【ひよっこ】尾上寛之の役や演技の評判は?

ドラマには欠かせない俳優である尾上寛之さんですが、その演技力に注目が集まっています。特に尾上寛之さんが出演した連続テレビ小説「ひよっこ」で演技の評判が大変に良かったそうです。尾上寛之さんのひよっこでの活躍、演技力の高さなど世間の評判について調べてみました。

【ひよっこ】尾上寛之の役や演技の評判は?のイメージ

目次

  1. 1尾上寛之のプロフィール
  2. 2【ひよっこ】尾上寛之の役は?
  3. 3【ひよっこ】尾上寛之の演技の評判
  4. 4【ひよっこ】尾上寛之以外の出演者の演技の評判は?
  5. 5【ひよっこ】尾上寛之は角谷太郎役での演技力が話題

尾上寛之のプロフィール

・愛称:???
・本名:尾上寛之(おのうえ ひろゆき)
・生年月日:1985年7月16日
・年齢:36歳(2022年1月現在)
・出身地:大阪府茨木市
・血液型:A型
・身長:165cm
・体重:???
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:鈍牛倶楽部
・家族構成:父親、母親

尾上寛之の経歴

尾上寛之さんは、その名字からご本人が歌舞伎役者なのではないか、ご家族が歌舞伎関係者なのではないかと言われることがありますが、全く歌舞伎の世界には関係がありません。ご両親は一般人で、尾上寛之さんは1人っ子として育っています。

小学生のころから「日本芸能センター」でレッスンを受けていた尾上寛之さんは、子役としてCMや映画など幅広く活動していました。1994年には連続テレビ小説「ぴあの」に尾上寛之さんは出演しています。これがきっかけで尾上寛之さんは朝ドラに数多く出演しました。2010年から尾上寛之さんは大河ドラマにも数々出演しています。

尾上寛之は朝ドラ常連の演技派俳優

尾上寛之さんは子役の頃から朝ドラの常連と言っても過言でないほど多くの作品に出演しています。尾上寛之さんの初めての仕事は連続テレビ小説「ぴあの」でしたが、その後も「ふたりっ子」「カーネーション」「スカーレット」などに出演しました。

特に尾上寛之さんが注目されているのが「ひよっこ」に出演したことでした。ここからはその「ひよっこ」に焦点を当てて尾上寛之さんを掘り下げていきましょう。

Thumb尾上寛之まとめ!出身や経歴は?殺害犯などの役が異常にハマる俳優まとめ
俳優・尾上寛之さんはこれまで数々のドラマや映画に出演し、どんな役でもインパクトある演技が毎回...

【ひよっこ】尾上寛之の役は?

尾上寛之さんが出演した連続テレビ小説「ひよっこ」で演じた役柄はどのようのものだったのでしょうか?尾上寛之さんが演じた役柄から演技力を見ていきましょう。

朝ドラ『ひよっこ』とは

「ひよっこ」は2017年4月3日から9月30日まで放送されていた連続テレビ小説で、世間では「朝ドラ」と呼ばれているもののシリーズの1つです。朝ドラと呼ばれる通り、朝の8時から15分間放送されています。お話の時代は1964年に開催される東京オリンピックを控えた頃のことです。

茨城県奥茨城村に住んでいた有村架純さんが演じる主人公「谷田部みね子」は高校3年生で、あまり裕福ではない家庭に育ちました。家業は農業をしていましたが、5年前の不作の際に出来た借金があったからです。謝金を返すために父親は東京へ出稼ぎに出ていましたが、父親宛に送った手紙が返送されてきたことから失踪が発覚します。

卒業を控えていた谷田部みね子は、父親を捜す目的と就職のために上京を決意、当時あった「集団就職」の列車に乗り込みました。就職先で仕事をしながら父親を捜しますが見つからず、そのうち谷田部みね子が務める工場が倒産してしまいます。何とか飲食店に再就職を果たした谷田部みね子ですが、ひょんなことから父親の消息を知ることが出来ました。

父親は過去に引ったくりに殴られたことで記憶喪失になっているというのです。そんな父親を谷田部みね子は何とか実家に連れて行って記憶を取り戻そうとしますが 結局は記憶が戻ることはありませんでした。しかし父親はそのまま実家で暮らし、改めて幸せな生活を送れるようになっています。

朝ドラ『ひよっこ』で角谷太郎役を熱演

尾上寛之さんは朝ドラの「ひよっこ」で「角谷太郎」という役を熱演しています。尾上寛之さんが演じた角田太郎とはどのような役柄だったのでしょうか?

尾上寛之演じる角谷太郎役はどんな役柄?

尾上寛之さんが演じた角谷太郎という人物の家庭は、谷田部みね子が住む農家の近くでリンゴ農家を営んでいます。角田太郎は奥茨城村青年団団長をやっていて、谷田部みね子の幼馴染である「角田三男」の兄役です。

聖火リレーとの関係にも注目が

ひよっこのストーリーの中で、東京オリンピックの聖火リレーが水戸を通るシーンがあります。それを受けて奥茨城村でも手作りで聖火リレーをやって村を活性化したいと角田三男が企画を考えます。しかしその見積もりは甘く、兄である角田太郎から激しいダメ出しが出されます。

角田三男は企画を諦めかけますが、兄の角田太郎と青年団のメンバーが企画書を練り直し、本当に聖火リレーを実現させました。尾上寛之さん演じる角田太郎は厳しい人柄ですが、実は人の意見を尊重してくれる兄貴肌の人物でした。

【ひよっこ】尾上寛之の演技の評判

改めて尾上寛之さんのひよっこでの演技など、評判を調べてみました。尾上寛之さんはどの様な演技をひよっこの中で見せてくれたのでしょうか?

尾上寛之の角谷太郎役での演技の評判

尾上寛之さんが演じた角田太郎という人は、三男の角田三男に対して兄の立場からなのか常に上から目線でモノを言っています。その演技がとてもエラそうに見えることから、ドラマを見ていた視聴者は角田太郎という人物に必ずしも良い印象は持っていなかったようです。

視聴者に役柄のままの人ではないかと思われることもあったようですが、それは尾上寛之さんの演技力の高さによるものでしょう。

尾上寛之の『ひよっこ』以外の朝ドラでの演技の評判

尾上寛之さんは同じ朝ドラの「スカーレット」にも出演しています。スカーレットで尾上寛之さんは窯業研究所の掛井武蔵丸という役を演じていました。

尾上寛之の朝ドラ以外での演技の評判

尾上寛之さんがスカーレットで演じる掛井武蔵丸は、特別才能があるわけでもなく至って普通ですが、地道に研究を重ねて努力している人です。この普通という役柄が一番演じにくく、その中でも存在感を出していくことは大変に難しい演技です。そんな難しい役どころを演じ切る尾上寛之さんですので、朝ドラの常連と言われる存在になったのでしょう。

【ひよっこ】尾上寛之以外の出演者の演技の評判は?

尾上寛之さん以外の出演者の演技の評判はどのようになっているのでしょうか?ひよっこに出演した尾上寛之さん以外の俳優の演技に対する評判を調べてみました。

有村架純(谷田部みね子役)の演技の評判

ひよっこで主人公の谷田部みね子役を演じたのが有村架純さんです。有村架純さんは1993年2月13日生まれで、兵庫県伊丹市出身の28歳(2022年1月現在)です。有村架純さんの演技は表情に注目が集まっています。

目だけで演技ができる表現力や、ひよっこで谷田部みね子のお母さん役を演じた木村佳乃さんと、フッとした表情が似ていて本当に母子っぽいなどと評判でした。有村架純さんが演じた谷田部みね子はセリフが無く表情だけの演技が求められるシーンが多かったので選ばれたのでしょう。

特に有村架純さんの泣く表情が自然で心に刺さった視聴者が多かったようです。その他にはひよっこの舞台が茨城だったことから有村架純さんの茨城弁にも注目が集まっています。

有村架純さんの茨城弁の正確さには賛否両論あり「上手い」と言う人も多いのですが、地元の方には「ちょっと違う」と捉えられたようです。方言はちょっとした発音などニュアンスが難しいため、地元に人には有村架純さんの茨城弁は少し違和感を感じたのかもしれません。

沢村一樹(谷田部実役)の演技の評判

沢村一樹さんは主人公の谷田部みね子の父親役である谷田部実を演じました。沢村一樹さんは1967年7月10日生まれで、鹿児島県鹿児島市出身の54歳(2022年1月現在)です。沢村一樹さんが演じた谷田部実は借金を返済するために出稼ぎに出た先で、記憶喪失になり失踪するという難しい役どころです。

ストーリーが進むにつれ記憶を失った谷田部実は本当に責任感が強く優しい人柄であったことが分かります。そんな谷田部実を沢村一樹さんは見事に演じています。

​記憶の全てまでは戻らなかった谷田部実ですが、沢村一樹さんの人柄と相まって大変に魅力的な人柄であり、ストリー上で重要役割を果たしています。沢村一樹さんも当然ですが茨城弁を話していて、上手いと評判でした。

木村佳乃(谷田部美代子役)の演技の評判

木村佳乃さんが演じた谷田部美代子は谷田部みね子の母親役でした。木村佳乃さんは1976年4月10日生まれで、東京都世田谷区成城出身の45歳(2022年1月現在)です。木村佳乃さんが演じた谷田部美代子は、夫である谷田部実が出稼ぎで不在の中、働きながら一家を支える頼もしいお母さんです。

農家の傍ら裁縫が得意な谷田部美代子は、内職の縫製だけでなく家族にも洋服を作っていました。木村佳乃さん演じる谷田部美代子はとてもやさしくて頼りがいのある反面、理不尽なことがあると激しく抗議をするなど気性の荒い面も持っています。

夫が発見され記憶喪失であることが分かり、それでも家に帰ってきた谷田部実を受け入れた谷田部美代子や家族は、戸惑いながらも楽しく生活を始めています。記憶喪失の夫と向き合う難しい妻の役どころを木村佳乃さんは見事に演じました。

【ひよっこ】尾上寛之は角谷太郎役での演技力が話題

尾上寛之さんがひよっこで演じた角田太郎役はその迫力からとても注目されていました。角田太郎は只々怖い人という最初のイメージがありましたが、実は人情に熱い人柄です。尾上寛之さんの演技力でひよっこの中で角田太郎という重要な役割を担う登場人物を見事に演じました。これからも尾上寛之さんの演技に注目していきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
望花
趣味は京都の面白くてマイナーな神社仏閣や観光地巡り、特技はアクセサリー作りとタロット占い、最近はビジュアル系にハマ...

新着一覧

最近公開されたまとめ