【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧!キャラソンも紹介!

人気声優の坂本真綾さんはどのようなアニメキャラを演じているのでしょうか?この記事では、坂本真綾さんが演じたアニメキャラを一覧にして紹介します。また、坂本真綾さんが歌ったキャラソンについても調査。坂本真綾さんが演じたキャラやキャラソンについてお届けします。

【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧!キャラソンも紹介!のイメージ

目次

  1. 1坂本真綾(声優)のプロフィール
  2. 2【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part1】
  3. 3【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part2】
  4. 4【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part3】
  5. 5【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part4】
  6. 6【声優】坂本真綾のキャラソンも調査
  7. 7【声優】坂本真綾は人気アニメキャラを多数演じキャラソンも話題!

坂本真綾(声優)のプロフィール

・愛称:マーヤ
・本名:非公開
・生年月日:1980年3月31日
・年齢:39歳(2020年2月現在)
・出身地:東京都板橋区
・血液型:A型
・身長:155cm
・体重:???
・活動内容:声優、女優、歌手、ナレーター、ラジオパーソナリティ、エッセイスト
・所属グループ:なし
・事務所:フォーチュレスト
・家族構成:旦那(鈴村健一)

坂本真綾の声優などの経歴

坂本真綾さんの演じたキャラやキャラソンについて紹介する前に、まずはその経歴を見ていきましょう。坂本真綾さんは8歳の頃から子役として吹き替えなどで活躍しており、現在の年齢は39歳ですが、声優歴としてはすでに31年ということになります。声優としての初出演作は、1988年に公開された映画「頑固じいさん孫3人」の吹き替えでした。

坂本真綾さんの声優としてのアニメ初出演作品は、1990年に公開された劇場アニメ「さようならカバくん」で大杉幸子役を演じています。この年には「まっ黒なおべんとう」という劇場アニメで折免きみえ役も演じました。

坂本真綾さんは子役時代、多くの洋画作品の吹き替えを行っていたようです。現在も坂本真綾さんは洋画作品の吹き替えを行っていますが、近年の作品としては、スター・ウォーズシリーズでのナタリー・ポートマンの吹き替えやgleeシリーズのリア・ミシェルの吹き替えなどが有名かもしれません。

また、坂本真綾さんは声優としてだけではなく、近年は女優としての活動も目立ってきています。ミュージカルでは2003年から2009年まで、帝国劇場で上演された「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役をつとめました。他にも、「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」の薫役などが女優としての出演作として知られています。

坂本真綾さんはエッセイストとしても活動しており、2005年には初のエッセイ集となる「アイディ。」を出版し、その後も「CDJournal」の公式ウエブサイトや雑誌「FRaU」などで音楽にまつわるエッセイを発表するなどしてきました。

さらに坂本真綾さんといえば、歌手としての活動も有名で、子役の頃からCMソングを歌唱していたのだそうです。1996年にアニメ「天空のエスカフローネ」の主題歌を担当したことをきっかけに、坂本真綾さんは菅野よう子さんのプロデュースでさまざまな楽曲の歌唱を担当してきました。

近年の坂本真綾さんは、菅野よう子さんのプロデュースではなく、独自の音楽活動をされています。CDもコンスタントにリリースし、現在までに30枚のシングルと10枚のアルバムがリリースされました。ライブ活動も、さいたまスーパーアリーナなどを会場に行われているようです。

また、坂本真綾さんは声優ではありますが、CMソングも多数担当しています。有名なものでは、丸美屋食品工業の「のりたまふりかけ」や「ビオレ洗顔フォーム」、「ナショナルハウス」などがあるようです。

坂本真綾の性格にも注目が

坂本真綾さんが演じたキャラに注目が集まっていますが、実はその性格も注目を集めていると言います。坂本真綾さんの性格は、見た目からはおしとやかで女性らしい印象を受ける人が多いようです。ただ、坂本真綾さんの実際の性格は、その見た目とはギャップがあると言われています。

坂本真綾さんの性格が分かるエピソードとして、一人称が「オレ」になることがあるというものがあります。また、食べることが大好きで「フードファイターになりたい」という夢を語ったこともあるのだとか。こうした見た目と性格のギャップも、坂本真綾さんの魅力だと言われているようです。

Thumb坂本真綾と鈴村健一の結婚までの馴れ初めは?ラブラブすぎてしんどい!
人気声優の坂本真綾さんと鈴村健一さんが夫婦であることは有名ですが、二人の結婚までの馴れ初めは...

【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part1】

坂本真綾さんが演じたキャラについて見ていきましょう。坂本真綾さんが演じたキャラにはどのようなキャラがあるのでしょうか?坂本真綾さんが演じたキャラを一覧で紹介します。

アニメキャラ一覧①神崎ひとみ役『天空のエスカフローネ』

坂本真綾さんの声優としての転機となったのが「天空のエスカフローネ」のヒロイン・神崎ひとみ役を演じたことでした。この作品は1996年に放送されたもので、坂本真綾さんは神崎ひとみを演じた当時、16歳の高校生だったそうです。

「天空のエスカフローネ」で坂本真綾さんが演じたキャラ・神崎ひとみは、陸上部の高校生ですが、未来が見えてしまうという特殊な能力を持っています。彼女が異世界ガイアに飛ばされてしまったことから物語は動き始め、異世界での戦いや恋模様など、さまざまなストーリーが描かれました。

アニメキャラ一覧②山崎理保役『Night Walker -真夜中の探偵-』

1998年に放送されたアニメ「Night Walker -真夜中の探偵-」での山崎理保役も、坂本真綾さんの演じたキャラとしては話題となったようです。「Night Walker -真夜中の探偵-」は、血を武器として扱う吸血鬼が題材となったアニメで、原作はPCゲームでした。

物語の舞台は「紫藤探偵事務所」で、坂本真綾さんが演じるキャラ・山崎理保は、主人公の探偵・紫藤龍彦に憧れ、彼の事務所に押しかけて雑用などを担当するようになります。

アニメキャラ一覧③純米カリン役『メダロット』

1999年に放送されたアニメ「メダロット」で、坂本真綾さんは純米カリン役を演じていました。「メダロット」の原作はゲームボーイのゲームソフトで、アニメ版は原作のゲームソフトとのタイアップが図られた作品でもあります。この作品は小学生を対象にしたロボットアニメで、当時の子供たちの間で話題となりました。

坂本真綾さんが演じたキャラ・純米カリンは、このアニメの主人公・イッキのライバルであるコウジと幼馴染みというキャラです。普段はお嬢様ですが、怒らせると怖く、腹黒い一面も持ち合わせているという複雑なキャラでもありました。

アニメキャラ一覧④美嶋玲香/ハルカ役『ラーゼフォン』

2002年に放送されたアニメ「ラーゼフォン」にも坂本真綾さんは出演しています。坂本真綾さんがこの作品で演じたキャラは、美嶋玲香と紫東遙の幼少期のハルカ役でした。「ラーゼフォン」は近未来の東京が舞台となっており、全世界が消滅し、東京だけが残ったという状況の中で物語がスタートします。

坂本真綾さんが演じたキャラ・美嶋玲香は、まるで陽炎のような幻の少女という役柄です。美嶋玲香は生きている人間とは少し異なるキャラですが、坂本真綾さんはその不思議な雰囲気を上手く表現していました。坂本真綾さんは劇場版アニメ「ラーゼフォン」にも同じ役で出演しています。

【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part2】

坂本真綾さんが演じたアニメキャラはまだまだあります。坂本真綾さんはアニメでどのようなキャラを演じたのでしょうか?坂本真綾さんが演じたアニメキャラ一覧【Part2】を紹介します。

アニメキャラ一覧⑤ルナマリア・ホーク役『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』

ガンダムシリーズの人気作品「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」にも、坂本真綾さんはルナマリア・ホーク役として出演していました。「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」は「機動戦士ガンダムSEED」の続編で、2004年から2005年にかけて放送された作品です。

坂本真綾さんが演じたキャラ・ルナマリア・ホーク は、「赤服」を着たエリート軍人でもあります。そして、この作品の主人公でもあるシン・アスカの恋人となる役柄でした。実はシン・アスカの声を鈴村健一さんが担当しており、後に2人が結婚したことも話題となったようです。

アニメキャラ一覧⑥藤岡ハルヒ役『桜蘭高校ホスト部』

坂本真綾さんは人気アニメ「桜蘭高校ホスト部」の主人公・藤岡ハルヒ役のボイスも担当していました。「桜蘭高校ホスト部」は少女漫画が原作となった作品で、良家の子女ばかりが通うという私立桜蘭学院高等部が舞台となって物語が展開されます。

坂本真綾さんが演じたキャラ・藤岡ハルヒは、良家の子女たちばかりが生徒のこの高校の中で、特待生という特殊な立ち位置でした。家柄や財力ではなく、成績を見込まれて入学したということもあり、普段は質素な生活を送っています。藤岡ハルヒは、ホスト部の部室の高価な花瓶を割ってしまったことで、ホスト部の一員となりました。

アニメキャラ一覧⑦シエル・ファントムハイヴ役『黒執事』

坂本真綾さんが演じた代表的なキャラとしては、「黒執事」のシエル・ファントムハイヴ役もあげられるでしょう。「黒執事」は人気漫画が原作となったアニメで、2008年から2014年までに3シリーズがアニメ化されています。この物語の主人公は、悪魔で執事のセバスチャン・ミカエリスです。

坂本真綾さんが演じたシエル・ファントムハイヴは、セバスチャン・ミカエリスと契約することによって命を救われました。当時12歳だった彼は、火事で命を失った両親の代わりにファントムハイヴ伯爵家の当主として膨大な領地を治め、「ファントム社」の社長もつとめるという実業家の側面も持ちます。

アニメキャラ一覧⑧アルファルド役『CANAAN』

2009年に放送されたアニメ「CANAAN」で、坂本真綾さんはアルファルド役を演じていました。この作品はPCゲームが原作となった作品で、アニメ版では中国の上海が舞台となっています。「CANAAN」は第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品にも選ばれました。

坂本真綾さんがこの作品で演じたキャラ・アルファルドは、犯罪組織「蛇」のリーダーという役柄です。主人公のカナンとは敵対関係にあり、彼女を追い詰めていくという役柄でもありました。

【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part3】

さらに坂本真綾さんが演じたアニメキャラについて見ていきましょう。坂本真綾さんは他にどのようなアニメキャラを演じていたのでしょうか?坂本真綾さんが演じたアニメキャラ一覧【Part3】をお届けします。

アニメキャラ一覧⑨ニノ役『荒川アンダー ザ ブリッジ』

坂本真綾さんは人気アニメ「荒川アンダー ザ ブリッジ」にも出演していました。坂本真綾さんがこの作品で演じていたキャラはニノという役です。坂本真綾さんが演じたキャラ・ニノは、この作品のヒロインであり、「金星人」だと自称しているという役柄でもあります。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」の主人公は、大財閥の御曹司・市ノ宮行です。ニノは彼が溺れかけているところを救い、その恩返しとして「恋をさせて欲しい」と頼みます。市ノ宮行は、他人に借りを作ってはならないという家訓にのっとり、ニノの恋人となるべく、河川敷での同居を始めることになりました。

アニメキャラ一覧⑩忍野忍役『物語』シリーズ

坂本真綾さんは「物語」シリーズの忍野忍役を演じていることでも知られています。「物語」シリーズは、西尾維新さんの人気ライトノベルが原作で、坂本真綾さんが演じる忍野忍というキャラは、主人公とはかなり密接な関わりのあるキャラとして描かれています。

忍野忍は独特の古風な話し方をするのも特徴で、一人称は「わし」、語尾は「~じゃ」、主人公のことを「お前さま」と呼ぶなど、見た目は幼い少女ですが、その見た目を裏切るような口調が人気を集めているようです。

アニメキャラ一覧⑪両儀式役『劇場版 空の境界』

坂本真綾さんは「劇場版 空の境界」など「空の境界」シリーズの主人公・両儀式も演じています。「空の境界」は劇場版アニメとして2007年から2013年まで全8作と「未来福音」が公開されました。この作品の原作は、奈須きのこさんのライトノベル作品となっています。

坂本真綾さんが演じるキャラ・両儀式は、交通事故の影響で2年間昏睡状態だったという少女です。昏睡状態から奇跡的に目覚めた両儀式は、「直死の魔眼」という「モノの死を見る」という能力を得ていました。両儀式は美少女ですが、口調はぶっきらぼうで、何事もクールに対応するという特徴があります。

アニメキャラ一覧⑫真希波・マリ・イラストリアス役『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

坂本真綾さんは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」にも出演しています。坂本真綾さんがこの作品で演じていたのは真希波・マリ・イラストリアスというキャラでした。真希波・マリ・イラストリアスは、イギリスの出身で、エヴァンゲリオン仮設5号機のパイロットという設定のキャラです。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は2009年に公開された劇場アニメで、大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に物語は展開されていきます。この作品は2007年に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編の作品です。

【声優】坂本真綾が演じたアニメキャラ一覧【Part4】

坂本真綾さんが演じたアニメキャラ【Part4】についても見ていきましょう。これまでにも坂本真綾さんがさまざまなアニメキャラを演じてきたことが分かりましたが、他にどのようなキャラを演じているのでしょうか?

アニメキャラ一覧⑬草薙素子役『攻殻機動隊』シリーズ

坂本真綾さんは「攻殻機動隊」の主人公・草薙素子役のボイスも担当しています。「攻殻機動隊」シリーズは作品によって草薙素子の声優も変更がありましたので、坂本真綾さんが草薙素子を演じたのは劇場版アニメ「攻殻機動隊ARISE」と「攻殻機動隊 新劇場版」になります。

坂本真綾さんが演じたキャラ・草薙素子は、幼少期に全身のほとんどの部位をサイボーグ化しており、物語開始当時には公安9課の実質的なリーダーとして活躍していました。性格は冷静沈着で、判断力や統率力、さらにサイボーグ化した身体の身体能力など、すべてにおいて突出しているという役柄です。

アニメキャラ一覧⑭マーリン『七つの大罪』

坂本真綾さんは2015年から放送されているアニメ「七つの大罪」でも、マーリンというキャラのボイスを担当しています。「七つの大罪」は週刊少年マガジンで2011年から連載されている漫画が原作で、原作は累計発行部数は3000万部を超えているそうです。

坂本真綾さんが演じたキャラ・マーリンは、『七つの大罪』の一員でもあり、通称「〈暴食の罪(ボア・シン)〉のマーリン」とも呼ばれています。露出の高いセクシーな衣装が特徴のキャラですが、その本性は子供で、魔力を用いて大人の女性に見せているようです。

アニメキャラ一覧⑮キューティーハニー /如月ハニー役『Cutie Honey Universe』

2018年に放送された「Cutie Honey Universe」で、坂本真綾さんは主人公のキューティーハニーこと如月ハニー役を演じています。この作品は原作の永井豪さんの画業50周年を記念して製作されたものなのだとか。本作でのキューティーハニーは5形態で展開され、坂本真綾さん以外に5人の声優がハニーを演じたことも話題となりました。

坂本真綾さんが演じた如月ハニーは、聖チャペル学園に通う学生ですが、その本性はアンドロイドです。平時は如月ハニーとして振る舞いますが、戦闘状態の時にはキューティーハニーを始め、ハリケーンハニーなど、5種類の形態に変化して戦います。

アニメキャラ一覧⑯草摩慊人役『フルーツバスケット』

2019年から2020年にかけて放送されているアニメ「フルーツバスケット」で、坂本真綾さんは草摩慊人役を演じています。「フルーツバスケット」は動物憑きの奇妙な体質を持つ草摩家を舞台に描かれる物語で、ジャンルとしてはファンタジー、学園、ラブコメディとなるようです。

坂本真綾さんが演じたキャラ・草摩慊人は、物語の舞台となる草摩家の当主で、見た目は美少年ですが実は女性という設定になっています。ただ、草摩慊人が女性であるということはトップシークレットなため、普段の草摩慊人はあくまでも男性として振る舞っているようです。

アニメキャラ一覧⑰マリー・リリィ・アントワネット役『織田シナモン信長』

最新の坂本真綾さんのアニメキャラについても見ていきましょう。坂本真綾さんが演じている最新キャラは「織田シナモン信長」のマリー・リリィ・アントワネット役です。「織田シナモン信長」は、2020年1月から放送開始されているアニメで、ギャグ要素のある戦国時代ものとなっています。

坂本真綾さんが演じたキャラ・マリー・リリィ・アントワネットは、マリー・アントワネットが転生したというミニチュアダックスフンドという設定のキャラです。もともとが高貴な身分だったため、口調などは丁寧ですが、嫉妬が激しいというキャラでもあります。

【声優】坂本真綾のキャラソンも調査

坂本真綾さんのキャラソンについても見ていきましょう。最近の声優はキャラソンを歌う機会が増えていますが、坂本真綾さんが歌唱したキャラソンにはどのようなものがあるのでしょうか?坂本真綾さんのキャラソンについて調べてみました。

坂本真綾のキャラソンはレア?

坂本真綾さんはこれまでに数多くのアニメ作品に出演してきました。ですので、キャラソンについても多数の曲を歌唱していると考えている人も多いかもしれません。しかし、坂本真綾さんのキャラソンはレアだと言われています。坂本真綾さんのキャラソンはなぜレアなのでしょうか?

声優として歌手活動は希望していない?

実は坂本真綾さんは、声優として出演する作品の主題歌を歌わないという主義を貫いていると言われています。逆に、声優として出演していない作品の主題歌に関しては歌うことがあるそうです。坂本真綾さんのキャラソンが少ないのは、こうした主義が理由なのではないかと見られています。

坂本真綾さんが出演する人気アニメ「物語」シリーズでは、ほとんどのキャラのキャラソンがありますが、坂本真綾さんが演じる忍野忍に関してはキャラソンがありません。このため「物語」シリーズのファンたちは、坂本真綾さんが自身のタブーを打ち破ってキャラソンを歌ってくれる日を待ち望んでいるとも言われています。

坂本真綾のキャラソン①アニメ『臣士魔法劇場 リスキー・セフティ』主題歌

坂本真綾さんのキャラソンはレアではありますが、まったくないわけではありません。1999年に放送されたアニメ「臣士魔法劇場 リスキー・セフティ」では、坂本真綾さんがキャラソンを歌っていました。

この作品で坂本真綾さんは主人公の桂木萌を演じており、同時にアニメの主題歌「夜明けの風ききながら」を桂木萌として歌唱していたようです。この頃の坂本真綾さんは、アニメの声優としては駆け出しの頃だったために、まだ現在のような主義が確立していなかったのかもしれません。

坂本真綾のキャラソン②アニメ『メダロット』夢色ロリポップ

坂本真綾さんのレアなキャラソンとしては、1999年に放送されたアニメ「メダロット」のキャラソン「夢色ロリポップ」もあげられるでしょう。この「夢色ロリポップ」は、作品の主題歌などではなくキャラソンとしてリリースされたものです。

先ほども紹介しましたが、坂本真綾さんはこのアニメ「メダロット」で純米カリンというキャラを演じています。坂本真綾さんが歌う「夢色ロリポップ」は2000年1月にリリースされました。

坂本真綾のキャラソン③アニメ『マクロスF』ボーカルアルバム収録曲

坂本真綾さんのキャラソンとしては、2008年に放送された「マクロスF」のボーカルアルバムに収録されたものもあげられるでしょう。坂本真綾さんはこのアルバムの中で、「母と子ランカのアイモ」、「アイモ〜こいのうた〜」を歌唱しています。

坂本真綾さんはこの「マクロスF」でランシェ・メイという役を演じていましたが、上記の2曲はこのキャラのキャラソンとなるようです。坂本真綾さんは「マクロスF」のオープニングテーマ「トライアングラー」の歌唱も担当しています。

アニメ『BEM』主題歌も話題に

坂本真綾さんといえば、2019年に放送されたアニメ「BEM」の主題歌を担当したことも話題となりました。坂本真綾さんはこのアニメで謎の女・ベガを演じています。主題歌「宇宙の記憶」は椎名林檎さんの作詞作曲ということ、さらには坂本真綾さんが歌唱したことで話題となりました。

【声優】坂本真綾は人気アニメキャラを多数演じキャラソンも話題!

坂本真綾さんが演じたアニメキャラについて一覧で紹介してきました。坂本真綾さんはこれまでにさまざまなタイプの人気アニメキャラを多数演じています。また、レアではありますが、坂本真綾さんのキャラソンも話題になっていたようです。今後の坂本真綾さんの声優としての活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ