大坂俊介の現在!ジャニーズ引退理由はフライデー?真相や経歴も

かつてジャニーズ事務所に所属していた大坂俊介さん。そんな大坂俊介さんが芸能界を引退した理由や現在の仕事についてご紹介します。また、事務所を退所する理由となったフライデーの記事についてもチェック。新大久保で働いているという噂についても迫っていきましょう。

大坂俊介の現在!ジャニーズ引退理由はフライデー?真相や経歴ものイメージ

目次

  1. 1大坂俊介のプロフィール
  2. 2大坂俊介の現在
  3. 3大坂俊介のジャニーズ引退理由はフライデー?
  4. 4大坂俊介のジャニーズ引退後の活動
  5. 5大坂俊介のジャニーズ引退後の出演作品
  6. 6大坂俊介の現在は芸能界を引退し仕事内容は不明

大坂俊介のプロフィール

愛称:不明
本名:大坂 俊介(おおさか しゅんすけ)
生年月日:1982年6月6日
年齢:37歳(2019年6月現在)
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:178cm
体重:62kg
活動内容:元歌手、俳優
所属グループ:元ジャニーズJr.
事務所:なし
家族:非公開

大坂俊介の経歴

神奈川県出身の大坂俊介さんは、1994年10月16日にジャニーズ事務所に入所しています。同期には嵐の大野智さん等がおり、ジャニーズJr.の中心メンバーとして活躍しました。

しかし、1999年に週刊誌『フライデー』で未成年での飲酒や喫煙を報じられ、ジャニーズ事務所を解雇されています。ジャニーズ事務所解雇後しばらくはソロ活動を行い、2003年からダンスユニット『DIAMOND☆DOGS』のメンバーとして活動しました。

2006年に『DIAMOND☆DOGS』を脱退し、その後は俳優として活動。ドラマ『私の頭の中の消しゴム』や映画『新宿ミッドナイトベイビー』などの作品に出演しました。

その後も映画や舞台を中心に活動していましたが、舞台版『新宿ミッドナイトベイビー2010』を体調不良で降板すると、その後芸能活動は行わず、そのまま芸能界を引退しています。なお、大坂俊介さんの現在の活動や仕事については不明な点が多いようです。

大坂俊介の現在

ジャニーズJr.として高い人気を誇っていた大坂俊介さん。ジャニーズJr.時代には、『少年新撰組』や『TOKYO』などのグループに所属し、多くのファンを魅了していました。

そんな大坂俊介さんがジャニーズ事務所や芸能界を引退した理由と現在の仕事についてご紹介していきます。また、ジャニーズ事務所を退所する理由となったフライデーの記事についてもチェック。新大久保で働いているという噂についても迫っていきましょう。

現在の芸能界引退で仕事は会社員?

ジャニーズJr.の中心メンバーとして様々なグループで活躍していた大坂俊介さんですが、1999年に週刊誌『フライデー』に未成年での飲酒や喫煙を報じられ、事務所を退所。

その後、俳優などで芸能活動を行っていたものの、体調不良で舞台を降板し、そのまま芸能界を引退しています。芸能界引退後は、新大久保にある韓国料理店で働いていたこともあるようですが、現在は新大久保のお店を辞めて、一般の会社に勤める会社員のようです。

派遣型リフレ関係の仕事との噂浮上

大坂俊介さんの現在の仕事については、これまでに様々な噂が出回っています。特に大きく報じられたのは、派遣型リフレ関係の仕事です。あまり聞き馴染みのない仕事ですよね。

派遣型リフレとは、基本的に店舗を構えることなく電話やメール等で女の子を派遣するサービスのことです。大坂俊介さんが、なぜこうした怪しい仕事に就いていると噂されていたのかは不明ですが、これはあくまで噂であり、こうした仕事には無関係でした。

新大久保の韓国料理店にて仕事との噂

続いて噂されている大坂俊介さんの仕事は、新大久保にある韓国料理店です。実は、大坂俊介さんがこの店で働いていたことは事実で、2012年頃まで店員として働いていました。

大坂俊介さんがいつ頃から新大久保の韓国料理店で働いていたのかは不明ですが、俳優として活動していた時期も、もしかすると新大久保で働いていたのかもしれません。ちなみに、現在は一般の会社に勤務しているようなので、新大久保で会える可能性は低いでしょう。

新大久保の韓国料理店の名前は「いりおのら」

大坂俊介さんが働いていた新大久保の韓国料理店の名前は、『いりおのら』です。このお店は新大久保駅から100m程の場所で、本格的な韓国料理が楽しめるお店となっています。

店内の写真を見てみると、やや薄暗くライトアップされた店内がお洒落な雰囲気です。食べログなどでも評価を得ていたお店のようですが、どうやら現在は閉店している様子。入れ替わりの早い東京で飲食店が長期間生き残るのは、とても大変なことなのでしょう。

新大久保の仕事を辞めボランティア活動?

2010年頃に体調不良で舞台を降板し、そのまま芸能界を引退した大坂俊介さん。その後、新大久保の韓国料理店などで仕事をしていると噂されていたものの、詳細は不明でした。

しかし、2011年に起こった東日本大震災のボランティアの方々の中に、大坂俊介さんの姿があったと噂されています。大坂俊介さんは物資などを運ぶトラックの運転手をしていたという情報もあり、精力的に活動を行っていたようです。とても素敵な活動ですよね。

東北地震やセブ島でのボランティア活動説の真相

東日本大震災の被災地でのボランティア活動が目撃されている大坂俊介さんですが、東日本大震災の被災地以外にセブ島でもボランティア活動を行っていたという噂があるようです。

しかし、セブ島でのボランティア活動はあくまで噂話であり、事実ではない可能性が高いといわれています。セブ島でのボランティアは違ったようですが、被災地に赴いて精力的にボランティア活動を行っていたというのは、とても素晴らしいことではないでしょうか?

現在も結婚しておらず独身の可能性が高い

クールで整った容姿を活かし、ジャニーズJr.として大活躍していた大坂俊介さん。結婚しているのか気になりますよね。現在のところ、結婚したという情報はありません。しかし、イケメンな大坂俊介さんですから、彼女がいる可能性は非常に高いのではないでしょうか?

一時期、タレントの森山花奈さんとの結婚が噂されていましたが、これはエイプリルフールのネタであり、事実ではありませんでした。そろそろ結婚を考える年齢かもしれませんね。

大坂俊介のジャニーズ引退理由はフライデー?

大坂俊介さんの現在の仕事やボランティア活動等の噂についてチェックしてきましたが、ここからは、大坂俊介さんがジャニーズ事務所を退所した理由についてご紹介していきます。

1994年10月16日にジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.の中心メンバーとして人気を集めていた大坂俊介さん。しかし、1999年の週刊誌『フライデー』の記事が理由でジャニーズ事務所を退所しています。そこで今回は、事務所退所の理由に迫っていきましょう。

1999年にジャニーズ引退

先程もご紹介した通り、大坂俊介さんは1994年10月16日にジャニーズ事務所に入所し、その5年後に退所しました。大坂俊介さんのスクープが出る約1年前の1998年頃は、ジャニーズJr.の人気が高まっていた時期で、その多くが現在もジャニーズを引っ張っています。

当時、大坂俊介さんもジャニーズJr.の中心メンバーとして活躍していただけに、『フライデー』の記事はファンにとってとても衝撃的でした。一体、何があったのでしょうか?

引退理由は未成年飲酒・喫煙のフライデー報道

大坂俊介さんがジャニーズ事務所を退所した理由は、未成年での飲酒や喫煙を週刊誌『フライデー』に報じられたことです。このことがきっかけで、事務所を解雇されています。

『フライデー』の記事によると、大坂俊介さんを含むジャニーズ事務所のタレント複数人が、未成年にも関わらず飲酒や喫煙をしたようです。この報道が出た当時、大坂俊介さんは16歳前後。これを重く受け止めた事務所は、大坂俊介さんら関係者を全員解雇しました。

他のジャニーズJrも引退へ

週刊誌『フライデー』では、大坂俊介さんのほか浜田一男さん、穴沢真啓さん、尾身和樹さんも事務所を解雇されています。大坂俊介さんは、嵐の大野智さんや滝沢秀明さんなどと並んでジャニーズJr.の中心メンバーだったため、ファンは驚きを隠せなかったようです。

ちなみに、浜田一男さんと穴沢真啓さんは、嵐の櫻井翔さんと共に『それ行けトリオ』を結成し、尾身和樹さんは嵐の大野智さんらと共に『YOKYO』浜松町を結成していました。

フライデー報道後のジャニーズ引退にファンが署名運動

『フライデー』での報道によって、ジャニーズ事務所を解雇された大坂俊介さんら関係者。その後、大坂俊介さんらの解雇を取り消すようファンによって署名運動が行われました。

しかし、この活動によってジャニーズ事務所の解雇が取り消されることはなく、大坂俊介さんら関係者はそのままジャニーズ事務所を去ったようです。これほど騒動が大きくなったのは、大坂俊介さんが多くのファンを大切にし、ファンから愛されていたからでしょう。

大坂俊介のジャニーズ引退後の活動

大坂俊介さんが事務所を退所した理由や『フライデー』の記事についてチェックしてきましたが、ここからは、大坂俊介さんのその後の活動について、詳しくご紹介していきます。

『フライデー』の記事が理由で、ジャニーズ事務所を解雇された大坂俊介さん。事務所退所後は様々な活動を行い、生活していたようです。そこで今回は、大坂俊介さんのジャニーズ事務所退所後の活動についてご紹介していきます。早速、チェックしましょう。

ジャニーズ引退後にはアルバイト生活

ジャニーズ事務所を退所した大坂俊介さんは、ファンイベントを行ったり、アルバイトをしたりして生活していたようです。小学6年生から高校生になるまで、ジャニーズ事務所一筋だった大坂俊介さんにとって、アルバイト生活は辛く、大変なものだったでしょう。

2000年に俳優として再起をかける

2000年頃からは俳優としても活動を行うようになり、日本テレビ系列で放送されていた『明日を抱きしめて』に出演。メッセージ性の強い内容は、当時話題になりました。

その後はダンスユニット「DIAMONDO・DOGS」結成

俳優として順調に活動を行っていた大坂俊介さんは、2003年にボーカル&パフォーマンスグループ『DIAMOND☆DOGS』のメンバーとなります。このグループはビクターエンタテインメント所属のグループで、大坂俊介さんは結成当初から3年程在籍しました。

その後、椎間板ヘルニアが悪化したことがきっかけで、2006年5月13日にグループを脱退しています。ちなみに、椎間板ヘルニアは大坂俊介さんが若い頃からの持病のようです。

2010年に舞台「新宿ミッドナイトベイビー2010」降板

『DIAMOND☆DOGS』を脱退した大坂俊介さんは、その後7teenグループに所属し、俳優としての活動を本格化させるようになります。映画『URISEN~新宿ミッドナイトベイビー~』では主演を務めるなど活躍し、順調な俳優人生を歩んでいくように見えました。

しかし、舞台『新宿ミッドナイトベイビー2010』を体調不良で降板。その後、芸能活動を再開することはなく、芸能界から姿を消してしまいました。一体何があったのでしょうか?

舞台降板理由は体調不良で芸能界引退

体調不良で舞台を降板し、芸能界を引退してしまった大坂俊介さんですが、体調不良の具体的な内容は明かされていません。持病の椎間板ヘルニアが悪化してしまったのでしょうか?

椎間板ヘルニアは、骨と骨の間の軟骨が飛び出すことで足腰にしびれや痛みを引き起こします。治療方法はブロック注射や薬物療法などで、症状が酷い場合には手術することがあるようです。大坂俊介さんの引退理由は不明ですが、椎間板ヘルニアの可能性もあります。

大坂俊介のジャニーズ引退後の出演作品

大坂俊介さんのジャニーズ事務所退所後の活動についてチェックしてきましたが、ここからは、大坂俊介さんが事務所退所後に出演した作品について詳しくご紹介していきます。

ジャニーズ事務所を退所した大坂俊介さんは、俳優としてドラマや映画に出演していたようです。そこで今回は、大坂俊介さんが事務所退所後に出演した作品をいくつかご紹介していきます。一体どのような作品に出演していたのでしょうか?早速、チェックしましょう。

出演作品:ドラマ「明日を抱きしめて」

1つ目にご紹介する大坂俊介さん出演ドラマは、『明日を抱きしめて』です。このドラマは、2000年10月~12月に日本テレビ系列で放送されており、少年犯罪や同性愛、冤罪などをテーマにしたメッセージ性の強いドラマとなっています。

このドラマで大坂俊介さんは、石田博役を熱演。出演者は大坂俊介さんのほか、松本幸四郎さんや高島礼子さん、小栗旬さんなど。興味のある方は、ぜひチェックしてみましょう。

出演作品:ドラマ「私の頭の中の消しゴム・アナザーレター」

2つ目にご紹介する大坂俊介さん出演ドラマは、『私の頭の中の消しゴムアナザーレター』です。このドラマは2006年4月~6月の間に『GyaO』で放送されたドラマで、その後2006年に2回、2007年に2回再放送されています。大坂俊介さんは神山守役で出演。

このドラマは、韓国の大ヒット映画『私の頭の中の消しゴム』をもとに作成されたドラマで、映画版のアナザーストーリーです。興味のある方はぜひチェックしてみましょう。

出演作品:映画「ヘヴンズ・ドア 殺人症候群」

続いて、大坂俊介さんが出演した映画をご紹介していきます。1つ目にご紹介する大坂俊介さん出演映画は、『ヘヴンズ・ドア殺人症候群』です。この映画は、2003年2月に公開された映画で、主演は田中美奈子さん。大坂俊介さんは雨、宮役を熱演しました。

出演作品: 映画「URISEN~新宿ミッドナイトベイビー~」

2つ目にご紹介する大坂俊介さん出演映画は、『URISEN~新宿ミッドナイトベイビー~』です。この映画は2008年に公開された映画で、大坂俊介さんが主演を務めました。

先程もご紹介した通り、この映画が舞台化された『新宿ミッドナイトベイビー2010』にも出演予定でしたが、体調不良によって降板。芸能界を引退するきっかけとなっています。大坂俊介さんが主演を務めていた映画だけに、舞台版での演技にも注目が集まっていました。

出演作品:映画「白日夢」

3つ目にご紹介する大坂俊介さん出演映画は、『白日夢』です。この映画は、2009年9月に公開された映画で、谷崎潤一郎さんの戯曲が元になっています。『白日夢』はこれまでに4度映画化されていますが、2009年公開の映画はストーリー等が異なっているようです。

また、この映画が話題になった理由の1つとして、リアリティのある濡れ場を撮影するために、男性俳優に前貼りをしなかったことが挙げられます。監督のこだわりなのでしょう。

出演作品:映画「Re:Play-Girlsリプレイガールズ」

4つ目にご紹介する大坂俊介さん出演映画は、『Re:Play-Girlsリプレイガールズ』です。この映画は2010年9月に公開された映画で、サバイバルアクション映画のためPG-12指定となっています。ちなみに、PG-12作品は12歳未満の方は保護者の指導等が必要です。

大坂俊介さんが出演したドラマや映画をチェックしてきましたが、様々な役を演じていたことがわかりました。興味のある方は、ぜひ大坂俊介さんの出演作品をチェックしましょう。

大坂俊介の現在は芸能界を引退し仕事内容は不明

大坂俊介さんの事務所退所騒動やその後の活動についてチェックしてきましたが、ジャニーズ事務所退所後は俳優としてドラマや映画などに出演していたことがわかりました。また、現在は芸能界を引退しており、一般の会社員として働いているようです。

ジャニーズJr.の中心メンバーとして活躍していた大坂俊介さん。その姿を公の場で見る機会はないと思いますが、ファンは今でも大坂俊介さんの活動を応援しています。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kaotonike

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ