大坂なおみはハーフ?出身や本名は?生い立ちなど大坂なおみまとめ

若干22歳で多額な賞金を稼ぐハーフのプロテニスプレイヤー大坂なおみさん。彼女の出身や生い立ちに注目が集まっています。また、ハーフらしくない名前が本名なのかどうかも気になるところ。今回は、そんな大坂なおみさんの出身、本名、そして生い立ちについて調査しました。

大坂なおみはハーフ?出身や本名は?生い立ちなど大坂なおみまとめのイメージ

目次

  1. 1大坂なおみのプロフィール
  2. 2大坂なおみはハーフ?
  3. 3大坂なおみの出身や本名は?
  4. 4大坂なおみの生い立ちエピソード
  5. 5大坂なおみの血液型も調査
  6. 6大坂なおみは大阪府出身のハーフでミドルネーム無しの本名

大坂なおみのプロフィール

愛称:なおちゃん
本名:大坂なおみ
生年月日:1997年10月16日
年齢:22歳 (2020年5月現在)
血液型:不明
身長:180cm
体重:69kg
活動内容:テニス選手
所属グループ:なし
事務所:不明
家族構成:父、母、姉
 

大坂なおみの経歴

大坂なおみさんの本名や出身、そして生い立ちをご紹介する前に、まずは大坂なおみさんの経歴について見ていきましょう。現在22歳の大坂なおみさんは、1997年10月16日生まれで大阪府大阪市の出身です。

2001年大坂なおみさんが3歳の頃に、父と姉の影響を受けてテニスを始めたそうです。テニススクールなどには通わず、テニス経験のない父親が指導していました。その後大坂なおみさん家族は、父親の祖父母が暮らすアメリカに移住することになります。

アメリカに移住してからも、大坂なおみさんは父と姉とテニスの練習を続けます。毎日6時間は練習をしていたと言います。そして2007年、姉とダブルスを組み全国共通公園テニス協会選手権に出場し、14歳以下の部門で見事優勝しました。そして、16歳の時には念願かなってプロとなります。

大坂なおみさんの名前を世界に広めた大会が、2018年の全米オープンです。男女合わせてアジア人初のグランドスラム優勝を果たします。その後も大坂なおみさんの快進撃は続き、世界ランキング第1位になったことも。大坂なおみさんは、世界で最も稼ぐ女子スポーツ選手にもランクインし、年収は約26億円とも言われています。

大坂なおみはハーフ?

日本人離れした体格と容姿の大坂なおみさん。また彼女のインタビューを聞くと、カタコトの日本語と流暢な英語を話しています。そんな理由から「大坂なおみはハーフなのか?」と疑問に思う人が多いといいます。大坂なおみさんが本当にハーフなのか?を検証しました。

大坂なおみはアメリカ人ではなくハーフ

大坂なおみさんは「ハーフではなくアメリカ人ではないか?」と話題になることもありますが、大坂なおみさんはれっきとした日本人の血が流れたハーフです。

大坂なおみさんの身長は180cmで、同じ年代の日本人女性の平均身長より20cm以上高いことになります。また、クルクルとした天然パーマに褐色の肌は、アメリカンな雰囲気そのものです。しかも大坂なおみさんは日本語よりも英語の方が流暢です。勘違いされても仕方がないのかもしれません。

日本国籍でハイチ系アメリカ人と日本人のハーフ

大坂なおみさんは、ハイチ系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフです。生まれてから3歳ぐらいまでは、大阪府大阪市で暮らしていました。3歳でアメリカに家族で移住してからはずっとアメリカでの暮らしなので、英語でのコミュニケショーンの方が楽なようです。

大坂なおみの家族構成

大坂なおみさんの家族構成をご紹介します。大坂なおみさんは、ハイチ系アメリカ人の父、日本人の母、そして同じハーフで2歳年上の姉の4人家族です。父親のレオナルド・フランソワさんは、もともとは大阪で英会話の講師をしていました。大阪弁話す面白い講師として大変人気があったそうです。母親の大坂環さんは、北海道根室の出身です。

大阪在住のフランソワさんと、北海道在住の環さんがどのような経緯で出会ったのかは定かではありませんが、交際を機に環さんが大坂に移り住んだと言われています。姉の大坂まりさんは、大坂なおみさんより先に父の指導のもとテニスを始め、現在もテニスプレイヤーとして活躍しています。

家族それぞれの国籍も調査

日本では両親が国際結婚をし生まれたきたハーフの子供は、一定期間両親の国籍を二重に保有することが可能です。そのため大坂なおみさんも2019年までは、日本とアメリカの国籍を保有していました。しかし、2019年10月に、大坂なおみさんが二重国籍終了期間を待たず日本国籍を選択したと大きく報じられています。

その背景には、2020年に予定されていた東京オリンピックの存在がありました。世界のメディアも大坂なおみさんのこの選択を大きく取り上げ、その理由についてさまざま理由を推測していました。大坂なおみさん自身は、インタビューで「シンプルに日本の代表として世界の舞台で戦いたかった」と語っています。

大坂なおみさんが日本人国籍を選択したとなると、両親や姉の国籍はどうなっているのでしょうか?まず父のレオナルド・フランソワさんの国籍ですが、中米のハイチ共和国からアメリカに移住しアメリカ国籍を取得しています。姉のまりさんは大坂なおみさんと同じ境遇で、22歳までは二重国籍だっと考えられます。

まりさんは現在24歳、すでにどちらかの国籍を選択しているはずです。テニスプレイヤー一覧表では国籍が日本となっているので、日本国籍を選択したようです。最後に母親の環さんですが、環さんの国籍についてはわかりませんでした。環さんは純粋な日本人ですし両親も北海道で暮らしているので、国籍をアメリカに変更したとは考え難いかもしれません。

家族①父はレオナルド・フランソワ

大坂なおみさんの家族1人目は、父親のレオナルド・フランソワさんです。フランソワさんは、中米のハイチ共和国出身です。自身も若い頃バスケットボールの選手だったそうで、幼い姉妹にも最初はバスケットボールをさせようと考えていたそうです。しかし、個人プレーのテニスの方が2人のために良いと考え直し、運命のテニスをさせることになります。

テニスの経験が全くなかったフランソワさん。当時の人気テニスプレイヤーのテニスレッスン教材を独自で勉強し、姉妹に指導していたそうです。もともとバスケットボールの選手ということなので、運動神経の良い父であったことは間違いなさそうです。

家族②母は大坂環

大坂なおみさんの家族2人目は、母親の大坂環さんです。環さんは大坂なおみさんの試合で観客席に座り、娘のプレーを見守っている姿が度々報じられています。環さんは北海道根室出身で、北海道時代はスピードスケートの選手だったそうです。父も母もテニスは経験ないものの同じアスリートだったということで、大阪姉妹が運動神経が良いのも納得です。

大坂なおみさんは、インタビューで日本食が好きだとよく答えています。その陰には母親の環さんの存在が大きいようです。環さんは、栄養学なども勉強し食事面で大坂なおみさんを支えていると言われています。大坂なおみさんは家では、ほぼ100%日本食を食べているそうです。ちなみに好きな食べ物は、肉、鮭(魚)、そして豆類だそうです。

家族③姉は大坂まりでハーフ

大坂なおみさんの家族3人目は、姉の大坂まりさんです。大坂まりさんも大坂なおみさん同様にプロテニスプレイヤーとして活躍中です。妹の大坂なおみさんとは大の仲良しということで、大坂なおみさんのツィッターにも登場しています。

大坂まりさんのプロテニスプレイヤーとしての成績は、2020年5月現在のWTAランキングでは326位と、大坂なおみさんの10位に比べるとだいぶ差がついてしまっています。そんな2人は、2017年9月に行われた東レ・パンパシフィックオープンでダブルスを組み話題となりました。姉妹は時々ダブルスを組むようで、プレーをとても楽しんでいるようです。

Thumb大坂なおみの日本語スピーチやインタビューまとめ!日本語回答を要求される理由も
女子プロテニス選手として有名な大坂なおみさんは、日本語が苦手でありながら最近では英語と日本語...

大坂なおみの出身や本名は?

ここまでは大坂なおみさんの家族を中心にご紹介してきましたが、ここからは大坂なおみさんの出身や本名について詳しく見ていきましょう。

出身地は大阪府大阪市

大坂なおみさんの出身地は大阪府大阪市です。大阪市中央区にある空堀(からほり)という、昔ながらの人情溢れる商店街の近くに住んでいました。

大坂なおみさんはアメリカに移住する3歳頃までしか住んで居なかったため、大阪での暮らしについてはほとんど記憶には残っていないかもしれません。父親のフランソワさんは当時英語の講師をしていて、6年近く住んでおり関西弁もペラペラ喋っていたそうです。

大阪府出身のスポーツ選手も調査

ここでは少し話題を変えて、大坂なおみさんと同じようにスポーツ界で活躍していた大阪府出身のスポーツ選手3人ご紹介していきましょう。

大阪府出身のスポーツ選手①亀田三兄弟

まず最初の大阪府出身のスポーツ選手は、ボクシングの亀田三兄弟です。3人ともにプロボクサーで、階級は違えども世界チャンピオンのタイトルをそれぞれ獲得しています。

長男は亀田興毅さんで、1986年11月17日生まれの現在33歳です。現役時代には、WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級、WBA世界バンダム級でチャンピオンとなり、日本初の3階級制覇者として話題となりました。2018年完全にプロを引退し、その後は格闘技関係のイベントやマネージメントの会社の社長となっています。

次男の亀田大毅さんは、1989年1月6日生まれの現在31歳です。現役時代にはWBA世界フライ級、IBF世界スーパーフライ級でチャンピオンの座についています。大毅さんは、ボクシングの試合以外でも目立つことが多く”ビッグマウス”発言なども話題になっています。引退後は、文化人としてタレント活動を行っています。

三男の亀田和毅さんは、1991年7月12日生まれの現在28歳です。3人の中では、ボクシングのセンスは一番だといわれています。日本人では初めてのWBO世界バンタム級のチャンピオンにもなり話題を集めました。現在も現役のプロボクサーとして活躍中です。

大阪府出身のスポーツ選手②池谷幸雄

続いての大阪府出身のスポーツ選手は、体操の池谷幸雄さんです。池谷幸雄さんは、19970年9月26日生まれの現在49歳です。

1988年に開催されたソウルオリンピックに出場し、団体で銅メダル、個人“ゆか”で銅メダルを獲得しています。4年後の1992年のバルセロナオリンピックにも出場し、団体で銅メダル、個人“ゆか”で銀メダルと輝かしい成績を収めています。現在は、東京で体操教室を開校し若手の体操選手育成に力を注いでいるそうです。

大阪府出身のスポーツ選手③織田信成

最後にご紹介する大阪府出身のスポーツ選手は、フィギュアスケートの織田信成さんです。織田信成さんは、1987年3月25日生まれの現在33歳です。2013年に現役を引退するまでは、2010年のバンクーバーオリンピック出場や2008年の日本選手権で優勝するなど日本を代表するフィギュアスケートの選手として活躍しました。

引退後は、母校である関西大学スケート部の監督に就任していますが、2年後の2019年にパワハラ問題も告発し監督を辞任しています。プライベートでは、2010年に中学生の同級生と結婚し、現在は4人の子供のパパだそうです。

大坂なおみの本名は?

大坂なおみさんの容姿や雰囲気は日本人離れしていて、ハーフというよりはアメリカ人といってもよいぐらいです。しかし、”大坂なおみ”という名前は日本人そのものです。

もしかしたら“大坂なおみ”は本名ではなく、「大阪出身なので“大坂なおみ”と名乗っているのでは?」とネット上では憶測を呼んでいます。“大坂なおみ”が本名なのかどうか?本名でないのであれば、本名はどんな名前なのか?詳しく見ていきましょう。

本名はその名の通り「大坂なおみ」

調査した結果からいうと、”大坂なおみ”という名前は本名です。言い切る根拠として、大坂なおみさんの祖父の存在です。大坂なおみさんがテニス大会などで優勝すると、各メディアは北海道根室市に住む大坂なおみさんの祖父にインタビューしています。

その時に祖父は、大坂鉄夫さんと紹介されています。大坂なおみさんと同じ”大坂”という姓なので、”大坂なおみ”は大坂なおみさんの本名といって間違いありません。

本名にミドルネームは無し

”大坂なおみ”という名前が本名なら、ミドルネームはあるのでしょうか?ハーフの場合は、姓と名の間にミドルネームを付けることが多いようです。例えば日本人とアメリカ人のハーフの場合、名前が日本人風の名前ならミドルネームはアメリカ風の名前をつけています。

もし大坂なおみさんにミドルネームがあれば、大坂○○なおみという風になります。しかし調査してみましたが、大坂なおみさんにはミドルネームはないようです。従って大坂なおみさんの本名は、ミドルネームのない”大坂なおみ”となります。

姉の大坂まりも本名?

大坂なおみさんの姉である大坂まりさんの本名も調べてみました。ミドルネームのない“大坂まり”が本名といって間違いなさそうです。

大坂なおみの生い立ちエピソード

大坂なおみさんの本名に続いて、生い立ちエピソードをご紹介していきましょう。大坂なおみさんの幼い頃過ごした大阪でのエピソード、アメリカの学校のエピソードに注目です。

生い立ちエピソード①大阪府出身アメリカ育ち

1つめの生い立ちエピソードは、”大阪府出身のアメリカ育ち”です。大坂なおみさんは、大阪府大阪市で生まれ3歳頃まで大阪で暮らしていました。その後父親の家族が暮らすアメリカニューヨーク州に移住しています。

大坂なおみさんが小学校4年生ぐらいまでニューヨークで過ごしていましたが、大坂なおみさん家族はより良いテニスの環境を求めてフロリダ州に引っ越しをしています。

生い立ちエピソード②年齢3歳からテニス開始

2つ目の生い立ちエピソードは、“年齢3歳からテニス開始”です。大坂なおみさんは、大阪で暮らしている頃にテニスを始めています。近所に靭テニスセンターがあり、そこで父の指導を受け姉と一緒に練習していたそうです。

生い立ちエピソード③出身学校はアメリカ

3つ目の生い立ちエピソードは、“出身学校はアメリカ”です。大坂なおみさんは、小学校にあがる前にアメリカに移住しています。そのため、出身学校はアメリカの学校になります。まず、大坂なおみさんはニューヨークにある私立アルデン・テラス小学校に入学します。

4年生の頃フロリダに引っ越しをしているので、フロリダの小学校に転向しています。小学校を卒業後大坂なおみさんは、中学校と高校はインターネットなどで授業が行われる通信制の学校に進学しています。学歴的には高くありませんが、将来テニスの世界でプロとして生きていくために選んだ学校だといわれています。

大坂なおみの血液型も調査

大坂なおみさんの生い立ちのエピソードに続き、血液型について調査しました。日本人はA型の人が多く、アメリカ人はB型が多いのでは?と言われていますが、アメリカ人と日本人のハーフの大坂なおみさんの血液型は何型でしょうか?

ハーフの大坂なおみの血液型は非公表

アメリカ人と日本人のハーフの大坂なおみさんの血液型を調べてみましたが、血液型に触れている情報はありませんでした。

血液型を調べるのは日本だけ?

欧米では、血液型を調べる習慣がありません。そのため外国の方は自分の血液型知らない人が多いそうです。ハーフの大坂なおみさんは、ずっとアメリカで暮らしているので今までに血液型を調べたことがないのかもしれません。

アメリカでは血液型別のダイエット方法が人気

欧米では血液型を調べないと先ほど触れましたが、少し前にアメリカでは血液型別ダイエットが話題となっています。血液型ダイエットとは、血液型の性質を基に食べて良い食事と悪い食事を分けるダイエット方法です。ハリウッドのセレブ女優ミランダカーも実践して痩せたと言われています。

大坂なおみは大阪府出身のハーフでミドルネーム無しの本名

日本人とアメリカ人のハーフの大坂なおみさん。大きな大会で活躍するたびに、彼女の本名や出身、そして生い立ちなどが話題となっています。大坂なおみさんは、大阪府大阪市出身で本名は大坂なおみです。ミドルネームはありません。東京オリンピックでは日本人として出場予定ということなので、さらなる活躍や新しいエピソードに期待です。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
nananomoe66

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ