枚目のシングル曲です。TBS系列のテレビドラマで、中居正広と常盤貴子がW主演を務め大きく話題を呼んだ「最後の恋」のテーマソングとして起用されました。

小田和正の結婚した嫁は新井恵子で子供はいない

この記事では日本を代表するソングメーカーであり、今日放映されている様々なドラマやCMにおいて楽曲が使われることの多いアーティスト・小田和正についての詳しい経歴と、結婚した嫁との馴れ初めなどについて取り上げてきました。

子供の頃からバイオリン教室に通い、音楽に慣れ親しんでいた小田和正は高校生の時にオフコースの原型となるグループを結成し、精力的に音楽活動を続けていった結果、1970年にオフコースとしてメジャーデビューを果たしました。

オフコースは音楽の方向性を変えたり、大幅なメンバー増員などの変化を経て国民的な音楽グループへと成長を遂げていきました。その内助の功として小田和正を支えた存在が妻である新井恵子です。

小田和正は1982年に一般女性であった新井恵子と結婚しましたが、2人の馴れ初めはファンクラブを立ち上げたことをキッカケに交際したことでした。妻である新井恵子は、現在でも小田和正の多忙なミュージシャンとしての毎日を、献身的にサポートしているようです。

小田和正と新井恵子の2人の間に子供はいないようで、その理由は妻である新井恵子にとって、小田和正は手のかかる子供のような存在であるため、2人も子供をもつような感覚になってしまうので必要ないというものでした。

小田和正はミュージシャンにありがちな浮ついた噂もなく、妻である新井恵子と共に若い下積み時代から支えあってきているようです。小田和正の楽曲の清らかで透き通ったような世界観は、小田和正の生き方そのものに理由があるのかもしれません。

また、小田和正が制作した結婚ソングなどの楽曲についても紹介しました。小田和正のクリアな歌声と優しい曲調は結婚式の雰囲気とマッチするため、よく結婚式にBGMとして採用されることが多いのだそうです。

現在71歳であり、まだまだ精力的に活動を続けている小田和正ですが、これからもその素敵な曲は結婚式などの場で愛され、使われていくことでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
まるすけ
1993年東京生まれ広島育ちの20代男。 基本的にドラマや映画、漫画などの娯楽に日常的に触れています。 特にア...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ