舘ひろしの年収は?最高月収や収入源なども調査!石原プロのその後は?

舘ひろしの年収に関する噂を調査しました。舘ひろしの最高月収や収入源などについて解説します。舘ひろしの経歴や石原プロモーションの活動なども合わせて確認していきましょう。石原プロ解散後の舘ひろしの収入や年収に関しても注目してください。

舘ひろしの年収は?最高月収や収入源なども調査!石原プロのその後は?のイメージ

目次

  1. 1舘ひろしのプロフィール
  2. 2舘ひろしの年収は?
  3. 3舘ひろしの最高月収や収入源なども調査
  4. 4舘ひろしの石原プロのその後は?
  5. 5舘ひろしと同じ年齢(1950年生まれ)の芸能人の年収
  6. 6舘ひろしの最高年収は1億円超えとの噂

舘ひろしのプロフィール

・愛称:タカ
・本名:舘廣(たちひろし)
・生年月日:1950年3月31日
・年齢:71歳(2021年4月現在)
・出身地:愛知県名古屋市中区老松町
・血液型:A型
・身長:179cm
・体重:???
・活動内容:俳優、シンガーソングライター
・所属グループ:元クールス
・事務所:舘プロ(以前は石原プロモーション)
・家族構成:妻

舘ひろしの経歴

舘ひろしは愛知県名古屋市出身の俳優、シンガーソングライターです。かつては石原プロモーション、現在は舘プロに所属しています。

実家は古くから続く士族の家柄で、父親は開業医で、弟もクリニックを開業しています。幼少期の舘ひろしは、鈍くさかったことから「どんくさ舘」と呼ばれていたのだとか。そんな彼ですが、高校時代はラグビー部の主将を務めており、大学では大型バイクを乗り回していたのです。

バイク乗りとしてグループを結成したところ、芸能関係者の目に留まり、1975年にロックバンド「クールス」として、「紫のハイウェイ」でデビュー。舘ひろしはメインボーカルを務めています。

その後は東映の社長に気に入られて、俳優としてデビュー。ドラマ「西部警察」シリーズに出演した際に渡哲也に出会い、以後は彼を師事することになります。1983年に石原プロモーションに入社。以後は会社が解散するまで石原プロ所属として活動を続けました。

渡哲也や石原裕次郎の元で演技を学びながら、様々な作品に出演。1986年からは代表作ともいえるドラマ「あぶない刑事」シリーズの放送が開始しています。

2018年に主演した映画「終わった人」では、第42回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門最優秀男優賞を受賞しています。また、過去にラグビーをしていたことから、2018年にはラグビーワールドカップのPRキャプテンに任命されました。

Thumb舘ひろしがかっこいい!若い頃と現在の違いは?やっぱりモテる!
舘ひろしがかっこいいと多くの話題を集めています。舘ひろしは若い頃から「かっこいい」と話題を集...

舘ひろしの年収は?

芸能人に関する情報の中で気になることは様々あるでしょう。熱愛に関係する彼氏や結婚の噂も、そういったものといえるかもしれません。では、そういった気になる情報の中でギャラによる収入や年収について調査しました。舘ひろしの年収はどのぐらいあるのでしょうか?

舘ひろしの年収や収入に注目が

芸能界でもベテランといえる舘ひろし。様々な豪快なエピソードがある石原プロモーションに所属していただけに、年収や収入が高い、というイメージもあるかもしれません。

大物芸能人になると、1本の番組の収録のギャラが数百万円ということは珍しくありません。そのため、年収も数億から数十億になることも。特にCMなどはギャラも良いと推測されています。

舘ひろしは様々なドラマや映画、時にはCMに出演しています。豪快なエピソードが多い石原軍団のメンバーだったこともあり、その羽振りの良さも有名です。そういったことも含めて、舘ひろしの年収や収入に注目が集まっているのです。

舘ひろしの年収を考察

では、舘ひろしの年収はどのぐらいあるのでしょうか?もともと実家も旧士族の家柄で、開業医。そういうこともあって、裕福な家庭でした。また、祖父の代から英国好きということもあり、ティータイムを取り入れていたことも明かしています。

学生時代にはバイクにハマり、革ジャンとサングラスでバッチリ決めていました。現在もバイクやゴルフを楽しむなど、身なりもきちんと整えて、ダンディな姿が評判です。

一部の噂では、舘ひろしは1本のギャラが500万円ほどという情報もあるようです。時には数千万円ほどのギャラになることもあり、年収は1億円を超えてくると推測されていました。

舘ひろしの年収に関する世間の声

舘ひろしの年収に関する世間の声では、ギャラの高さに驚く声も。あまり芸能界のギャラというのは、はっきり明かされないことも多いのですが、「ハズキルーペ」に関しては社長が明かしています。

その額からも、舘ひろしの年収の高さを想像する人も。昔から派手なエピソードの多い石原軍団だけに、舘ひろしのギャラは相当高いと感じているのでしょう。

Thumb舘ひろしと岩城滉一の仲や関係は?クールスの行方は?
俳優の舘ひろしさんと岩城滉一さんの仲や関係が話題になっているようです。舘ひろしさんと岩城滉一...

舘ひろしの最高月収や収入源なども調査

舘ひろしの最高月収や収入源について調査しました。様々な仕事に挑戦している舘ひろしですが、それだけにギャラもかなり高額のようです。そういった点を踏まえながら、舘ひろしの最高月収と収入源をチェックしましょう。

舘ひろしの最高月収は?

最高月収に関してですが、時には1本のギャラが2000万円を超えることもあると噂されているだけに、最高月収は数千万円クラスだったことが推測できます。

出演作品1本のギャラも調査

舘ひろしクラスになると、基本的に作品1本あたりのギャラは500万円ほどなのだとか。軽くサラリーマンの年収を月収で稼ぐような時期もあったのでしょう。

舘ひろしの若い頃の収入源

若い頃の舘ひろしは歌手としても活躍していました。特に1984年にリリースした「泣かないで」は彼の代表曲です。

ドラマでは1986年から放送された「あぶない刑事」シリーズも大ヒットしました。このように歌手として俳優として非常に多くの作品に出演し、高額の収入を得ていた可能性があります。

舘ひろしが心酔していた、石原プロモーションの先輩である渡哲也。1997年に出版された渡哲也に関する書籍「渡哲也 俺」では、印税に関するアドバイスを舘ひろしにしたことが記されているのです。

歌手として活動する上では、歌唱税や作詞税、作曲税など様々な収入に繋がるものがあります。渡哲也も過去に歌手として活動していた時期もあり、そういった経験からなのか舘ひろしに「歌に関する収入は個人事務所に入るようにしておきなさい」とアドバイスしたそうです。

舘ひろしは石原プロモーション所属のタレントなので、事務所を通すと何%かの収入が天引きされるのでしょう。俳優は石原プロモーションに所属してから活発になったことですが、歌手はその前から自分の力で成長させたという渡哲也の配慮なのかもしれません。

舘ひろしの現在の収入源

現在の舘ひろしの収入源について調査しました。現在も変わることなくドラマや映画に出演しています。若い頃の硬派な役だけでなく、2007年に放送されたドラマ「パパとムスメの7日間」では、新垣結衣と舘ひろしが演じる役の中が入れ替わるというユニークなものにも挑戦しています。

また、ハズキシステムズ「ハズキルーペ」や総務省「マイナポイント事業」などのCMにも出演。どちらもギャラは高額といわれています。ハズキルーペに関しては、ギャラが8000万円だったことが明らかになっており、現在も年収は高額と推測されていました。

Thumb舘ひろしと早見優のポートピア病院での痙攣事件とは!真相や二人の関係なども
舘ひろしと早見優のポートピア病院での痙攣事件について調査しました。舘ひろしと早見優の気になる...

舘ひろしの石原プロのその後は?

舘ひろしの活動の中では、自身が所属していた石原プロモーションの存在は非常に重要です。舘ひろしが俳優として飛躍したきっかけになった石原プロとの関係や現在について解説します。

石原プロをおさらい

まずは、石原プロの歴史からおさらいしていきましょう。石原プロモーションは俳優の石原裕次郎が1963年1月16日に設立した芸能事務所、制作プロダクションです。愛称は「石原プロ」。そして、所属タレントは「石原軍団」の愛称で親しまれました。

石原プロの特徴として、一般の芸能事務所のようにプロデュースやマネジメントだけでなく、撮影機材やクルーを自社で保有している点があげられます。つまり、芸能事務所であると同時に「映画製作会社」の側面を持ち合わせていたのです。

事務所を設立した石原裕次郎は「大手映画会社には出来ない作品を作る」という理想がありました。実際にかなり費用をかけた作品が多く、収益も膨大な制作費に充てるという自転車操業状態に。映画「蘇る大地」や「ある兵士の賭け」がコケた際は、8億近い負債がありました。

そういった中で、石原裕次郎は頑なに拒否していたテレビドラマの世界に進出することになります。それがドラマ「太陽にほえろ!」でした。番組は大ヒットし、出演した俳優もブレイク。石原裕次郎のテレビドラマに対する考えを改めるきっかけにもなったのです。

石原裕次郎は、石原プロ債権と映画を作りたいという思いから、テレビドラマへの出演を続けることになりました。そういった中で「大都会」、「西部警察」などを制作。舘ひろしが石原プロに関わる様になったのも、この時期です。

残念ながら、石原プロモーションとしては1993年に制作された「欽ちゃんのシネマジャック」が映画製作では最後に。テレビドラマも2009年が最後となっています。石原裕次郎亡き後は、副社長だった渡哲也が社長に、神田正輝と舘ひろしが取締役に就任しています。

こういった芸能面の活動だけでなく、炊き出しなどのボランティア活動も行っていました。2011年には石原裕次郎の妻であった石原まき子会長以外は取締役を退任。2017年に渡哲也が経営陣に復帰するなど、様々な出来事があったのです。

2021年1月に石原プロが業務終了へ

先程の多額の負債を抱えた際に、石原プロは解散するという噂が出ました。その後も、石原裕次郎が亡くなると、たびたび解散話が出ていたのです。

石原プロ側はそういった噂を否定し続けていました。しかし、2017年に石原裕次郎記念館が閉館した頃から、実際に解散に関する話し合いが水面下で進んでいたことが明らかになっています。

そして、石原裕次郎n命日である2020年7月17日に、2021年1月16日を以って、芸能事務所としての業務を終了することが発表されました。また、石原裕次郎の遺品管理などを行う新組織も設立され、映像などの版権は石原音楽出版社に移管されたのです。

こういった発表の中で、石原まき子は石原裕次郎から「俺が死んだら即会社をたたみなさい」と言われていたことを明かしています。この遺言は所属タレントにも内緒にしており、30年以上経って伝えられたそうです。

石原プロ解散は渡哲也が関係?

何度もそういった解散の噂が流れながら続けられてきた石原プロ。事務所を支えてきたのは石原まき子だけでなく、取締役の渡哲也の存在も偉大でした。

しかし、その渡哲也も2020年8月10日に長年の闘病の末、肺炎で78歳で亡くなっています。舘ひろしによれば、石原プロ解散の決定は渡哲也の意志も深く関係しているとのこと。どこかで区切りをつけるほうが良いと渡哲也も考えていたのかもしれません。

また、舘ひろしは「石原プロのように気負った映画じゃなく、そんなに大きくなくても良い。映画の夢だけは追い続けていきたい」という考えを明かしていました。

石原プロのその後も調査

石原プロ解散後、舘ひろしは2021年4月1日に個人事務所「舘プロ」を設立することを発表しました。石原プロの夢を引き継ぐ形で、映画製作を目標にしているのです。

もともとは、石原プロ解散後は渡哲也と行動を共にすることを予定していたものの、彼の死によって、改めて映画製作を考えるようになったのだとか。事務所名も周囲が自然と呼ぶようになった舘プロに決まり、現状は舘ひろし1人が所属する形になっています。

Thumb舘ひろしのカツラ疑惑の真相は?カツラに関するエピソードなども
俳優としてだけではなくシンガーソングライターとしても活躍してきたダンディーな俳優・舘ひろしさ...

舘ひろしと同じ年齢(1950年生まれ)の芸能人の年収

舘ひろしと同じ1950年生まれの芸能人の年収について調査しました。その中でも年収が高額と噂されている人物をピックアップしています。

梅沢富美男の年収

歌手や大衆演劇の座長として活躍している梅沢富美男。女形としての美しさが評判で「下町の玉三郎」と呼ばれていました。また、歌手として1982年にリリースした「夢芝居」がヒット、近年はコメンテーターやバラエティ番組でも活躍しているのです。

梅沢富美男は2019年に出演した「日曜はカラフル!」という番組で、年収に関する情報を明かしています。どうやら、年収は夢芝居などがヒットしたときよりも、現在のほうが好調のようでした。

バラエティ番組や多数のCMも関係しているとのことです。それでも、一番儲かるのは「舞台」なのだとか。単純に舞台の収入は何十億円の儲けがあるようで、そこからスタッフや一座に分配するとのこと。特に新型コロナウイルスの流行で、舞台の収入は困窮しているようでした。

奥田瑛二の年収

俳優で映画監督としても活躍している奥田瑛二。妻はエッセイストの安藤和津、長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優のあんどうさくらです。ちなみに義祖父は第29代内閣総理大臣の犬養毅。このように家族は有名人ばかりとなっています。

俳優として活動していた奥田瑛二が、映画監督を目指したのは42歳の時。48歳で助監督、そして50歳のときに映画「少女〜AN ADOLESCENT」で監督デビューを果たしました。

奥田瑛二の場合は舘ひろしより、ドラマや映画のギャラは下がるようです。それでも、50万円以上はもらっていると推測されています。そして、映画監督は日本映画監督協会によって、最低報酬が350万円と決められています。

人気監督であれば1000万円以上の報酬もあるそうです。奥田瑛二の場合はこういった情報を集めると、年収は数千万円クラスといえるかもしれません。

石原軍団・神田正輝の年収や今後の収入なども調査

では、舘ひろしのように石原プロ解散後も年収はそれほど下がらないと推測されている人もいれば、今後が不安な人たちも。石原プロに最後まで残っていた俳優は、舘ひろし以外は神田正輝、徳重聡、池田努、増本尚でした。

現状、舘ひろしが新しく設立した舘プロは他に所属タレントはいませんが、池田努、増本尚、事務所スタッフはこちらに所属すると推測されています。徳重聡はすでにホリ・エージェンシー所属に。長年共に石原プロを支えた神田正輝は個人で仕事をしていくといわれています。

神田正輝は情報番組「朝だ!生です旅サラダ」が、放送回数が1400を超えるほどの長寿番組に。俳優としてドラマの出演も続けていますが、こちらの番組のギャラが1本80万円ほどという噂が。これだけでも、年収は3600万円ほどになるのです。

一部の噂によれば、神田正輝は「もうセリフが覚えられない」とコメントしており、司会業に専念するという見方も。それでもギャラの高さを考えると、今後も安定して収入を得られるといえるでしょう。

Thumb舘ひろしが結婚した嫁は舘幸子!馴れ初めや子供は?相手の経歴なども
俳優の舘ひろしさんが結婚した嫁は舘幸子さんだそうです。舘ひろしさんと嫁の舘幸子さんの馴れ初め...

舘ひろしの最高年収は1億円超えとの噂

舘ひろしの年収について紹介しました。時にはギャラが1本で2000万円ほどになるという噂もあり、最高年収は1億円超えという見方も。人気俳優として若い頃から活躍した舘ひろしは、現在も人気は衰えていません。今後も舘ひろしのエネルギッシュな活躍を応援していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ