岡田龍太郎まとめ!出身校などの学歴や出演ドラマなどの経歴も!

人気急上昇中の岡田龍太郎さんが話題となっています。デビューの年齢が遅かったと言われている岡田龍太郎さんの学歴も大変に注目を浴びています。頭がよくてイケメンの岡田龍太郎さんが出演したドラマや芸能界での経歴も調べてみました。

岡田龍太郎まとめ!出身校などの学歴や出演ドラマなどの経歴も!のイメージ

目次

  1. 1岡田龍太郎のプロフィール
  2. 2岡田龍太郎の出身校などの学歴
  3. 3岡田龍太郎のドラマや映画などの出演経歴
  4. 4岡田龍太郎の色々なエピソード
  5. 5岡田龍太郎は浪人や中退を経て大学卒業したヒーロー俳優

岡田龍太郎のプロフィール

・愛称:隊長
・本名:岡田 龍太郎 (おかだ りゅうたろう)
・生年月日:1993年12月27日
・年齢:27歳(2021年10月現在)
・出身地:兵庫県西宮市
・血液型:O型
・身長:175cm
・体重:60kg
・活動内容:俳優、YouTuber
・所属グループ:なし
・事務所:ケイダッシュ
・家族構成:父親、母親、妹2人

岡田龍太郎の経歴

岡田龍太郎さんは同志社大学商学部に通っていましたが中退、改めて早稲田大学へ入学しました。岡田龍太郎さんは下の妹さんに勧められて2016年の「第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に出場、準グランプリを受賞しています。

元々はYouTuberで現在も活動している岡田龍太郎さんですが、2017年にドラマ「脳にスマホが埋められた!」で連ドラに初出演を果たしています。2019年3月には岡田龍太郎さんは改めて入った「早稲田大学法学部」を卒業しました。

その年の9月に「仮面ライダーゼロワン」で「不破諫・仮面ライダーバルカン」役を演じた岡田龍太郎さんは、一気に世間に知名度を上げていきました。

岡田龍太郎は山下智久に激似と話題に

岡田龍太郎さんは山下智久さんにとても似ていると話題になっています。岡田龍太郎さんと山下智久さんはどれくらい似ているのでしょうか?

山下智久とは

山下智久さんは1985年4月9日生まれで、千葉県出身の36歳(2021年10月現在)です。11歳の時に滝沢秀明さんに憧れてお母さんにジャニーズ事務所へ履歴書を送ってもらいます。

2003年9月15日にはNEWSのメンバーに選ばれ山下智久さんはCDデビュー、しかし2011年には脱退しています。NEWS時代に亀梨和也さんと山下智久さんのユニットで発売したドラマの主題歌であるシングル「青春アミーゴ」はミリオンセラーとなりました。そんな山下智久さんは2020年10月31日付でジャニーズ事務所を退所、独立しています。

山下智久に似てるか顔のパーツや表情で比較

岡田龍太郎さんと山下智久さんは写真によって物凄く似ていると言われています。過去にはあまりにも山下智久さんに似ているということで岡田龍太郎さんがテレビに出たこともあるそうです。

岡田龍太郎の出身校などの学歴

岡田龍太郎さんが卒業された学校など学歴について改めて調べてみました。岡田龍太郎さんはどの様な学歴を持っておられるのでしょうか?

学歴:出身大学は「早稲田大学法学部」

岡田龍太郎さんは「早稲田大学法学部」を2019年3月に卒業しています。早稲田大学在学中は「TOEIC」を受けるなど岡田龍太郎さんはとても頭が良いことが分かります。

同志社大学商学部を中退して早稲田大学へ

兵庫県西宮市出身の岡田龍太郎さんは、おそらく自宅から通えるということで京都の同志社大学商学部に通っています。その後に同志社大学は中退して早稲田大学法学部へ入学しているわけですが、そこには岡田龍太郎さんの思惑があったようです。

本当は東大を目指していた?

岡田龍太郎さんは当初は東京大学法学部への進学を目指していましたが合格できなかった為、受かっていた同志社大学へ入学しました。しかし岡田龍太郎さんは東京大学へ通うことを諦めておらず、密かに勉強を継続して翌年にも受験しています。

しかしこの時も受からず、岡田龍太郎さんは結局東京大学の入試試験を3回受けましたが全て残念な結果になってしまいました。岡田龍太郎さんは同志社大学を中退して、もう一つ受けて合格していた早稲田大学へ入りなおしています。

学歴:出身高校は「函館ラ・サール高等学校」中退?

岡田龍太郎さんは「函館ラ・サール高等学校」に通っていましたが、高校2年生で中退していると言われています。その理由は岡田龍太郎さんがこの時すでに東京大学を目指していたこと、高校2年生の段階で高校卒業に必要な科目をほぼ履修していたことなどがありました。

岡田龍太郎さんは高卒認定試験を受けて合格、東京大学に入学するために予備校に通い勉強に集中しています。

学歴:出身中学校は「函館ラ・サール中学校」

岡田龍太郎さんは「函館ラ・サール高等学校」に通っていましたが、それは「函館ラ・サール中学校」に通っていてエスカレーター式に進学したからだと言われています。

中学校が発覚したのは、勉強嫌いだった岡田龍太郎さんを心配したお母さんが大阪にある厳しい学習塾に通わせたら、その後に北海道の全寮制の学校へ入ったとの情報があるからです。北海道で中学校で全寮制というワードで推測されたのが「函館ラ・サール中学校」でした。

学歴:出身小学校や幼稚園も調査

岡田龍太郎さんは兵庫県西宮市出身の為、地元の小学校や幼稚園に通っていたものだと思われますが、実際にどこに通っていたのかは分かっていません。

岡田龍太郎のドラマや映画などの出演経歴

改めて岡田龍太郎さんが出演したドラマや映画などの経歴についてご紹介していきましょう。実はまだ芸歴が短い岡田龍太郎さんは、これまでにどの様な作品に出演しているのでしょうか?

岡田龍太郎の主なドラマ出演経歴

岡田龍太郎さんは様々なドラマに出演しています。岡田龍太郎さんが出演したいくつかの作品をピックアップしてみました。

ドラマ出演経歴:『脳にスマホが埋められた!』田西譲司役

岡田龍太郎さんが初めて出演したドラマは「脳にスマホが埋められた!」で田西譲司役を演じたことでした。田西譲司は主人公である折茂圭太とシェアハウスをしていて広告代理店に勤務しているという設定です。

ドラマ出演経歴:『僕たちがやりました』桜田祐介役

岡田龍太郎さんはドラマ「僕たちがやりました」で桜田祐介役を演じています。窪田正孝さんが主演を演じた学園ドラマで、昔に侵した罪に苛まれて生活をするという内容です。

ドラマ出演経歴:『仮面ライダーゼロワン』不破諫/仮面ライダーバルカン役

岡田龍太郎さんは「仮面ライダーゼロワン」で不破諫・仮面ライダーバルカン役を演じました。子供のころから憧れていたヒーローを演じることが出来て岡田龍太郎さんはとても嬉しかったそうです。この仮面ライダーゼロワンは岡田龍太郎さんの代表作となっています。

ドラマ出演経歴:『家、ついて行ってイイですか?』柴田佳則役

これはバラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?」で話題となった放送回をドラマ化、取材を受けた方々を更に掘り下げてドラマ化しています。岡田龍太郎さんが演じた柴田佳則は記憶喪失になった男性で、難しい役どころを演じました。

ドラマ出演経歴:『TOKYO MER~走る緊急救命室~』青海亜紀斗役

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」は東京で活躍する緊急車両(ERカー)を追った作品で、事故や事件など命に危険が及んでいる人がいる現場で救命措置を行う救急救命士を描いています。岡田龍太郎さんが演じた青海亜紀斗は医学生でした。

『恋愛ドラマな恋がしたい』出演も話題に

2018年にAbemaTVで放送されたリアリティーショー「恋愛ドラマな恋がしたい」のシーズン1にも岡田龍太郎さんは出演しています。

岡田龍太郎の映画出演経歴は?

岡田龍太郎さんの映画出演ですが、テレビドラマ「仮面ライダーゼロワン」の劇場版に登場しています。岡田龍太郎さんはテレビドラマと同じく不破諫・仮面ライダーバルカン役でした。更に「リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜」にも岡田龍太郎さんは出演しています。

岡田龍太郎の演技の評判

岡田龍太郎さんは芸能活動を始めてからまだ期間が短いのですが、最初から新人のようなぎこちない演技は無かったと言われています。岡田龍太郎さんは何でも器用にこなせるタイプのようなので、演技も上手くこなしているのかもしれません。

岡田龍太郎の色々なエピソード

岡田龍太郎さんの学歴や経歴以外の様々なエピソードについても調べてみました。岡田龍太郎さんのプライベートにも迫ってみましょう。

気になる元カノや好きなタイプに関するエピソード

現在の岡田龍太郎さんには熱愛情報などは見当たりませんでした。ちなみに岡田龍太郎さんが好きな女性のタイプは女子力が高くて、自分を献身的に支えてくれ、一緒に楽しく笑い合える人なのだそうです。

父親との親子関係エピソード

岡田龍太郎さんは上京してきてくれたお父さんと食事に出かけた際にツーショット写真を撮ってInstagramにあげています。優しそうな雰囲気のお父さんとの和やかな写真でしたが、コメント欄には「岡田先生」と書かれていました。

先生と呼ばれるのは教師だけでなく、医師や弁護士など様々な職業があります。岡田龍太郎さんのお父さんはお金持ちではないかと世間では噂されています。

GOサイン後のトランポリンアクションエピソード

仮面ライダーゼロワンで不破諫役を演じていた岡田龍太郎さんは、ドラマの中での変身シーンでトランポリンを使ったダイナミックな演技がしたいと考えました。アクション監督に相談すると危険も伴うことから「まだ早い」と岡田龍太郎さんはGOサインはもらえませんでした。

しかし岡田龍太郎さんは撮影の際に傍でアクションをしている方々に教えてもらい、トランポリンで高く飛べるようになったことから、変身シーンに組み込んでもらえることが決まりました。

近年の仮面ライダーの変身シーンはあまり動きのないものが多かったのですが、岡田龍太郎さんは初期のころの仮面ライダーが変身の際に「トゥッ!」とジャンプするのを再現したかったのだそうです。

バイクシーンの追加エピソード

仮面ライダーと言えば名前の「ライダー」の通りバイクシーンが印象的ですが、近年の仮面ライダーはあまりバイクに乗りません。中には全くバイクとは無縁のストーリーの仮面ライダーシリーズもあります。そんな中で岡田龍太郎さんは往年の仮面ライダーにこだわっていました。

最初の衣装合わせの時に岡田龍太郎さんは監督に「バイクに乗りたいです!」と言い、監督も「あぁ、バイクシーンがあっても良いね」となったのだそうです。むしろ監督は「仮面ライダーなのにバイク忘れててすみません」と思ったのだと言います。

岡田龍太郎は浪人や中退を経て大学卒業したヒーロー俳優

仮面ライダーゼロワンで一躍有名になった岡田龍太郎さんは破天荒な学歴を持っていることが分かりました。現在は芸能活動に集中してその何でもこなせる器用さを生かして岡田龍太郎さんは活躍の幅を広げています。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
望花
趣味は京都の面白くてマイナーな神社仏閣や観光地巡り、特技はアクセサリー作りとタロット占い、最近はビジュアル系にハマ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ