小澤征良ってどんな人?父は小澤征爾で母は入江美樹!結婚は?

アメリカ合衆国サンフランシスコ生まれのエッセイストで作家の小澤征良さん。小澤征良さんのとはどのような人なの?父は小澤征爾で母は入江美樹!?結婚や妊娠・出産、その夫は?そんな、小澤征良さんの気になる話についてまとめました。

小澤征良ってどんな人?父は小澤征爾で母は入江美樹!結婚は?のイメージ

目次

  1. 1小澤征良のプロフィール
  2. 2小澤征良はどんな人?
  3. 3小澤征良の家族が凄い
  4. 4小澤征良の結婚と出産の詳細
  5. 5小澤征良のお勧め作品を紹介
  6. 6小澤征良は作家として活躍していた

小澤征良のプロフィール

・愛称:???
・本名:小澤征良
・生年月日:1971年12月29日
・年齢:47歳
・出身地:アメリカ合衆国サンフランシスコ
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:エッセイスト
・所属グループ:なし
・事務所:???
・家族構成:既婚。父は指揮者の小澤征爾、母は元モデルで女優の入江美樹、弟に俳優の小澤征悦、従兄にミュージシャンの小沢健二
・著作:「おわらない夏」「聖地へ」「しずかの朝」など

小澤征良の経歴

小澤征良(おざわせいら)さんはアメリカ合衆国サンフランシスコ出身で、1971年12月29日生まれの現在47歳です。父はウィーン国立歌劇場音楽監督を務めたこともある世界的な指揮者の小澤征爾さん、母は元モデルで女優の入江美樹さんと、世界的な活躍をなされている両親のもとに生まれました。

征良という名前は、父・小澤征爾さんの「Seiji」と母の入江美樹さん(本名:ヴェラ・ヴィタリエヴナ・イリーナ)の「Vera」を継ぎ足して命名されました。

そして、小澤征良さんの弟は俳優の小澤征悦さんで、従兄にミュージシャンの小沢健二さんがいます。家族、親戚と今現在でも世界や全国で活躍されている方々に囲まれ育ちました。

小澤征良さんは、6歳の時にボストンの小学校から東京都世田谷区にある、成城学園初等学校に転校しました。成城学園中学校高等学校を卒業後には、成城大学に進みましたが中退し、上智大学比較文化学部を卒業しました。

大学卒業後は、メトロポリタン歌劇場で演出助手を務め、オペラ演出を学んでいました。その後、テレビ番組の司会などを務めつつ、雑誌を中心にエッセイを書き始めました。

そして、2002年に出版したエッセイ「おわらない夏」がベストセラーとなり話題となりました。その後も数々のエッセイを執筆する、有名作家となりました。40歳の時には結婚をし、妊娠・出産もしています。

小澤征良はどんな人?

2002年に「おわらない夏」がベストセラーとなり話題となった小澤征良さんですが、どのような方なのかご存じでない方も多いのではないでしょうか。

その小澤征良さんがどのような活躍をしているのか、生まれ故郷や幼少期についてまとめていきたいと思います。

小澤征良はエッセイストとして活躍

小澤征良さんは有名なエッセイストです。エッセイストとは、筆者の体験や読書などによって得た知識をもとに、その体験や知識に対して、感想・思索・思想をまとめた散文である随筆を書く者のことです。

小澤征良さんはエッセイは、詩的で繊細な文章が印象的な作家として活躍をされています。やはり、父である小澤征爾さんが音楽家で、小澤征良さん自信もオペラ演出を学んでいたことから、このような感性が磨かれたのではないでしょうか。

生まれ故郷はアメリカの模様

小澤征良さんの生まれ故郷は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコになります。世界で活躍する小澤征爾さんを父に持つことから、海外が生まれ故郷というのも当然と言えるかもしれないです。

故郷はサンフランシスコですが、6歳の時に日本の小学校である成城学園初等学校に転校しており、それ以降は日本の学校で学び育っています。

幼少期は日本と海外を行き来していた

小澤征良さんの幼少期は日本や海外を行き来する生活が続いていました。日本の学校に転向後、喘息を発症していることからも、多感な時期である幼少期に日本と海外を行き来する生活にストレスが多くあったのだと思います。

上記にも記載しているのですが、小澤征爾さんを父に持ち、小澤征良さん自身オペラ演出を学んでいたことだけでなく、この経験もまた小澤征良さんのエッセイストとしての感性を磨いた出来事だと思われます。

小澤征良の家族が凄い

小澤征良さんは結婚し、妊娠・出産を経て自分の家庭を持っています。その小澤征良さんの家族は、世界的な指揮者である小澤征爾さんを父に、元モデルで女優の入江美樹さんを母に持ち、弟は俳優の小澤征悦さんと豪華な顔ぶれです。

小澤征良さんの家族については、上記のようにも軽く紹介してきましたが、さらに詳しくご紹介していきたいと思います。また、小澤征爾さんと入江美樹さんの離婚の噂についてもまとめていきます。

父は世界的指揮者小澤征爾

小澤征良さんの父は世界的な指揮者の小澤征爾さんです。2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場音楽監督を務めたこともある、世界的な指揮者です。1962年にはピアニストの江戸京子さんと結婚されましたが離婚されています。

また、文化勲章受章やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団名誉団員、ボストン交響楽団桂冠音楽監督、セイジ・オザワ 松本フェスティバル総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団桂冠名誉指揮者など様々な称号を得ている偉大な人物です。

1998年には長野オリンピックで音楽監督を務め、開会式では小澤征爾さん指揮によるベートーベン第九を演奏しています。同年には、フランス政府からレジオンドヌール勲章を受賞してもいます。

2002年には日本人指揮者として初めてウィーン・フィルニューイヤーコンサートを指揮しており、このコンサートは世界同時生中継され、CDの売り上げ枚数は100万枚を超えています。このほかにも、数々の実績や賞を受賞している、日本を代表する世界で大活躍する指揮者です。

国内外に多くのファンを持ち、ヨーロッパで多くの指揮経験もある、世界的な指揮者である小澤征爾さんですが、破天荒な部分もあります。

1959年には、スクーター、ギターとともに貨物船で単身渡仏を行ったり、1972年には日本芸術院会館で日本芸術院賞授賞式に出席した際に経営危機だった日本フィルについて「皇室が交響楽団のパトロンになってほしい」と昭和天皇に直訴したこともあります。

母は人気モデルの入江美樹

小澤征良さんの母である入江美樹さんは、日本のモデル、女優、ファッションデザイナーとしてご活躍されていました。本名はヴェラ・ヴィタリエヴナ・イリーナで、父親が白系ロシア人で母親が日本人のハーフです。神奈川県生まれの小澤征良さんですが、家庭では母がロシア語しか話さないため、ロシア語で育ちました。

1958年にサンモール・インターナショナルスクール在学中、母がメイドと冗談半分でモデルに応募したところ、2000人の中から見事選ばれモデルデビューを果たします。メイドさんがいるというので、相当裕福な家庭で育ったと思われます。

画像からも分かる通りとっても美しい方です。入江美樹さんはハーフというのもあり、日本人離れしたスタイルの良さも相まって、1964年の第1回国際ファッション大会では1位に入賞しています。

その後は、日本テレビ系「シャボン玉ホリデー」にマスコットガールとして出演し、1965年には第16回NHK紅白歌合戦の審査委員を務めるほど活躍されていました。また、1966年には映画「他人の顔」で出演し女優としても活躍されていました。

1968年に入江美樹さんは小澤征爾さんと結婚しました。結婚後はファッションデザイナーとして活動し、レディスブランド「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」などを手掛けています。

また、入江美樹さんは小澤征爾さんと結婚される前に一度、離婚を経験しています。

離婚の噂が浮上したこともあった?

世界的な指揮者の小澤征爾さんと入江美樹さんですが、一時は離婚の噂もささやかれていました。入江美樹さんは小澤征爾さんと結婚される前に一度、離婚を経験しています。また、小澤征爾さんもピアニストの江戸京子さんと離婚しています。

「一度あることは二度ある」ということわざもありますが、実際はお二人は離婚しておりません。最近では海外での家族写真が公開され、家族仲が良好であることがわかっていますので、離婚ということは無いと思います。これからも、お二人の末長い幸せをお祈りいたします。

Thumb入江美樹(小澤征爾の嫁)の現在は?息子との関係や離婚の噂も!
ハーフで高身長のモデル、女優として活躍し、小澤征爾さんと結婚したことでも有名になった入江美樹...

小澤征良の結婚と出産の詳細

エッセイストの小澤征良さんですが、既にご結婚しており、子供を妊娠・出産しております。その小澤征良さんの夫やその結婚式について、妊娠や出産の詳細についてまとめました。

極秘で結婚式を挙げていた

2012年の小澤征良さんが40歳の時にご結婚されました。夫は一般人の方ですので、画像等の詳細な情報はありませんでした。小澤征良さんとその夫の結婚式は極秘で行われたとのことです。

なぜ、小澤征良さんとその夫が極秘で結婚式を挙げたかというのは、小澤征爾さんのご病気が関係しております。当時、小澤征爾さんが食道がんを患っており、元気なうちに花嫁姿を見せてあげたいという思いから、メディアなどには公表せずに極秘で結婚式を挙げたとのことです。

小澤征良さんは子供のころから緑に囲まれた森の中で結婚式を挙げたいと思っていたそうですが、夢は実現できずに近場で挙げることなりました。夢であったことを諦め、父のために行動を起こした、小澤征良さんとその夫は最高の親孝行をしたのだと思います。

夫は学校の同級生?

小澤征良さんの夫は一般の方ですので、画像などといった詳しい情報がありませんが、小澤征良さんと成城学園初等部時代の同級生だそうです。小学生の時の同級生が夫というのは、漫画やドラマみたいな展開ですね。

離婚の噂もなく、成城学園初等部時代の同級生で、夫とは長い付き合いのある関係のようですので、今後も離婚といったことは無く、良い家庭を築いていくと思われます。また、小澤征良は妊娠・出産をしていますが、そのことについては後述します。

小澤征良は子供を妊娠出産しているか

妊娠・出産をして、小澤征良さんと夫の間には子供が1人いるそうです。しかし、子供の年齢や性別などについての情報は一切なく不明です。一般の方ですので、仕方ないことではありますが残念です。

極秘結婚式の時もそうですが妊娠・出産を経て、小澤征爾さんと入江美樹には孫ができたことになりますので、最高の親孝行になったともいます。今後も夫、子供と幸せな家庭を築いていっていくことだと思います。

小澤征良のお勧め作品を紹介

小澤征良さんがどのような人か、家族構成や結婚、妊娠・出産についてご紹介してきましたが、エッセイストである小澤征良さんの作品についてはご紹介してきませんでした。

そこで、エッセイストである小澤征良さんのお勧め作品をご紹介していきたいと思います。

お勧めの作品①おわらない夏

「おわらない夏」は2002年に集英社から出版され、ベストセラーとなり話題となった作品です。マサチューセッツ州とニューヨーク州の州境にあるタングルウッドで開催されるタングルウッド音楽祭が1937年8月より、開催されています。そこで毎年夏に小澤征爾さんがタングルウッドで指揮をしていました。

この作品は小澤征良が、そのタングルウッド音楽祭が始まる夏のタングルウッドについて綴ったエッセイになります。2002年に小澤征爾さんがタングルウッド音楽祭での指揮を終えており、そのことについても作中で触れています。

ベストセラーエッセイの代表作として知られている「おわらない夏」では、夏の楽しみと終わる物悲しさをエッセイでうまく表現しています。また、描写表現が素晴らしく、タングルウッドの風景が目の前に浮かんでくるような作品になっています。

お勧めの作品②しずかの朝

「しずかの朝」は2008年に新潮社から出版された小説になります。主人公・しずかが、母の紹介でお見合いをすることとなり、お見合い相手の言葉によって物語が動き出していきます。

しずかは、文武両道、才色兼備である姉の恭子がコンプレックスで、ずっと暮らしていました。そこで、お見合い相手に「きれいな人」と言われ、姉と比べることなく自分自身を見てくれる人がいる、ということに気付かされます。

「しずかの朝」は、家族の在り方と人との関わり合いについて考えさせられる作品となっています。世界で活躍されている父、モデルとして活躍していた母、俳優として活躍されている弟とコンプレックスを持つには十分な環境で生まれ育った小澤征良さんでしか表現できない部分も多くある作品だと思います。

お勧めの作品③聖地へ

「聖地へ」は2007年に徳間書店から出版された大型本になります。この作品は、日本の聖地を巡り、写真を撮り続けてきた写真家の久保田光一さんとの共同作品です。

本の中には日本の聖地を撮ったモノクローム写真があり、1枚1枚に小澤征良さんの短い詩が添えられています。サブタイトルである「Light&Shadow」(光と影)の理由も読んで頂ければ解っていただけると思います。
 

「聖地へ」は、写真と共に小澤征良さんの繊細で優しい詩が添えられており、詩的で繊細な表現が印象的な作家である小澤征良さんにはもってこいな作品となっています。

小澤征良は作家として活躍していた

離婚の噂もありましたが、世界的な指揮者の小澤征爾と元モデルで女優の入江美樹さんを両親に持つ小澤征良さんは、エッセイストで作家です。詩的で繊細な文章が印象的な作家で、「おわらない夏」でベストセラー作家となっています。

その小澤征良さんは結婚しており、妊娠・出産し子供がいます。今後は、妊娠・出産の経験や子供ができたことにより、作品にどのような変化が生まれてくるのかが、とても気になります。今後のご活躍にも期待しています。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ