王理恵の現在!旦那遍歴や婚約破棄って?結婚や離婚・子供まとめ

王貞治の娘で、現在では野菜ソムリエとしても活躍している王理恵ですが、実は今までの結婚遍歴が少し変わっており、度々ネットなどで話題を呼んだことがあります。王理恵の現在までの結婚、離婚、そしてその理由についてまとめてご紹介します。

王理恵の現在!旦那遍歴や婚約破棄って?結婚や離婚・子供まとめのイメージ

目次

  1. 1王理恵のプロフィール
  2. 2王理恵の現在!
  3. 3王理恵の旦那遍歴
  4. 4王理恵の婚約破棄や子供について
  5. 5王理恵の性格や国籍は?
  6. 6王理恵は3度目の結婚をし野菜ソムリエとして活躍

王理恵のプロフィール

・愛称:なし
・本名:王理恵
・生年月日:1970年3月7日
・年齢:52歳(2022年9月現在)
・出身地:東京都
・血液型:非公表
・身長:168センチ
・体重:非公表
・活動内容:タレント、スポーツキャスター、野菜ソムリエ
・所属グループ:なし
・事務所:リクコーポレーション
・家族構成:父親・王貞治(元プロ野球選手)

王理恵の経歴

1970年生まれの王理恵はその昔、博報堂に勤務していましたが退社後は拠点を福岡に移し、スポーツキャスター、タレント、コメンテーター、そして野菜ソムリエの資格を取得するなどしてマルチに活動を行なっています。

一時に比べるとメディアへの出演頻度は減りましたが、現在でもバラエティ番組やテレビ番組などに少し露出しており王理恵の活躍している姿を見ることができます。

王理恵は王貞治の娘

王という名字から察しがつくかと思いますが、王理恵は超有名人である元プロ野球選手、王貞治の娘です。王貞治には3人の子供がおり、全て娘です。王理恵はそのうちの次女です。王貞治といえば一本足打法、そしてホームラン王で知られる国民的スターです。

そんな王貞治は1966年に結婚し、王理恵を含め子供を3人授かりました。ちなみに子供の名前全てに結婚しても字が無くならないようにと王という字がつけられています。

ちなみに王理恵が福岡に活動拠点を移したのは王貞治がきっかけでした。王貞治がその当時、野球球団の福岡ダイエーホークスの監督に就任したため、それがきっかけとなり王理恵も拠点を福岡に移し、福岡の地方番組でスポーツキャスターを務めることとなりました。

もともとから表舞台に立つわけでもなかった王理恵がメディアに出るようになったのは、王貞治の福岡ダイエーホークスへの監督就任が理由であったともいえます。

王理恵の現在!

テレビ番組などに出演し活動を行なっている王理恵ですが、出演する番組などでは王貞治との関係や現在に到るまでの思い出、そして自身が取得した他ではなかなか見かけない珍しい資格についても話をよくしています。

現在の王理恵がテレビなどで語った王貞治とのエピソードや現在の生活などについてみていきましょう。

「ダウンタウンDX」で告白した幼少期が話題に

王理恵は2018年の2月にダウンタウンDXというバラエティ番組に出演しました。その中で自分の幼少時代の話をしたのですが、そのエピソードが強烈であるとネットでも話題を呼びました。例えば王貞治が家に帰宅する時には三つ指をついて帰宅を出迎えていました。

さらに王貞治の打席シーンをテレビで見る時には必ず正座をして見なければならないなど、かなり父親を中心とした厳格なルールがあり厳しい家庭であったことが話されました。

そのほかにも食卓では王貞治だけ豪華な食材であるなどの決まりもありました。門限についても厳しく王理恵が大学時代の門限は23時、その時間に1分でも遅れると罰として1週間外出が禁止となりました。王貞治は子供に対してかなりスパルタな性格だったようです。

有名人の子供というと、どちらかといえば甘やかされて育ったイメージがありますが、こうしたスパルタエピソードが披露されたことで王理恵に好感を持った人が多かったようです。

2018年に再婚した父の王貞治に猛反対

もう1つ王理恵が注目をされたのは王貞治が2018年5月に78歳にして再婚をした時でした。王貞治は最初の奥さんを2001年にがんで亡くなりました。そしてその5年後王貞治自身も胃がんにかかり闘病生活を送ることとなります。

その闘病生活を支えてくれたのが王貞治が再婚した一般女性でした。もともとその女性は老舗料亭の女将であり、王貞治との交流自体は1990年頃からあったといわれています。

しかし王貞治の闘病生活での関わりをきっかけに交際がスタートし、そこから長い間事実婚状態でした。そしてついに2018年に結婚することとなりました。しかし最初は王理恵が猛反対していました。その理由は財産目当ての再婚ではと考えていたからと言われています。

しかし最終的には父親である王貞治の気持ちを尊重し、王理恵も結婚を承諾したと言われています。

王理恵は野菜ソムリエでSNSも話題に

王理恵は王貞治の娘というタレントとしてだけではなく、野菜ソムリエ資格者としても活動をしています。王理恵がこの資格をとった理由はがんで王貞治が奥さんを亡くした後、1人で暮らしていたため食生活や体を心配したからだと言われています。

野菜ソムリエの資格を取得してからは、それを生かして食品のCMなどにも出ています。また2006年に王貞治ががんにかかってからも資格を生かし手料理を作っていました。

王貞治が胃がんから現在は回復しているのも、再婚した女性の看病もありますが娘である王理恵の食事面も含めた献身的なサポートのおかげであったと言うことができるでしょう。

王理恵は現在では昔のようにCMなどには出ていませんが、野菜ソムリエとしての活躍は王理恵自身のブログを通じて見ることができます。さらにはインスタでも料理の写真を多く投稿しており、野菜ソムリエとしての腕は健在と言えます。

王理恵の旦那遍歴

両親を思いやって資格まで取得する優しい性格のように思える王理恵ですが、実は現在までに3度結婚、2度離婚、そして1度は婚約破棄までした過去があります。その度に王貞治の娘が結婚、離婚などとメディアである程度話題となりました。

王理恵が数回に渡って結婚、離婚を繰り返した理由はなんだったのでしょうか?それぞれ今までに王理恵が結婚した相手を見ながら振り返ってみます。

1995年に博報堂の一般男性と結婚するも離婚

王理恵が初めて結婚をしたのは1995年のことでした。王理恵は福岡に移住してスポーツキャスターやタレントとして活動する前には博報堂という企業に務めるOLでした。最初に結婚した相手もその博報堂で一緒に仕事をしていた同僚だったと言われています。

しかしそれから2年半後にこの男性とは離婚をしています。離婚理由は詳しく明かされていませんが、メディアでは王理恵の浪費癖が原因であったとも言われています。

2001年にテレビプロデューサーと2度目の結婚

それから2001年王理恵は再婚をしました。今度の結婚相手はテレビ番組のプロデューサーでした。この時はすでに王理恵はスポーツキャスターやタレントとして活動をしており、その仕事を通じて知り合った男性と考えられます。

最初の離婚では収入、浪費などお金がらみが離婚原因となってしまいましたが、テレビプロデューサーであれば収入は申し分なかったと考えられます。

2度目の離婚理由は性格の不一致

しかし再婚から3年後に王理恵は再び離婚します。離婚理由は性格の不一致であったと言われています。テレビプロデューサーであれば番組のためにしっかり意見を言う人が多く、王理恵の性格も同じくはっきりとものをいうものであったためそこで衝突があったようです。

もう1つ、テレビプロデューサーはかなり不規則な仕事です。土日が休みというわけでもないため性格だけでなく、生活のすれ違いも離婚理由の1つであったと言われています。

2015年に歯科医と3度目の結婚

2度の離婚を経験し、結婚はしないかに思われた王理恵でしたが2015年に再々婚をし現在でもその男性と家庭を築いています。3度目の結婚相手は一般人と報道されましたが、その後の情報では東京に複数のクリニックを持つセレブな歯科医師であると言われています。

この再婚に関しては王理恵自身がフェイスブックを通じて公表しています。知り合ったのは2011年頃、交際に発展したのは2014年頃からと言われています。

王理恵の婚約破棄や子供について

王理恵は今までに2度離婚をし、そして3度目の結婚で現在でも幸せな生活を送っているのですが、実は2度目の離婚から3度目の結婚までの間に婚約発表、そしてその婚約を破棄したという過去があります。世間ではその婚約破棄の理由が大きく話題となりました。

一度はメディアに堂々と婚約発表までした後に、婚約破棄をした理由は何だったのでしょうか?王理恵の婚約破棄騒動について見ていきます。

3度目の結婚前には医師と婚約発表

王理恵が婚約発表をしたのは2007年のことでした。相手は医師である本田昌毅でした。本田昌毅は沖縄にメンズクリニックを経営するほか、都内にもメンタルクリニックを開業するなど経営者としても実力のある人物で、芸能界にも知人がたくさん存在していました。

そんな本田昌毅と王理恵が知り合ったのは、たまたま同じ飲食店で食事をしたことがきっかけであったと言われています。

ちなみにその時本田昌毅が一緒に来店をしたのは歌手で有名な郷ひろみでした。こうした芸能界との交流も深かった本田昌毅は出会った王理恵とも交流を深め、そこから交際に発展しました。そして2007年には交際だけでなく婚約まで発表することとなりました。

王貞治同伴のハワイ婚前旅行も話題に

婚約宣言をした後は王貞治の娘と大物医師の結婚が間近であるということもあり、メディアが大きく注目することとなりました。その中で話題となったのはハワイへの4泊5日の婚前旅行でした。普通のカップルであれば違和感ありませんが、なんと王貞治も同伴でした。

親公認とも言えるハワイへの婚前旅行は、これまたメディアの関心を大きく集め話題となりました。仲睦まじい姿が報道され、結婚秒読みと言われていました。

結婚直前に蕎麦が理由で婚約破棄

しかしこうした結婚間近報道から一転、同年12月に王理恵が婚約を無期限に延期すると電撃発表を行いました。無期限延期の理由は、なんと本田昌毅が蕎麦をすする音が気に入らなかったためという驚きのものでした。王理恵本人がテレビ番組で語っています。

人生を一緒に歩むのが無理とまで思わせたようで、蕎麦をすする音がきっかけで王理恵と本田昌毅の婚約は2008年4月に正式に解消となってしまいました。

しかし蕎麦のすする音だけが婚約破棄の全ての理由であったわけではありません。その当時、本田昌毅には女性患者へのセクハラ疑惑や東京国税局により所得隠しが指摘されるなどスキャンダルが相次ぎました。こうした報道が王理恵の中で疑心感を募らせたと言えます。

時系列までは明らかになっていませんが、こうしたスキャンダルの後に蕎麦のすする音というのが王理恵の中で婚約破棄の決定打となったのかもしれません。

王理恵に子供はいる?

現在3度目の結婚生活を送っている王理恵ですが、どの結婚においても子供は授かっていません。また現在の結婚生活においても王理恵が妊娠して子供を授かったという報道はなく、王理恵に子供はいないことがわかっています。

もしかすると今後子供を授かるかもしれず、そうなると王貞治に孫が誕生というニュースで大きな話題を呼ぶことは間違いありません。

王理恵の性格や国籍は?

2度の離婚をし、さらには婚約を理由の1つであるとはいえ蕎麦をすする音で破棄してしまうという報道から王理恵は性格がきつすぎるのではとも一部では言われていますが、果たして性格がきついというのは本当でしょうか?

また王理恵が東京生まれでありながら国籍が日本ではないのではないかとも噂される理由についても詳しく見ていきましょう。

性格は他人に厳しい?

ネットの声を見ると王理恵は性格がきついという意見を多く見ることができます。やはり過去の離婚と婚約破棄が影響しているようです。さらに最近バラエティ番組に出演する時の王理恵の姿を見ても、物怖じせずはっきりとものを言うため性格がきついと思われています。

しかし王理恵のものがはっきりと言える性格は確かと言えど、過去に母親を病気で亡くし、1人暮らしをしていた王貞治のことを思い野菜ソムリエの資格までとったことを考えるととても家族思いで優しい心を持った人とも考えられます。

王理恵の国籍は?

東京生まれでありながら、一部報道では王理恵が日本国籍でないのではないかと言われていますが、王理恵は間違いなく日本国籍です。海外国籍ではないかと言われるのには父、王貞治の国籍が関係しています。

父・王貞治は現在も中華民国籍を守る

実は王理恵の父である王貞治は日本国籍ではありません。王貞治の父親は中華料理店を営む中国人でした、母親は日本人です。そのため王貞治は中国と日本のハーフです。王貞治自身は日本で生まれ、日本で生活していました。

しかし国籍は中華民国であり、日本ではありません。これについては時々メディアなどで報じられることがあります。

王貞治は国民栄誉賞の初代受賞者ですが、この時にも日本国籍でないのに授与してよいのかと少し話題になったことがありました。まだWBCの時には海外のメディアから国籍について尋ねられたこともありました。

王貞治は海外メディアに対し国籍のことは言及しないものの、自分は日本人であると答えました。国籍は違えど、世間でも王貞治は日本の誇りと答える人は多く存在しています。

王理恵は3度目の結婚をし野菜ソムリエとして活躍

王貞治の次女である王理恵は現在までに3度の結婚をした女性でした。一部では離婚を2度繰り返しているため性格がきついのではないかと噂もされていましたが、野菜ソムリエの資格まで取り、両親のことを考えていたところを見ると優しい部分もあると言えます。

バラエティ番組でインパクトのある幼少期を語るなどして、最近では再び人気を集めています。これからの王理恵のメディアへの露出にも期待がかかります。

Thumb清原和博の現在!逮捕後は?2017~2018を振り返り!最新画像は?
2016年に覚せい剤所持・使用で逮捕された元プロ野球選手の清原和博ですが、現在ではどのような...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
383holly

新着一覧

最近公開されたまとめ