おのののかビール売り子時代の売り上げやエピソードは?

バラエティ番組などで活躍しているおのののかは過激な発言をする炎上タレントとして人気があります。おのののかはデビュー当時、タレント活動をしながら、東京ドームでビールの売り子をしていました。ビールの売り子をしていた時の売り上げやエピソードについてご紹介しましょう。

おのののかビール売り子時代の売り上げやエピソードは?のイメージ

目次

  1. 1おのののかのプロフィール
  2. 2おのののかのビール売り子時代が話題に
  3. 3おのののかのビール売り子時代の売り上げは?
  4. 4おのののかのビール売り子時代のエピソード
  5. 5おのののか以外のビール売り子出身芸能人
  6. 6おのののかのビール売り子時代の売り上げは伝説級

おのののかのプロフィール

・愛称:ののちゃん、ののきゃん、のの
・本名:宮田 真理愛(みやた まりあ)
・生年月日:1991年12月13日
・年齢:29歳(2021年1月現在)
・出身地:東京都文京区
・血液型:A型
・身長:168cm
・体重:???
・活動内容:タレント、グラビアアイドル
・所属グループ:なし
・事務所:プラチナムプロダクション
・家族構成:父、母、兄、妹

おのののかの経歴

おのののかの経歴についてご紹介しましょう。おのののかは1991年12月13日生まれで東京都文京区出身です。小学校3年生から高校生までバスケットボール部に所属していました。おのののかは文京区立第一中学校を卒業後、日本大学第二高等学校に進学します。高校3年生の時に、フィジー共和国の英語専門学校に2か月間留学した経験もあります。

おのののかは菜々緒や小倉優子に憧れていたので、2012年に成人式の写真をプラチナムプロダクションに送ります。その結果、見事、プラチナムプロダクションに所属することになりました。2013年にSUPER GT「ZENT sweeties」の一員としてレースクイーン活動を行います。

当時、おのののかは東京ドームでビールの売り子をしていました。「美人すぎるビール売り子」として噂が広がり、SNSで話題になります。2014年には東京オートサロンイメージガール「A-class」を務めていました。その後はレースクイーンの仕事は卒業し、タレント業に専念しています。

2015年には『呪怨 -ザ・ファイナル-』で映画初出演を務め、女優としても活躍しました。現在もテレビドラマや映画、バラエティなど幅広く活動しています。毎週水曜日にはレギュラー番組「OH! おのののか」が配信されたり、CMや「サンデージャポン」に出演しています。私生活では2020年9月9日に水泳選手の塩浦慎理と結婚しました。

Thumbおのののかの本名や出身などプロフィールまとめ!ビール売り子時代も調査
グラビアアイドルとして活躍しているおのののかさんの本名をご存知でしょうか?本名や出身地、学歴...

おのののかのビール売り子時代が話題に

おのののかは過去にビールの売り子をしていました。おのののかのビール売り子時代がSNSでも話題になっています。おのののかのビール売り子時代の評判についてご紹介しましょう。

ビール売り子の仕事内容とは

ビール売り子の仕事内容についてご紹介しましょう。ビール売り子は若い女性に人気があるバイトです。ビール売り子のメインの仕事は東京ドームや西武ドームなどの球場の客席で、観客にビールを販売することです。

ビール売り子は売り子専用のビールが入ったタンクを背負って、観客の中にビールの購入希望者がいると、コップにビールを注いで提供します。ビール売り子はビール以外におつまみや他のアルコールを販売することもあります。

ビール売り子はお客さんの元に行き、「ビールはどうですか?」と声をかけながら販売します。コミュニケーション能力が必要な仕事と言えます。ビール売り子の給料は「固定給+歩合制」を採用していて、時給や日給に販売したビールの杯数分のインセンティブが加算されていくという仕組みです。

ビール売り子のバイトは売れば売るほど稼ぐことができるので、大変人気があります。天候が悪く、売れ行きがよくない日でも固定給は保障されているので安心です。また、かわいい制服も人気の秘密です。制服は鮮やかなカラーのセットアップにキャップ帽というスタイルで、球場でもひときわ目立っています。

おのののかは元ビール売り子

おのののかはデビューした当時、タレント活動と並行して、東京ドームでビール売り子の仕事もしていました。「美人すぎるビール売り子」とSNS上でも話題になります。ビールの売り子から注目され、ブレイクしました。

おのののかのビール売り子時代の評判

おのののかのビール売り子時代の評判についてご紹介しましょう。おのののかは観客と会話をしながらビールを販売していました。にこにこしながらビールを注いでくれ、とても評判が良い売り子でした。

ビールが残り少なくなるとすぐに気づいてくれて、良いタイミングでビールを提供してくれます。顔なじみのお客さんは名前まで覚えてくれ、気持ちよく野球観戦ができると評判でした。

おのののかのビール売り子時代の売り上げは?

おのののかのビール売り子時代の売り上げはどのくらいあったのでしょうか?おのののかのビールの売り上げがとてもすごかったと話題になっています。おのののかが販売した売り上げの記録はいまだに破られていないそうです。おのののかのビールの売り上げについてご紹介しましょう。

ビール売り子時代の売り上げがすごい

おのののかがビール売り子をしていた時代の売り上げがすごいと話題になっています。おのののかは細かいテクニックを駆使し、驚異的な記録を達成しました。

1日3時間400杯の売り上げ

おのののかは1日実働3時間で、400杯もビールを売り上げたそうです。400杯を時給に換算すると、8000円となり、週3回1日3時間働くと、月収は30万円となります。これだけの売り上げの記録はいまだ破られておりません。

27秒に1杯売り上げている計算になるので、ビールを注ぐ時間、お金の受け渡しの時間を考えると、ずっとひたすら売れている状態です。

ビール売り子時代の売り上げUPテクニックとは

おのののかのビール売り子時代の売り上げUPテクニックについてご紹介しましょう。おのののかは1日に最高400杯のビールを売ったことがある実績があります。おのののかはどのような方法でこのような驚異的な記録を達成したのでしょうか?おのののかの売り上げの秘訣について調査してみました。

おのののかはスレンダーな体つきですが、15キロのサーバーを背負う体力があります。15㎏の重たいビールの樽を背負い、客席を上り降りするので、とてもキツイ仕事です。ビールが売れると軽くなっていくので、楽しみながら販売していたそうです。ニコニコと笑顔で販売することを心掛けていました。

広い球場で目立つテクニックとして、髪飾りを目立つものにしたり、球団のカラータオルを使用したりと、身に着けるものを工夫して、常連の方に顔を覚えてもらうそうです。また、お客さんの顔や特徴を覚えて、自分から積極的にアプローチをしていきます。上手に自己主張し、覚えてもらうように努力しました。

毎試合を応援しにくるファンの方もいたり、シーズンシートの方もいたりと、顔なじみになるお客さんも数多くいました。このようなお客さんを獲得しておくと、毎回ビールを買ってもらえます。野球やジャイアンツのことを勉強し、お客さんと共通の話題ができるように努力したそうです。

また、おのののかはお客さんと会話をしながら遠くを見渡して、次のお客さんを探していたそうです。スタジアムの上から下まで降りて行く時に、お客さんが飲んでいるカップを常にチェックします。ビールが残り少なくなっているお客さんが、スタンドのどこにどれくらいいるのかを目で見て覚えました。

そして、いつ頃、どんなタイミングでどこに行けば売れるかを考えながら移動していたそうです。ホームランが出たり、攻守が変わる時にはビールがよく売れるので、試合状況にも気を配っていました。お客さんのコップの状態にも気を配るようにし、ビールが少なってきたお客さんにタイミングよくビールを提供します。

団体で来ているお客さんには幹事が誰かを見極めて、ビールをまとめ買いしてもらうのもテクニックの1つです。団体の場合、1人がビールを注文すると、次々に注文が入ります。団体客へアプローチすると、大量にビールを注文してくれるので、団体客が狙い目でした。

このように、細かいテクニックを駆使して、3時間で400杯という記録を打ち出していたのです。これだけの売り上げが確保できたのは、おのののかの努力と洞察力の賜物でした。

おのののかのビール売り子時代のエピソード

おのののかのビール売り子時代のエピソードについてご紹介しましょう。おのののかがビールの売り子だった時に、あるエピソードがありました。

『上沼・高田のクギズケ!』に出演しアル告白が話題に

おのののかがテレビ番組『上沼・高田のクギズケ!』に出演した時に、ある告白をして話題になりました。おのののかは東京ドームでビールの売り子をしていたときにある経験をしたことを語っています。

ビール売り子時代にカップルから痛い言葉?

おのののかが売り子をしていた時代に、カップルで野球観戦をしている人達がいました。カップルの男性が2回連続でおのののかからビールを買ったそうです。その時に、カップルの女性が「もっと可愛い子から買えばいいじゃん」と彼氏に言いました。

おのののかがそばにいるのに聞こえるように言った彼女に向かって、おのののかは「彼女さんカワイイですもんね」と返したそうです。

おのののかの対応に上沼恵美子の反応は?

おのののかのカップルへの対応に対する上沼恵美子の反応が気になります。上沼恵美子はおのののかの気遣いを称賛しました。男性ゲストを見回しながら、「男性ならののかちゃんのような可愛い子から買いたいですよね」とコメントしています。

おのののかはそれを受けて、「ダメですよ。彼女と来てるのに」と男性客の行動を非難しました。このように、ビール売り子をしていると、不快な思いをすることもありましたが、自分から楽しんで仕事をしていたそうです。

おのののか以外のビール売り子出身芸能人

おのののか以外のビール売り子出身の芸能人にはどのような人がいるのでしょうか?ビール売り子出身の芸能人について調査してみました。

ビール売り子出身芸能人①くるす蘭

くるす蘭もおのののか同様、ビール売り子出身の芸能人です。くるす蘭はゼロイチファミリア所属で、健康的なスタイルと美しいバストが注目されています。身長173㎝と女性にしては高身長で、プロポーション抜群と話題になっています。

くるす蘭は「体を動かすことが大好きで、バスケ部のキャプテンだった」と語っています。キャップを被り、野球のユニフォームのようなデザインになっている水着姿を公開し、注目を集めました。スタイル抜群で、美しいバストが大人気です。

くるす蘭の野球のユニフォームのようなデザインの水着姿に絶賛のコメントが多数寄せられました。「健康的なスタイル」「5000回くらいいいねを押したい!」など、くるす蘭の水着姿が話題になっています。

ビール売り子出身芸能人②ほのか

ほのかは1996年3月23日生まれのモデルです。グラビアモデルとしても活躍しています。ほのかは横浜ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムでビールの売り子をしていました。ビールの売り子をしていた当時から大人気で、「ほのか」として個人でタレント活動を始めています。

2016年5月にアイエヌジーとタレント契約を結び、ほのかとしてデビューしました。「可愛過ぎる売り子」として芸能界デビューを果たし、2016年5月26日付けのスポーツニッポンの紙面を飾り話題になります。

2017年4月からハーモニープロモーションと業務提携を開始しました。ほのかは事務所に所属する前には読者モデルやサロンモデルとして活動しています。大学生ファッションサークル【OASIS】の2016年度Miss of Circleファイナリストで、Samantha Thavasa賞にの選ばれています。

2016年6月6日に集英社「週刊プレイボーイ」で初グラビアを飾り、8月には「週刊ヤングジャンプ」のグラビア新星発掘グランプリ「ゲンセキ2016」にエントリーしています。見事グランプリを受賞しています。2019年1月10日、週刊ヤングジャンプ創刊40周年を記念した「SS ELEVEN」にも選抜され、話題になりました。

ほのかのブログでは競馬予想を展開しています。2016年7月に福島競馬場にてビール売りをしました。その時に初めて馬券を購入し、競馬に興味を持ちます。2019年の日本ダービーでは、スポニチで予想を披露し、注目を集めました。

ほのかは2019年7月23日発売の「CanCam」9月号でCanCamの専属モデルに抜擢されました。テレビ番組では体を張る仕事が増えました。「わたしCanCamモデルなのに~」と言いながら憤慨するほのかが話題になります。

ビール売り子出身芸能人③伊藤愛真

ビール売り子出身芸能人には伊藤愛真がいます。伊藤愛真は東京ドームで「可愛すぎる売り子さん」として注目を集めました。大学入学後にはミス亜細亜大学2017グランプリのミスオブミス2018で最多4冠を達成しています。

八重歯がかわいいビールの売り子として注目され、球場の一躍人気者となりました。ファンがどんどん増え、SNSでも紹介された人気ぶりです。

おのののかのビール売り子時代の売り上げは伝説級

おのののかのビール売り子時代の売り上げについてご紹介しました。おのののかは3時間で400杯のビールを売り上げた実績があります。おのののかの実績は伝説級で未だその記録は破られていません。おのののかは女優としても活躍しているので、その活躍を温かく見守っていきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ