岡田健史(俳優)の創生館高校野球部時代の実績は?野球に関するエピソードも

イケメン俳優・岡田健史さんの野球部時代について調べてみました。岡田健史さんは高校時代、創生館高校野球部所属だったというのは本当なのでしょうか?岡田健史さんの高校時代の野球の成績や実績、エピソードなども気になるところです。岡田健史さんと野球について紹介します。

岡田健史(俳優)の創生館高校野球部時代の実績は?野球に関するエピソードものイメージ

目次

  1. 1岡田健史(俳優)のプロフィール
  2. 2岡田健史の創成館高校野球部時代の実績
  3. 3岡田健史の野球に関するエピソード
  4. 4岡田健史の野球から俳優への転換期とは
  5. 5元野球少年の岡田健史の性格も調査
  6. 6岡田健史創成館高校時代は大会優勝の実績を持つ野球青年

岡田健史(俳優)のプロフィール

・愛称:???
・本名:水上常司(みずかみこうし)
・生年月日:1999年5月12日
・年齢:20歳(2020年2月現在)
・出身地:福岡県
・血液型:O型
・身長:180cm
・体重:???
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:スパイスパワー
・家族構成:不明

岡田健史の経歴

岡田健史さんの野球に関するエピソードについて紹介する前に、まずはその経歴から見ていきましょう。岡田健史さんは現在20歳で、高校を卒業後に芸能界入りしたために、大学へは進学しなかったようです。

岡田健史さんが所属する事務所はスパイスパワーで、これは内山理名さんや黒木メイサさんが所属する「スウィートパワー」のメンズ部門とのこと。スパイスパワーには岡田健史さんの他にも、高杉真宙さんや松大航也さんなどが所属しています。

岡田健史さんのテレビドラマデビュー作は、有村架純さんが主演で話題を集めた「中学聖日記」でした。岡田健史さんは有村架純さんが演じる教師と恋に落ちる中学生・黒岩晶を演じています。この黒岩晶役は、オーディションを経て500人以上の中から抜擢されたそうです。

岡田健史さんが「中学聖日記」で重要な役柄である黒岩晶役に抜擢されたのは、「真っ直ぐに人の目を見て話す」など、岡田健史さんが持つ純粋でひたむきなイメージが黒岩晶役にぴったりだと判断されたからでした。

「中学聖」日記で岡田健史さんは、中学生の時から数年が経過し、スーツを着たサラリーマンになった黒岩晶も演じ、そのイケメンぶりを多くのファンが称賛しました。「中学聖日記」以後の岡田健史さんは、さっそくさまざまなドラマや映画、CMなどに引っ張りだことなったようです。

2019年には岡田健史さんの出身地である福岡で放送された「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に東京役として主演。さらに11月には米倉涼子さんが主演の人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第4話に四日市清昭役としてゲスト出演しました。

映画では、2020年3月公開予定の「弥生、三月-君を愛した30年-」に岡田健史さんの出演が決定しています。岡田健史さんはこの作品で、波瑠さんが演じる主人公の影響で教師をめざすあゆむ役を演じるようです。

また、岡田健史さんはCMへの出演も次々と決まっているようで、これまでに武田薬品工業の「アリナミンMEDICAL Balance」広告キャラクターや「イオンの保険相談」、「JR SKISKI」のCMなどに登場しています。他にも「オンワード樫山 ADS」のモデルとしても活動しているようです。

岡田健史の創成館高校野球部時代の実績

岡田健史さんは野球の名門・創成館高校野球部の出身なのだそうです。岡田健史さんの創成館高校野球部時代の実績や成績は判明しているのでしょうか?岡田健史さんの創成館高校野球部時代の実績や成績について調べてみました。

創成館高校野球部出身の岡田健史

岡田健史さんは創成館高校野球部出身として知られています。創成館高校は長崎県諫早市貝津町にある私立の高校で、甲子園にも何度も出場の実績のある野球の強豪校としても知られています。創成館高校は野球部だけではなく、他のスポーツも全国大会に出場するなどの実績があるようです。

創成館高校はスポーツの名門校というだけではなく、制服がイタリアのブランド・ベネトンのものを採用していることでも知られています。また、資格多種合格者数が長崎県下1位という実績もあるのだそうです。

創成館高校野球部時代の実績①甲子園出場は?

高校の野球部員にとっての目標といえば、甲子園でしょう。岡田健史さんに甲子園出場の実績はあったのでしょうか?調べてみたところ、岡田健史さんは高校1年生の時の夏の大会・第97回全国高等学校野球選手権大会に出場していたようです。

この時の創成館高校の成績についても見ていきましょう。創成館高校の成績は、1回戦で強豪の天理高校を破ったものの、2回戦で健大高崎高校に敗れてしまいます。この時は8-3という成績で敗退となってしまいました。岡田健史さんの甲子園出場は、この大会のみだったようです。

創成館高校野球部時代の実績②初スタメン選手としての成績

岡田健史さんが初めてスタメンに抜擢されたのは、2017年の夏の甲子園への出場校を決める長崎予選の準決勝だったそうです。この初スタメンとなった試合での創成館高校の成績についても見ていきましょう。

岡田健史さんは前日に監督からスタメン入りを告げられ、波佐見高校と対決します。試合開始後まもなく2点を先制されますが、その後追いつくなど創成館高校は健闘します。ただ、最終的な成績としては5-4という結果で、創成館高校は波佐見高校に惜しくも敗れてしまいました。

創成館高校野球部時代の実績や成績をおさらい

岡田健史さんの創成館高校野球部時代の実績や成績をおさらいしてみましょう。ただ、調べてみたところ、岡田健史さん個人の実績や成績については判明しませんでした。ですので、岡田健史さんが在籍した期間の創成館高校野球部の実績や成績について紹介します。

まずは岡田健史さんが高校1年生だった頃の夏の甲子園です。これは1回戦突破という成績でした。さらに2017年には第48回明治神宮野球大会高校の部で準優勝、NHK杯長崎高等学校野球大会優勝、九州地区高校野球大会長崎地区優勝などの成績を収めています。

創成館高校野球部時代の動画

岡田健史さんの創成館高校野球部時代の動画についても調べてみました。こちらの動画は、岡田健史さんが初めてスタメン入りした試合・長崎県高校野球大会の準々決勝のときのものになります。

岡田健史さんがアップで映っていることはありませんが、創成館高校野球部の捕手が岡田健史さんです。他にも岡田健史さんの創成館高校野球部時代の動画を探してみましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

岡田健史の野球に関するエピソード

岡田健史さんの野球に関するエピソードも見ていきましょう。岡田健史さんの野球に関するエピソードにはどのようなものがあるのでしょうか?岡田健史さんの野球に関するエピソードについて調べてみました。

エピソード①小学校2年生で野球開始

岡田健史さんの野球エピソードとしては、小学校2年生の時に野球を始めたというものがあります。岡田健史さんは高校は長崎の野球の強豪校に進学しましたが、出身は福岡県です。

野球を始めた岡田健史さんは、地元の野球チーム「ヤング福岡ライナーズ」に所属します。「ヤング福岡ライナーズ」は35年の歴史がある少年野球チームの名門とのこと。岡田健史さんはこの頃から本格的に野球に打ち込みます。岡田健史さんのポジションはこの頃から捕手だったとされており、将来にも期待がされていたようです。

エピソード②野球漬けの日々

小学生の時に野球を始めた岡田健史さんは、文字通り野球漬けの日々を送っていたそうです。そして、先ほども紹介しましたが、高校は野球の強豪校である創成館高校に進学。この高校へは、野球の実力を見込まれ、特待生として入学したのだそうです。

岡田健史さんは自身の高校時代について、「休みはなかった」と答えています。高校入学時にはプロ野球選手を目指していたという岡田健史さんですが、徐々に体力などの限界を感じ、目標をプロ野球選手ではなく、高校時代に甲子園出場を目指すというものになったそうです。

エピソード③野球部時代からイケメン

岡田健史さんの野球部時代のエピソードとしては、野球部時代からイケメンだったというものがあります。こちらの画像が高校の野球部時代の岡田健史さんのものになりますが、この頃からまるで俳優のようなイケメンだったことが分かります。

岡田健史さんはかなりモテたことも予想できますが、高校時代には野球の練習で休みなどもなかったということもあり、彼女がいたという可能性は低いかもしれません。岡田健史さんの高校時代のイケメン画像については、ネット上にも多数投稿されています。

岡田健史の野球から俳優への転換期とは

岡田健史さんは高校卒業後にすぐに芸能界入りをされていますが、野球から俳優への転換期はいつ頃だったのでしょうか?岡田健史さんの野球から俳優への転換期について調べてみました。

高校野球部引退後に演劇部からスカウト

岡田健史さんは高校3年生の夏の甲子園への挑戦が終わった後、野球部を引退しています。そして、その引退後に、高校の演劇部からのスカウトがあったのだそうです。岡田健史さんはこの時、演劇部が出場した演劇大会で特攻兵の役を演じています。

実は岡田健史さんが演劇部にスカウトされたきっかけは、創成館高校の校長による推薦だったのこと。岡田健史さんはこの演劇大会で演技をしたことについてインタビューで「これまで感じたことがないぐらいに気持ち良かった」と語っており、これが野球から俳優への転換点になったともコメントしています。

中学時代から芸能界入りのスカウトも

岡田健史さんが現在所属する芸能事務所・スパイスパワーに所属したのは、高校を卒業してからのことでした。ただ、事務所側は岡田健史さんが中学生時代からラブコールを送っていたのだそうです。つまり、岡田健史さんは中学生時代からすでにイケメンだったということなのでしょう。

スパイスパワーは岡田健史さんに中学1年生の時から高校を卒業するまで、5年間ラブコールを送り続けたそうです。岡田健史さんは「野球があるので」と断り続けていましたが、高校卒業後にスパイスパワーに所属して芸能界デビューすることを決めました。

演劇の県大会で審査員から絶賛

先ほど、岡田健史さんが高校の演劇部に所属し、大会に出場したことは紹介しました。この大会というのが、高校の演劇部にとっての甲子園とも言われる「全国高等学校演劇大会」の長崎県大会だったのだとか。実は岡田健史さんが所属する演劇部は、この大会で優勝したのだそうです。

岡田健史さんはこの大会で審査員から演技を褒められ、自信を持ったと言います。この時に褒められたということも、岡田健史さんが「俳優を目指そう」と考えたきっかけになったそうです。

両親を説得し俳優の道へ

岡田健史さんは俳優を目指そうと考えましたが、ご両親は息子の芸能界入りに反対していたそうです。岡田健史さんは小学生時代から野球に打ち込んでおり、高校卒業後には社会人野球をやりたいとも語っていたのこと。

そんな岡田健史さんが突然芸能界に入りたいと言ったことで、ご両親は驚かれたのかもしれません。最終的に岡田健史さんはご両親もきちんと説得し、芸能界デビューを果たすことになりました。

ちなみに、岡田健史さんの家族構成についてははっきりとしたことは分かっていないものの、父親はかなりのイケメンでモテていたという情報がありました。おそらく岡田健史さんは父親に似たのではないかと見られています。

元野球少年の岡田健史の性格も調査

小学生の頃から野球一筋だった岡田健史さんの性格についても見ていきましょう。岡田健史さんはどのような性格をしているのでしょうか?岡田健史さんの性格について調べてみました。

性格①ゴミ拾いが日課

実は岡田健史さんはゴミ拾いが日課なのだそうです。このゴミ拾いは、野球部の時に教えられたことなのだそうです。岡田健史さんの持つ爽やかな雰囲気も、こうした日々のゴミ拾いなどの活動が影響している可能性もあるでしょう。

岡田健史さんのゴミ拾いについて調べてみると、現在もゴミ拾いを続けているとのこと。岡田健史さんは芸能界デビューし、広く顔が知られてしまった後も、自分の目にゴミが飛び込んできたら即拾うようにしているのだそうです。

性格②演技に対するストイックな姿勢

岡田健史さんの性格は、とてもストイックなことでも知られています。中学時代から5年間にわたって芸能事務所からスカウトされたにも関わらず、「野球があるから」と断り続けた経歴からも、そのストイックな性格を垣間見ることができるでしょう。

また、岡田健史さんは演技に対する姿勢もストイックだとされており、「中学聖日記」の撮影の際には、手が震えすぎて周囲が熱中症ではないかと心配するほど演技にのめりこんでいたというエピソードもあるそうです。

野球から俳優に転身した岡田健史の演技の評判

岡田健史さんの演技の評判についても見ていきましょう。俳優としてデビューしてからまだ2年経っていない岡田健史さんですが、その演技はどのような評判があるのでしょうか?

調べてみたところ、「中学聖日記」で共演した吉田羊さんが岡田健史さんの演技に対してコメントしていたようです。それによると、吉田羊さんは岡田健史さんの演技について「邪心がない」と評価していたとのこと。さらに「この先が末恐ろしい」とも語っていたそうです。

岡田健史創成館高校時代は大会優勝の実績を持つ野球青年

ドラマ「中学聖日記」で注目を集めた俳優・岡田健史さんの野球部時代について紹介してきました。岡田健史さんは小学生の時から野球を始め、高校は野球の名門・創成館高校に特待生として入学していたようです。

岡田健史さんは創成館高校時代、数多くの大会での優勝に貢献するなど、捕手として活躍していました。現在もネット上などでは、高校球児だった頃の岡田健史さんの画像が多数投稿されています。野球だけではなく、俳優としての今後にも期待がかかる岡田健史さんに注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ