西城秀樹と十朱幸代の仲は?自叙伝での暴露の内容の真相や当時の熱愛エピソードなど

西城秀樹さんと十朱幸代さんはどのような関係だったのでしょうか?一部では絶愛関係だったとも言われているようです。西城秀樹さんと十朱幸代さんの共演ドラマや自叙伝、フライデーの記事についても調査。西城秀樹さんと十朱幸代さんの絶愛関係について紹介します。

西城秀樹と十朱幸代の仲は?自叙伝での暴露の内容の真相や当時の熱愛エピソードなどのイメージ

目次

  1. 1西城秀樹のプロフィール
  2. 2西城秀樹と十朱幸代の仲は絶愛関係?
  3. 3西城秀樹と十朱幸代の自叙伝での暴露の内容の真相
  4. 4西城秀樹と十朱幸代の当時の熱愛エピソード
  5. 5西城秀樹と十朱幸代は婚約発表寸前だった
  6. 6西城秀樹と十朱幸代の絶愛は今も語り継がれる

西城秀樹のプロフィール

・愛称:ヒデキ
・本名:木本龍雄
・生年月日:1955年4月13日
・年齢:享年63歳(2018年5月16日没)
・出身地:広島県広島市
・血液型:AB型
・身長:181cm
・体重:???
・活動内容:歌手、俳優
・所属グループ:なし
・事務所:アースコーポレーション
・家族構成:妻(木本美紀)、長女、長男、次男

西城秀樹の経歴

西城秀樹さんと十朱幸代さんの絶愛関係について紹介する前に、まずは西城秀樹さんの経歴を見ていきましょう。西城秀樹さんは事業家の父を持ち、裕福な家庭で育ちました。その父がジャズギターを趣味にしていたということもあり、西城秀樹さんは幼少期からジャズスクールに通っていたそうです。

西城秀樹さんには兄がおり、小学生時代に兄とともにバンドを結成。その後も、中学時代まで兄とともにバンド活動をしていたと言います。西城秀樹さんはこの頃、「歌手ではなくミュージシャンになりたい」と考えていたのだそうです。

西城秀樹さんが芸能皆伝ビューを果たしたのは、R&B喫茶のレギュラーバンドとして活動していた高校時代のことでした。歌手としてのデビューを打診された西城秀樹さんは、歌謡曲が変わり始めていると考え、歌手デビューを承諾。父の芸能界入り反対も押し切り、高校1年生の時に上京しました。

西城秀樹さんの歌手デビューは1972年のことで、デビュー曲はシングル「恋する季節」です。西城秀樹さんはすぐに歌手として人気を集め、野口五郎さんや郷ひろみさんらとともに「新御三家」と称されるようになりました。

西城秀樹さんがブレイクを果たしたのは1973年のことでした。この年にリリースされた「情熱の嵐」、「ちぎれた愛」、「愛の十字架」の3曲がオリコンのトップ10入りを果たします。この頃から西城秀樹さんの歌唱スタイルは絶唱型と呼ばれるものになり、日本レコード大賞の歌唱賞なども受賞しました。

1974年には「薔薇の鎖」、「激しい恋」、「傷だらけのローラ」をリリース。西城秀樹さんの歌唱スタイルは絶唱型に加え、激しいマイクスタンドアクションも取り入れられるようになりました。

その後も、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」や「君よ抱かれて熱くなれ」、「リトルガール」などのヒット曲をリリースした西城秀樹さんは、1983年にそれまで所属していた事務所を円満退社。自身の個人事務所を設立後も「ギャランドゥ」などのヒット曲をリリースしました。

近年は脳梗塞の後遺症などにも悩みつつ、積極的に歌手としての活動をされていた西城秀樹さんですが、2018年に急性心不全で亡くなられます。青山葬儀所で営まれた西城秀樹さんの葬儀には、新御三家の郷ひろみさんや野口五郎さんなど、多くの芸能関係者が参列されたそうです。

西城秀樹と十朱幸代の仲は絶愛関係?

西城秀樹さんと十朱幸代さんは絶愛関係だと言われているようです。西城秀樹さんと十朱幸代さんにはどのような絶愛エピソードがあるのでしょう?2人のフライデー記事や絶愛エピソードについて調べてみました。

十朱幸代とは

西城秀樹さんとの絶愛関係について詳しく見て行く前に、まずは十朱幸代さんのプロフィールを紹介しましょう。十朱幸代さんは1942年11月23日生まれで現在の年齢は77歳、東京都の出身です。十朱幸代さんは1958年にNHKで放送されたドラマ「バス通り裏」で女優デビューを果たします。

十朱幸代さんのスクリーンデビューはドラマデビューの翌年の1959年のことで、出演した作品は「惜春鳥」です。十朱幸代さんはこの作品で桃沢蓉子役を演じています。この映画には他にも、津川雅彦さんや有馬稲子さんなどが出演していました。

1976年には第2回菊田一夫演劇賞を受賞した十朱幸代さんは、1980年には映画「震える舌」でブルーリボン主演女優賞を受賞するなど、その演技力が高く評価されます。「震える舌」は破傷風に冒されてしまう少女の物語を描いた作品ですが、オカルト・ホラー的な雰囲気の作品となっているようです。

十朱幸代さんは1985年にも映画「花いちもんめ」でブルーリボン主演女優賞を受賞します。この作品は第9回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、話題となりました。十朱幸代さんが演じたのは、アルツハイマー病の義父を引き取ることを決めた主婦・鷹野桂子です。

十朱幸代さんは1987年にも「夜汽車」や「極道の妻たちII」などでの演技が評価され、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。さらに1995年には『日本一短い「母」への手紙』で日本アカデミー賞の主演女優賞を受賞しました。2003年には紫綬褒章受章、2013年には旭日小綬章受章を授与されるなど、国民的女優として親しまれています。

近年の十朱幸代さんは、かつてに比べるとテレビドラマや映画への出演は減っているようです。十朱幸代さんの最新の出演作品は、2018年に放送されたドラマ「高嶺の花」で、風間節子役を演じていました。

十朱幸代は恋多き大女優

十朱幸代さんは、先ほどご紹介したように、さまざまな作品で活躍してきた大女優でもありますが、同時に恋多き女優としても知られています。十朱幸代さんのこれまでの恋愛の相手としては、西城秀樹さん以外には高倉健さんや竹脇無我さんなどの名前があがっているようです。

また、十朱幸代さんは一般のサラリーマンと恋に落ちたこともあったのだとか。十朱幸代さんはこれまでに正式に入籍されたことはありませんが、事実婚の夫・小坂一也さんがいました。ただ、2人は1997年に破局したのだそうです。

西城秀樹と十朱幸代は絶愛関係だった?

西城秀樹さんと十朱幸代さんは、熱愛関係というよりも、絶愛関係だったとも言われています。2人が絶愛関係になったとされるのは1989年のことだったようで、女性のほうが10歳以上も年上のカップルというのは当時とても注目を集めたようです。

1989年といえば、西城秀樹さんはアイドル歌手としての人気は少し落ち着いていたものの、それでも多くの女性ファンがいる状態でした。十朱幸代さんも当時は「年下キラー」として、主に年下の俳優から人気を集めていたと言われています。

西城秀樹と十朱幸代のフライデーの真相

西城秀樹さんと十朱幸代さんはフライデーに熱愛をスクープされたのだそうです。実は西城秀樹さんはアイドル歌手でありながらそれまで熱愛とは無縁だったのだとか。そのため、十朱幸代さんとの熱愛が報じられたフライデーの記事が、初の熱愛スクープだったようです。

西城秀樹さんと十朱幸代さんは、フライデー記事が出た翌年になると、あまり熱愛に関する情報が聞かれなくなります。さらに、フライデー記事から3年後には、西城秀樹さん自身が「(十朱幸代さんとは)終わった」と絶愛関係が終了していたことを告白しました。

フライデーがキャッチした熱愛報道の内容とは

西城秀樹さんと十朱幸代さんのフライデー記事の内容についても調べてみました。フライデーによると、西城秀樹さんと十朱幸代さんは豪華客船でデートをしていたとのとこ。その時の写真なども、フライデーには掲載されていたようです。

また、フライデーは西城秀樹さんと一般女性の熱愛についても情報を得たことがあったとのこと。しかし、いくら張り込んでも熱愛現場を押さえることができず、そのスクープに関しては断念したそうです。

Thumb西城秀樹の死因は病気?急性心不全?今までの病気や原因などをおさらい
日本が生んだスーパースター・西城秀樹さんの死因について調べました。西城秀樹さんの死因となった...

西城秀樹と十朱幸代の自叙伝での暴露の内容の真相

十朱幸代さんは自身の半生を語る自叙伝を出版しています。噂によると、自叙伝では熱愛についての暴露話もあったのだとか。十朱幸代さんの自叙伝での西城秀樹さんとの熱愛暴露の真相について調べてみました。

十朱幸代が自叙伝『愛し続ける私』を出版

十朱幸代さんは2018年10月に自叙伝「愛し続ける私」を出版しました。この本には十朱幸代さんの女優としての半生が赤裸々に綴られており、「60歳を超えてからの人生の送り方の参考になる」など60代、70代の女性たちから高評価を得ているようです。

十朱幸代さんといえば、これまで私生活についてはベールに包まれていましたが、この自叙伝ではその一端を垣間見ることができるのだとか。仕事だけではなく、恋愛に関してもさまざまなエピソードが赤裸々に綴られているようです。

十朱幸代の自叙伝で西城秀樹との関係を暴露?

ただ、十朱幸代さんの自叙伝に対しては、売名行為ではないかという批判的な意見もあったようです。十朱幸代さんの自叙伝が出版されたのは、2018年10月のことでした。この年の5月には西城秀樹さんが亡くなられており、自叙伝には西城秀樹さんとの関係についての暴露も予告されていたとのこと。

このタイミングでの自叙伝の出版、さらには西城秀樹さんのことにも触れていると匂わせる売り方には、多くの人が拒絶反応を覚えてしまったようです。ただ、自叙伝自体は宣伝の効果もあってそれなりに売れたとされています。

自叙伝での暴露内容の真相とは

十朱幸代さんの自叙伝「愛し続ける私」では、確かに歴代の熱愛相手として西城秀樹さんの記述もあったようです。ただ、それはさらっと描かれていただけで、そのことだけを目当てに本を買った人ががっかりしたと言われています。

西城秀樹と十朱幸代の当時の熱愛エピソード

西城秀樹さんと十朱幸代さんの当時の熱愛アピソードについて見ていきましょう。2人の間にはどのような熱愛エピソードがあったのでしょうか?西城秀樹さんと十朱幸代さんの熱愛エピソードについて調べてみました。

西城秀樹と十朱幸代の馴れ初めはドラマ共演

まずは西城秀樹さんと十朱幸代さんの馴れ初めです。当時はまだ携帯電話も普及していないような時代でしたので、2人の馴れ初めはドラマでの共演だったようです。この当時はドラマでの共演や歌番組での共演でカップルが誕生することが多いとされていました。

共演ドラマ『夜の長い叫び』撮影中のエピソード

西城秀樹さんと十朱幸代さんが共演したドラマは「夜の長い叫び」という作品です。このドラマでのエピソードとしては、転んだ十朱幸代さんを西城秀樹さんが下敷きになってかばったというものがありました。

十朱幸代さんはある日のドラマの撮影で、何かから逃げるシーンを撮影していたそうなのですが、ハイヒールで走っていたため、転んで倒れそうになったとのこと。それを見ていた西城秀樹さんが咄嗟に倒れた十朱幸代さんの下に入り、助けてくれたのだそうです。

フライデーだけでなくフォーカスの報道も話題に

現在は休刊となってしまいましたが、当時はフォーカスという週刊誌があり、このフォーカスでも西城秀樹さんと十朱幸代さんの熱愛について報じていました。

それによると、西城秀樹さんは十朱幸代さんの自宅に泊まり込んでいたとのこと。この際には十朱幸代さんがフォーカスに「(西城秀樹さんとは)フィーリングが合う」というコメントも出していたそうです。

西城秀樹と十朱幸代は婚約発表寸前だった

西城秀樹さんと十朱幸代さんは婚約発表寸前だったという噂もあります。2人が婚約発表寸前だったというのは本当だったのでしょうか?西城秀樹さんと十朱幸代さんが婚約発表寸前だったという噂について調べてみました。

西城秀樹と十朱幸代は婚約発表寸前に破局

十朱幸代さんは自叙伝の中で、西城秀樹さんとの婚約発表を1週間後にすることが決まっていたのに破局したと綴っています。さらに、この件に関わっていた業界関係者の話として、婚約発表を放送するテレビ局も決定しており、会場も内諾を得ている状態だったというものがありました。それなのになぜ、2人は破局したのでしょうか?

十朱幸代との破局理由は子供?

西城秀樹さんと十朱幸代さんの破局には、西城秀樹さん側の親族の猛反対があったとされています。当時の十朱幸代さんの年齢は47歳でしたので、すでに子供を産むことも難しい年齢でした。こうしたことなどから、西城秀樹さん側の親族は、2人の結婚に最後まで反対していたと言われています。

西城秀樹の姉の反対で関係に終止符との噂も

さらに西城秀樹さんと十朱幸代さんの破局理由について調べてみると、姉の反対が1番大きかったという情報がありました。西城秀樹さんの姉は北新地のクラブのママをつとめており、西城秀樹さんの芸能界デビューに際してもさまざまな援助をされたのだそうです。

そうした経緯もあり、西城秀樹さんは昔から姉の言うことだけはきちんと聞いていたのだとか。その姉が、十朱幸代さんとの結婚に反対し、西城秀樹さんを説得したために、2人は破局を迎えたと言われているようです。

西城秀樹と十朱幸代の絶愛は今も語り継がれる

西城秀樹さんと十朱幸代さんの絶愛について紹介してきました。2人の馴れ初めはドラマでの共演だったようで、その後は週刊誌にも何度もスクープされるなど、比較的オープンな交際を続けてこられたようです。

ただ、婚約を発表する1週間前になって、西城秀樹さんが親族の反対意見を尊重する形で2人の関係は破局してしまったとのこと。西城秀樹さんと十朱幸代さんは結婚することはありませんでしたが、その絶愛の物語は、現在も語り継がれています。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ