大原優乃は元Dream5!卒業?理由は?当時の経歴やエピソードなどまとめ

「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ「ようかい体操第一」で一躍有名になったDream5ですが、そのダンスメンバーである大原優乃さんに注目が集まっています。現在は女優やグラビアで活躍されている大原優乃さんのDream5時代の経歴や卒業理由などを調べてみました。

大原優乃は元Dream5!卒業?理由は?当時の経歴やエピソードなどまとめのイメージ

目次

  1. 1大原優乃のプロフィール
  2. 2大原優乃は元Dream5!
  3. 3大原優乃がDream5卒業?理由は?
  4. 4大原優乃のDream5時代の経歴やエピソード!
  5. 5大原優乃以外の元Dream5メンバーの今
  6. 6大原優乃は元Dream5ダンサーで当時の人気も話題!

大原優乃のプロフィール

・愛称:ゆうの、ゆーの
・本名:大原 優乃(おおはら ゆうの)
・生年月日:1999年10月8日
・年齢:21歳(2021年7月現在)
・出身地:鹿児島県
・血液型:A型
・身長:154cm
・体重:???
・活動内容:グラビアアイドル、女優、ファッションモデル、ダンサー
・所属グループ:元Dream5
・事務所:エイベックス・マネジメント
・家族構成:父親(大原禎久)、母親、弟(大原明人)

大原優乃の経歴

2009年にNHK教育で「天才てれびくんMAX」で募集されていたダンス&ボーカルユニットに、当時はまだ小学校4年生だった大原優乃さんが応募、見事に勝ち抜いてユニット「Dream5」のダンサーに選ばれます。Dream5は11月4日にCDデビューしますが、この時の大原優乃さんは10歳1か月でした。

2014年にDream5はテレビアニメ「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ第1弾である「ようかい体操第一」を担当します。「妖怪ウォッチ」は大ヒットし、同時に「ようかい体操第一」を歌っていたDream5にも注目が集まりました。

更にエンディングテーマ第2弾「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」もDream5は担当、オリコンチャート週間シングルランキング第1位に選ばれています。「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」の大ヒットでDream5は「第56回日本レコード大賞」で話題賞、「第65回NHK紅白歌合戦」にも出演を果たしました。

その傍らで大原優乃さんは2013年6月号から2015年12月号までローティーン向けファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデル、2016年8月号から2017年12月号の休刊までティーン雑誌の「ラブベリー」の専属モデルを担当しています。

ラブベリーでモデルとしていた時に、大原優乃さんが所属していたDream5は解散してしまいます。そこで専属モデルをしながらタレント活動も始め、更に他の雑誌でもモデルとして仕事をしますが、そのラブベリーも休刊したため、この時点で一時期全ての仕事が大原優乃さんから無くなってしまいました。

童顔で豊満なスタイルを生かし、2018年3月に大原優乃さんのファースト写真集「ゆうのだけ」を発売、Amazonの写真集ランキング1位を獲得します。大原優乃さんはグラビアアイドルとして活躍しながら、現在は女優としても活躍の幅を広げています。

Thumb大原優乃の歴代熱愛彼氏を調査!恋愛関連エピソードも
グラビアモデルや女優として活躍中の大原優乃さんは、可愛いルックスと抜群のスタイルで人気が急上...

大原優乃は元Dream5!

大原優乃さんは元Dream5のメンバーでした。Dream5とはどのようなグループなのでしょうか?Dream5時代に大原優乃さんはどのような活動をしていたのかなどを改めて詳しく調べてみました。

Dream5とは

2009年にNHK教育の子供向け教育番組「天才てれびくんMAX」でレギュラー出演していた重本ことりさんを中心としてダンス&ボーカルユニットを作ろうという企画が持ち上がり一般公募されました。

全国の小学4年生から中学2年生のダンスや歌が得意な子供たちが応募、厳正な審査の結果「日比美思さん」「玉川桃奈さん」「大原優乃さん」「高野洸さん」の4人が選ばれ重本ことりさんと一緒に「Dream5」として活動を始めます。

2009年11月4日に「I don't obey〜僕らのプライド〜」でCDデビューをしたDream5ですが、中心となっていた重本ことりさんが2010年3月に天才てれびくんMAXを卒業しました。しかしその後もDream5は活動を続け、番組にも2011年3月までは準レギュラーという立ち位置で出演しています。

天才てれびくんMAXへの出演が無くなってからもDream5は独自で活動を続けており、CDの発売やライブなど精力的に活動していました。そんなDream5に転機が訪れたのは2014年には社会現象となったアニメ「妖怪ウォッチ」楽曲を担当したことでした。

アニメの人気と共にDream5も注目をされ人気者となっていき、その年の年末には第65回NHK紅白歌合戦にも出演しています。「妖怪ウォッチ」の人気から数々のテレビ番組やライブ活動などを続けていたDream5でしたが、メンバーの玉川桃奈さんが2016年4月30日をもってDream5を卒業、同時に芸能界からの引退を発表します。

Dream5はその後4人で活動を続けますが、基本的には個人での活動が中心となりました。その年の12月31日をもって、中心メンバーである重本ことりさんがDream5を卒業することを発表、それを受けてグループとしての活動を終了することを決めました。

大原優乃は元Dream5メンバー

大原優乃さんは元Dream5のメンバーですが、そのDream5ではどのように活動していた経歴があるのでしょうか?5人の中での大原優乃さんのポジションなどを調べてみました。

Dream5でのポジションはダンサー?

Dream5は男女5人のグループですが、ボーカル2人とダンサー3人で構成されています。大原優乃さんはダンサーというポジションでしたが、年齢的には最年少で活躍していました。

大原優乃が元Dream5と知るファンは多い?

「妖怪ウォッチ」が大ヒットしてDream5は当時は様々な番組に引っ張りだことなっていました。その為、Dream5のメンバーは個々でも有名になっており、そんな理由から大原優乃さんも元Dream5のメンバーだということは世間に広く知れ渡っています。

大原優乃がDream5卒業?理由は?

大原優乃さんがDream5を辞めることとなった理由は何だったのでしょうか?Dream5のその後についても詳しく調べてみました。

Dream5との別れは卒業?

大原優乃さんがDream5を卒業した理由について詳しく調べてみました。するとDream5を大原優乃さんが卒業することになった様々な理由が浮かび上がってきました。

大原優乃卒業ではなくDream5が活動終了

大原優乃さんはDream5を卒業した理由ですが、Dream5が活動自体を終了していたことが分かりました。そんな理由から当時のDream5のメンバーは、個々それぞれでソロ活動をすることを余儀なくされています。

活動終了前には玉川桃奈が卒業していた

Dream5が活動を終了することになったきっかけとなった理由として、活動を終了する前の4月にメンバーの玉川桃奈さんがDream5を卒業していたことが可能性として挙げられます。玉川桃奈さんが卒業して以降、4人となったDream5は活動が減少して行ったと言います。

玉川桃奈とは

玉川桃奈さんは1997年3月24日生まれで、宮城県出身の24歳(2021年7月現在)です。玉川桃奈さんはオーディションで選ばれたメンバーですが、Dream5のダンスリーダーでもあり楽曲の振り付けも担当していました。

玉川桃奈の卒業理由は?

玉川桃奈さんがDream5を卒業した理由は、将来は美容師として働くことを希望したからのようです。卒業時の玉川桃奈さんはコメントで「夢を追いたい」と語っています。

ちょうど高校を卒業する年齢だった玉川桃奈さんは美容学校に行くためにDream5も卒業したのかもしれません。現在の玉川桃奈さんは地元の仙台で美容師のアシスタントをされているそうです。

Dream5活動終了とSMAP解散の関係

Dream5の活動終了を調べていると「SMAP解散」というワードが出てくることがあります。その理由はDream5の活動終了日とSMAPが解散した日が同じ「2016年12月31日」だったためです。「SMAP解散」という話題が大きすぎたため、同じ日に活動終了したDream5の件については知らなかった人も多かったようです。

大原優乃のDream5時代の経歴やエピソード!

改めて大原優乃さんのDream5時代の経歴について調べてみましょう。Dream5の活動経歴を調べてみると、大原優乃さんの経歴についても分かってきます。

大原優乃のDream5時代の経歴

大原優乃さんのDream5時代の経歴について順を追ってご紹介していきましょう。Dream5時代の大原優乃さんはどのような活動をされていたのでしょうか?

Dream5時代の経歴:2009年にCDデビュー

2009年2月にNHK教育の「天才てれびくんMAX」に出演していた重本ことりさんが中心メンバーとなるユニットを作ろうとオーディションを開催、全国から1500件もの応募があり厳正な審査が行われました。

そのオーディションを勝ち抜いた玉川桃奈さん、日比美思さん、高野洸さんと一緒に選ばれた大原優乃さんを含めた5人でDream5が結成されています。2009年11月4日には「I don't obey〜僕らのプライド〜」がリリースされ、Dream5はメジャーデビューを果たしました。

Dream5時代の経歴:アニメ『妖怪ウォッチ』主題歌担当

Dream5は元々は「天才てれびくんMAX」の企画で活動を始めますが、番組を卒業した後もメンバーは解散せずに活動を続けていきます。数々のCDを発売ライブ活動も行う中で、Dream5にアニメの主題歌の話が舞い込みました。それが後に大ヒットした「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ「ようかい体操第一」を担当することです。

妖怪ウォッチの大ヒットと共に注目を浴びるようになったDream5は、更に「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」、2015年には「ようかい体操第二」と担当しました。

Dream5時代の経歴:紅白出場

社会的ブームを巻き起こした「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマを担当したDream5はテレビ番組などに引っ張りだことなりましたが、その年の年末の「第65回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たしています。

大原優乃のDream5時代の人気ぶりも調査

Dream5のメンバーの中では最年少だった大原優乃さんの人気ぶりも調査してみました。大原優乃さんはDream5時代はどのような女の子だったのでしょうか?

大原優乃のDream5時代のエピソード!

Dream5時代は優等生キャラとも言われていた大原優乃さんの、様々なエピソードをご紹介していきましょう。

エピソード【晒を巻いていた】

大原優乃さんはDream5には最年少として参加しているので世間では幼い印象が強かったようです。しかし成長するにつれて大原優乃さんはメリハリのあるボディーに成長、特にバストが大きくなりました。グループ全体が未成年ということでピュアなイメージを持たれていたため、大原優乃さんはその豊満な胸を隠すようになったのだと言います。

人前に出るときは胸に「晒(さらし)」を巻き目立たないようにしていました。しかしDream5が活動終了後にグラビアに登場するようになった大原優乃さんは、逆にその童顔とFカップの胸のギャップを強調するようになります。そのギャップh世間で話題を呼び、大原優乃さんはたちまちグラピアアイドルとして人気を得るようになりました。

エピソード【敢えて低音ボイスにしていた】

大原優乃さんは元々は声が高いそうです。しかしDream5時代には他のメンバーとのバランスを考えて敢えて低めの声で話をしていたと言います。大原優乃さんはダンサーなので歌で声を披露することがあまりないので、インタビューやトークの時に意識して低く話していた様子です。

番外編エピソード【日比美思との共演】

Dream5が活動を終了してから、メンバーはバラバラに芸能活動を続けています。そんな中、大原優乃さんは元メンバーの日比美思さんとドラマで久しぶりに共演しました。それは「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で、番組の公式Twitterにはお2人が久しぶりに踊っているシーンが公開されています。

大原優乃以外の元Dream5メンバーの今

大原優乃さんの現在はグラビアアイドルや女優としての活動を中心として仕事をしていますが、他のDream5のメンバーは現在どのような活動をしているのでしょうか?その後のDream5の他のメンバーの経歴などを調べてみました。

元Dream5メンバーの今【重本ことり】

重本ことりさんは1996年10月5日生まれで、徳島県小松島市出身の24歳(2021年7月現在)です。Dream5が結成された際に、元々「天才てれびくんMAX」に出演していた重本ことりさんを中心として活動するためにユニットが結成されています。

そのDream5が活動終了した後の重本ことりさんはソロで楽曲を発表したり、時々グラビアに出演したりしていました。しかし2019年3月に重本ことりさんは芸能界を引退しています。

​しばらく動向が分からなかった重本ことりさんでしたが、2020年7月に新規でTwitterアカウントを取得、8月にはYouTubeチャンネルとインスタグラムを開設しています。

元Dream5メンバーの今【日比美思】

日比美思(ひびみこと)さんは1998年9月20日生まれで、神奈川県出身の22歳(2021年7月現在)です。Dream5では重本ことりさんと一緒にボーカルを務めていた日比美思さんは、現在は女優をメインとして映画やドラマに舞台と活動の幅を広げています。

元Dream5メンバーの今【高野洸】

高野洸(たかのあきら)さんは1997年7月22日生まれで、福岡県久留米市出身の23歳(2021年7月現在)です。Dream5時代は唯一の男性メンバーとしてダンサーとして活躍していました。

Dream5時代から舞台「フライングパイレーツ〜ネバーランド漂流記〜featuring GUY'S」で主演を務めるなど、俳優として高野洸さんは活動の幅を広げています。高野洸さんが再度有名になったのはミュージカル「刀剣乱舞」に出演したことでしょう。高野洸さんは「膝丸」役を務め、2018年の「第69回NHK紅白歌合戦」にも「刀剣乱舞」で出演しました。

この刀剣乱舞に出演以降、高野洸さんは「2.5次元俳優」と呼ばれ、その容姿の格好良さからDream5時代とは違う人気を集めています。更に2019年1月にはソロシングル「LOVE STORY」を発売、歌手としても活動しています。

大原優乃は元Dream5ダンサーで当時の人気も話題!

Dream5時代の大原優乃さんはメンバー最年少であったこともあり可愛い印象が強い女の子でしたが、グラビアアイドルとして活動するようになってから、その豊満なFカップの胸と童顔のギャップに世の男性は騒然となりました。現在はダンサーとしての活動は減っていますが、女優として活躍の場を広げている大原優乃さんに注目していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
望花
趣味は京都の面白くてマイナーな神社仏閣や観光地巡り、特技はアクセサリー作りとタロット占い、最近はビジュアル系にハマ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ