【BLEACH】茶渡泰虎の能力や魅力は?チャドまとめ!

大人気アニメ『BLEACH』に登場する「チャド」こと茶渡泰虎とは、どのようなキャラなのでしょうか?今回はアニメBLEACHの中に登場する茶渡泰虎のキャラや代表的な能力である「フルブリング」について、「霊圧」が消えやすいという弱点について詳しくご紹介します。

【BLEACH】茶渡泰虎の能力や魅力は?チャドまとめ!のイメージ

目次

  1. 1【BLEACH】茶渡泰虎とは
  2. 2茶渡泰虎(チャド)について
  3. 3茶渡泰虎の能力を調査
  4. 4茶渡泰虎の惹きつけられる魅力
  5. 5茶渡泰虎のBLEACH声優やチャド名言
  6. 6茶渡泰虎はフルブリングの能力を持ちチャドの愛称で人気のBLEACHキャラ

【BLEACH】茶渡泰虎とは

アニメ『BLEACH』に登場するキャラの1つである「チャド」こと茶渡泰虎とは、主人公の中学時代の親友という設定のキャラであり、後に漫画がアニメ化されてからも物語の重要なカギを握る人物として描かれています。

今回は後にアニメ化されるほどの人気を誇った漫画『BLEACH』の概要やチャドこと茶渡泰虎のキャラ、代表的な能力である「フルブリング」の特徴や「霊圧」が消えやすいという弱点がある理由などについて記事の中で詳しくご紹介します。

漫画「BLEACH」の概要

チャドこと茶渡泰虎についてご紹介する前に、アニメ『BLEACH』の原作となっている漫画の概要について軽くご紹介します。『BLEACH』とは久保帯人作の漫画で、少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で2001年から2016年までという長きに渡って連載されてきました。

漫画『BLEACH』は独創的なストーリーかつ、緻密なキャラ設定があること、さらに毎回敵とのバトルが繰り広げられることから、徐々に『BLEACH』にハマる人が続出しました。こうした人気の高まりを受けて、『BLEACH』は2004年からテレビアニメ化されています。

ちなみに『BLEACH』は悪霊「虚(ホロウ)」から家族を守るために、死神である朽木ルキアから力を与えられて死神となってしまった黒崎一護と、その仲間たちの奮闘する様子が描かれています。

漫画『BLEACH』は、「死神代行篇」、「尸魂界篇」、「破面篇」、「死神代行消失篇」、「千年血戦篇」から構成されていますが、テレビアニメ版では時折オリジナルストーリーが織り交ぜられていることから、当時ネット上ではかなり話題となりました。

こうして絶大な人気を誇る『BLEACH』は日本だけでなく世界的にも有名になり、2012年にテレビアニメ版が終了、2016年に漫画の連載が終了した後に、2018年には待望の実写映画化されたことで大きく話題を呼びました。

Thumb【BLEACH】最強ランキング!死神だけでなく斬魄刀のランキングも!
ジャンプの人気漫画「BLEACH」には様々なキャラクターや斬魄刀が登場します。この記事では最...

茶渡泰虎(チャド)について

アニメ「BLEACH」に登場する茶渡泰虎とは、どのようなキャラなのでしょうか?次からチャドこと茶渡泰虎のキャラやプロフィール、愛称がチャドになった理由、実写映画化された際に演じていたキャスト名についてご紹介します。

茶渡泰虎のプロフィール

漫画『BLEACH』に登場するチャドこと茶渡泰虎は、誕生日が4月7日、血液型がAO型、身長が197㎝、体重が112㎏という設定のキャラです。197㎝の長身と112㎏の体重からもわかるように、茶渡泰虎はかなり体格が良く筋肉質な体型をしています。

茶渡泰虎の愛称はチャド

記事の中でも既に何度かご紹介している通り、茶渡泰虎は『BLEACH』の中では「チャド」という愛称で親しまれています。茶渡泰虎の愛称が「チャド」になった理由や具体的なエピソードについて、詳しく見ていきましょう。

愛称チャドの由来は黒崎一護の読み間違え

『BLEACH』の茶渡泰虎の愛称が「チャド」になったのは、茶渡泰虎の親友である黒崎一護とのあるエピソードが関係しています。黒崎一護が茶渡泰虎の苗字「さど」を「チャド」と読み間違えたことから、その後は愛称が「チャド」となったそうです。

茶渡泰虎はイケメンクオーター

ちなみにチャドこと茶渡泰虎の両親は日本人ですが、祖父はなんとメキシコ人です。このため茶渡泰虎はメキシコ人のクオーターで、色黒の肌をしたイケメンの顔立ちをしています。このように茶渡泰虎は『BLEACH』の中では「チャド」という愛称がぴったりのキャラです。

茶渡泰虎は身長が197㎝もある大柄な体格でありながらも、お茶目で可愛らしい性格で、優しい一面もたくさん持っています。こうした外見とのギャップから、茶渡泰虎の人気は急上昇しているようです。

実写映画「BLEACH」チャド役は小柳友が熱演

後にアニメBLEACHが実写映画された際に、チャドこと茶渡泰虎役として出演していたのは俳優の小柳友でした。俳優の小柳友は身長が187㎝であり、197㎝という長身キャラである茶渡泰虎にぴったりだという声が多く寄せられたようです。

ちなみに『BLEACH』はテレビアニメ版の放送が終了した2012年頃から実写映画化の話が出るようになりましたが、制作会社が決まらず何度か企画が頓挫したという過去がありました。しかし6年後の2018年に、ようやく「死神代行篇」を元に映画化されています。

小柳友とは

実写映画化された『BLEACH』で茶渡泰虎役を演じた小柳友は、1988年8月生まれの現在31歳で、芸能事務所「スターダストプロモーション」に所属しています。小柳友は母親に勧められて、3歳の頃からモデルとして芸能界入りをしました。

2006年の映画『タイヨウのうた』で俳優デビューをした小柳友は、2008年の映画『トウキョウソナタ』で高崎映画祭最優秀新人男優賞に輝き、その後も多くの映画やドラマ、舞台に出演している人気俳優として知られています。

茶渡泰虎の能力を調査

アニメ「BLEACH」に登場するチャドこと茶渡泰虎は、どのような能力を持つのでしょうか?茶渡泰虎が持つ代表的な能力や、その中でも一番強力な能力である「フルブリング」の特徴について詳しく調べてみました。

茶渡泰虎の能力【フルブリング】

茶渡泰虎の能力の中でも一番強力なものは、「フルブリング」と呼ばれる能力です。ちなみにこの「フルブリング」という能力は物語の序盤から登場していたものの、実際にはそれが何なのかわかっていませんでした。

しかし物語の後半になった「死神代行消失編」で、茶渡泰虎が長きに渡って浸かってきた能力の正体が「フルブリング」という特異的な能力だったことがようやく判明しています。茶渡泰虎の能力である「フルブリング」について、詳しくご説明します。

フルブリングの特徴

茶渡泰虎の能力である「フルブリング」とは、自分が思い入れのある物体の力を引き出し、自由自在に操ることができる能力です。茶渡泰虎は自身の右腕を媒体として「フルブリング」を使いこなし、あらゆる強敵を倒すことができています。

ちなみに茶渡泰虎が持つ能力である「フルブリング」とは、『BLEACH』に登場する悪霊である「虚(ホロウ)」に襲われた経験のある母親から生まれた子供にだけ宿っている特殊な能力であり、茶渡泰虎のみが使いこなせる得意技でもあります。

茶渡泰虎は漫画『BLEACH』の5巻で、幼馴染である黒崎一護の妹を「虚」から守ろうとした際に「フルブリング」を初めて発動させましたが、はじめはこの強力な能力を使うことに体がついていかず、敵を倒した後には疲労困憊で動けなくなるほどでした。

しかし後に修行を重ねた茶渡泰虎は、徐々に「フルブリング」を自由自在に使いこなせる力を手に入れるとともに、さらなる威力を手に入れたことで、圧倒的なパワーを発揮できるようになっています。

茶渡泰虎の能力【巨人の右腕】

茶渡泰虎が持っている能力2つ目は、「巨人の右腕」です。これは先ほどご紹介した「フルブリング」に付随するものであり、「フルブリング」を使うことで茶渡泰虎は右手を巨大化させ、次々と敵を倒していきます。この能力について、次から詳しくご説明します。

巨人の右腕は盾に効果的

茶渡泰虎は「フルブリング」という能力を使って右手を巨大化させる戦い方をしていたため、茶渡泰虎の右手は攻撃用として使用されるものと見られていましたが、物語が進むにつれて右手は攻撃用ではなく「盾」として使用することが増えてきます。

このように、茶渡泰虎は「巨人の右手」という能力を使って右手を盾とすることで自分の身を守るという戦術を身につけたことで、右腕を盾として使用するのが効果的という考えに行きつきました。

茶渡泰虎の能力【悪魔の左腕】

茶渡泰虎の持っている能力3つ目は、「悪魔の左腕」です。この能力も先ほどご紹介した「フルブリング」に付随するものであり、茶渡泰虎は自分の左腕を使用して圧倒的な攻撃力を生み出しています。この能力について、次から詳しくご説明します。

悪魔の左腕は優れた攻撃能力

茶渡泰虎は漫画『BLEACH』の30巻の中で、敵の猛攻を受けてなす術がない状態に陥ってしまいます。途方に暮れていた茶渡泰虎ですが、その時突然左腕に力が宿り、「悪魔の左腕」という能力が発動しました。

その後も茶渡泰虎は何度もこの能力を使っているうちに、左腕から強烈なパンチを繰り出すことができるようになっていきます。茶渡泰虎は物語の中で修行を重ねるにつれて、仲間である「護廷十三隊」も手を焼くほどの圧倒的な攻撃力を手に入れていきます。

このように、茶渡泰虎は「巨人の右手」という能力を使って右手を盾とすることで自分の身を守り、反対の左腕を攻撃用として使うという戦術が確立していきました。

霊圧が消えやすいキャラとしても有名

茶渡泰虎は漫画『BLEACH』の中では、「霊圧」が消えやすいキャラとしても有名です。ちなみに「霊圧」とは霊体が発する霊的な圧力のことで、霊圧が高いほど技の威力が高いとされており、「霊圧=戦闘能力の高さ」と捉えられています。

ちなみに茶渡泰虎は霊圧が消えやすいキャラとして描かれていますが、茶渡泰虎の霊圧に関する具体的なエピソードについて、次から詳しく見ていきましょう。

黒崎一護のセリフ「チャドの霊圧が消えた」も話題に

茶渡泰虎は漫画『BLEACH』の「尸魂界潜入編」で八番隊第三席を倒しましたが、その後隊長である京樂春水から反撃を受け、茶渡泰虎は腹部を切られて気絶してしまいます。その時に幼馴染の黒崎一護が発したセリフが「チャドの霊圧が消えた」でした。

この黒崎一護が発したセリフはネット上で話題となり、「チャドの霊圧が消えた」は「名セリフ」として現在まで語り継がれています。

茶渡泰虎の惹きつけられる魅力

アニメ「BLEACH」に登場するチャドこと茶渡泰虎には、どのような魅力があるのでしょうか?茶渡泰虎の魅力や性格について調べてみました。

BLEACHキャラの中でも老け顔が魅力的

茶渡泰虎の魅力1つ目は、イケメンキャラでありながらも、顔は「老け顔」であることです。茶渡泰虎はメキシコ人のクオーターであり、かなり濃い顔立ちをしていますが、なぜか老け顔として描かれているところが逆に魅力的と言われています。

性格は優しいチャド

茶渡泰虎の魅力2つ目は、性格が優しいところです。茶渡泰虎は見た目はかなりイカツイですが、仲間想いの優しい性格をしており、こうしたギャップが魅力的と言われてかなり人気を呼んでいます。

ぬいぐるみを追いかけるなどお茶目な一面も

さらに茶渡泰虎は優しい性格に加え、ぬいぐるみが好きというお茶目な一面もあります。イカツイ見た目をしていながらも、可愛いものに目がないというキャラである茶渡泰虎。やはりこうしたギャップが、茶渡泰虎の人気の秘訣なのでしょうね。

幼少期の祖父の言葉でチャド魅力UP

茶渡泰虎は幼い頃に両親を失った悲しい生い立ちがあり、祖父母のもとで育てられました。茶渡泰虎はこうした生い立ちの影響か、いじめをしていた過去がありました。しかし祖父から「お前の能力は弱いものや仲間を守るために使いなさい」と諭されたそうです。

その後茶渡泰虎は祖父の教えを守り、弱いものをいじめていた立場から弱いものを守る立場へと変わり、現在のような心優しい性格に変わっていきました。

漫画「BLEACH」最終回の10年後はプロボクサー

ちなみに茶渡泰虎は漫画『BLEACH』の「千年血戦篇」では、10年後にプロボクサーになっている姿が描かれており、茶渡泰虎の将来に注目が集まりました。

茶渡泰虎のBLEACH声優やチャド名言

チャドこと茶渡泰虎はアニメ「BLEACH」の中で、数々の名言を生み出してきたことで話題になっています。茶渡泰虎が生み出した名言や、アニメ「BLEACH」で茶渡泰虎を担当していた声優について調べてみました。

アニメ「BLEACH」でのチャドの声優担当は安元洋貴

アニメBLEACHでチャドこと茶渡泰虎の声優を担当しているのは、人気声優として知られている安元洋貴です。安元洋貴のプロフィールや経歴について、詳しく見ていきましょう。

安元洋貴のプロフィール

声優の安元洋貴は1977年3月生まれの現在42歳で、声優事務所「シグマ・セブン」に所属しています。安元洋貴は学生時代に姉から誘われて劇団に所属しましたが、なかなか芽が出ず、その後文化放送の夜勤のアルバイトを始めています。

しかし安元洋貴は自分の声に特徴があることに気づき、その後は俳優から声優に転向しています。声優デビュー後は報道やナレーションの仕事を多くこなしていた安元洋貴ですが、2004年頃から徐々にテレビアニメへの出演が増えていきました。

チャド声優(安元洋貴)のBLEACH以外の出演作

安元洋貴は多くのテレビアニメ作品に出演してきた人気声優です。安元洋貴が声優として出演している作品は、人気テレビアニメ『犬夜叉』や『のだめカンタービレ』、『黒執事』など、これまでに数え切れないほど多くのテレビアニメに出演しています。

チャド名言「あいつは俺達の中で何というか」

茶渡泰虎の名言1つ目は、「あいつは俺達の中で何というか」です。この名言は「尸魂界潜入編」の中で誕生したもので、茶渡泰虎が周囲をよく見ていることが改めてわかる言葉です。

チャド名言「わかってるんだろ」

茶渡泰虎の名言2つ目は、「わかってるんだろ」です。この名言は『BLEACH』55巻で滅却師たちが「虚」を連行した場面で、幼馴染の黒崎一護が敵である虚を助けた際に登場し、茶渡泰虎が黒崎一護のことを心から信頼していることが改めてわかる言葉です。

チャド名言「俺が死んでそっちにいったら」

茶渡泰虎の名言3つ目は、「俺が死んでそっちにいったら」です。漫画『BLEACH』2巻ではインコに魂を込められて成仏することとなった少年が登場しましたが、茶渡泰虎は少年が不安がらないようにするためににかけた言葉です。

チャド名言「一護が命をかけてるんだ」

茶渡泰虎の名言4つ目は、「一護が命をかけてるんだ」です。茶渡泰虎は護廷13隊の隊長京楽春水から「なぜ戦いに命をかけるのか」と問われた際に、幼馴染の黒崎一護を想って「一護が命をかけてるんだ」という発言をしています。

チャド名言「剣を握らなければ」

茶渡泰虎の名言5つ目は、「剣を握らなければ」です。茶渡泰虎は「剣を握らなければおまえを守れない。剣を握ったままではおまえを抱き締められない。」という名言を残しており、ネット上では「チャドがイケメン過ぎる」と大きく話題を呼びました。

茶渡泰虎はフルブリングの能力を持ちチャドの愛称で人気のBLEACHキャラ

大ヒットを記録した漫画『BLEACH』に登場するチャドこと茶渡泰虎は、「フルブリング」という独自の能力を使い、圧倒的な戦力を発揮する人気キャラです。

茶渡泰虎はガタイのよい体でありながらも、心優しくお茶目な一面があり、ギャップに萌えるファンが続出しています。さらに茶渡泰虎は数々の名言を残しており、茶渡泰虎の活躍は今後も語り継がれていくことでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
中村千尋
元々は総合病院で助産師として働いていましたが、現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をさせ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ