【ひよっこ】竜星涼の役や演技の評判は?

俳優の竜星涼さんは、NHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演していたそうです。竜星涼さんは「ひよっこ」でどのような役を演じていたのでしょうか?また、演技の評判はどのようなものだったのでしょう?竜星涼さんの「ひよっこ」以外の出演ドラマについても調査しました。

【ひよっこ】竜星涼の役や演技の評判は?のイメージ

目次

  1. 1竜星涼のプロフィール
  2. 2【ひよっこ】竜星涼の役は?
  3. 3【ひよっこ】竜星涼の演技の評判について
  4. 4【ひよっこ】竜星涼のドラマエピソード!
  5. 5【番外編】竜星涼のひよっこ以外のNHK出演ドラマは?
  6. 6【ひよっこ】竜星涼の綿引正義役は演技も姿もイケメン!

竜星涼のプロフィール

・愛称:涼くん
・本名:非公開
・生年月日:1993年3月24日
・年齢:28歳(2021年6月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:183cm
・体重:???
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:研音
・家族構成:母

竜星涼の経歴

竜星涼さんの「ひよっこ」での役や演技の評判について紹介する前に、まずはこれまでの経歴を見ていきましょう。竜星涼さんは2009年に原宿の竹下通りでスカウトされ、研音に所属。2010年にフジテレビ系列で放送されたドラマ「素直になれなくて」で俳優としてデビューしました。

竜星涼さんのスクリーンデビューは2012年のことで、「ライアーゲーム -再生-」に下原田オサム役として出演。この年には映画「桜蘭高校ホスト部」や「大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]」にも出演するなど、俳優として大活躍の年でした。

竜星涼さんが多くの人に名前を知られるきっかけとなったのが、2013年に出演した「獣電戦隊キョウリュウジャー」でした。竜星涼さんはこの作品で主人公の桐生ダイゴ / キョウリュウレッド役を演じ、テレビドラマ初主演を果たします。「獣電戦隊キョウリュウジャー」はスーパー戦隊シリーズ第37作の作品でした。

また、竜星涼さんは「劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック」で映画初主演も果たします。2014年には「MTV VMAJ 2014」にゲストセレブリティーとして出演しました。

竜星涼さんは俳優としてだけではなく、長身を生かしてファッションモデルとしても活躍しています。2016年には「Yohji Yamamoto HOMME 2016-2017AW Paris Collection」に出演し、パリコレデビューも果たしました。翌年の2017年にも「Y-3 Fall/Winter 2017-2018コレクション」に出演しています。

2017年に竜星涼さんは、後ほど紹介するNHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演。さらにこの年にはTBS系列で放送されたドラマ「小さな巨人」にも出演し、注目を集めました。竜星涼さんの「ひよっこ」での役や演技の評判については後ほど詳しく紹介します。

2019年に公開されたディズニー映画「トイ・ストーリー4」で、竜星涼さんはフォーキーの声を担当。フォーキーは先割れスプーンから生まれたおもちゃなのだそうです。2021年には「レンアイ漫画家」での早瀬剛役が話題に。早瀬剛は一流企業勤務のエリートサラリーマンで、ヒロインに対して恋心を抱き、ストーカー化してしまうという役柄でした。

また、竜星涼さんはCMにも多数出演。竜星涼さんがこれまでに出演したCMには、ダイハツ工業の「ミラ トコット」やP&Gの「レノア本格消臭」、ロート製薬の「肌研 極潤」などがあります。

Thumb竜星涼の髪型一覧!セットやオーダー方法は?
ブレイク間近・竜星涼の髪型一覧を紹介していきます。竜星涼の髪型は性別を問わず多くの人から話題...

【ひよっこ】竜星涼の役は?

NHKの朝ドラ「ひよっこ」での竜星涼さんの役についても見ていきましょう。「ひよっこ」で竜星涼さんはどのような役を演じたのでしょうか?竜星涼さんが朝ドラ「ひよっこ」で演じた役について調べてみました。

NHKドラマ(朝ドラ)『ひよっこ』とは

竜星涼さんが出演した朝ドラ「ひよっこ」は、2017年に放送されたNHKの「連続テレビ小説」第96シリーズです。物語の舞台となるのは、1964年の東京オリンピックの前後とのこと。茨城県の山奥に育った米農家の娘・谷田部みね子がヒロインです。

谷田部みね子の父は東京に出稼ぎに出かけた後に音信不通となってしまいます。そのため、谷田部みね子は父を探すことを目的に集団就職で上京。トランジスタラジオの工場で働きながら父を探します。その後、谷田部みね子が工場が倒産などのさまざまなトラブルを逞しく乗り越えていく姿がドラマでは描かれました。

有村架純がヒロインを演じた朝ドラとしても人気

朝ドラ「ひよっこ」でヒロインの谷田部みね子を演じたのは有村架純さんでした。有村架純さんは2013年に放送された朝ドラ「あまちゃん」で人気を集め、当時は注目の女優だったとのこと。通常、NHKの朝ドラのヒロインはオーディションを経て決定しますが、有村架純さんはオーディションなしでの抜擢だったそうです。

また、朝ドラではヒロインの幼少期を子役が演じることも多いようですが、「ひよっこ」ではヒロインの初登場時が高校3年生ということもあり、子役を用いずに最初から最後まで有村架純さんが演じきったそうです。

『ひよっこ2』も話題に

「ひよっこ」は視聴率も好調をキープし、最終的に平均視聴率20.4%を記録しました。そのため、「ひよっこ」の放送の2年後の2019年にはスペシャルドラマとして「ひよっこ2」が制作されたようです。

「ひよっこ2」は30分枠のドラマとして、2019年3月25日から28日まで4夜連続で放送されました。「ひよっこ2」は「ひよっこ」の最終回から2年後が描かれていたようです。この「ひよっこ2」にも竜星涼さんは出演していました。

ドラマ『ひよっこ』で綿引正義役を熱演

竜星涼さんが「ひよっこ」で演じたのは綿引正義役だったとのこと。竜星涼さんが演じた綿引正義は東京に住んでいるという設定でしたので、ヒロインが上京してから登場していたようです。ヒロインとの恋物語などは描かれていませんでしたが、要所要所で重要な役割を果たしていたようでした。

綿引正義役はどんな役柄?

竜星涼さんが「ひよっこ」で演じた綿引正義はヒロインと同じ茨城県の出身ですが、初登場時には赤坂警察署五丁目派出所に勤務している警察官という設定でした。ヒロインの母が消息不明となった夫を探すために赤坂警察署五丁目派出所を訪れ、綿引正義がこれに対応していたようです。

綿引正義は同郷ということもあり、捜査の協力を申し出ました。本来であれば担当外だったということですが、綿引正義は勤務時間外にもヒロインの父親の行方の手がかりを探していたようです。綿引正義はその名の通り、正義感に溢れた警察官という役柄でした。

【ひよっこ】竜星涼の演技の評判について

「ひよっこ」での竜星涼さんの演技の評判についても見ていきましょう。竜星涼さんが「ひよっこ」で演じた綿引正義役の演技の評判はどのようなものだったのでしょうか?竜星涼さんの「ひよっこ」での演技の評判について調べてみました。

竜星涼(綿引正義役)の演技の評判①ファン篇

「ひよっこ」の放送からすでに4年が経過していますが、未だに竜星涼さんが演じた「ひよっこ」の綿引正義役を覚えている人も多いようです。ネット上の意見を見てみると、竜星涼さんが他のドラマで活躍するたび、「ひよっこ」の綿引正義を思い出す人もいるのだとか。

「ひよっこ」の舞台が昭和だったということもあり「昭和の男をもっと演じて欲しい」という意見もありました。竜星涼さんが「ひよっこ」で演じた綿引正義はイケメン枠でもありましたので、ドラマの中では女性にモテる設定で、視聴者の女性からも人気を集めていたようです。

竜星涼(綿引正義役)の演技の評判②メディア篇

竜星涼さんの「ひよっこ」での演技に対するメディアでの評判についても見ていきましょう。調べてみたところ、竜星涼さんの「ひよっこ」での演技については、メディアでもおおむね好評だったようです。

メディアでは竜星涼さんが演じた綿引正義役について、「好感度が高い」、「爽やか」、「謙虚な人柄がにじみ出ている」などと称賛していたとのこと。こうしたメディアでの評判に対して竜星涼さんは「すべて脚本の力」と謙遜していたそうです。

共演者からの竜星涼の演技に対する評判は?

朝ドラ「ひよっこ」での竜星涼さんの共演者からの演技の評判はどうだったのでしょうか?調べてみたところ、共演者からも竜星涼さんの「ひよっこ」での演技の評判は良かったようです。ヒロイン役の有村架純さんとは2度目の共演だったということもあり、さまざまな場面で有村架純さんに助けてもらっていたこともあったようでした。

【ひよっこ】竜星涼のドラマエピソード!

竜星涼さんの「ひよっこ」でのドラマエピソードについても見ていきましょう。竜星涼さんの「ひよっこ」でのドラマエピソードにはどのようなものがあるのでしょうか?竜星涼さんの「ひよっこ」でのドラマエピソードについて調べてみました。

ドラマエピソード【亡き祖母への思い】

竜星涼さんの「ひよっこ」でのドラマエピソードについて調べてみると、「ひよっこ」への出演が決まる少し前に祖母が亡くなっていたことが分かりました。祖母は朝ドラを毎回見ていたということもあり、竜星涼さんは「もう少し早く出演できていたら」と思ったのだとか。

竜星涼さんにとっては初めての朝ドラ出演となった「ひよっこ」ですが、「天国から祖母が見てくれている」と思いながら、背筋が伸びるような気持ちで綿引正義役を演じていたそうです。

ドラマエピソード【役とのギャップに意気込み?】

竜星涼さんが「ひよっこ」で演じた綿引正義役は、現在では珍しいぐらいに正義感溢れる警察官で、さらに良い人過ぎるという役どころでした。そのため、竜星涼さんは「役と実際の自分のイメージのギャップが出ないようにしないといけない」というプレッシャーもあったのだとか。

竜星涼さんは「ひよっこ」の放送開始前のコメントで「たくさんの人に愛されるように頑張って演じたい」と抱負を語っていました。放送終了から数年経った現在も、竜星涼さんが演じた綿引正義は多くの人の記憶に残っているようです。

ドラマエピソード【茨城弁での演技】

竜星涼さんが演じた綿引正義は故郷が茨城県ということもあり、普段は標準語に近い話し方をしているものの、少し茨城の訛りもあるという話し方だったようです。そのため、同郷のヒロインたちと話す時にはぽろっと訛りが出てしまうこともあり、そのさじ加減が難しかったとのこと。

実際にはドラマの撮影が進んでいく中で「ここは茨城弁にしよう」と急遽決まることも多かったらしく、竜星涼さんは苦労したそうです。竜星涼さんは「ひよっこ」での方言について「難しかった」と感想を語っていました。

ドラマエピソード【密かなダンス】

竜星涼さんが「ひよっこ」で演じた綿引正義は、ドラマの中で披露したダンスも話題になっていたようです。綿引正義は普段はダンスを踊るようなキャラではありませんが、ヒロインたちとともに映画「ウエストサイド物語」を観に行った帰りに思わずダンスを踊ってしまうというシーンがあったとのこと。

映画に感動したヒロインたちがダンスを踊りだし、最初は堪えていたものの、綿引正義はヒロインたちがいなくなった隙にこっそりダンスを踊っていたようです。ただ、そのダンスはヒロインたちに見られてしまい、綿引正義は恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべていました。

【番外編】竜星涼のひよっこ以外のNHK出演ドラマは?

竜星涼さんの「ひよっこ」以外の出演ドラマについても見ていきましょう。竜星涼さんは「ひよっこ」以外にNHKのドラマに出演しているのでしょうか?竜星涼さんの「ひよっこ」以外のNHKドラマへの出演について調べてみました。

ひよっこ以外のNHK出演ドラマ①『昭和元禄落語心中』

竜星涼さんが「ひよっこ」以外に出演したNHKドラマには、「昭和元禄落語心中」があるそうです。「昭和元禄落語心中」は2018年にNHK総合で放送されたドラマとのこと。竜星涼さんはこのドラマに有楽亭与太郎役として出演していました。

竜星涼さんが「昭和元禄落語心中」で演じた有楽亭与太郎は、このドラマの主要キャラの1人でもあります。元チンピラの落語家で、少し訛りがあるというのが特徴なのだとか。お調子者で人懐っこい性格で、優しく涙もろい一面もあるという役柄だったようです。

ひよっこ以外のNHK出演ドラマ②『ライオンのおやつ』

竜星涼さんの「ひよっこ」以外のNHKドラマとしては「ライオンのおやつ」もあげられるでしょう。このドラマは2021年6月27日からNHKのBSプレミアムで放送される予定とのこと。余命宣告を受けた主人公が、残りの日々を過ごす場所としてホスピス「ライオンの家」を選ぶところから物語がスタートします。

このドラマでは、主人公が「ライオンの家」で過ごす日々の物語が描かれており、竜星涼さんも「ライオンの家」や主人公に関わる役として出演する予定のようです。ただ、現在はまだ、竜星涼さんがどういった役を演じるのかは発表されていないようでした。

2022年NHK朝ドラ『ちむどんどん』出演にも注目が

竜星涼さんは2022年放送予定の「ちむどんどん」で再びNHKの朝ドラに出演することが決まっているようです。「ちむどんどん」はNHKの朝ドラ106作目の作品で、沖縄に住む四兄妹の物語が描かれるとのこと。主人公の比嘉暢子は黒島結菜さんが演じるそうです。竜星涼さんは比嘉暢子の兄で比嘉家の長男・比嘉賢秀を演じます。

【ひよっこ】竜星涼の綿引正義役は演技も姿もイケメン!

竜星涼さんのNHKの朝ドラ「ひよっこ」出演について紹介してきました。竜星涼さんは「ひよっこ」で、若くてイケメンで正義感溢れる警察官・綿引正義を演じていたとのこと。竜星涼さんの綿引正義役は、演技も姿もイケメンだったと好評だったようです。竜星涼さんの今後の俳優としての活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ