大島優子の海外への留学目的は逃亡?帰国後もあの頃の輝きは取り戻せない?

元AKB48で現在は女優の大島優子さん。先日海外留学から帰国し、1年ぶりに公の場に姿を見せました。突然の海外留学を決めた大島優子さんでしたが、留学の理由や目的は何だったのでしょうか?語学留学説、海外逃亡説などさまざまな意見についてまとめてみました。

大島優子の海外への留学目的は逃亡?帰国後もあの頃の輝きは取り戻せない?のイメージ

目次

  1. 1大島優子のプロフィール
  2. 2AKB48の大島優子が突然の留学宣言
  3. 3大島優子はどこへ留学?期間は
  4. 4大島優子の海外留学の目的は
  5. 5大島優子の海外留学は成功するか
  6. 6大島優子はまだまだ輝ける可能性あり

大島優子のプロフィール

AKB時代には前田敦子さんとセンターを競い合い、卒業後は女優として躍進した大島優子さん。しかし、順調にキャリアを積んでいた最中、2017年8月に突然の海外留学を宣言し、ニューヨークへと旅立ってしまいます。

大島優子さんの海外留学の理由・目的について様々な憶測が広がっていますが、留学の話をする前に、まずは大島優子さんのプロフィールをおさらいしてみましょう。

・本名:大島 優子
・生年月日:1988年10月17日
・現在年齢:30歳
・出身地:栃木県
・血液型:B型
・身長:152cm
・体重:不明
・活動内容:女優、元アイドル
・所属グループ:元AKB48
・事務所:太田プロダクション
・出演作品:『カエルの王女さま』、『安堂ロイド』、『銭の戦争』、『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』、『闇金ウシジマくん』

大島優子の経歴

大島優子さんというと、AKB48のイメージばかりが先行してしまいますが、実は8歳の時に子役として芸能界デビューをしており、すでに20年以上のキャリアを持っています。

大島さんは1996年に「セントラル子供劇団」に所属。子役として芸能活動を開始しました。ドラマ『アンティーク』では感動的な役柄が評判を呼び、『東京庭付き一戸建て』では初のレギュラー出演も果たしています。

2000年からはジュニアアイドルとして活動。高見沢俊彦さんがプロデュースしたアイドルユニット「Doll's Vox」にも所属し、歌声を披露しています。

しかし、大島優子さんの名前を世に知らしめたのは、やはりAKB48の存在でしょう。大島さんは2006年にAKB48第2期メンバーとして加入。同グループの知名度が急上昇すると、主力メンバーであった大島さんもまた広く知られるようになりました。

AKB48では神7の一人として君臨。じゃんけん選抜を除くすべてのシングル選抜に選出され、特に不動のセンターと言われた前田敦子さんとのライバル関係は、総選挙のたびに注目を浴びました。なお、総選挙では2度も1位の座に輝いています。

そして2014年にAKB48を卒業。その後は女優として活動することになります。キャリアが長いこともあり、大島優子さんの演技は瞬く間に評価を得るようになりました。

映画『紙の月』はで日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。2015年には『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』で初の連続ドラマ主演に抜擢されています。また、同年には『No.9 -不滅の旋律-』で本格的な舞台にも挑戦し、一定の評価を獲得しました。

2017年には『東京タラレバ娘』にレギュラー出演し、高視聴率の立役者として称えられていましたが、しかし同年7月に、突然の海外留学を発表。海外留学の理由・目的について、語学の習得および自身の成長のためと説明しました。

しかしマスコミの多くは、その目的について疑問視していたようです。特に直前の「須藤凜々花の騒動」を理由とした海外逃亡説や遊行説が有力でした。

本人が留学の目的・理由を説明しているにも関わらず、なぜこのような事態に陥ってしまったのでしょうか。そこで、大島さんの海外留学にまつわる情報をまとめてみました。また、留学中のインスタ画像や留学期間、帰国後の活動についてもご紹介します。

AKB48の大島優子が突然の留学宣言

大島優子さんは2017年に突然の海外留学を宣言します。しかしその目的や理由について、懐疑的な目を向ける人も多かったようです。大島さんは本当に語学留学をしたかったのでしょうか。また、なぜ逃亡説や遊行説が流れたのでしょう。

留学の真実を知るために、まずは留学宣言をした当時の一連の流れを追ってみたいと思います。

ファンの前で海外留学行きを宣言

大島優子さんが海外留学を宣言したのは、2017年7月に宮城で開催されたファンミーティングでの一幕でした。その後、大島さんは各地のファンミーティングでも同様にファンに説明しています。

参加者の話によると、大島さんは今回の海外留学について、1年前から計画していたとのこと。仕事やプライベートでたびたび渡航していた大島さんは、本格的な語学留学をしたいと、かねてから考えていたようです。

大島優子の海外留学についてファンは

大島優子さんの突然の留学宣言に対し、ファンはどのような声を上げたのでしょうか。インスタやTwitterを確認してみると、大島さんの留学について、応援する声が多いように見受けられます。

留学の期間は未定で、目的や理由についても若干あやふやな部分はあったようですが、事前にファンに対して説明をしていたことが、「誠意」として捉えられたようです。
 

大島優子の海外留学発表時の画像

大島優子さんの海外留学発表は、インスタやTwitterなどSNSを通じて瞬く間に拡散。メディアでも大きく取り上げられ、新聞の一面を飾る事態になりました。こちらは、その当時の新聞の画像です。

大島さんの影響力の大きさが、このようなメディアの対応からも伺えます。もちろん、大島さんのインスタアカウントにもコメントが殺到。内容としては、やはり大島さんの海外留学を応援する声が圧倒的に多かったようです。
 

大島優子はどこへ留学?期間は

留学宣言をした大島優子さんですが、一体どこへ留学していたのでしょうか。また、大島さんは先日帰国していますが、当初の留学期間は未定で、帰国のスケジュールも決まっていなかったようです。

期間が未定であったことも、逃亡説や遊行説が発生した理由になったのでしょう。そこで、改めて大島さんの留学先や留学期間について調べてみました。

また、留学の報告は主にインスタを通じて行われていました。インスタの更新頻度は高いものではありませんでしたが、貴重な留学中の様子を画像で確認することもできます。のちほどインスタの画像もご紹介します。
 

大島優子が選んだのはニューヨーク

2017年9月に、大島優子さんがニューヨークへ渡航した旨が報道されました。この時点で期間はおよそ1年になると報告があり、その目的は語学とエンターテインメントを学ぶためであるとされました。

大島さんは留学前にもニューヨークに訪れたことがあり、その時の経験からかの地を選んだ可能性も指摘されています。また、エンターテインメントの本場であるブロードウェイの存在も、大きな理由として挙げられるでしょう。

1年間で語学と本場のエンタメを学ぶ

大島優子さんは今回の海外留学の目的について、一つは語学習得のため、もう一つにエンターテインメントの本場である「ブロードウェイ」の空気を肌で感じてみたい、と語っています。

大島さんは女優としてのキャリアも長く、今後の自己成長ついて常に前向きに考えていたようです。留学の目的は、そのような大島さんらしいものといえるでしょう。
 

一方で「仕事が入れば復帰する」

一見すると自己成長のためのポジティブな海外留学に見受けられますが、一方で大島さんは、期間や帰国のタイミングについて、「仕事が入れば帰国する」と補足しています。そしてこの一言が、逃亡説や遊行説にさらなる拍車をかけることになりました。

「仕事が入れば」という言い方をしていることから、裏を返せば「現在は仕事がない」という意味にも捉えられます。また、仕事によって期間を短くしたり、急遽帰国の可能性があるということは、そもそも留学に対して明確な目的がないということにもなります。

もともと留学期間や渡航時期、帰国について曖昧な部分もあったため、一部メディアやファンの間にも、留学の理由を疑問視する人が増えてしまう結果となりました。

果たして、「仕事が入れば帰国する」というコメントに対し、大島さんはどの程度の意味を込めていたのでしょうか。大島さんはたびたび軽率な発言をすることがあり、今回もその悪い癖が出てしまったのかもしれません。

大島優子の留学先でのインスタ画像

大島優子さんの留学先での画像は確認できるのでしょうか?今回はプライベートの海外留学ということもあり、大島さんの画像を確認できるのは、本人のインスタによる発信のみとなりました。

残念ながら、期間中はほとんどインスタを投稿していないため、確認できる画像はごくわずかです。しかし少ない画像の中でも、大島さんの元気な様子を見ることはできます。特に話題を呼んだのが次の画像です。

それは、元AKB48の秋元才加さんとのツーショット写真でした。秋元才加さんといえば、大島優子さんにとって、AKB48時代からの「心友」とされる存在です。その秋元さんが大島さんの留学先であるニューヨークを訪れるという一幕でした。

画像が投稿されたのは秋元さんのインスタアカウントでしたが、久しぶりに大島さんの姿を確認することができ、ファンからは歓喜の声が上がりました。

大島優子の海外留学の目的は

さまざまな物議を醸した大島優子さんの海外留学ですが、結局のところ、その目的や理由の真相はどうだったのでしょうか。本人の説明通り、一般的な語学留学だったのか。あるいは、語学留学は建前であって、逃亡説や遊行説が真実なのでしょうか。

そこで、留学の真相を検証するために、大島さんの海外留学の目的・理由に関するさまざまな憶測をまとめてみました。

海外留学の目的①語学留学

もちろん最有力候補は「語学留学」です。本人が語った目的であり、正当に考えればこれしかありえません。大島優子さんはAKB48で有名になりましたが、そもそもアイドルではなく女優としてキャリアを積んできました。

昨今ではキャリアの幅を広げるために、語学を学ぶ芸能人も増えています。女優としての成長のため、あるいは海外進出を狙って、大島優子さんが語学習得を目指すことは何ら不思議ではありません。

海外留学の目的②ただの旅行

続いて挙げられた理由が、「ただの旅行」という説。発表時点で留学期間や帰国日程が未定であったこと、また「仕事が入れば帰国する」というコメントが、この説に拍車をかけることになりました。

そもそも大島優子さんは、映画やドラマの出演がそれほど多いわけではありません。そのため、単に仕事がなかったために長期休暇を取ったのでは、という意見が挙がっているようです。

海外留学の目的③整形のため

こちらはほとんどおふざけのような気もしますが、確かに渡航中に顔をいじる芸能人がいないわけではありません。しかし、帰国後の大島優子さんを見る限り、そのような気配もないため、単なるアンチコメントとして受け取ったほうが良いかもしれません。

海外留学の目的④国外逃亡

語学留学以外に最も有力な候補として挙げられたのが、こちらの「逃亡説」です。大島優子さんはかねてより自由奔放な性格が目立ち、卒業後もイメージを悪化させることが多かったようです。なかでも「致命的」となったのが、元NMB48須藤凛々花さんとのひと悶着でした。

ことの発端は第9回AKB48選抜総選挙において、須藤さんがまさかの「結婚宣言」をするという大事件でした。この事件に対し、大島さんは自身のインスタグラムで苦言を呈し、さらに「F○CK」と書かれた帽子を示したのです。

大島さんの過激すぎる行動は多くの人々の目に留まり、「下品すぎる」「軽率」と非難の声を浴びることになりました。ついには有吉弘行さんからも苦言を呈され、謝罪に追い込まれる事態に発展。もともと悪目立ちする大島優子さんにとって、この事件が大きなダメージとなったことは間違いありません。

そして、この事件の直後に留学が発表されたことから、マスコミやファンの多くは「ほとぼりが冷めるまで海外に逃亡するつもりではないか」と推測をしたようです。

また「ただの旅行説」と同様に、留学期間が曖昧であったことも、逃亡説の大きな後ろ盾になってしまったようです。そもそも芸能界では、「海外渡航=逃亡」であることも少なくありません。

大島優子さんの場合、時期が時期であっただけに、余計に逃亡説が色濃くなってしまったのでしょう。しかし、真相は本人しか分かりません。できることなら大島さんの主張通り、「語学留学説」こそが真実であってほしいものですね。

大島優子の海外留学は成功するか

芸能人の海外留学を振り返ってみると、留学を経て活躍の機会が増えた人と、そうでない人がいるように思えます。果たして大島優子さんの場合、留学はプラスになったのでしょうか?

留学からの帰国後に活躍した芸能人は

芸能人が海外留学をすることで、語学力が身についたり、海外経験者というブランドを獲得できることがあります。そして、近年の留学成功者として「赤西仁」「渡辺直美」「マリエ」「相武紗季」の名前が挙げられます。

大島優子さんの成功を占うためにも、留学の「先輩」として、4人の成果を振り返ってみましょう。

赤西仁は英語力アップで活躍

人気絶頂の最中、KAT-TUNの活動を休止してLAに留学した赤西仁さん。留学については否定的な意見が多く、失敗を危惧する人も大勢いたようです。しかし、この留学で赤西さんは確かな語学力を獲得。

さらにKAT-TUN脱退後はアメリカ主要都市でソロツアーを敢行し、全米デビューミニアルバムがiTunesのダンスチャートで1位を獲得するなど、目まぐるしい活躍を見せています。

渡辺直美はパフォーマンス

ダンスと英語を学ぶためにニューヨークへ留学した渡辺直美さん。一番勉強になったのは「自分からアピールしないと誰も気づいてくれない」ということだったそうです。

帰国直後は仕事が激減したようですが、インスタグラムで人気が急上昇。2016年にはニューヨーク、LA、台湾を回るワールドツアーを敢行し、成功を収めています。

マリエはファッションブランド設立

問題発言で芸能界を干され、ニューヨークへ渡航したマリエさん。世界3大ファッションスクールの一つであるパーソンズ美術大学に入学し、ファッションを学びます。帰国後は自身のファッションブランドを立ち上げ、好調な売り上げを見せているようです。

相武紗季は英語力が少しアップ

英語を使う仕事をしてみたいと事務所に直談判し、留学を決行。「少しくらいしゃべれるようになりたい」という本人の目的通り、若干の英語力アップを達成したようです。

実際にドラマ『ミス・パイロット』では英語を話す機会があり、流暢な英語を披露することができました。

大島優子はまだまだ輝ける可能性あり

2018年10月に約1年ぶりに帰国した大島優子さん。大島さんの留学に対しては厳しい意見も多く、帰国後も辛らつなコメントは続いています。しかしすでに新しいCMが公開され、1月からは舞台『罪と罰』への出演も決まっており、露出の機会はしばらく続きそうです。

本当の意味での留学の成果は、今後の活躍によるところもあります。ぜひとも留学の経験を糧に、パワーアップした大島優子さんを披露してほしいですね。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ