大亀あすかの麻雀の腕前や実力は?評判やエピソードなどまとめ

声優・大亀あすかの麻雀の腕前や実力について調査してみました。大亀あすかは声優として活躍しながらプロ雀士としても活動しており、多くの人が実力に注目しているようです。そんな大亀あすかの麻雀の実力やプロまでの経緯・麻雀での評判について確認していきましょう。

大亀あすかの麻雀の腕前や実力は?評判やエピソードなどまとめのイメージ

目次

  1. 1大亀あすか(声優&プロ雀士)のプロフィール
  2. 2大亀あすかの麻雀の腕前や実力は?
  3. 3大亀あすかの麻雀での世間の評判
  4. 4大亀あすかの麻雀エピソード
  5. 5大亀あすかとアニメ『咲ーSaki-』の関係
  6. 6大亀あすか以外の麻雀のプロ声優
  7. 7大亀あすかの麻雀の実力は2020年時点で初段

大亀あすか(声優&プロ雀士)のプロフィール

・愛称:かめちゃん・あすかちゃん
・本名:岡本あすか(おかもと あすか)旧姓は「大亀(おおがめ)」
・生年月日:1987年12月18日
・年齢:33歳(2020年12月時点)
・出身地:広島県
・血液型:A型
・身長:142cm
・体重:不明
・活動内容:声優・プロ雀士
・所属グループ:なし
・事務所:シグマ・セブン
・家族構成:夫(声優の岡本信彦)

大亀あすかの経歴

大亀あすかの経歴を簡単に紹介していきます。大亀あすかは教育事業のヒューマンアカデミー「総合学園アカデミー」在学中の2007年に開催された「第2回シグマ・セブン公開オーディション」に合格し、2009年に声優デビューを果たしました。

大亀あすかは声優デビュー作となったアニメ「鋼殻のレギオス」でメイシェン・トリンデン役を演じたことから、関連サイトでは「がんばれメイシェン」と題した声優デビュー応援企画が開催されたようです。

2009年12月に発売されたゲーム「ときめきメモリアル4」のメインヒロイン・星川真希役を演じた大亀あすかは、経済産業省主催で開催された「たんすケータイあつめタイ」のテーマソングを担当し、多くの注目を集めました。

大亀あすかは2011年に放送されていたアニメ「電波少女と青春男」でヒロイン・藤和エリオ役を務めたと同時に同作のOPテーマを「エリオをかまってちゃん」名義で担当し、声優業と共に音楽活動も開始したようです。

声優として大ブレイクを果たした大亀あすかは、2012年4月に芸能・声優事務所「シグマ・セブンe」を退所し、声優事務所「シグマ・セブン」に所属しました。2014年10月からは、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としての活動も開始しています。

大亀あすかの麻雀の腕前や実力は?

大亀あすかの麻雀の腕前や実力について徹底調査してみました。声優として多くのファンを魅了していた大亀あすかは、2014年10月に日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士として活動することを発表し、沢山の人を驚かせていたようです。

大亀あすかは2020年12月現在声優としての仕事はセーブしており、プロ雀士として麻雀に力を入れています。徐々に麻雀に興味をもち、プロ雀士を目指したという大亀あすかの気になる麻雀の腕前や実力・プロ雀士になるまでの経緯を確認していきましょう。

大亀あすかの麻雀の腕前に注目が

大亀あすかの麻雀の腕前に多くの注目が集まっています。大亀あすかはアイドル声優として性別を問わず沢山のファンを魅了していましたが、可愛らしいルックスとは裏腹に麻雀やパチンコ・パチスロなどのギャンブルにドはまりしたようです。

大亀あすかは「徐々に麻雀が好きになって、今は麻雀が好き過ぎて声優業のオファーが来ても断っています」と告白しています。自宅には30万円以上の全自動雀卓があるという麻雀好き・大亀あすかの麻雀の腕前や実力を引き続き確認していきましょう。

大亀あすかはプロ雀士

麻雀大好き声優・大亀あすかは2014年10月から日本プロ麻雀連盟に所属し、プロ雀士としての活動を開始しています。プロ雀士は「麻雀プロ」とも呼ばれており、本業を務めながらプロ雀士として活躍している人も多いようです。

大亀あすかは日本プロ麻雀連盟に所属した当時「本業は声優で副業がプロ雀士」と発言していたようですが、2020年12月現在は声優を名乗らず「プロ雀士」を名乗っています。

大亀あすかの職業「プロ雀士」は6つある競技麻雀のプロ団体に所属している人のことを指し、「麻雀プロ」として雀荘への勤務や麻雀大会への出場・イベントへの出場や麻雀に関する執筆活動などの仕事があるようです。

大亀あすかは日本プロ麻雀連盟のプロ雀士として、団体で麻雀大会に出場しています。時々麻雀イベントにも登場している大亀あすかは、今後より麻雀の実力をあげ麻雀に関する執筆活動で再び話題を集めるかもしれません。

麻雀のプロになるまでの経緯をおさらい

麻雀のプロと言える「プロ雀士」「麻雀プロ」になるには、上記で紹介した通り競技麻雀のプロ団体に所属する必要があります。団体によってシステムが違うようですが、プロ団体に所属するにはプロテストを受けて合格しないといけません。

「少しだけ麻雀をしたことがある」程度だと合格するのは不可能だと言われており、大亀あすかは麻雀に対する知識や実力をつけた上でプロテストに合格し、日本プロ麻雀連盟に所属しました。

日本プロ麻雀連盟の概要

大亀あすかが所属している日本プロ麻雀連盟は、麻雀プロ団体の中でも最も大きい団体だと言われています。1981年に設立された日本プロ麻雀連盟は、当時乱立していた麻雀小団体をまとめた歴史あるプロ団体です。

2020年現在の会長はプロ雀士の森山茂和で、俳優兼声優の萩原聖人や女優の宮内こずえ・女優兼歌手の杉浦幸やグラビアアイドルの東城りお・声優の襟川麻衣子などが日本プロ麻雀連盟に所属しています。

大亀あすかの麻雀の実力

大亀あすかの麻雀の実力について徹底調査してみました。2014年10月から日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士として活躍している大亀あすかは「麻雀プロ」とも呼ばれていますが、大きなタイトルや称号などはまだ獲得していないようです。

しかし大亀あすかは日本プロ麻雀連盟が主催しているイベント「ロン2カップ2015summer」でMCを務めたりと、プロ雀士として活動の幅も広げています。そこで気になる大亀あすかの麻雀の実力について詳しく確認していきましょう。

実力①Eリーグからプロとしてスタート

大亀あすかの麻雀の実力1つ目を紹介します。大亀あすかは日本プロ麻雀連盟のプロテストで、1番下のランク・Eリーグで合格を果たし、プロ雀士としての活動を開始しました。大亀あすかはプロテスト前から日本プロ麻雀連盟の道場で麻雀の実力をあげていたようです。

ギリギリで合格したという大亀あすかは、合格した当時について「プロテストの結果はなんとかギリギリで1番下のEリーグ合格を頂けました。私を合格にするか凄く悩まれただろうな」とのコメントを残していました。

実力②段位は初段?

大亀あすかの麻雀の実力2つ目を紹介します。大亀あすかは2014年10月からプロ雀士として活躍していますが、大きなタイトルや称号などはまだ獲得していないということで、2020年12月22日現在の段位は初段のようです。

4人麻雀の平均順位は2.37位、3人麻雀の平均順位は1.98位で、大亀あすかはこれからも徐々に麻雀の実力をあげていくことでしょう。

実力③第14期女流桜花Cリーグでの成績

大亀あすかの麻雀の実力3つ目を紹介します。大亀あすかは2019年に開催された女流プロリーグ「第14期女流桜花Cリーグ」では54人中28位という成績を残しました。男女混合のリーグ戦「鳳凰位Eリーグ」にも出場していたようです。

「2.5次元の雀姫」とのキャッチフレーズが付いている大亀あすかは、今後も成績を残し着々と実力をあげていくことでしょう。これからも大亀あすかの麻雀の腕前や実力からは目を離すことが出来ません。

大亀あすかの麻雀での世間の評判

大亀あすかの麻雀での世間の評判について徹底調査してみました。大亀あすかは幼少期の頃に声優が出演する舞台を観たようで、「新鮮さと魅力を感じて、声優という職業の多様性を知り声優を目指しました」とのコメントを残しています。

そんな大亀あすかの本格的な声優業は2017年で止まっており、それ以降麻雀に力を入れるようになったようです。声優として多くのファンを魅了していた大亀あすかですが、世間の評判はどうなのか、麻雀での評判について詳しく確認していきましょう。

世間の評判①

大亀あすかの麻雀での世間の評判1つ目を紹介します。声優としての大亀あすかを知っているネットユーザーは「大亀あすかがテレビで麻雀してて笑った」「麻雀番組に大亀あすか出てて驚いた」とのコメントを残していたようです。

逆にプロ雀士としての大亀あすかを知っているネットユーザーは「大亀あすか声優なの!?」「大亀あすかただのプロ雀士だと思ってたけど声優なんだ」との声を挙げていたので、評判は至って普通と言えるかもしれません。

世間の評判②

大亀あすかの麻雀での世間の評判2つ目を紹介します。アイドル声優・大亀あすかのファンは以前から「最近かめちゃん見ない」との声を挙げていると同時に、「大亀あすかちゃんいつの間に麻雀プロに!?」との声を残していたようです。

大亀あすかの大ファンはプロ雀士と知った上で「俺もかめちゃんと麻雀したい」「大亀あすかに麻雀を教わりたい人生だった」とのコメントを残しており、麻雀での世間の評判は良いとも悪いとも言えないかもしれません。

世間の評判③

大亀あすかの麻雀での世間の評判3つ目を紹介します。ガチの麻雀ファンは大亀あすかの麻雀スタイルに対し「大亀あすかって麻雀のルールまじで理解してるの?」「大亀あすかの麻雀は酷い」と辛口コメントを残していました。

一方で「ファンだけど大亀あすかが麻雀やってる姿初めて見た」との声も挙がっています。元からの大亀あすかファンからの麻雀での評判は良いようですが、麻雀ファンからの評判はやや悪いと言えるかもしれません。

大亀あすかの麻雀エピソード

大亀あすかの麻雀エピソードについて徹底調査してみました。麻雀の実力はこれから、麻雀の評判は至って普通だった大亀あすかは、人気女流プロ雀士だけの卓上カレンダーに2016年から登場したりと、様々なエピソードを持っているようです。

大亀あすかはオンライン麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部」にもプロ雀士として登場しており、同ゲームの投票選抜2016では初登場にして8位にランクインしています。そんな大亀あすかの気になる他麻雀エピソードを詳しく確認していきましょう。

プロ雀士を目指した理由とは

大亀あすかが声優からプロ雀士を目指した理由について調査してみました。調査してみた結果、大亀あすかはプロ雀士になる前の2012年に声優の仕事として1度だけ麻雀に触れる機会があったようで、当時「緊張したけど楽しかった」と発言していたようです。

大亀あすかは続けて「もっとお仕事で麻雀できたら楽しいなあっていつしか思うようになってしまいました」とのコメントを残しています。大亀あすかは後に「麻雀格闘倶楽部」で遊び、「麻雀最強戦」などを見て、本格的にプロ雀士を目指し始めました。

麻雀のドンジャラ作戦って?

大亀あすかは世の女性に麻雀を知ってもらうために「麻雀でドンジャラ作戦」を練っていたようです。大亀あすかは2019年9月に麻雀に関するインタビューに応じ、「ドンジャラはするけど麻雀はしないという人に麻雀をさせるには?」と問われていました。

大亀あすかは「ドンジャラって名前で発売して「ドンジャラだよー!」って言いながら中身を麻雀にします」と答え、続けて「インスタ映えする牌とかあれば女性も麻雀に興味をもってくれるかも」と発言しています。

大亀あすかはその他にも「役の名前とかも変えて、可愛いくしたり中二っぽくしたら良いかもしれません」とのコメントを残していました。大亀あすかの麻雀でドンジャラ作戦に対し「発想が可愛い」と思ったファンも多いでしょう。

『有吉反省会』出演で麻雀について告白

大亀あすかは大人気トークバラエティ番組「有吉反省会」に出演し、麻雀について告白したようです。2014年12月21日に放送された同番組に出演した大亀あすかは、「麻雀にハマり過ぎてファンをがっかりさせたこと」を反省していました。

大亀あすかは麻雀だけではなくパチンコやパチスロについても触れていたようですが、「週5で雀荘に通っています」「週末は麻雀大会があるので声優活動はNGです」と麻雀について熱く語りMCを務める有吉弘行から「(ある意味)凄いね」と言われていたようです。

大亀あすかは「自宅に30万円くらいの全自動麻雀卓があります」とも告白し、「暇なときは1人で1人4役にして麻雀してます」と語り、有吉弘行や共演者を驚かせていました。

そんな大亀あすかの禊は「雀荘でセクシーグラビア撮影」というものでした。大亀あすかは禊当日「本当にやるんですか?」と嫌そうにしていましたが、雀荘にいるお客さんの前でノリノリになってグラビア撮影を行っていたようです。

大亀あすかとアニメ『咲ーSaki-』の関係

大亀あすかとアニメ「咲-Sakiー」の関係性について調査してみました。大亀あすかは2019年9月の麻雀に関するインタビュー内で、「アニメ作品「咲-Saki-」に出会って私の人生は良い意味で激変しました」とのコメントを残していたようです。

大亀あすかは以前から「声優事務所で麻雀の対抗戦をやってみたいです!」と語っており、「声優同士でも麻雀を楽しみたいですね」とも発言していました。そんな大亀あすかとアニメ「咲-Saki-」の関係性は一体どういうものなのか、詳しく確認していきましょう。

アニメ『咲-Saki-』とは

アニメ「咲-Saki-」は2009年4月から放送されていた女子高生麻雀作品です。2012年4月には第2シーズンとなる「咲-Saki-阿知賀編」、2014年1月には第3シーズンとなる「咲-Saki-全国編」が放送され、多くの人気を集めました。

原作は小林立による麻雀漫画で、2020年現在も連載されています。2016年12月からは実写ドラマも放送され、2017年2月には実写映画化、同年12月には全4話のスピンオフ実写ドラマも放送され、沢山の麻雀ファン・「咲-Saki-」ファンを歓喜させました。

麻雀のきっかけはアニメ『咲-Saki-』?

大亀あすかが麻雀に興味をもったきっかけはアニメ「咲-Saki」のようです。大亀あすかは2012年・2014年に放送されていたアニメ「咲-Saki-」シリーズで、福岡県代表新道寺女子高校の生徒で麻雀部の大将・鶴田姫子役を演じました。

大亀あすかは麻雀に関するインタビューで「麻雀は知っていたんですけど、始めるきっかけになったのはアニメ作品「咲-Saki-」に関わってからです。アフレコ後に麻雀する機会もあったんです」とのコメントを残しています。

大亀あすかは続けて「最初は全然用語も分からなくて、勉強会に参加する内にどんどん麻雀にハマってしまいました」と発言していました。その他にも「「咲-Saki-」に声優として参加するまで麻雀とは無縁な生活を送っていました」と語っています。

大亀あすかは所属している日本プロ麻雀連盟の公式サイトでも「咲-Saki-」との出会いを綴っていたようです。麻雀ファンは大亀あすかの「咲-Saki-」との出会いを見て、漫画やアニメ・実写ドラマや実写映画などに興味を抱いていました。

アニメ『咲-Saki-』での麻雀エピソード

大亀あすか出演アニメ「咲-Saki-」での麻雀エピソードを紹介します。大亀あすかは以前「友達が全然いないから、休みの日は家で1人ゲームしたり、パチンコなどのギャンブルしに行ったり、ぼっち活動してました」と発言していました。

そんな大亀あすかですが、「咲-Saki-」に声優として出演してから周りに変化が訪れたようです。大亀あすかは「「咲-Saki-」のアフレコの後、皆と一緒に麻雀勉強会に参加したりしてぼっち活動が減ったんです」とのコメントを残しています。

大亀あすかは続けて「皆で麻雀勉強会に参加している内に麻雀っていう共通の趣味が出来て、プライベートでも皆で集まって麻雀したり、雑談したりして・・・。友達と呼んでいいのか分かりませんが、仲間ができて嬉しかったです」と心境を告白していました。

「咲-Saki-」は登場キャラクターが多いことで有名で、大亀あすかは「麻雀の勉強会」として沢山の声優仲間とプライベートで集まり、楽しく麻雀をしたりワイワイしながら話したりと、2020年現在も日々幸せな生活を送っているようです。

大亀あすか以外の麻雀のプロ声優

大亀あすか以外の麻雀のプロ声優について紹介していきます。大亀あすかと同じく日本プロ麻雀連盟には声優の襟川麻衣子が所属していました。しかし襟川麻衣子は日本プロ麻雀連盟に所属したと同時に、声優業をセーブしプロ雀士としての活動だけを行っています。

声優だけではなく、女優の山本ひかるやタレントの熊切あさ美、評論家の勝間和代やお笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉もプロ雀士の資格を取得しているようです。そこで気になる大亀あすか以外の麻雀のプロ声優について詳しく確認していきましょう。

麻雀のプロ声優①神崎ちろ

大亀あすか以外の麻雀のプロ声優1人目は神崎ちろです。神崎ちろは声優事務所「オフィス ワタナベ」に所属しており、テレビアニメ「星のカービィ」「カッパの飼い方」「南の島の小さな飛行機 バーディー」「恋姫無双」などに出演しています。

神崎ちろは最高位戦日本プロ麻雀協会に所属しており、プロ雀士としては「神崎はつみ(神崎羽津美)名義で活動しているようです。神崎ちろは大亀あすかと同じく、2009年・2014年のアニメ「咲-Saki-」シリーズに出演しています。

神崎ちろはアニメ「咲-Saki-」で、風越女子高校の生徒で次鋒(5人制の団体戦で2番目に戦う人)を務める吉留未春役を務めていたようです。

神崎ちろは2005年のアニメ「カッパの飼い方」で共演を果たした俳優兼声優、プロ雀士の萩原聖人に「麻雀とかやらないの?」と声をかけられたことをきっかけに、麻雀の勉強を開始し、プロ雀士を目指し始めました。

麻雀のプロ声優②三咲麻里

大亀あすか以外の麻雀のプロ声優2人目は三咲麻里です。三咲麻里は声優事務所「プロダクション・エース」に所属していた元声優で、アニメ「暗殺教室」「ビッグオーダー」「紅殻のパンドラ」「長門有希ちゃんの消失」などに出演していました。

三咲麻里は2014年10月に大亀あすかと共に日本プロ麻雀連盟に所属し声優兼プロ雀士として活躍していたようです。三咲麻里は2017年3月末に日本プロ麻雀連盟を退会し、同年5月には所属事務所「プロダクション・エース」退所と同時に結婚を発表していました。

麻雀のプロ声優③伊達朱里紗

大亀あすか以外の麻雀のプロ声優3人目は伊達朱里紗です。伊達朱里紗は声優事務所「81プロデュース」に所属しており、アニメ「もっふりモフ・モフ」「モンスターハイ こわイケガールズ」「アイドルマスター」「プリパラ」などに出演しています。

伊達朱里紗は2019年4月に日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士になったことを発表し、声優兼プロ雀士としての活動を開始しました。大亀あすかと同じく、アニメ「咲-Saki-全国編」で主要キャラ・上重漫役を務めたことから麻雀に興味を抱いたようです。

大亀あすかの麻雀の実力は2020年時点で初段

声優・大亀あすかの麻雀の腕前や実力・麻雀での世間の評判や麻雀エピソード・アニメ「咲-Saki-」との関係や大亀あすか以外の麻雀のプロ声優について紹介しました。大亀あすかは麻雀が大好きで、2020年現在の実力は初段だったようです。

アニメ「咲-Saki-」で麻雀と出会った大亀あすかは、徐々に麻雀にハマり、現在は声優業より麻雀に力を入れていました。日々麻雀について勉強し着々と実力をあげているプロ雀士・大亀あすかの今後の活躍や成績・実力には今から期待していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
佐々木
閲覧して下さって有難う御座います。猫と料理と音楽、映画からゲームまで色んなものが好きな佐々木です。皆様を楽しませる...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ