尾上松也の母は河合盛恵!若い頃や経歴は?クセの強い母エピソードも

歌舞伎俳優の尾上松也さんの母・河合盛恵さんが話題となっているようです。尾上松也さんの母・河合盛恵さんは元宝塚だという噂は本当なのでしょうか?尾上松也さんの母・河合盛恵さんの若い頃の経歴や、クセが強いというエピソードなどについて調査しました。

尾上松也の母は河合盛恵!若い頃や経歴は?クセの強い母エピソードものイメージ

目次

  1. 1尾上松也のプロフィール
  2. 2尾上松也の母は河合盛恵
  3. 3尾上松也の母(河合盛恵)の若い頃
  4. 4尾上松也の母(河合盛恵)の宝塚など経歴
  5. 5尾上松也のクセの強い母のエピソード
  6. 6尾上松也の母(河合盛恵)の若い頃は宝塚&新派女優

尾上松也のプロフィール

・愛称:???
・本名:井上龍一(いのうえりゅういち)
・生年月日:1985年1月30日
・年齢:34歳(2020年1月現在)
・出身地:東京都中央区
・血液型:O型
・身長:178cm
・体重:???
・活動内容:歌舞伎俳優
・所属グループ:音羽屋
・事務所:松竹エンタテインメント
・家族構成:父(六代目尾上松助)、母(河合盛恵)、妹(春本由香)

尾上松也の経歴

尾上松也さんの母の宝塚時代のエピソードなどについて紹介する前に、まずは息子の尾上松也さんの経歴を見ていきましょう。尾上松也さんは歌舞伎の名門・音羽屋の家に生まれ、5歳の時に二代目尾上松也として初舞台を踏みました。

10代から20代前半の尾上松也さんは、主に女形を中心に演じていましたが、20歳の頃に父・六代目尾上松助さんが亡くなってしまいます。残された弟子のために尾上松也さんは奮起し、他の歌舞伎俳優の自主公演に出演したり、自身も自主公演を行うなど、屋号を守るために懸命に舞台に立ち続けました。

尾上松也さんの転機となったのは2014年のことで、コクーン歌舞伎「三人吉三」のお坊吉三に抜擢されます。尾上松也さんのお坊吉三役は大好評だったようで、連日立ち見が出るほどの人気ぶりだったのだとか。この公演で名前が知られるようになった尾上松也さんは、テレビのバラエティ番組などにも出演するようになります。

尾上松也さんはNHKの大河ドラマにも何度か出演しており、2017年に放送された「おんな城主 直虎」では、戦国時代に文化人として名を馳せた武将・今川氏真を気品高く演じました。

尾上松也さんは民放のテレビドラマでも活躍しており、2017年には甘い物に目がないサラリーマンを演じた「木ドラ25 さぼリーマン甘太朗」が話題となりました。この作品が、尾上松也さんにとっては連続テレビドラマ初主演作品となります。

尾上松也さんが演じたこのドラマの主役・飴谷甘太朗は、母が歯科医師だったために幼少期に甘い物を禁止され、その反動でスイーツが何よりも好きになったという設定の役です。尾上松也さんが幸せそうにスイーツを食べる姿は、多くの女性ファンたちの心を鷲づかみにしたようでした。

尾上松也さんは2020年もさまざまなドラマへの出演が決まっています。まず、1月3日に放送された大人気ドラマ「半沢直樹」のスペシャルドラマ「半沢直樹II・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~」には 瀬名洋介役で出演していました。

また、1月12日から放送がスタートした「課長バカ一代」では、主役の八神和彦を演じています。さらに4月からスタート予定の「半沢直樹」では、スペシャルドラマで演じたのと同じ瀬名洋介役で出演することが発表されました。

「音羽屋」なしでは語れない家系図

尾上松也さんの家系図についても見ていきましょう。先ほど尾上松也さんの経歴でも少し触れましたが、尾上松也さんの家系の屋号は音羽屋で、父は六代目尾上松助さんです。そして、祖父は新派名脇役の春本泰男さん、叔父は初代尾上松也さんになります。

尾上松也さんの家系図をたどっていくと、「初代尾上菊五郎」に行き着きますが、血筋的には松本白鸚さんや市川團十郎さんとの縁が深いようです。ですので、松たか子さんや市川海老蔵さんと尾上松也さんは遠い親戚関係ということになります。

妹は春本由香

尾上松也さんの妹は、女優の春本由香さんです。春本由香さんは1992年12月21日生まれで現在の年齢は27歳、尾上松也さんよりは5歳年下ということになります。春本由香さんは劇団新派に所属し、主に舞台を中心として活躍しているようです。

中学1年生の時から日本舞踊(藤間流)を始めた春本由香さんは、2005年には国立劇場で上演された「胡蝶」の舞台に立ちました。近年はテレビドラマにも出演しており、2020年には兄の尾上松也さんが主演する「課長バカ一代」にも香坂瞳役で出演することが決まっています。

妹(春本由香)を溺愛との噂も

尾上松也さんには妹の春本由香さんを溺愛しているという噂もあるのだそうです。これは春本由香さん自身がバラエティ番組に出演した際に明かしていたことのようで、「兄に愛されすぎて困っている」という悩みを打ち明けていたのだとか。

尾上松也さんは春本由香さんが中学生になっても、「一緒にお風呂に入ろう」と誘ったり、春本由香さんに彼氏ができたときには、その彼氏を殴りにいこうと考えていたこともあったと言います。さらに尾上松也さんは、春本由香さんの誕生日には、生まれた年のシャンパンをプレゼントしたというエピソードもあるそうです。

Thumb尾上松也が結婚した嫁って?歴代熱愛彼女とのその後も勝手にまとめてみた
イケメン俳優の尾上松也さんは昔から彼女の噂が絶えずありましたが、結婚相手の嫁が誰なのか注目が...

尾上松也の母は河合盛恵

尾上松也さんの母・河合盛恵さんの経歴などについて見ていきましょう。宝塚出身だという噂もある尾上松也さんの母は、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?尾上松也さんの母の経歴について調べてみました。

河合盛恵のプロフィール

まずは尾上松也さんの母・河合盛恵さんのプロフィールを簡単に紹介しましょう。河合盛恵さんは1956年9月14日生まれで現在の年齢は63歳、神奈川県の出身です。河合盛恵さんは株式会社ウルル・プロに所属し、現在も女優として活動しています。

河合盛恵さんは28歳の時に歌舞伎俳優だった六代目尾上松助さんと結婚しますが、この時、お腹の中には尾上松也さんがいたそうです。河合盛恵さんは女優業を続けたい気持ちが強かったようですが、梨園の妻となり子供を身ごもったことで、芸能界を引退することになりました。

尾上松也の母(河合盛恵)は宝塚出身

尾上松也さんの母・河合盛恵さんは宝塚出身なのだそうです。ただ、宝塚でどのような活躍をしていたのかということや、どれぐらいの期間在籍していたのかということについては調べてみましたが分かりませんでした。

おそらく、宝塚在籍時の河合盛恵さんには芸名があったはずですが、その芸名も不明です。河合盛恵さんは近年はバラエティ番組などにも出演されていますので、そのうちに自身の宝塚時代について語ることがあるかもしれません。

元宝塚の新派女優としても知られる母(河合盛恵)

尾上松也さんの母は、宝塚を退団後、結婚するまでの間は新派女優として活動していたようです。新派というのは、現在は劇団新派として存在していますが、歴史は古く、1888年に始まった日本の演劇の一派とされています。

当時の演劇といえば歌舞伎が中心でしたが、新派は「壮士芝居」「書生芝居」など、歌舞伎とは異なる新しい現代劇として誕生しました。現在は尾上松也さんの妹の春本由香さんがこの劇団新派に所属しています。

父(六代目尾上松助)と母(河合盛恵)の借金問題とは

先ほども少し紹介しましたが、尾上松也さんは20歳の時に父を亡くしています。この時、尾上松也さんら家族には多額の借金が残されました。家督を継いだ尾上松也さんは、音羽屋の屋号を守るためにこの借金も受け継ぐことになります。

尾上松也さんは父の死後、借金を返済し、残された家族や弟子を養っていくために自主公演を企画しました。しかし、この自主公演は集客に失敗し、大赤字を出してしまいます。尾上松也さんはこの時、メールで遺書を書いたのだそうです。その後、尾上松也さんは地道に努力を積み重ね、音羽屋を立て直していきました。

六代目尾上松助とは

息子の尾上松也さんに借金を残して亡くなってしまった父・六代目尾上松助さんの経歴についても紹介しましょう。六代目尾上松助さんは新派の俳優として有名だった春本泰男を父に持ちますが、歌舞伎の一門の出ではありませんでした。

六代目尾上松助さんは二代目尾上松緑さんに師事したことで歌舞伎俳優となり、菊五郎劇団で活躍します。その後、尾上緑也を名乗り、さらに二代目尾上松鶴を経て六代目尾上松助を襲名しました。六代目尾上松助さんは2005年12月26日に59歳の若さで亡くなられています。

尾上松也の母(河合盛恵)の若い頃

尾上松也さんの母・河合盛恵さんの若い頃についても見ていきましょう。河合盛恵さんの若い頃はどのような女性だったのでしょうか?尾上松也さんの母・河合盛恵さんの若い頃について調べてみました。

母(河合盛恵)の若い頃が美人と話題に

尾上松也さんの母・河合盛恵さんの若い頃は、かなりの美人だったそうです。やはり宝塚出身ということもあり、目鼻立ちのくっきりとした、まるでお人形のような美人だったのだとか。河合盛恵さんの宝塚時代の配属などは不明ですが、おそらく娘役だったのではないかと考えられます。

母(河合盛恵)の若い頃はスレンダー美人

現在の尾上松也さんの母は、少しふくよかな体型が印象的ですが、若い頃の母・河合盛恵さんは、かなりほっそりとしたスレンダーな体型をしていたようです。おそらく河合盛恵さんの若い頃は、かなりモテたのではないでしょうか?

母(河合盛恵)の若い頃と現在を比較

こちらで紹介できる尾上松也さんの母の若い頃の画像は、残念ながら見つかりませんでした。ネット上に掲載されている尾上松也さんの母・河合盛恵さんの画像と現在の画像を比較してみると、やはり大きな違いがあるのは体型でしょう。

若い頃の河合盛恵さんは顔もほっそりとしており、色白の美人でしたが、現在は顔もふくよかで、「優しいお母さん」というイメージかもしれません。ただ、目鼻立ちがくっきりとしているのは、今も昔も変わらないようです。

尾上松也の母(河合盛恵)の宝塚など経歴

尾上松也さんの母・河合盛恵さんの経歴について、時系列に沿って改めて見ていきましょう。尾上松也さんの母・河合盛恵さんはどのような経歴をたどってきたのでしょうか?

経歴①宝塚時代

尾上松也さんの母は、おそらく中学を卒業した頃に宝塚音楽学校に入学したのではないかと考えられます。宝塚音楽学校は、現在もその競争率が激しいことで知られていますが、尾上松也さんの母の受験当時も相当に競争率が激しかったはずです。

宝塚音楽学校に合格した生徒は、2年間の音楽学校での学びを経て宝塚歌劇団に入団します。尾上松也さんの母も、おそらく宝塚音楽学校を卒業後には宝塚歌劇団に入団したのでしょう。ただ、残念ながら、尾上松也さんの母の宝塚時代の詳細な情報については不明です。

経歴②劇団新派の女優としての活動

尾上松也さんの母は、宝塚歌劇団で何年かを過ごした後に退団し、その後は劇団新派に所属したものと考えられます。六代目尾上松助さんと結婚したのが28歳の時とされていますので、劇団新派での活動は、それほど長くなかったはずです。

尾上松也さんの母・河合盛恵さんは、結婚を機に女優を引退することになったとき、大変悲しかったとその心境を語っていたことがあるのだとか。女優としてはこれから大きく花開くという状況だったのかもしれません。

経歴③多くの舞台に出演

尾上松也さんの母・河合盛恵さんは若い頃、新派の女優として数多くの舞台に立っていたのだそうです。河合盛恵さんが出演された舞台は「紙屋治兵衛」、「明治一代女」、「夢の女」、「坂東玉三郎美の世界」などがあります。

琴の演奏などでも活動

尾上松也さんの母・河合盛恵さんは、琴の演奏などでも活躍されていたそうです。河合盛恵さんの特技には琴を始め、清元、三味線、着付けなどがありますが、特に琴は演奏会を開くほどの腕前だと言われています。

尾上松也のクセの強い母のエピソード

尾上松也さんの母はとてもクセが強いと言われ、エピソードも数多くあるのだそうです。尾上松也さんの母にはどのようなエピソードがあるのでしょうか?クセが強いと言われる尾上松也さんの母のエピソードについて調べてみました。

クセの強い母のエピソード①おしゃべり

尾上松也さんの母のエピソードとしては、梨園の女性にしてはかなりおしゃべりだということがあげられています。尾上松也さんも母のマシンガントークのエピソードを語っており、電話をスピーカーモードにして放置しておいても、勝手に30分近く喋っていることがあるのだそうです。

クセの強い母のエピソード②便トーク

また、尾上松也さんの母は、下品なトークも好んですることがあるのだとか。たとえば、自分のその日の便について尾上松也さんの友人たちに話していることもあったそうで、それを耳にした尾上松也さんは驚いたと言います。

クセの強い母のエピソード③安住紳一郎との絡み

さらに、尾上松也さんの母はバラエティ番組「ぴったんこカン・カン」に出演した際、いきなり安住紳一郎さんに勢いよく抱きつき、安住紳一郎さんから相撲取りにたとえられていました。

安住紳一郎とは

安住紳一郎さんはTBSの看板アナウンサーの1人で、現在の年齢は46歳ですが、独身であることで知られています。抜群のトーク力に加え、高身長で頭脳明晰、さらにルックスも良いため、芸能界にも多くの女性ファンがいると言われているようです。

尾上松也の母(河合盛恵)の若い頃は宝塚&新派女優

尾上松也さんの母・河合盛恵さんについて紹介してきました。尾上松也さんの母は若い頃、宝塚や新派の女優として活躍していたようです。バラエティ番組などでそのクセの強さが話題になった尾上松也さんの母には、ブレイクの兆しがあるという噂もあるのだとか。尾上松也さんの母の今後にも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ