大坂なおみの日本語スピーチやインタビューまとめ!日本語回答を要求される理由も

女子プロテニス選手として有名な大坂なおみさんは、日本語が苦手でありながら最近では英語と日本語が混ざったインタビューの回答をされて話題となっています。そこで今回は大坂なおみさんのプロフィールや経歴とともに、日本語スピーチやインタビューについて紹介します。

大坂なおみの日本語スピーチやインタビューまとめ!日本語回答を要求される理由ものイメージ

目次

  1. 1大坂なおみのプロフィール
  2. 2大坂なおみの日本語スピーチについて
  3. 3大坂なおみの日本語インタビューも話題!
  4. 4大坂なおみに日本語回答を要求される理由
  5. 5大坂なおみに日本語スピーチやインタビューは可愛い

大坂なおみのプロフィール

愛称:なおみちゃん・新幹線
本名:大坂なおみ(おおさかなおみ)
生年月日:1997年10月16日
年齢:22歳(2020年5月現在)
出身地:大阪府大阪市中央区
血液型:不明
身長:180㎝
体重:69kg
活動内容:女子プロテニス選手
所属グループ:なし
事務所:日清食品ホールディングス所属
家族構成:両親・姉

大坂なおみの経歴

大坂なおみさんは3歳でテニスを始め、その後アメリカに移住しました。2013年には本格的にプロへ転向し、数々の大会で活躍します。そして2016年にはWTAプレミア大会である東レパン・パシフィック・オープンで準優勝を果たし、WTA最優秀新人賞を受賞しました。

その後は日清食品ホールディングスと所属契約を結び、2017年から日本代表として数々の大会に出場しています。また2019年には全豪オープンで優勝し、世界ランキング1位にも輝き注目を集めました。

大坂なおみの日本語スピーチについて

大坂なおみさんは日本を代表する女子プロテニス選手でありますが、その見た目は色黒で日本人には見えません。またインタビューの回答も日本語ではなく英語で話していたことも印象的でした。ではなぜ大坂なおみさんは日本語ではなく英語を話すのか、また日本語スピーチの疑問の声などを紹介しましょう。

大坂なおみの日本語スピーチに疑問の声

以前は英語でインダビューに答えていた大坂なおみさんですが、最近では英語と日本語を交えた回答をされています。大坂なおみさんは日本国籍であるにも関わらず、カタコトの日本語スピーチをされることに疑問の声が多くあがっているようです。

日本国籍だが日本語は苦手?

大坂なおみさんは日本人として女子プロテニスの大会に出場され、数々の大会で優勝を獲得する実力ある選手です。見た目は外国人であっても日本国籍を持つ大坂なおみさんは、インタビューでは日本語ではなく英語で回答されます。

大坂なおみさんは日本語が苦手であり、自分の感情などを言葉で表現するには日本語よりも英語の方が得意なため、インタビューでは英語での回答が多くなるそうです。

日本語スピーチが苦手の理由は家族?

では日本人である大坂なおみさんは、なぜ日本語が苦手なのでしょうか?それは家族が関係していると言われています。大坂なおみさんは父親がハイチ系アメリカ人であり、母親が日本人であるハーフです。生まれは大阪府ですが、幼少期に家族とともにアメリカへ移住しています。

そして大坂なおみさんは長い間アメリカで暮らしており、家族での会話も日本語ではなく英語だったそうです。そのため大坂なおみさんは日本語スピーチが苦手のようです。

二重国籍から日本国籍に変更

日本で生まれ、その後アメリカに移住していた大坂なおみさんは、これまではアメリカと日本の二重国籍でした。大坂なおみさんの場合の二重国籍は、日本の法律では22歳になるまでにどちらかの国籍に決めないといけません。

大坂なおみさんがアメリカと日本どちらの国籍を取得するのか注目されていましたが、大坂なおみさんは二重国籍から日本国籍へと変更されたそうです。今後の大会出場も日本人代表として活躍してくれることでしょう。

日本語スピーチは苦手だがヒアリングはOKとの噂

日本語スピーチが苦手と言われている大坂なおみさんは、以前アメリカのメディアのインタビューでは「日本語はある程度聞き取りはできるけど、話すことは苦手です」と語っていたことがあります。

また「日本に行くと、私の名前からはこうした黒人の女の子が現れると思っていないから、みんな戸惑うみたいです」とも明かしていました。確かに「大坂なおみ」という名前と黒人系の顔にはギャップがあります。

大坂なおみの日本語インタビューも話題!

続いては大坂なおみさんの日本語インタビューについて見てみましょう。以前は日本のインタビューの回答は日本語ではなく英語で答えていた大坂なおみさんですが、現在では日本語でインタビューに受け答えする姿が話題になっているようです。

では大坂なおみさんの日本語インタビューについて、昔と現在の日本語上達の変化や、男子プロテニス選手・錦織圭さんに対する日本語の受け答えなどを紹介しましょう。

日本語インタビューの変化にも注目が

日本で名が知れ渡った頃の大坂なおみさんは、インタビューの回答を日本語ではなく英語でされていました。しかしその後は日本語を勉強しているようで、最近のインタビューでは日本語で頑張って回答している様子が注目されています。

大坂なおみさんは以前から「日本語は苦手だけど聞き取りはわかる」と語っていましたが、最近の大坂なおみさんは日本語で回答するようになったことで、その変化にも注目を集めています。

日本語インタビューが昔と比較して上手い?

大坂なおみさんの日本語インタビューについて、ネット上では「昔と比較して日本語が上手くなった!」との声が多くあがっているそうです。大坂なおみさんは日本語インタビューでは基本は頑張って日本語で話し、わからない表現や難しい表現の場合はその部分だけ英語で回答しています。

日本語と英語が入り混じっている大坂なおみさんのインタビュー姿に「英語と日本語がごちゃ混ぜになる所が可愛い」「大坂なおみ選手のインタビューは毎回楽しみ!」などと評判になっているようです。

インタビューでの錦織圭に対する日本語受け答えも

大坂なおみさんのインタビューで話す日本語はまだまだカタコトであるのですが、その日本語から繰り出される言葉のチョイスが「可愛い」と言われています。また大坂なおみさんのインタビューで、日本語が上達している姿を見ると勇気を貰えるファンもいるそうです。

大坂なおみさんが以前インタビューで、錦織圭選手のことを「He is like マイ パイセン」と答えており、「先輩を『マイ パイセン』と言う姿がかなり面白かった」と話題になっていました。

大坂なおみに日本語回答を要求される理由

最後は、大坂なおみさんがインタビューで日本語回答を要求される理由を見てみましょう。最近では大坂なおみさんのインタビューで「日本語で回答お願いします」というマスコミからの要求が増えているようです。マスコミはなぜそのような要求をするのでしょうか?

また大坂なおみさんはマスコミからのその要求に関して、出来る限りは日本語で回答されています。しかし日本語での回答を拒否したこともあり、その拒否についてネットではかなり話題となっていました。

インタビューでの日本語回答の要求を拒否で話題に

2019年1月に行われた全豪オープン・女子シングルス決勝では、大坂なおみさんが見事優勝をつかみました。その翌日に日本のマスコミに対するインタビューが行われ、マスコミの1人が大坂なおみさんに質問をした際に、日本語での回答を要求しました。

そのマスコミは「グビトバ選手との試合についての感想を日本語でお願いします」との質問をしましたが、これに対し大坂なおみさんは「I'm gonna say it in English」と日本語での回答を拒否しました。

大坂なおみさんからしたら、日本語は勉強中で昔より上達していてもやはり英語の方が得意です。また試合の感想など自分の言葉を正確に表現するには、英語での回答の方がいいと思ったのでしょう。大坂なおみさんが日本語回答を拒否したことは、ネット上でも話題となりました。

日本語での回答拒否に対するネット上の反応

大坂なおみさんの日本語での回答拒否に対して、ネット上では「かっこいい」「当たり前の対応」「マスコミが要求するのではなく、大坂なおみ選手の好きなように喋ってほしい」などの声があがりました。

日本語回答を要求される理由はハラスメント?

マスコミが大坂なおみさんに日本語での回答を要求することに対して、「これはマスコミによるハラスメント」「大坂なおみを苦しませるな」など、メディアでの大坂なおみさん対する扱いへの批判の声が殺到しているようです。

マスコミからの日本語要求の理由はナオミ節狙い

ではなぜマスコミは大坂なおみさんに対して日本語での回答を要求するのでしょうか?その理由としては、大坂なおみさんのカタコトな可愛らしい日本語の評判が良いため、「テレビ映えするたどたどしいナオミ節を撮りたい」という魂胆だと言われています。

大坂なおみに日本語スピーチやインタビューは可愛い

以上、大坂なおみさんのプロフィールや経歴とともに、話題となっている日本語スピーチやインタビュー、そして日本語回答を拒否した話題などを紹介しました。大坂なおみさんは、昔と比べて日本語が上達しており、最近の英語と日本語が混ざったインタビューが可愛いと話題になっていることがわかりました。

大坂なおみさんは現在も現役で活躍されている女子プロテニス選手です。今や錦織圭選手と並んで日本を代表する活躍を見せている大坂なおみさん。今後の活躍も多いに期待していましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
松本友奈

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ