岡田健史の野球部時代の成績やポジションは?野球エピソードなども

イケメン俳優として人気の岡田健史は、長崎の名門校として知られている創成館の野球部出身です。岡田健史は学生時代、野球一筋だったそうです。そんな岡田健史の野球部時代の成績やポジションについて調査してみました。岡田健史の野球エピソードなどについてもご紹介しましょう。

岡田健史の野球部時代の成績やポジションは?野球エピソードなどものイメージ

目次

  1. 1岡田健史のプロフィール
  2. 2岡田健史の野球部時代の成績とは
  3. 3岡田健史の野球部時代のポジションは?
  4. 4岡田健史の野球エピソード
  5. 5岡田健史以外の野球部出身の芸能人
  6. 6岡田健史の野球部時代の優勝の成績が多くポジションはキャッチャー

岡田健史のプロフィール

愛称:不明
本名:水上恒司(みずかみこうし)
生年月日:1999年5月12日
年齢:20歳(2020年2月現在)
出身地:福岡県
血液型:O型
身長:180㎝
体重:不明
活動内容:俳優
所属グループ:なし
事務所:スパイスパワー
家族構成:不明

岡田健史の経歴

岡田健史は父親の影響で小学2年生の時に野球を始めました。硬式野球チームである「ヤング福岡ライナーズ」に所属し、野球一筋の学生時代を送っています。高校は野球の強豪校である創成館高校に進学しました。残念ながら甲子園の夢は叶わず、引退することになります。

2017年、高校3年生の時に、演劇部の顧問の先生にスカウトされ、演劇の大会に出場しました。見事、優勝し、その後、役者を目指すようになります。高校卒業後の2018年に芸能界入りし、同年10月に放送されたドラマ「中学聖日記」で有村架純の相手役に抜擢されました。

岡田健史はこのドラマで、『週刊ザテレビジョン』が主催する第99回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞し話題になりました。2019年6月12日には1st写真集『鼓動』が発売され、重版も決定しています。

2019年7月19日には福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』でテレビドラマ初主演を飾りました。さらに、2020年には『弥生、三月-君を愛した30年-』などの映画が4作品公開され、注目されています。

岡田健史の学歴

岡田健史は2012年4月に福岡市立和白丘中学校に入学し、2015年3月に卒業しています。中学卒業後は、長崎の名門校である創成館高等学校に入学し、2018年3月に卒業しました。野球部に所属し、甲子園を目指し、野球漬けの毎日を送っていました。

Thumb岡田健史の始球式が凄かった!球速やファンの反応は?動画もある?
イケメン若手俳優として注目されている岡田健史さん。岡田健史さんは高校時代は野球少年であったこ...

岡田健史の野球部時代の成績とは

岡田健史は小学校2年生の時から野球をはじめ、野球一筋の学生時代を過ごしてきました。岡田健史の野球部時代の成績についてご紹介しましょう。

岡田健史の野球部時代が話題に

岡田健史の野球部時代が話題になっています。岡田健史はどのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか?

小学生~高校まで野球に没頭の日々

岡田健史は小学校2年生の時に父親の影響で野球を始めました。地元の硬式野球チーム「ヤング福岡ライナーズ」に所属し、野球に没頭する毎日を過ごしてきました。高校は特待生として長崎の強豪校である創成館高校に進学し、寮生活を送りながらプロ野球選手を目指します。

高校の野球部時代のイケメン画像も調査

岡田健史の高校の野球部時代のイケメン画像について調査してみました。岡田健史の野球部時代の画像がイケメンすぎると話題になっています。岡田健史はこの頃からすでに、同級生の母親たちから「イケメンキャッチャー」と呼ばれ大人気でした。

「創成館高等学校」野球部時代の成績

岡田健史は特待生として長崎の強豪校「創成館高等学校」に入学しました。岡田健史の「創成館高等学校」野球部時代の成績についてご紹介しましょう。

成績①「平成29年度長崎県高等学校1年生大会」優勝

岡田健史は「平成29年度長崎県高等学校1年生大会」に出場し、見事優勝を果たしています。

成績②「NHK杯長崎県高等学校野球大会」優勝

岡田健史はさらに、「NHK杯長崎県高等学校野球大会」にも出場し、優勝しました。岡田健史が高校1年生の時に出場しています。

成績③「九州地区高校野球長崎県大会」優勝

「九州地区高校野球長崎県大会」にも岡田健史は出場し、見事、優勝しています。岡田健史はチームの要となって活躍しました。

成績④「第97回全国高等学校野球選手権長崎大会」優勝

岡田健史は「第97回全国高等学校野球選手権長崎大会」に出場し、優勝しています。岡田健史は強豪校ゆえに多くのライバルに囲まれながら、レギュラーの座を狙っていたそうです。

岡田健史の甲子園大会出場歴は?

野球漬けの毎日を送っていた岡田健史ですが、残念ながら、甲子園大会には出場できませんでした。高校3年生の時に、「第99回全国野球選手権長崎大会」に出場し、3回戦でキャッチャーとして先発出場しました。4打数2安打という成績を残しましたが、チームは準々決勝で敗れてしまいます。

岡田健史の野球部時代のポジションは?

岡田健史は野球部時代、どんなポジションで活躍していたのでしょうか?岡田健史の野球部時代のポジションについて調査してみました。

高校野球部時代のポジションは「キャッチャー」

岡田健史は高校の野球部時、ポジションはキャッチャーでした。岡田健史の高校は強豪校なので、多くのライバルに囲まれ、レギュラーの座を奪うのはとても難しかったそうです。

ポジション「キャッチャー」の役割とは

「キャッチャー」というポジションの役割は、ピッチャーが投げたボールを取る役割なのですが、それだけではなく、様々な役割があります。

他のポジションとは違って、グラウンドを見渡せる向きにいるので「扉の要」と言われています。さらに、投手を支える役割をするので「女房役」とも呼ばれている重要なポジションです。

小中学生時代の野球のポジションは?

岡田健史の小中学生時代の野球のポジションについて調査してみました。岡田健史はの小中学生時代のポジションについては明らかにされておりません。

岡田健史の野球エピソード

岡田健史の野球エピソードについてご紹介しましょう。岡田健史は野球部に所属し、野球に没頭する学生時代を過ごしていました。岡田健史にはどのような野球エピソードがあるのでしょうか?

野球部時代から既に芸能界スカウトの嵐

岡田健史は野球部に所属していた頃から既に芸能界からスカウトされていたそうです。中学1年生の時に、現在の所属事務所であるスパイスパワーにスカウトされ、5年間に渡りスカウトされ続けてきました。

中学1年生の時に、給食袋を振り回しながら帰っていたところ、呼び止められてスカウトされたそうです。翌日も同じところで待ち伏せされ、2人に増えていたので恐怖を感じたと語っています。

野球部引退後は演劇部所属?

高校3年生で野球部を引退後に、高校の演劇部の顧問の先生から演劇部にスカウトされます。校長先生にも勧められ、甲子園で結果を出せなかったので、恩返しのために、引き受けることになったそうです。

番外編:演劇界の甲子園で優勝

岡田健史は演劇界の甲子園とも呼ばれている『全国高等学校演劇大会』に出場しました。「第28回演劇発表会長崎大会」では見事、「最優秀賞」を受賞し、全国大会に出場しています。県大会では審査員の方に名指しで褒められ、これをきっかけに俳優を目指すようになりました。

岡田健史の初舞台は、長崎で1945年8月9日に原爆が落ちる1時間前のある家族の日常を描いた作品でした。主人公のいとこで、特攻隊に行くことを報告しに行くという役柄を演じました。

岡田健史以外の野球部出身の芸能人

岡田健史以外に野球部出身の芸能人にはどのような人がいるのでしょうか?芸能人の中には学生時代に野球部で活躍していた人も多く、中には意外な人もいるようです。かつて高校球児として活躍していた芸能人をご紹介しましょう。

野球部出身の芸能人【上地雄輔】

野球部出身の芸能人には上地雄輔がいます。上地雄輔は6歳の頃から野球を始め、中学時代の1991年、1994年には全日本選抜のメンバーとして世界大会にも出場しています。高校進学時には38校からのスカウトを受けていたそうです。

横浜高校に進学し、2年生の時には背番号「2」を背負っています。当時1年生だった松坂大輔ともバッテリーを組んでいました。しかし、1996年に開催された夏季神奈川大会の試合中に、右肘の神経断裂という大けがを負います。その後、10カ月に渡り、リハビリ生活を続け、高校生活を終えました。

野球部出身の芸能人【バカリズム】

バカリズムも野球部出身の芸能人として知られています。バカリズムは一見オタクのように見えるので、文科系の部活をしているイメージですが、意外にも、中学、高校で野球部に所属していました。高校時代にはスタメンに出場し活躍していたそうです。

バカリズムは厳しい練習に耐えたり、黙々と筋トレに励む学生時代を過ごしていたようで、そのギャップに驚く人も多いようです。

野球部出身の芸能人【伊藤毅】

俳優の伊藤毅も野球部出身の芸能人の1人です。伊藤毅は高校時代に群馬県の名門校、桐生第一高校のエースピッチャーとして君臨していました。1999年の夏には全国制覇も果たしています。

高校3年生の2003年夏の甲子園大会では、背番号「1」をつけて出場しています。桐生第一高校をベスト4へと導きました。俳優になってからは、野球部員役を演じたりと個性を活かした役柄を演じています。

岡田健史の野球部時代の優勝の成績が多くポジションはキャッチャー

岡田健史の野球部時代の成績やポジションについてご紹介しました。岡田健史は野球部時代、様々な大会で優勝しています。キャッチャーという重要なポジションとして活躍していました。野球一筋の学生時代から一転して演劇の世界に進み、現在は俳優として活躍しています。今後も岡田健史に注目していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ