大原千鶴の弟は?関係性や仲を調査!経歴なども!

料理研究家として有名な大原千鶴の弟も凄い人だと話題になっています。大原千鶴の弟は中東久人という料理人で、大原千鶴の実家である美山荘という老舗旅館の4代目です。大原千鶴の弟との関係性や仲について調査しました。また、経歴などについてもご紹介しましょう。

大原千鶴の弟は?関係性や仲を調査!経歴なども!のイメージ

目次

  1. 1大原千鶴(料理研究家)のプロフィール
  2. 2大原千鶴の弟は中東久人
  3. 3大原千鶴の弟との関係性や仲について
  4. 4大原千鶴の弟の経歴
  5. 5大原千鶴の弟が語る料理との関係
  6. 6大原千鶴の弟は中東久人で旅館「美山荘」四代目

大原千鶴(料理研究家)のプロフィール

・愛称:大原さん・千鶴さん
・本名:大原千鶴(おおはら ちづる)旧姓は中東(なかひがし)
・生年月日:1965年1月23日
・年齢:55歳(2020年12月時点)
・出身地:京都府京都市左京区
・血液型:不明
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:料理研究家
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:夫・子供3人

大原千鶴の経歴

大原千鶴の経歴をご紹介しましょう。大原千鶴は京都府京都市左京区の出身です。京都の高級料理旅館「美山荘」の次女として生まれ、子供の頃からまかない料理を作るなど、料理の腕と感性を磨いてきました。

2000年に結婚し、家庭に入ります。義母の介護と子育てに専念していましたが、仕事をしたいという思いから、料理研究家になることを決心します。現在はNHK「きょうの料理」や「あてなよる」、「あさイチ」などに出演しています。

また、大原千鶴は雑誌などでも料理レシピを執筆しています。数多くの料理本を出版し、『忙しい人でもすぐ作れる』シリーズやお弁当ブームの火付け役となった『まいにちおべんとう』が大人気です。現在は10冊以上の書籍やレシピ本を出しています。

大原千鶴は料理教室なども開催していて、講演会などでも活躍しています。現在、日本を代表する料理研究家です。

Thumb大原千鶴の着物姿が良い!ブランドなども調査!世間の評判は?
美人料理研究家・大原千鶴の着物姿に多くの注目が集まっています。大原千鶴は常に着物を着用してお...

大原千鶴の弟は中東久人

大原千鶴には弟がいます。大原千鶴の弟は中東久人という料理人で、大原千鶴と同じく、料理の腕がいいと評判です。大原千鶴の弟、中東久人はいったいどのような人なのでしょうか?大原千鶴との仲や関係性など中東久人についてご紹介しましょう。

中東久人とは

中東久人は大原千鶴の弟で、1969年に京都で生まれました。中東久人は幼稚園の頃から料理を作っていたというので驚かれる方も多いでしょう。中東久人は高校を卒業後、イギリスのブラッドフォード大学でホテルの経営について学びました。

その後、フランスに渡り、1年間語学研修をした後、パリ大学ホテル経営学科に入学しました。三ツ星レストランで修業をした後、24歳の時に帰国しています。日本に帰国後は、金沢の料亭で修業しました。その後、26歳の若さで、「美山荘」四代目に就きました。

弟(中東久人)は旅館「美山荘」四代目料理人

大原千鶴の弟、中東久人は26歳という若さで、旅館「美山荘」の四代目料理人に就きました。父親が他界してしまい、父親の跡をついで四代目に就いたそうです。

旅館「美山荘」とは

中東久人が四代目を務める旅館「美山荘」はどのような旅館なのでしょうか?旅館「美山荘」は大原千鶴の実家であり、京都の奥座敷、花背の料理旅館として知られている有名な老舗旅館です。和食、懐石をメイントしている旅館で、旬の野菜を使用した季節の美味しい料理を堪能することができます。

旅館「美山荘」には古い歴史があり、1895年創業、明治中期に宿坊として始まりました。三代目である中東吉次が料理旅館の形に変え、「摘草料理」を考案しました。摘草料理は独自の料理であり、茶懐石の流れの中に、山の趣きと都の優雅さを感じることができます。摘んだ季節の草花や旬の野菜に肉や魚を取り入れています。

司馬遼太郎の随筆「街道をゆく」に旅館「美山荘」は登場しています。3年連続でミシュランガイド関西の二つ星も獲得している有名旅館です。旅館「美山荘」は辺境の地にあり、バスは1日に3便、車でアクセスされるなら、京都駅から1時間30分以上かかります。

方丈記の時代からずっと受け継がれてきた山里文化が現在まで残され、文人たちに愛されてきた土地で、中東久人は料理の腕を振るっています。旅館「美山荘」に宿泊すると、夕食と朝食がついて、お値段は2名で111780円からという高級旅館です。

弟(中東久人)の嫁は中東佐知子

大原千鶴の弟、中東久人の嫁は中東佐知子です。中東佐知子は石川県の一般家庭で生まれました。中東久人と1998年に結婚し、美山荘の若女将になりました。中東久人は金沢で修業をしていたので、中東佐知子とはその時に知り合ったのでしょう。

中東久人と中東佐知子は1998年に結婚し、結婚を機に美山荘の若女将になりました。大女将の中東和子のもとで、若女将として活躍しています。日々の暮らしの中でおもてなしを身に付け、控えめなふるまいが高い評価を受けています。中東佐知子の温かいおもてなしがとても心地よくて、リピーターも増えています。

弟(中東久人)に子供はいる?

中東久人には子供はいるのでしょうか?中東久人と妻の中東佐知子との間に子供がいるかどうかはわかりません。大原千鶴は1歳年下の男性と2000年に結婚し、3人の子供がいるそうです。

大原千鶴の長男は2000年5月26日生まれ、次男は2001年7月12日生まれ、長女は2005年4月30日生まれの3兄弟で、3人の子育てをしていることが分かりました。中東久人の子供の情報は不明です。

弟(中東久人)に対する世間の声

中東久人に対する世間の声をご紹介しましょう。ネット上を調べてみると「手がかかる料理で、ここでしか手に入らない素材を活かした珍しい料理だった」、「新鮮で香りを楽しむことができる生きた食材をいただくことができて感激した」などの声がありました。

また「ありふれた旅館の料理とは違い、京の奥座敷まで足を運んだ甲斐がある料理だった」、「静かで美しい名旅館」、「心地いい時間を過ごすことができて大満足」、「清らかな水で育った食材は美味しいことを知ることができた」などの声もあったようです。

他にも、「囲炉裏カウンター席は程よい距離感が絶妙で、囲炉裏ならではの居心地の良さを感じることができた」、「門を入ると四季折々の風景を楽しむことができて、自然の美しさを見ることができる」、「心地良い最高の時間を過ごすことができた」などの声もありました。

このように、旅館「美山荘」の世間での評判はとても良く、中東久人のお客様へのおもてなしのスタイルが話題になっています。中東久人の料理は官能的な美しさと、五感が震うような味わいが特徴的です。世間では「究極の日本料理」として高い評価を受けています。

大原千鶴の弟との関係性や仲について

大原千鶴と弟とはどのような関係性なのでしょうか?仲東久人は大原千鶴の弟で、旅館「美山荘」で育ちました。大原千鶴と弟とは仲が良いのか悪いのか、二人の関係性や仲について調査してみました。

大原千鶴と弟(中東久人)の関係性を調査

大原千鶴と弟の中東久人とはどのような関係性なのでしょうか?中東久人は1969年生まれで、大原千鶴は1965年生まれなので、4つ年が離れています。大原千鶴と中東久人は旅館「美山荘」で育ちました。

大原千鶴は母親が女将だったので、多忙だった母親を支えていたそうです。大原千鶴は小学校4年生の時に20人分のまかない料理を作っていました。料理の腕はこの時から鍛えられていたのでしょう。一方、中東久人は幼稚園の頃から料理を作っていたそうです。大原千鶴と中東久人とは小さい頃から一緒に料理を作ったりしていたのだと思われます。

弟(中東久人)との料理での共演は?

大原千鶴はメディアでも活躍しています。「きょうの料理」や「あさイチ」などのテレビ番組に出演し、注目を集めています。他にも料理本を出版していたり、講演会や料理教室を開催したりと幅広く活動中です。

大原千鶴と弟の中東久人とは料理で共演したりということはあるのでしょうか?二人の関係性からみても、料理で共演したりしてもおかしくないのですが、特に共演したということはないようです。

弟(中東久人)との仲にも注目が

大原千鶴と中東久人との仲にも注目が集まっています。大原千鶴と弟は仲がいいのでしょうか?大原千鶴と弟が仲がいいかどうかということは確認できませんでした。二人とも、料理が上手なので、子供の頃から仲良く育ってきたことでしょう。

弟は幼稚園の頃から料理をしてきたと語り、大原千鶴は小学生の頃にまかない料理を作っていたとそれぞれ語っています。2人とも、仲が良くて、一緒に料理を作っていたのでしょう。旅館のお手伝いをすることが遊びの一環だったようです。

大原千鶴の弟の経歴

大原千鶴の弟の経歴についてご紹介しましょう。大原千鶴の弟は素晴らしい経歴の持ち主です。中東久人にはどのような経歴があるのかを調査してみました。

弟(中東久人)の経歴:幼稚園児から料理を開始

大原千鶴の弟の経歴をご紹介しましょう。中東久人は幼稚園の頃から料理をはじめたそうです。大原千鶴は小学4年生の頃に20人分くらいのまかない料理を作っていたということなので、中東久人はそれよりもさらに早い幼稚園児から料理を作っていたという驚くべき経歴の持ち主です。

幼稚園の時に家に帰ってくると、川か山、調理場で遊んでいました。暗くなると外で遊べないので、調理場で何かすることがないか聞いて、芋の型を抜いたり、つくしのはかまを取ったりとお手伝いをしていたそうです。

遊びの一環として料理をはじめ、つくしがいつ採れるということや、鮎のつり方など、子供レベルで学ぶことができました。食材に日常的に触れていて、遊びとして料理ができたことが現在の料理人としての仕事につながっています。

弟(中東久人)の経歴:高校卒業後には海外へ

中東久人は高校卒業後にヨーロッパに渡りました。イギリスにあるブラッドフォード大学でホテル経営について学びました。その後、フランスに渡って、1年間、語学研修しました。語学研修後にはパリ大学ホテル経営学科に入学します。

三ツ星レストランなどでホールの修行もしました。フランスでサービスの仕事から始めた理由は、レストランでの楽しみ方を見たかったからでした。当時のフランスでは今ほどコースの種類がありませんでした。アミューズ、アントレ、メインなどを4時間くらいかけて食事をします。

スタッフとお客様との距離が近いフランスのレストランは帰国後に参考になりました。日本の高級店のようなやり方よりも、お客様とスタッフとの距離が近い方が良いおもてなしが出来ます。中東久人は海外の方と積極的に交流しています。

日本料理の中でフランス料理で使われている技術力や機械、器具などをどう使用するか考えて活用しているそうです。海外での経験によって、中東久人は日本料理をブラッシュアップするためのヒントをたくさん学ぶことができました。

弟(中東久人)の経歴:金沢にある料亭にて修業

中東久人は24歳で帰国します。帰国後は金沢にある料亭「つる幸」で修業しました。中東久人の奥様は石川県の方なので、この修業中に知り合ったのではないかと言われています。

弟(中東久人)の経歴:父親他界で四代目に就任

中東久人が26歳のときに、父親が他界し、旅館「美山荘」の四代目に就任しました。父親は三代目の中東吉次で、天才料理人として知られています。1993年12月に他界し、その後、中東久人が後を継ぎました。26歳という若さで、旅館「美山荘」を立派に受け継がれています。

大原千鶴の弟が語る料理との関係

大原千鶴の弟が語る料理との関係についてご紹介しましょう。大原千鶴の弟と料理にはどのような関係があるのでしょうか?中東久人と料理との関係について調査してみました。

弟(中東久人)の幼少期が今の姿に

中東久人の幼少期が現在の姿になっています。中東久人は子供の頃から豊かな食材と自然と触れ合っていました。そのことが料理人として幸福なことで、今の姿につながっています。

ゲームセンターのような遊ぶところがないところで育ったので、幼稚園から家に帰ってくると、山や川で遊びました。暗くなると調理場で遊び、お手伝いをしていたそうです。遊びながら食材に触れることができて、義務の仕事ではなく、遊び感覚でできたのは今の姿に役立っています。

食事の「事」への思いとは

中東久人は食事の「事」の部分を意識しています。日本ではまだまだフランスほど食事を楽しんでおりません。フランスでは長い時間をかけて食事を楽しんでいます。

スタッフとお客様との距離が近く、どんな人が料理をしていて、どんな人が草花を山に摘みに行っているのか、顔を見ながら食事を楽しめるのが理想です。

料理の腕前の見せ所は鮎寿司?

中東久人は夏の鮎の時期になると、できるだけ料理を鮎尽くしにしたいそうです。美山荘がある花背は鯖街道のルート上にあります。鯖の巻寿司をお凌ぎにするのが地域の文化を活かした方法なのですが、中東久人はあえて鮎を選びました。

中東久人の鮎を使用した寿司は一般的な鮎の姿寿司とは異なります。コースの中に一般的な鮎の姿寿司を入れると見た目が単調なことから鮎を贅沢に2尾使用しています。これを巻寿司として提供し、注目されました。中東久人の野趣へのこだわりが分かります。

大原千鶴の弟は中東久人で旅館「美山荘」四代目

大原千鶴の弟、中東久人の大原千鶴との関係性や仲の良さなどをご紹介しました。中東久人は大原千鶴の実家である旅館「美山荘」の四代目です。こだわりの摘草料理を提供してくれる中東久人の料理は世間でも高い評価を受けています。旅館「美山荘」に足を運んでみて、中東久人の料理を堪能してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ