大原千鶴の実家は旅館?場所や評判は?実家エピソードなども!

料理研究家として有名な大原千鶴の実家は京都にある老舗旅館ということをご存じでしょうか?大原千鶴の実家は1895年に創業された歴史ある料理旅館「美山荘」で、日本食が美味しいと評判です。大原千鶴の実家の場所や評判などについてご紹介しましょう。

大原千鶴の実家は旅館?場所や評判は?実家エピソードなども!のイメージ

目次

  1. 1大原千鶴(料理研究家)のプロフィール
  2. 2大原千鶴の実家は旅館?
  3. 3大原千鶴の実家の場所や評判について
  4. 4大原千鶴の実家エピソード
  5. 5大原千鶴が繰り広げる京都の魅力とは
  6. 6大原千鶴の実家は京都市左京区の旅館「美山荘」

大原千鶴(料理研究家)のプロフィール

・愛称:なし
・本名:大原千鶴
・生年月日:1965年1月
・年齢:53歳
・出身地:京都府京都市左京区(実家は料理旅館の美山荘)
・血液型:非公開
・身長:非公開
・体重:非公開
・活動内容:料理研究家、元女優
・所属グループ::なし
・事務所:不明
・家族構成:夫、子供3人

大原千鶴の経歴

大原千鶴の経歴をご紹介しましょう。大原千鶴は1965年1月に京都府京都市で生まれました。1985年に創業された京都の老舗旅館、美山荘で次女として生まれます。小さい頃から従業員のまかない料理を担当し、料理の腕や感性を磨きました。

大原千鶴は2000年、35歳の時に、1歳年下の男性と結婚します。夫は自営業を営んでいたので、旅館の仕事を降りて、夫の仕事をサポートしたり、義母の介護と子育てに専念しました。2000年5月に長男、2001年7月に次男が誕生しています。さらに、2005年には長女を出産し、大原千鶴には二男一女の3人の子供がいます。

子供の頃から実家で料理をしていた大原千鶴は、はじめは専業主婦を続けていましたが、だんだん好きな料理を通して仕事を並行して続けたいと思うようになりました。この時に料理研究家という職業に就く決心をしています。

大原千鶴は子供の頃に経験した料理の楽しさを忘れることができなくて、料理研究家の道を選びました。大原千鶴はNHKきょうの料理やあてなよる、あさイチなどのテレビ番組に出演しています。また、雑誌の連載でも大活躍しています。

『まいにちおべんとう』や『忙しい人でもすぐ作れる』シリーズなどはお弁当ブームの後押しとなりました。大原千鶴には現在、10冊以上の書籍やレシピ本があり、大変人気があります。

大原千鶴はテレビや書籍はもちろん、料理イベントに出演したり、自身で料理教室を開催したりと活躍しているとのこと。料理教室はキャンセル待ちが出るほど大変人気があります。大原千鶴は現在、日本を代表する人気の料理研究家として活躍されています。

Thumb大原千鶴(料理研究家)まとめ!レシピや実家・着物や結婚まで!
簡単で本格的な料理ができるレシピが話題になり、現在NHK今日の料理を筆頭に様々な料理番組に引...

大原千鶴の実家は旅館?

大原千鶴の実家は旅館という噂は本当なのでしょうか?大原千鶴の実家は京都にある老舗の旅館です。大原千鶴の実家や家族構成について調査してみました。

大原千鶴の実家は旅館「美山荘」

大原千鶴の実家は旅館「美山荘」です。美山荘は奥京都に位置し、京都駅からは車で北に1時間くらいのところにあります。

旅館「美山荘」とは

大原千鶴の実家、旅館「美山荘」はどのような旅館なのでしょうか?美山荘は1895年に創業された歴史ある老舗旅館で、奥京都に位置しています。美味しい日本食を堪能することができると評判の旅館です。

美山荘は現在、大原千鶴の弟が4代目を務め、旅館を切り盛りしています。2018年にはミシュラン2つ星を獲得しました。美山荘では美味しい料理を提供してくれることで大変人気があります。新鮮な魚を使用した料理や旬の野菜や草花を使用した料理は絶品です。

大原千鶴の実家の家族構成も調査

大原千鶴の実家の家族構成も調査してみました。大原千鶴は2000年、35歳の時に結婚しました。夫は1歳年下の男性で、自営業を営んでいます。子供は3人いて、長男は平成12年生まれ、次男は平成13年生まれ、長女は平成17年生まれの二男一女です。

大原千鶴の家族については一般人なので、詳しい情報は公開されておりません。夫は1歳年下ということで、姉さん女房です。

実家が老舗旅館でお金持ち説の真相

大原千鶴の実家は老舗旅館でお金持ちという噂がありますが、本当にお金持ちなのでしょうか?大原千鶴の実家は確かに老舗の旅館ですが、金銭を稼ぐことよりも、美味しい料理を提供することにこだわりを持っている旅館です。

大原千鶴の実家の場所や評判について

大原千鶴の実家の場所や評判についてご紹介しましょう。大原千鶴の実家は「美山荘」という老舗の旅館です。美山荘の場所について詳しくご案内します。また、美山荘の世間での評判についても調査してみました。

実家の旅館「美山荘」の場所は?

大原千鶴の実家である旅館「美山荘」の場所はどこにあるのでしょうか?美山荘の場所について調査してみました。

旅館「美山荘」の場所は京都府京都市左京区

大原千鶴の実家である旅館「美山荘」の場所は、京都府京都市左京区です。京都の奥座敷で、花背の料理旅館として知られています。京都駅から車で1時間半以上もあり、バスは1日3便しかない辺境の地に位置しています。

旅館「美山荘」の住所も判明

旅館「美山荘」の住所もご紹介しましょう。美山荘の住所は「京都府京都市左京区花脊原地町375」です。JRでアクセスされる場合には京都駅で地下鉄に乗り換えて、北大路駅で下車します。京阪電車では、出町柳駅で下車しましょう。阪急電車では、烏丸駅で地下鉄に乗り換え、北大路駅で下車します。

各駅で下車した後は、京都バスの32系統「広河原行」に乗車し、「大悲山口」で下車しましょう。車でアクセスされた場合には駐車場があり、無料で利用することができます。

実家の旅館「美山荘」の世間での評判

大原千鶴の実家、美山荘は世間でどのような評判なのでしょうか?2018年にはミシュラン2つ星も獲得している美山荘の世間での評判について調査しました。

世間での評判①

美山荘の世間での評判をご紹介しましょう。美山荘は日本最高のおもてなしを提供してくれる旅館です。あらゆる季節や時季を制覇したくなる旅館で、地元の食材をたっぷりと使用した料理はどれも絶品です。

料理はもちろん、最高級のおもてなしを提供してくれます。清流の音を聞きながら静かな時間を過ごすことができます。朝食も塩気が効いたへしこやしろ菜の煮物も心からほっとする味わいです。

世間での評判②

窓際に堀りごたつ式の席があり、外の風景を眺めながらゆっくりと食事を楽しむことができました。大きな窓からは壮大な風景を見ることができて、水のせせらぎをBGMにゆっくりとした時間を過ごしました。

料理は自然そのものの素材が活かされていて、滋味に溢れています。山にある実や草花をうまく料理に取り入れていて、派手ではありませんが、心が洗われる料理です。女将さんは美人で、素晴らしい接客。素敵な空間で美味しい料理を堪能し、日本の美を感じることができました。

世間での評判③

美山荘は京都を代表する料理旅館で、京都市内からは遠い場所にあるので、都会の京都とは別世界の雰囲気。近隣の野で摘まれた草を料理する「摘草料理」を楽しむことができて、ここでしか味わうことができない四季の料理を堪能することができます。

摘草や山菜は山の過酷な環境で育っているので、強い個性があり、野菜とは違った味わいです。香りはもちろん、えぐみや渋みを料理として昇華させています。調味料は最低限しか用いられておらず、食材の個性が調味料となっています。

京都のアトリエ「遇酒旦呵呵」にも注目が

大原千鶴は京都の中京区にキッチンアトリエを所有しています。キッチンアトリエは「遇酒旦呵呵」という名前で、築30年の古い一軒家をリノベーションして作られました。大原千鶴は仕事場としてはもちろん、「遇酒旦呵呵」をおもてなしの場として利用しています。

「遇酒旦呵呵」は中国の漢詩の一節から取った名前で、「陽気に飲みましょう」という意味合いがあります。「遇酒旦呵呵」はNHKの番組にも登場しました。

アトリエ「遇酒旦呵呵」の場所はどこ?

大原千鶴のアトリエ、「遇酒旦呵呵」の場所はどこにあるのでしょうか?「遇酒旦呵呵」は京都の中京区にあり、京都御所の南に位置しています。特定の住所については分かっておりません。

アトリエ「遇酒旦呵呵」の評判も調査

キッチンアトリエ「遇酒旦呵呵」の評判について調査してみました。「遇酒旦呵呵」はまるでセットかと思わせるおしゃれな空間で、大原千鶴が出演しているテレビ番組にもよく登場しています。

2016年8月には家庭画報でも紹介されたり、NHK BSの「あてなよる」のロケ地としても使われていました。とても素敵なキッチンは料理好きな方には憧れの空間となっています。

大原千鶴の実家エピソード

大原千鶴の実家エピソードについてご紹介しましょう。大原千鶴の実家は京都の老舗旅館の美山荘です。実家でのエピソードや現在の旅館のご主人についてご案内します。

実家エピソード①おにぎり作りから開始

大原千鶴は幼い頃から料理を作ることが好きでした。旅館の従業員たちと大勢で食べる機会が多かったようです。はじめは簡単なおにぎりを作ることから料理をはじめました。

実家エピソード②小学4年生で20人にまかない

大原千鶴は小学4年生のときには、20人分のまかない料理を担当していました。旅館の従業員は舌が肥えているので、その従業員を満足させるまかないを作るというのは大変なことだったに違いありません。

大原千鶴は料理の評判が高い老舗旅館に生まれ、幼いころからまかないを作っていたのが、料理研究家としての基礎を作ったのでしょう。

実家の弟(中東久人)が旅館四代目に就任

現在、美山荘は実家の弟である中東久人が旅館四代目に就任しました。旬の野菜をはじめ、季節の美味しい食材を使用した料理を提供しています。

中東久人とは

中東久人は大原千鶴の弟で、1969年京都で生まれました。幼稚園の頃から既に料理を作っていたそうです。高校を卒業後、ブラッドフォード大学でホテル経営を学んでいました。その後、フランスに渡り、1年間、語学研修をしています。

パリ大学ホテル経営学科に入学しました。その後、三ツ星レストラン等で、ホール修業をしています。24歳で帰国してからは金沢の料亭で修業しました。26歳という若さで美山荘の4代目に就任しています。

中東久人は他界した父親の跡を継ぎ、美山荘の4代目に就任しました。イギリスやフランスの大学で学んだ経験が、美山荘の経営に活かされているようです。美山荘の主人として、知性も兼ね備えた中東久人はぴったりです。

大原千鶴が繰り広げる京都の魅力とは

大原千鶴が繰り広げる京都の魅力とはどのようなものなのでしょうか?京都を旅するときには、京都に暮らすように過ごす新しいたびスタイルが話題になっています。大原千鶴の実家である京都の生活や京都の暮らし体験についてご紹介しましょう。

大原千鶴の実家である京都の生活

大原千鶴の実家である京都の生活に触れるには、京町屋で暮らすように古都を旅するのがおすすめです。京都市内には「京の温所」が3棟オープンしています。こちらは、長年住居として利用されてきた個人宅で、一棟ごとに趣きが異なります。

伝統が守られながらリノベーションされていて、古い建具はそのまま残されています。茶室の趣きがそのまま残されていて、生活環境に沿うようにリノベーションされているので、とても快適と評判です。

京都の暮らしを感じることができる空間で、水回りは現在の暮らしに合うよう、快適に作られています。長年大切に使われてきたものはきちんと今も残されていて、どことなくほっとすることができる空間が広がります。

和室の天井や柱は昔のままで、雪見障子も懐かしい雰囲気。落ち着く空間で、温かい気持ちにさせてくれます。古い建具で読書やお茶をゆっくりと楽しまれてみてはいかがでしょうか?

1階にはカウンターキッチンと掘りごたつがあるダイニングがあり、和室には書籍が並んでいます。浴室からは坪庭を一望することができて、厳選したバスアイテムが揃っています。2階には寝室があります。キッチンには最新の設備やツールが揃っていて快適です。

数寄家造りの意匠が活かされ、昔ながらの暮らしのエッセンスが残されています。日本建築の美しさを感じることができますが、機能性やデザイン性もとりいれられていて、快適に過ごすことができます。床暖房もあり、冬は暖かく、夏は冷房もあるので快適。坪庭の風景を楽しみながらゆっくりと過ごしましょう。

大原千鶴の実家の京都の暮らし体験とは

「京の温所」を拠点にして街巡りをすると、京都の日常の暮らしを体験することができます。古くから様々なお店が集まっていて、生活をするのに便利なエリアで、散策するのも楽しみです。「京の温所」を拠点に街歩きを楽しみましょう!

大原千鶴の講座にも注目が

大原千鶴の講座にも注目が集まっています。大原千鶴は家庭画報で、WEB読者限定の特別講座を開催しました。和食の基本であるだしについてや、昆布やかつお節についてのレクチャーが好評でした。

料理の実演も行われ、大原千鶴の手際の良さや的確なアドバイスに会場は盛り上がりました。試食タイムの際には大原千鶴がテーブルを回り、1人1人と料理談義を楽しみます。講座を受講した方からは「わかりやすくて面白かった」と喜びのコメントが寄せられました。

大原千鶴の実家は京都市左京区の旅館「美山荘」

大原千鶴の実家についてご紹介しました。大原千鶴の実家は京都市左京区の旅館「美山荘」です。料理雑誌やテレビ番組で活躍している大原千鶴は子供の頃から実家でまかないを手伝っていたそうです。大原千鶴が料理研究家になったのは、実家が料理旅館だったことが影響しています。今後も大原千鶴の活躍に注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ