【スカッとジャパン】忍成修吾の役や演技が評判?内容などまとめ

ドラマ型バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』での忍成修吾さんの役や演技が巷で評判になっています。忍成修吾さんは『スカッとジャパン』でどんな演技をしているのでしょうか?忍成修吾さんが『スカッとジャパン』で演じた役やエピソードの内容をご覧下さい。

【スカッとジャパン】忍成修吾の役や演技が評判?内容などまとめのイメージ

目次

  1. 1忍成修吾のプロフィール
  2. 2【スカッとジャパン】忍成修吾の役は?
  3. 3【スカッとジャパン】忍成修吾の演技が評判?
  4. 4【スカッとジャパン】忍成修吾出演回の内容なども調査
  5. 5【スカッとジャパン】忍成修吾以外の話題の歴代出演者
  6. 6【スカッとジャパン】忍成修吾の役はクセになる演技

忍成修吾のプロフィール

・愛称:おしゅ様、修吾君
・本名:忍成修吾(おしなりしゅうご)
・生年月日:1981年3月5日
・年齢:40歳(2022年1月現在)
・出身地:千葉県
・血液型:B型
・身長:173cm
・体重:53kg
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント
・家族構成:父、母、長姉、次姉

忍成修吾の経歴

忍成修吾さんは1981年3月5日に千葉県で生まれました。3人姉弟の末っ子として育った忍成修吾さんの美貌は子供の頃から注目されています。高校生の頃に『Popteen』や『東京ストリートニュース』の雑誌で読者モデルとして活動するようになってからはその美貌に更に磨きがかかりました。

1998年からは読者モデルから正式なモデルとして活動するようになり、1999年にはドラマ『天国に一番近い男』で俳優デビューしています。俳優としての才能が認められてからは本業をモデルから俳優にシフトし、2001年公開の映画『リリイ・シュシュのすべて』での悪役が脚光を浴びて俳優としての地位を更に向上させました。

20代後半に俳優としての壁にぶつかった頃は足場組みのアルバイトをしていたのですが、そこでの出会いで俳優としての意識が高まって再起を果たしてからは数多くのドラマ・映画で名演技を見せ、日本でも有数の実力派俳優と呼ばれるようになっています。

演じる役はことごとく称賛されていますが、特に評価が高いのは悪役で、現在では「登場すると犯人役と思ってしまう」と多くの人に評される存在になりました。そんな忍成修吾さんが『スカッとジャパン』で見せている役や演技をチェックしてみましょう。

【スカッとジャパン】忍成修吾の役は?

フジテレビ系列で放映されているドラマ型バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(以下『スカッとジャパン』と表記します)で忍成修吾さんが演じる役が話題になっています。忍成修吾さんは『スカッとジャパン』でどんな役割を担っているのでしょうか?忍成修吾さんが演じた高校生役についても解説します。

忍成修吾が『痛快TV スカッとジャパン』に出演

忍成修吾さんが『スカッとジャパン』に出演している事が話題になっています。『スカッとジャパン』は、自分の周りにいる身勝手な人間に対して「ムカッと」した時に機転・アイディアで撃退するなどをして「スカッと」した事を視聴者に募り、それらのエピソードをドラマ化して放映するバラエティ番組です。

番組のゲストパネラーはエピソードのVTRを見て「ムカッと」した時はテーブルの「ムカッとボタン」をその感情の度合いに応じた数だけ押して背後のパネルに表示させます。「スカッと」した時も同様に「スカッとボタン」を押す事で自分の受けた感情を表すのです。

視聴者の投稿したエピソードのショートドラマとゲストパネラーの判定が番組の目玉になっていて、2014年10月20日に初回が放映されてから毎週多くの視聴者を楽しませてきました。

内村光良さんがフジテレビのゴールデンタイムにレギュラー番組を担当するのが20年ぶりだった事でも話題を集めました。2022年3月に番組が終了する予定になっていますが、今後もスペシャル版として放映されていくと見込まれています。

忍成修吾の役柄はクズな彼氏役?

忍成修吾さんの『スカッとジャパン』での役柄はクズな彼氏役が大半を占めています。視聴者が送るエピソードには視聴者を苦しませた人物が必ず登場するのですが、忍成修吾さんは視聴者が出会ったクズ男を演じる確率が非常に高く、その堂に入った演技でゲストパネラーに「ムカッとボタン」を連打されてきました。

忍成修吾さんの名演技とそれに対するゲストパネラーの反応などが視聴者を楽しませ、「忍成修吾さんがクズ役で出演する『スカッとジャパン』は当たり回」と言われ続けてきたのです。

忍成修吾さんがこれまでに演じてきたクズ男のバリエーションが幅広かった事も、忍成修吾さんの俳優としての演技力への評価を更に上昇させる効果をもたらしていました。忍成修吾さんが演じるクズ男役の詳細は後の章でご紹介します。

忍成修吾の高校生役にも注目?

『スカッとジャパン』では忍成修吾さんが高校生役を演じた事も注目の的になりました。忍成修吾さんはこれまでに複数回高校生役を演じています。確認できたのは2015年10月に放映された『スカッとジャパン』と2021年7月に放映された『スカッとジャパン』です。

後者での忍成修吾さんは40歳になっていたので、2015年10月に放映された高校生役よりもツイッターなどのSNSで騒がれていました。忍成修吾さん本人も自身のツイッターで高校生役を演じた事に触れ、家族からも高校生役を演じる事で笑われた事を明かしていました。

忍成修吾さんは高校生役を演じる度に「もう最後かなと感じている」と語っているのですが、2021年7月の放送回での高校生役が大反響となっていたので、また高校生役が回ってくるのではないでしょうか?

【スカッとジャパン】忍成修吾の演技が評判?

『スカッとジャパン』での忍成修吾さんの演技が評判になっています。『スカッとジャパン』ではクズ男性という役を演じる事が多い忍成修吾さんですが、忍成修吾さんの演技派どう評価されているのでしょうか?忍成修吾さんの演技の評判をSNS編と業界編に分けてご紹介します。忍成修吾さんの俳優人生トータルでの演技の評判も併せてご覧下さい。

忍成修吾の演技の評判:SNS編

忍成修吾さんのSNSでの演技の評判を見てみましょう。忍成修吾さんが演じるクズ男の演技はツイッターなどのSNSで非常に高い評価を維持しています。「忍成修吾さんが演じるクズ男にハズレなし」と言われているのです。

2017年に実施された「クズ役がハマる!悪役クズ演技俳優」ランキングでトップ3にランク入りした事もありました。1位は藤原竜也さん、2位は『スカッとジャパン』常連の木下ほうかさん、3位が忍成修吾さんでした。

忍成修吾の演技の評判:業界編

忍成修吾さんの業界での演技の評判を見てみましょう。忍成修吾さんが演じるクズ男は業界でも高評価を受けています。『スカッとジャパン』出演者の間でも、視聴者が投稿したエピソードのショートドラマに忍成修吾さんが登場すると歓声が上がるほどの人気を得ているのです。

『スカッとジャパン』でリアルなクズ男を演じている事で、ドラマや映画などでも悪役のオファーが更に増加しているのだとも言われています。忍成修吾さんのクズ男は視聴者にも業界にも引っ張りだこの人気なのです。

これまでの俳優人生トータルでの演技の評判

忍成修吾さんのこれまでの俳優人生トータルでの演技の評判を見てみましょう。忍成修吾さんはクズ男役や悪役、犯罪者などの役を演じる事が他の俳優よりも多い傾向にあるのですが、クズ男や悪役以外の役で見せる演技も称賛されています。

忍成修吾さん自身は悪役について高く評価されている事に感謝した上で「新しい役柄にも挑戦していきたい」「色々なイメージを持っていただきたい」と語っていました。忍成修吾さんが今後演じる役柄は更に広がりを見せていくのではないでしょうか?

【スカッとジャパン】忍成修吾出演回の内容なども調査

『スカッとジャパン』の忍成修吾さん出演回の内容なども調査しました。忍成修吾さんがこれまでに『スカッとジャパン』に登場してきた中で特に話題となった内容を振り返ってみましょう。忍成修吾さんが他の作品で演じる役柄などもご紹介します。

秋元才加と繰り広げられる演技

忍成修吾さんと秋元才加さんと繰り広げる演技も『スカッとジャパン』出演者と視聴者に大好評でした。「ムカッと」させるクズ男を演じる忍成修吾さんと、彼に苦しめた結果爆発して彼に制裁を下して「スカッと」させる女性を演じる秋元才加さんは、『スカッとジャパン』の黄金コンビと呼ばれています。

忍成修吾さんが演じる実に嫌な男にムカッとし続けた『スカッとジャパン』出演者と視聴者が、男に報復する秋元才加さんの凛々しさとかっこよさにスカッとするというバランスが実に見事なのです。それゆえに忍成修吾さんと秋元才加さんは『スカッとジャパン』出演者と視聴者に「黄金コンビ」と呼ばれて愛されているのでした。

自分勝手な役柄にスタジオ啞然

忍成修吾さんが『スカッとジャパン』で演じる自分勝手な役柄にスタジオの出演者と観覧者が啞然となる現象が頻発しています。苗の項でご紹介した忍成修吾さんと秋元才加さんの黄金コンビが出演したエピソードの内容を振り返ってみましょう。

その回で忍成修吾さんが演じたのは自分勝手すぎるクズ男でした。恋人同士の待ち合わせからエピソードが始まるのですが、忍成修吾さんは待ち合わせに遅れたばかりか「今日は君と一緒にいられない」と恋人に言い渡します。

「気が乗らない」と言って帰宅してしまうのです。その所業について忍成修吾さんは「これはグッドニュース」と居直り、理由を尋ねる秋元才加さんに「俺と会える筈が一緒にいられないって事は、逆にこんなに俺を感じられる日はないでしょ?」と説明します。

その後に何と「おめでとう」と発言するのです。その後も忍成修吾さんのムカッとする言動は続き、スタジオも視聴者も唖然とした時、秋元才加さんが怒りを爆発させて忍成修吾さんにビンタを炸裂させます。「この爽快感がたまらない」と大好評なのです。

忍成修吾は他の作品でもイタい役柄が多い?

忍成修吾さんは他の作品でもイタい役柄が多いと言われています。経歴の項でご紹介したように、忍成修吾さんは映画『リリイ・シュシュのすべて』で演じた悪役が評判になって以降ドラマや映画で悪役や犯人役などを配される事が増えていきました。

忍成修吾さんは与えられた役を『スカッとジャパン』でのクズ男と同様に完璧に演じ、その演技がハイレベルすぎて「忍成修吾さん本人も問題がある性格なのでは?」と多くの人に誤解させているのです。

忍成修吾さんは初対面の相手に「怖い人だと思っていました」と言われる事が多いとインタビューで語っていた事があります。イタい役柄を演じきる事でイタい人と思われる事について、忍成修吾さん本人は「俳優としての評価が高い証」と受け止めているそうです。

【スカッとジャパン】忍成修吾以外の話題の歴代出演者

『スカッとジャパン』に登場する忍成修吾さん以外の出演者をご紹介します。『スカッとジャパン』での役や演技が話題を集めてきた歴代出演者である木下ほうかさん・津田寛治さん・長嶋一茂さんの出演回をチェックしてみましょう。

スカッとジャパン歴代出演者①木下ほうか

『スカッとジャパン』歴代出演者の中から最初にご紹介するのは木下ほうかさんです。木下ほうかさんは視聴者が投稿したエピソードに登場する「嫌味な上司」の役を演じる事が多く、「役にハマりすぎてて怖い」「『スカッとジャパン』での嫌味な課長役がリアルすぎてムカッとするべきシーンでスカッとしてしまった」といった声を寄せられています。

『スカッとジャパン』のMCを担う内村光良さんによれば、視聴者からのファンレターが最も多いのは木下ほうかさんが演じる悪役だそうです。ドラマや映画で『スカッとジャパン』で演じるような悪役を演じる事も多い名優なので、『スカッとジャパン』で紹介されるエピソードを更に面白くさせるのでした。

スカッとジャパン歴代出演者②津田寛治

『スカッとジャパン』歴代出演者の中から次にご紹介するのは津田寛治さんです。津田寛治さんが出演した回で特に人気があったのは、津田寛治さんが少年達を追い散らそうとする迷惑男を演じた回でした。津田寛治さんは真面目かつ温厚そうな雰囲気を持った俳優なのですが、その外見からは想像もつかないようなクズ男性を見事に演じています。

一見悪い人に見えない津田寛治さんが悪役を演じる事で、視聴者が投稿したエピソードを非常にリアルに表現しているのです。卓越した演技力を持つ津田寛治さんが出演した回は「津田寛治劇場」と呼ばれ、『スカッとジャパン』の視聴者にこよなく愛されています。

スカッとジャパン歴代出演者③長嶋一茂

『スカッとジャパン』歴代出演者の中から最後にご紹介するのは長嶋一茂さんです。長嶋一茂さんが『スカッとジャパン』で演じて大好評だったのは「ボンボンパパ」でした。ボンボンパパというのは、自分が裕福である事を鼻にかけ、自分よりも経済力が劣っている相手をバカにする鼻持ちならないクズ男性の事です。

そのボンボンパパを長嶋一茂さんは実に生き生きと演じて視聴者に感嘆されました。「あまりにリアルすぎて、あのボンボンパパが長嶋一茂さんの素顔のように思えてしまった」という感想も寄せられています。俳優としては高評価に当たるコメントなのですが、一個人としてはあまり嬉しくない言葉かも知れません。

【スカッとジャパン】忍成修吾の役はクセになる演技

『スカッとジャパン』で観る事ができる忍成修吾さんのクズ男役はクセになる演技だと定評がありました。『スカッとジャパン』は2022年3月に終わりを迎えますが、その後放映されるスペシャル版に忍成修吾さんのクズ男が登場する事を祈りましょう。

Thumb忍成修吾まとめ!学歴や出演ドラマなどの経歴は?悪役が多い?俳優まとめ
イケメン俳優とした活躍されている忍成修吾さん。現在では悪役のイメージがついてきていますが、こ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

新着一覧

最近公開されたまとめ