丘みつ子の病気って?箱根で陶芸?症状など病気関連の情報まとめ

女優の丘みつ子さんの病気が話題になっているようです。丘みつ子さんが患った病気はどのようなものだったのでしょうか?病気の症状などについても調査しました。また、丘みつ子さんが箱根で陶芸をしているという情報についても併せて紹介します。

丘みつ子の病気って?箱根で陶芸?症状など病気関連の情報まとめのイメージ

目次

  1. 1丘みつ子のプロフィール
  2. 2丘みつ子の病気って?
  3. 3丘みつ子は箱根で陶芸?
  4. 4丘みつ子の現在の病気の症状なども調査
  5. 5丘みつ子以外の過去に病気を患った女優
  6. 6丘みつ子は病気「拒食症」を陶芸と共に乗り越えた

丘みつ子のプロフィール

愛称:???
本名:森田光子(旧姓:武笠)
生年月日:1948年1月19日
年齢:73歳(2021年2月現在)
出身地:東京都北区王子
血液型:B型
身長:166cm
体重:???
活動内容:女優、陶芸家
所属グループ:なし
事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
家族:旦那

丘みつ子の経歴

丘みつ子さんの病気や症状について紹介する前に、まずはこれまでの経歴を見ていきましょう。丘みつ子さんは神奈川県の三浦海岸で行われた「ミス人魚コンテスト」で優勝したことをきっかけに芸能界デビューしました。デビュー当初はモデルとして活動していたようです。

その後、丘みつ子さんは1968年に日活に入社。映画「ある少女の告白 禁断の果実」に沖雅也さんとのコンビで出演し、主演デビューを果たします。日活時代の丘みつ子さんは、映画「やくざ番外地 抹殺」や「関東流れ者」、「やくざの横顔」などに出演していたようです。

女優として人気を集めていた1981年に、丘みつ子さんは元パイロットの男性との婚約を発表。丘みつ子さんは当初は結婚する気はなかったそうですが、週刊誌に交際中だった旦那との熱愛スクープを報じられそうになったため急遽婚約を発表し、結婚することになったというエピソードがあるのだそうです。

当時は現在とは違って熱愛スクープは仕事の激減に繋がる可能性があったため、丘みつ子さんは女優としての仕事を守るために結婚したと言われています。ただ、そうした経緯で結婚したという事情はあるものの、旦那との結婚生活は良好で、結婚から40年近く経った現在も夫婦円満なのだそうです。

丘みつ子さんは1980年代にはテレビドラマや映画などで母親役を多数演じています。そのため、「日本のお母さん」とも呼ばれていたのだとか。丘みつ子さんは1980年に放送されたドラマ「極楽日記」で、再婚して6人の子どもと79歳の義母を持つことになった京子役を演じるなどしています。

また、1982年には大河ドラマ「峠の群像」では、赤穂藩家老の大石良雄の妻・大石理玖役を演じました。大石理玖は大石良雄など赤穂浪士たちが本懐を遂げた後、赤穂浪士の遺児たちの養育に残りの人生を捧げた女性として知られています。

丘みつ子さんは現在もテレビドラマや映画などに出演し、女優として活躍しています。2020年には中村倫也さんが主演して話題となった「美食探偵 明智五郎」に有閑マダム役として出演。また、2019年から2020年に放送された「やすらぎの刻〜道」では元スター女優の香川さくら役として出演し、注目を集めました。

映画では、2020年に公開された「由宇子の天秤」に矢野登志子役として出演。近年の丘みつ子さんはバラエティ番組にもたびたび出演し、現在の生活などについて語っているようです。

丘みつ子の若い頃が美しいと話題に

丘みつ子さんの若い頃はとても美しかったと言われています。上記画像は、丘みつ子さんの女優としてのデビュー当初のものです。隣には沖雅也さんが写っていますが、日活は当初、丘みつ子さんと沖雅也さんをコンビで売り出そうと考えいたとのこと。

また、若い頃の丘みつ子さんは、十朱幸代さんによく似た美人だったとも言われています。現在の丘みつ子さんも、年齢は70歳を超えておられますが上品なご婦人という印象を持つ人が多いようです。

丘みつ子の病気って?

丘みつ子さんの病気について見ていきましょう。丘みつ子さんはどのような病気を患ったのでしょうか?また、その病気でどのような症状があったのでしょう?丘みつ子さんの病気や症状について調べてみました。

病気「拒食症」を患った過去

丘みつ子さんが患った病気というのは「拒食症」なのだそうです。芸能人が拒食症を患うというのは、丘みつ子さん以外でもあったとのこと。ただ、その多くは自身が拒食症を患っていることを告白はせず、ネットなどで噂になって広まっているようです。

海外ではカーペンターズのカレン・カーペンターさんが拒食症が原因となって死去しています。カレン・カーペンターさんは1983年2月4日、34歳という若さで亡くなったとのこと。カレン・カーペンターさんの死は、多くの人が拒食症という病気を知るきっかけとなりました。

拒食症はどんな病気?

丘みつ子さんが患った拒食症という病気がどのような病気なのかについて見ていきましょう。拒食症は「摂食障害」の一種とされる病気とのこと。摂食障害には拒食症と過食症があり、多くの患者はこの拒食症と過食症を交互に繰り返すと言われているようです。

拒食症は専門用語で「神経性無食欲症」、「神経性やせ症」とも呼ばれており、精神疾患の1つとも言われています。食べ物を食べない、また、食べ物を食べた後に吐いてしまうというのがこの病気の特徴だそうです。

拒食症の症状とは

拒食症の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?調べてみたところ、拒食症の代表的な症状としては病的な痩せ方をするというものがあるようです。また、女性の場合は月経が止まってしまうという症状もあるとのこと。

さらに若年性更年期障害、抑うつ症状、自傷行為、低体温、電解質代謝異常、続発性甲状腺機能低下症など、さまざまな症状が出るようです。また、致死率が高い病気とも言われており、生命に関わる状態にまで悪化することも少なくありません。拒食症が原因で死去した場合の死因は、極度の低栄養による感染症や不整脈などが多いようです。

丘みつ子の病気の理由はストレス?

拒食症になる理由にはさまざまなものがあると言われています。丘みつ子さんの場合は、どのような理由で拒食症を患ってしまったのでしょうか?調べてみたところ、丘みつ子さんが拒食症になった理由は、多忙によるストレスだったとのこと。

丘みつ子さんが拒食症を患ったのは20代半ば頃のことだったようです。この頃の丘みつ子さんは数々の映画やテレビドラマに出演しており、覚えなければならない台本の量も膨大だったとのこと。そのストレスで飲み歩きをするようになり、朝帰りするという生活を繰り返すうちに拒食症になってしまったのだそうです。

丘みつ子は箱根で陶芸?

現在の丘みつ子さんについて調べてみると、箱根で陶芸をしているという情報がありました。丘みつ子さんは本当に箱根で陶芸をされているのでしょうか?丘みつ子さんが箱根で陶芸をしているという噂について調べてみました。

病気発覚後は箱根町に移住

拒食症を発症した丘みつ子さんは、「このままでは行けない」と思い、箱根への移住を決意したのだそうです。拒食症を患っていた頃の丘みつ子さんは、趣味にかける時間すらない状態だったとのこと。そのため、不摂生な生活になり、最終的に拒食症を患ってしまいました。

丘みつ子さんはそんな環境を変え、生活スタイルを変えることで病気を克服しようと考えたのだとか。丘みつ子さんは箱根の山の斜面に建つ別荘を購入し、次第に箱根で過ごす時間が増えていき、最終的には完全に移住することになったのだそうです。

移住後の陶芸が病気改善の鍵に

丘みつ子さんは32歳の時に友人から勧められ、陶芸を始めたのだそうです。陶芸には女優の仕事との共通点も数多くあり、自分との相性がぴったりの趣味だと丘みつ子さんは感じたのだとか。その後、丘みつ子さんは陶芸にのめりこんでいきました。

陶芸に夢中になっているうちに、丘みつ子さんの拒食症は改善されていったと言います。丘みつ子さんは箱根に購入した別荘にレンガを積んで穴窯を作り、自分の窯で作品を焼くようになりました。丘みつ子さんは陶芸以外にも書道や篆刻などの趣味にも夢中になったそうです。

現在は陶芸家としても活動

現在の丘みつ子さんには、女優という肩書きの他に陶芸家としての肩書きもあります。丘みつ子さんは陶芸家として個展を開くなどの活動もしているとのこと。丘みつ子さんの作品は、日常使いできる器から、不思議な形をした動物のオブジェまでさまざまなものがあります。

陶芸以外にマラソンにも挑戦

病気を患った後の丘みつ子さんは、身体作りのためにマラソンも始めたのだそうです。初めて参加したのは「青梅マラソン」だったとのこと。その後、丘みつ子さんは「ホノルルマラソン」も完走したのだそうです。

また、マラソンだけではなく、トライアスロンも始めました。トライアスロンはマラソンだけではなく、水泳と自転車もこなさなければなりません。もともと泳げなかったという丘みつ子さんですが、体当たりでチャレンジし、見事に4kmを泳ぎ切ったのだそうです。

丘みつ子の現在の病気の症状なども調査

丘みつ子さんの現在の病気の症状についても見ていきましょう。さまざまな挑戦によって拒食症が改善したという丘みつ子さんですが、現在の病気の症状はどのようになっているのでしょうか?丘みつ子さんの現在の病気の症状について調べてみました。

現在の丘みつ子の病気の症状は?

丘みつ子さんの現在の病気の症状について調べてみると、現在もスレンダーなスタイルは維持しているものの、病気は克服されているようです。丘みつ子さんの拒食症はすぐに改善されたというわけではなく、陶芸やマラソンなどに挑戦する中で、徐々に回復していったとのこと。

現在の丘みつ子さんは、食事も健康的なものに変え、70代とは思えないほどにはつらつとしています。また、年齢なりの変化はあるものの、女優としての美しさも保っていると言えるでしょう。

病気克服に導いた小田原での生活

丘みつ子さんの病気を克服へと導いたのは、箱根での生活、そしてその後に移住した小田原での生活だったと言います。丘みつ子さんは箱根の別荘に移住しましたが、その後、小田原に古民家を購入。その古民家を、旦那と共に自らリフォームしたのだそうです。

丘みつ子さんは家具なども引っ越し業者には頼まず、すべて旦那と一緒に運んだのだとか。古民家のリフォームには600日以上がかかったそうですが、プロも顔負けの素晴らしい出来映えだったと言われています。

現在は自給自足でヘルシースローライフ?

丘みつ子さんは現在、小田原で野菜などを育て、自給自足のスローライフを送ってるそうです。また、丘みつ子さんは畑仕事の他にも養蜂にもチャレンジされていたのだとか。箱根に住んでいた時には、蜜蜂を3万匹以上も飼育していたのだそうです。さらに、丘みつ子さんは化粧品も自作されているという情報がありました。

Thumb丘みつ子の現在!若い頃からの経歴は?古民家リフォームなど噂まとめ
若い頃から女優として活躍している丘みつ子さんは、現在何をされているのでしょうか?今回は丘みつ...

丘みつ子以外の過去に病気を患った女優

丘みつ子さん以外にも、過去に病気を患った女優はいるようです。丘みつ子さん以外の過去に病気を患った女優にはどのような人がいるのでしょうか?丘みつ子さん以外の過去に病気を患った女優について調べてみました。

ともさかりえの病気と歪みとは

女優のともさかりえさんも、過去に病気を患ったことで知られています。ともさかりえさんは30代の頃、顔が歪んでしまったことが話題となっていました。この顔の歪みの原因は、拒食症だったと言われています。拒食症により、顎変形病という病気を発症してしまったとのこと。

ともさかりえさんが拒食症になってしまったのはストレスが原因だったと言われています。ともさかりえさんといえば、「金田一少年の事件簿」で堂本剛さんと共演したことが注目されました。その後、ともさかりえさんは堂本剛さんのファンから誹謗中傷を受け、そのことが原因で拒食症を発症してしまったそうです。

40代となられた現在のともさかりえさんは病気を克服されているようです。顎の歪みも現在は気になるほどではありません。ともさかりえさんはコルギ矯正法と呼ばれる方法で顎の歪みを改善されたと言われています。

宮沢りえの若い頃の病気とは

宮沢りえさんも、若い頃には病気を患ったと言われています。宮沢りえさんは20代の頃に拒食症を患ってしまったそうです。宮沢りえさんが拒食症を患った原因は、当時話題となった不倫破局騒動だったとのこと。宮沢りえさんは一時、病的な痩せ方をしていました。現在もかなり細いですが、拒食症は改善していると見られています。

ジェシカ・アルバの拒食症の過去とは

ジェシカ・アルバさんも拒食症を告白している女優の1人です。ジェシカ・アルバさんは10代の頃、身体に脂肪がつくのが怖かったのだとか。また、男性からセクハラを受けることが多かったことも、拒食症を患った原因だったようです。ジェシカ・アルバさんは女優になった時に食べることをやめてしまい、深刻な拒食症になったことを告白しています。

丘みつ子は病気「拒食症」を陶芸と共に乗り越えた

丘みつ子さんの病気について紹介してきました。丘みつ子さんは若い頃、拒食症を患ったことがあるのだそうです。丘みつ子さんが拒食症となった原因は、仕事の多忙から来るストレスでした。

丘みつ子さんは拒食症を克服するために、女優の仕事だけではなく陶芸やマラソンなどの趣味にも没頭するようになったのだとか。また、箱根や小田原に移住し、自給自足のスローライフを送ることで病気を克服したそうです。70歳を過ぎた現在もなお女優として活躍する丘みつ子さん。今後の活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ