西城秀樹の家族構成は?家族とのエピソードや果たせなかった約束とは

2018年5月、63歳という若さで旅立った西城秀樹さん。2001年に最初の脳梗塞が発症してから約17年もの月日を病と闘い続けました。そんな長く厳しい闘病生活を支えていたのが、家族の存在でした。今回は、西城秀樹さんと家族の闘病中のエピソードや約束をご紹介します。

西城秀樹の家族構成は?家族とのエピソードや果たせなかった約束とはのイメージ

目次

  1. 1西城秀樹のプロフィール
  2. 2西城秀樹の家族構成
  3. 3西城秀樹の家族とのエピソード
  4. 4西城秀樹が家族と果たせなかった約束とは
  5. 5西城秀樹の家族旅行inハワイ
  6. 6西城秀樹の家族構成は妻と子供3人の5人家族

西城秀樹のプロフィール

愛称:ヒデキ
本名:木本龍雄
生年月日:1955年4月13日
年齢:享年63歳(2018年5月16日没)
出身地:広島県広島市
血液型:AB型
身長:181cm
体重:不明
活動内容:歌手、俳優
所属グループ:なし
事務所:アースコーポレーション
家族構成:妻(木本美紀)、長女、長男、次男

西城秀樹の経歴

西城秀樹さんの家族とのエピソードや約束を見ていく前に、簡単に西城秀樹さんのプロフィールをご紹介いたします。西城秀樹さんは、1955年4月13日生まれで生きていれば65歳です。しかし残念ながら西城秀樹さんは、2018年5月16日63歳という若さで急性心不全の為お亡くなりになりました。

西城秀樹さんが音楽に興味を持ったのは、ジャズギターが趣味だった父親の影響が大きかったといいます。幼い頃からジャズスクールに通い、エレキギター、ベース、ドラムを勉強していたそうです。西城秀樹さんが小学校4年生の時には、兄とエレキバンドを結成しすでに「将来はミュージシャンになりたい」と思っていたとか。

そんな西城秀樹さんが芸能界に入るきっかけとなったのが、高校1年生の時にR&B喫茶でレギュラーバンドとして出演していた時にスカウトされたことです。1971年高校を中退し厳格な父親の反対を押し切り、西城秀樹さんは上京したのです。翌年1972年、西城秀樹さんは『恋する季節』で歌手デビューを果たします。

その次に出したシングル『チャンスは一度』が売れ、人気歌手の仲間入りを成し遂げます。当時同じく人気歌手だった、郷ひろみさん、野口五郎さんとで“新御三家”と呼ばれ、当時の華やかな芸能界をリードしていく存在に。その後も西城秀樹さんは、『愛の十字架』『傷だらけのローラ』『YMCA』など数多くのヒット曲を生み出しています。

西城秀樹の家族構成

脳梗塞を発症して以来、西城秀樹さんはリハビリをとても頑張っていたそうです。特に2011年に2度目の大きな脳梗塞を発症した後は右半身と言語障害が残りましたが、西城秀樹さんはまたステージに立つことを目標に辛いリハビリに取り組んだといいます。

そんな西城秀樹さんを支え続けたのが、西城秀樹さんの家族でした。ここでは、西城秀樹さんの家族構成についてまとめました。

結婚後の家族構成は5人家族

西城秀樹さんは、2001年6月30日大阪在住でOLをしていた、美紀さんと結婚しました。その翌年2002年に長女莉子さんが生まれました。そして2003年に長男慎之介さん、2004年に悠天さんが誕生。ということで、西城秀樹さんの家族構成は5人ということになります。

西城秀樹さんの家族写真を調べると、自然の中で幼い子供達と奥さんと一緒に楽しそうに笑っている西城秀樹さんの写真を見ることができます。その写真は、2005年家族で軽井沢を訪れた時の写真だそうです。とても幸せな家族であったことが伺えます。

家族構成①嫁の木本美紀

それでは、西城秀樹さんの家族構成を詳しく見てまいりましょう。西城秀樹さんの家族構成まず1人目は、奥さんの木本美紀さんです。木本美紀さんは、西城秀樹さんが亡くなられた後に『蒼い空へ 夫西城秀樹との18年』という本を出版されています。その本で、西城秀樹さんの病状や介護などを綴っています。

木本美紀さんは、1973年生まれで西城秀樹さんとは18歳も年が離れていたそうです。そんな2人が出会うきっかけとなったのが、西城秀樹さんの姉と美紀さんの父親だったそうです。結婚前、美紀さんは大阪で建築関係の会社に務めていました。そんな美紀さんのところに父親が会いに来ていて、その度にステーキハウスによく連れて行かれたのだとか。

そのステーキハウスを経営していたのが西城秀樹さんの姉でした。そのうち美紀さんの父親と西城秀樹さんのお姉さんによって、2人のお見合いが計画されたそうです。出会った2人はすぐに意気投合し、何度もデートを重ね3ヶ月後には西城秀樹さんから「一緒に暮らしたい」とプロポーズされたそうです。

家族構成②娘1人と息子2人

続いてご紹介する西城秀樹さんの家族構成は、娘の莉子さん、長男の慎之介さん、次男の悠天さんです。生前西城秀樹さんは、子煩悩として有名でした。自身でも「子供たちは宝物」と周囲に言っていたそうです。現在は、莉子さん17歳、慎之介さん16歳、悠天さん15歳だそうです。

母の美紀さんいわく、西城秀樹さんは3兄弟それぞれに父親として大切なものを残しているそうです。長女の莉子さんにはピュアな気持ち、慎之介さんにはひたむきさ、そして悠天さんには周りへの気遣い。西城秀樹さんは、天国から子供たちの成長を楽しみにしていることでしょう。

西城秀樹の家族とのエピソード

素敵な家族を作った西城秀樹さん。生前西城秀樹さんは、旅行が好きで休みができると家族と一緒に温泉やテーマパークなどに出かけたそうです。それはリハビリ生活になっても変わらなかったとか。ここでは、そんな西城秀樹さんと家族の旅にまつわるエピソードをご紹介してきましょう。

家族とのエピソード①東京ディズニーリゾート編

家族とのエピソード1つ目は、“東京ディズニーリゾート”です。西城秀樹さんは、子供たちがまだ幼い頃はよく東京ディズニーリゾートに出かけていました。そんなこともあって、リハビリや仕事の合間に時間ができると、家族で東京ディズニーリゾートに行くこともあったそうです。

脳梗塞の後遺症が残ってしまってからは、リバビリの為に東京ディズニーリゾートの園内をできるだけ歩くようにしていたようですが、2013年頃からは”電動カート”を借りるようになったそうです。その“電動カート”は、ボタン一つでゆったりと座って園内を移動できるので西城秀樹さんは大変気に入っていたとか。

人混みで顔を隠すこともなく、ファンがいれば常に笑顔を振りまいていた西城秀樹さん。また、ディズニーランドのアトラクションの中でスペースマウンテンが好きで、子供たちといつも乗っていたそうです。

家族とのエピソード②温泉旅行での悩み

家族とのエピソード3つ目は、“温泉旅行での悩み”です。西城秀樹さん一家は温泉旅行にもよく出かけていました。温泉といえば、やはり大浴場や露天風呂に浸かりたいものです。しかし、脳梗塞を患い麻痺が残った西城秀樹さんと家族には、旅館の大浴場が悩みのタネとなっていたのです。

というのも、奥さんの美紀さんは、例え介助といえども西城秀樹さんと一緒に男風呂に入ることはできませんし、男の子2人は西城秀樹さんをサポートするには幼すぎたのです。西城秀樹さんは、そんな理由もあって温泉旅行にいっても大浴場を諦めることも度々あったそうです。

しかし、2017年お友達家族と温泉旅行に出かけたことで、お友達の助けを得て西城秀樹さんは大浴場を楽しんだそうです。

家族とのエピソード③パリ旅行編

家族とのエピソード3つ目は、“パリ旅行”です。度々脳梗塞を繰り返し車椅子に乗ることが多くなった西城秀樹さんですが、子供たちの夏休みにはパリ旅行に出かけていました。パリは石畳の町並みが多いので、長時間歩くことや車椅子での移動に不安を感じていたそうです。

しかし、ルーブル美術館などパリを代表する観光地は、バリアフリー化が進んでいて車椅子でも充分に楽しめたそうです。また、フラットな場所では、まだ小さな子供たちが西城秀樹さんの車椅子を押すこともあったそうです。

Thumb西城秀樹の死因は病気?急性心不全?今までの病気や原因などをおさらい
日本が生んだスーパースター・西城秀樹さんの死因について調べました。西城秀樹さんの死因となった...

西城秀樹が家族と果たせなかった約束とは

家族とのエピソードに続いて、西城秀樹さんが家族と果たせなかった約束をご紹介します。西城秀樹さんは、とても家族への思いが強い人でした。特に子供たちはまだ幼かったので、父として思うこと、してあげたいことがはたくさんあったはずです。西城秀樹さんはどのような約束を果たすことができなかったのでしょうか?

果たせなかったワインに関する約束とは

西城秀樹さんは、若い頃からとてもワインが好きでした。飲むときは、一晩でワインボトルを2本もあけることがあったそうです。また、55歳の時には、「ベジタブルワンダフルワイン」というオリジナルワインを作り、親しい友人にプレゼントをしたほどです。

そんな西城秀樹さんは、子供たちが生まれた年のワインを大事にしていました。子供たちが成人したら、そのワインを家族皆で飲むのを楽しみにしていたそうです。

子供たちが成人する前の他界で約束果たせず

西城秀樹さんが亡くなったのは2018年。当時子供たちの年齢は、長女が16歳、長男が15歳、次男が14歳でした。西城秀樹さんは子供たちが成人する前に天国に旅立ってしまい、一緒にワインを飲むという約束を果たすことができませんでした。

西城秀樹さんはいなくなってしまいましたが、子供たちの中にはずっと西城秀樹さんは生きています。子供たちがそれぞれ成人する時、そのワインを家族であけ西城秀樹さんとの約束を果たすことが出来ることでしょう。

63歳の若さで他界した西城秀樹の遺産額も調査

63歳という若さで他界するまで芸能界の第一線で活躍してきた西城秀樹さん。特に20代、30代の頃は、トップアイドルとして数多くのヒット作にも恵まれました。そこで気になるには、その遺産額ではないでしょうか?西城秀樹さんの遺産額についても調査してみましたが、西城秀樹さんの年収や遺産についての情報を見つかりませんでした。

西城秀樹さんは長期間に渡って脳梗塞を患っているため、思うようには仕事ができていなかったようです。また、リバビリや治療費などにもお金は必要だったでしょう。家族思いの西城秀樹さんですからそれなりの金額は残していたはずです。ただ、闘病中のさまざまな費用を考えると遺産は思っているほどの高額ではない可能性もあるかもしれません。

西城秀樹の家族旅行inハワイ

人気の観光地ハワイ。西城秀樹さんもハワイが好きで、よく家族でハワイ旅行に行かれていたようです。ハワイで西城秀樹さん家族はどのように過ごしていたのでしょうか?調べてみました。

リハビリ後の家族でハワイ旅行にも注目が

日本での辛いリハビリを終え、ハワイに向かった西城秀樹さん家族。ハワイではどのように過ごしていたのでしょか?フジテレビの『とくダネ!』では、奥さんの美紀さんがホームビデオで撮影した西城秀樹さんのハワイの様子を放送しています。

西城秀樹さんが子供たちに手を引かれプールで歩く姿や子供達に「ありがとう」と言われ照れ臭そうにしている西城秀樹さんが写っていました。心から家族とハワイを楽しんでいる西城秀樹さんでした。子供たちも嬉しくて西城秀樹さんをいろいろ連れ回したようで、西城秀樹さんは「かなり疲れた」とも語っていました。

家族でのハワイ旅行は西城秀樹の支え

フジテレビでは、西城秀樹さんが完全復活する道のりにも密着していました。その中で、リハビリに励む西城秀樹さんの姿が報じられています。その時のインタビューで西城秀樹さんは、「リハビリをしながら何度も泣いた」と明かしています。また、そんな辛いリハビリの支えとなっているのが、「夏休みに予定している家族とのハワイ旅行」だと。

その1ヶ月後、滞在は5日間と短いですが、西城秀樹さんは家族とのハワイ旅行を実現させています。気候の良いハワイで、辛いリハビリから離れ家族とリラックスしたことでしょう。また次回、家族でハワイを訪れることを支えに頑張るつもりだったに違いありません。

ハワイで林家木久扇が西城秀樹に遭遇?

西城秀樹さんが亡くなった2018年5月16日の翌日の17日、林家木久扇さんは東京の浅草公会堂で傘寿記念落語会を開催しました。その開演前に行った会見で、前日に亡くなった西城秀樹さんについて語っています。

会見で林家木久扇さんは、昨年の夏にハワイのホテルで西城秀樹さんを見かけたと話していました。挨拶しようとしたそうですが、元気なイメージしかなかった西城秀樹さんが、奥さんに寄り添って歩く姿を見たら声をかけることが出来なかったそうです。林家木久扇さんなりに気を使ったのでしょう。

林家木久扇とは

林家木久扇さんについて簡単にご紹介しておきます。林家木久扇さんは旧名林家木久蔵といい、2007年真打昇進に伴って改名しています。1937年10月19日生まれで現在82歳です。現在の東京都中央区の出身の落語家です。最近では、YouTuberデビューもしています。

1969年から日本テレビの長寿番組『笑点』にレギュラー出演しており、大喜利メンバーとしては2019年11月で50周年を迎えています。落語以外ではラーメンが好きなことでも有名で、1981年には日本で初めてラーメンについて語った単行本を出版しています。そして自身でもラーメン店を運営し、一時はハワイにもラーメン店を出店していました。

西城秀樹の家族構成は妻と子供3人の5人家族

2018年63歳で亡くなった西城秀樹さん。家族構成は18歳年下の妻と子供3人の5人家族でした。生前西城秀樹さんは、成人した子供たちと一緒に子供たちの生まれた年のワインを飲むことを約束し、辛いリハビリも頑張り続けました。また、家族でハワイに行くこともリハビリの支えとなっていました。

残念ながら成人した子供たちとワインを飲む約束は果たすことは出来なくなりましたが、子供たちの中では素敵な父親として生き続けていることでしょう。そして私達は、これからも西城秀樹さんの素敵な歌が歌い継がれることに期待です。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nananomoe66

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ