坂本スミ子の現在は?元夫との離婚理由や逮捕歴の噂も調査!役作り根性がすごい?

おスミさんの愛称で親しまれたラテン歌手の坂本スミ子は現在どうしているのでしょうか?元夫との今でも語り継がれる衝撃の離婚理由エピソードや逮捕歴まで、徹底した役作りでも知られる坂本スミ子の現在やこれまでの経歴、プロフィールなどについてご紹介します。

坂本スミ子の現在は?元夫との離婚理由や逮捕歴の噂も調査!役作り根性がすごい?のイメージ

目次

  1. 1坂本スミ子のプロフィール
  2. 2坂本スミ子の現在
  3. 3坂本スミ子と元夫の離婚理由や再婚
  4. 4坂本スミ子の逮捕歴の噂とは
  5. 5坂本スミ子の役作り根性について
  6. 6坂本スミ子は現在園長と歌手兼女優を熟し娘も活躍

坂本スミ子のプロフィール

・愛称:おスミ
・本名:石井 寿美子(旧姓 坂本)
・生年月日:1936年11月25日
・年齢:81歳
・出身地:大阪府大阪市東住吉区
・血液型:非公表
・身長:非公表
・体重:非公表
・活動内容:ラテン歌手、女優
・所属グループ:なし
・事務所:非公表
・家族構成:夫・石井禮次郎(皮膚科医)、娘・石井聖子(歌手)
・出演作品:夢であいましょう、NHK紅白歌合戦、楢山節考

坂本スミ子の経歴

坂本スミ子は1963年大阪生まれのラテン歌手です。高校を卒業後、NHKの音楽団に入り2年間活動しますが、その後ソロで歌を歌いたいと決意しラテン歌手として芸能界デビューというなかなか珍しいプロフィールの持ち主です。

最初はラテン歌手として全く目が出ませんでしたが、1959年に来日したトリオ・ロス・パンチョスの日本公演の前座で歌を歌ったことから一躍名が知れ渡ることとなりました。

テレビ番組「夢であいましょう」主題歌担当

坂本スミ子と聞くと1961年から始まったバラエティ番組「夢であいましょう」の主題歌を歌っていたというプロフィールの持ち主として有名です。夢であいましょうは当時、黒柳徹子もホステスを務めたほどの人気番組でした。

坂本スミ子の主題歌はオープニングとエンディングで流れていましたが、坂本スミ子は当時主にエンディングで歌を披露していました。

坂本スミ子はラテン歌手

最初こそ売れなかったラテン歌手の坂本スミ子ですが、スターとなってからはNHK紅白歌合戦に1961年から1965年までなんと5年連続で出場するなど輝かしいプロフィールも持っています。ヒット曲も数多くあり、ファンも多く存在しています。

ラテン歌手として主に活動する一方で女優としても多くの出演作品があり、そこでも賞を受賞するなど輝かしい経歴を残しています。

坂本スミ子の現在

歌手として、そして女優としても輝かしいプロフィールの持ち主である坂本スミ子ですが、80歳となる現在でもメディアへ姿を現す機会は減りましたが、芸能界を引退しているわけではありません。時折歌番組などで素敵な歌声を披露しています。

しかしその一方で、熊本県で園長をしているという新たなプロフィールも最近のテレビ番組で紹介されています。坂本スミ子は現在新たにどのような仕事をしているのでしょうか?

坂本スミ子は現在幼稚園の園長

坂本スミ子は現在熊本県で幼稚園の園長を務めています。故郷は大阪であるのに、なぜ熊本なのかというと現在坂本スミ子の夫が熊本県出身であり、さらに夫のお母さんがしていた園長の跡を継いだためです。

熊本県といえば熊本地震が記憶に新しいですが、やはり幼稚園も被害を受けました。現在では再建もしながら幼稚園は運営されているとのことです。

幼稚園名は聖母保育園幼稚園・幼愛園

坂本スミ子のプロフィールとして新しく加わった幼稚園の園長という肩書ですが、実はどこの幼稚園かも明らかになっています。坂本スミ子が園長を務める熊本の幼稚園は聖母保育園幼稚園で名前を幼愛園と言います。

園児はおよそ300人ほど入園していると言われており、坂本スミ子は現在では熊本県で園長としての仕事が忙しいようです。

2009年には脳梗塞で倒れるも現在は回復

80歳を超える現在でも園長の業務をこなす元気な坂本スミ子ですが、実は2009年に一度脳梗塞を患い倒れた経験があります。しかし早期発見であったため、3ヶ月後には無事に回復し表舞台に再び戻ってきました。

ちなみに2016年に坂本スミ子は長年の知り合いでもある黒柳徹子の徹子の部屋に出演しましたが、元気なうちに会いたいというのが坂本スミ子の出演理由だったそうです。

現在も歌手・女優業も現役

現在は夫の故郷である熊本で幼稚園の園長というプロフィールを持つ坂本スミ子ですが、先ほどもご紹介した通り今でも徹子の部屋などのメディアに少しではありますが登場することはあり、芸能界は引退していません。

もちろん歌手として歌を歌うこともあり、年を感じさせない歌声がテレビ番組で披露される度に昔の坂本スミ子を知るファンからはさすがプロだと驚きの声が聞かれます。

坂本スミ子と元夫の離婚理由や再婚

坂本スミ子は現在夫の実家を継いでいるとご紹介しましたが、実はこの夫との結婚が初婚ではありません。坂本スミ子は1969年に結婚する前に、1964年に別の男性を最初の結婚をしています。しかしその結婚はわずか2年でピリオドが打たれることとなりました。

前の夫は誰だったのか、そして坂本スミ子が離婚をした理由はなんだったのかをご紹介します。

1度目の結婚した夫はキャスター・栗原玲児

坂本スミ子が最初に結婚をしたのはニュースキャスターやテレビ番組司会者、そして映画評論家などとてもマルチに活躍していた栗原玲児でした。栗原玲児と坂本スミ子が活躍したのは共に1960年代であり、テレビの仕事を通じ知り合ったのではないかと言われています。

キャスター・栗原玲児のプロフィール

1933年生まれの栗原玲児は最初はタレントとして芸能界デビューしたものの、その後は長寿番組モーニングショーのサブキャスター、そしてスター千一夜という同じく長寿トーク番組の司会を務めるなどテレビの人気者でこれまた輝かしいプロフィールの持ち主です。

1964年に坂本スミ子と結婚したものの、その後離婚し現在では料理研究家としても大人気の栗原はるみと再婚し、芸能界から一線を画し栗原はるみと会社を立ち上げています。

1966年に離婚し2人揃って記者会見

それぞれテレビの人気者であった坂本スミ子と栗原玲児の2人は離婚した際に記者会見を開きました。離婚会見ではしゃべるのはほとんど栗原玲児の方でした。栗原玲児は坂本スミ子が家庭を顧みなかったと発言し離婚理由は坂本スミ子にあるという内容でした。

これに対し、離婚会見の当時は坂本スミ子はほとんど言葉を発することなく、この栗原玲児の離婚理由の内容に否定をすることもありませんでした。

離婚会見で発覚した離婚理由の相違

しかし事態はたった1日後の翌日に急転します。離婚会見当時にはなにも話さなかった坂本スミ子が栗原玲児の話した離婚理由内容は違うと反論をしたのです。

しかもその離婚理由内容は栗原玲児のこれまでのイメージを大きく崩しかねない衝撃の暴露話でした。

本当の離婚理由は元夫の同性愛?

坂本スミ子が語った離婚理由は栗原玲児が同性愛者であったからだというものでした。もともと2年間という短い夫婦生活の中でもセックスレスであったと語り、そして同性愛者であることが分かったため懸命に尽くしても無駄であったと告白したのです。

この坂本スミ子の告白に対し、栗原玲児は当時肯定も否定もしませんでした。そのため一時期は栗原玲児がゲイであるという報道が大きく流されることとなりました。

元夫が栗原はるみとの再婚で男色趣味の噂解消

しかしその後栗原玲児は栗原はるみと再婚しました。当時は14歳も年が離れた年の差婚であったため、栗原はるみの母親が大反対したと言われています。しかし現在でも20年以上結婚生活は続いており、2人の間には子どもも2人存在しています。

メディアにもほとんど出演することがなくなった栗原玲児は現在では栗原はるみの良き夫というイメージに変わり、ゲイ疑惑もほぼ解消されています。

坂本スミ子は1969年に皮膚科医・石井禮次郎と再婚

元夫がゲイ疑惑を払拭した一方で、坂本スミ子の方も1969年に再婚しています。その後歌のヒットにも恵まれたことから、今度の再婚生活はとてもうまく行っていたようです。

坂本スミ子が再婚したのは皮膚科医の石井禮次郎でした。美容皮膚科医として活躍するだけでなく、SK-Ⅱの看板商品であるマックスファクター開発にも関わったと言われている敏腕美容皮膚科医です。残念ながら2014年に帰らぬ人となっています。

1973年9月に娘・石井聖子を出産

坂本スミ子と石井禮次郎の間には1人の子どもが存在しています。名前は石井聖子と言います。1973年に誕生した彼女は母親と同じく歌手として活躍しています。

娘は父の姓である石井をはじめから名乗っているため、名字が違う坂本スミ子の娘であるということを知る人はあまり多く存在していません。

娘・石井聖子のプロフィール

石井聖子は先ほどもご紹介しましたが、母親の影響を受けて幼いころから音楽に興味を持っており大学生時代に週刊朝日のオーディションに合格したことをきっかけに芸能界入りをしています。その後は1996年に歌手デビューも果たしています。

2000年からは父親の事業を手伝う形で、ドクターイシイコスメティックという会社で化粧品開発などの仕事を行っています。コスメのおかげか40代とは思えぬ美貌の持ち主です。

坂本スミ子と娘・石井聖子の共演も話題に

坂本スミ子、石井聖子と親子ともに芸能人であり、実は2010年に行われた石井聖子の誕生日ライブでゲストとして坂本スミ子が出演し親子共演を果たしています。

ちなみに石井聖子も保育士の免許を持っており、坂本スミ子の園長業務も手伝っているようです。芸能界でも幼稚園の仕事面でもそれぞれに支えあう理想の親子と言えそうです。

坂本スミ子の逮捕歴の噂とは

坂本スミ子はラテン歌手で現在では園長という素敵なプロフィールを持つ一方で、過去に逮捕されたことがあるというショッキングなニュースもネットなどで目にすることができます。坂本スミ子は本当に逮捕歴があるのでしょうか?原因はなんだったのでしょうか?

坂本スミ子が大麻取締法違反で逮捕?

坂本スミ子は実は大麻を知り合いであった有名作詞家の弟に譲渡したという噂が立ち、そこから大きなスキャンダルとなっていきます。坂本スミ子は女優としても大きく評価を受けた時期と重なっていたため、マスコミが連日坂本スミ子を追いかけることとなりました。

しまいにはこの大麻疑惑により、坂本スミ子が逮捕されるとまで報道されることとなりました。

カンヌ国際映画祭から凱旋帰国時の出来事

実はこの大麻疑惑が持ち上がったのは、坂本スミ子が出演した映画がカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞、華やかに坂本スミ子が凱旋帰国をするというタイミングでした。当時飛行機から降りた坂本スミ子は受賞について聞かれると思いVサインをしました。

しかし実際には記者の質問は大麻疑惑のことばかり、しまいにはVサインが実は大麻の吸引のポーズなのではと冷やかしまで起こる事態となりました。

逮捕はされず書類送検

では実際に大麻疑惑で坂本スミ子が逮捕されたのかというとそうではありません。坂本スミ子は書類送検をされただけで、逮捕にはいたりませんでした。しかしラテン歌手から女優として大きな評価を受けた時期でもあったため、イメージダウンの影響が大きかったのです。

書類送検後は表舞台から姿を消し制裁

実際にこの大麻疑惑報道、そして警察への書類送検により坂本スミ子は一時期ぱったりと芸能界から姿を消しました。本当であればパルム・ドールを受賞した世界的映画の出演女優として脚光を浴びるはずでありましたが、それはかなわぬ夢となりました。

現在でも坂本スミ子が一夜にして天国から地獄へ落ちたと当時の出来事を覚えている人は多く存在しています。

坂本スミ子の役作り根性について

大麻譲渡により逮捕騒動にまでなってしまった坂本スミ子ですが、実はその一方でこのカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した作品では役作りへの気合が並々ならぬものであったと称賛も多く受けています。一体、どのような役作りに励んだのでしょうか?

歌だけでなく女優としての役作りも凄い

ラテン歌手としても素晴らしい歌声の持ち主であった坂本スミ子ですが、女優としても高い評価を得ていました。これまでにも映画やテレビでは有名な白い巨塔などにも出演しています。

特に元々は歌手出身であるのに、坂本スミ子の役作りが凄いと話題を呼んだのは映画「楢山節考」での老婆役のための役作りでした。

映画「楢山節考」で前歯4本を削り役作り

「楢山節考」で老婆の役を演じる予定だった60代の有名女優が降板し、当時40代であった坂本スミ子で代役で主演を務めることとなりました。演じるのは69歳のおりんという役どころでしたが、なんと坂本スミ子は歯を4本削り老婆に見えるよう役作りをしました。

身を削るほどの役作りにより演技はもちろん、見た目も完璧な老婆になり切った坂本スミ子の演技が大きく評価され、この映画がパルム・ドールを受賞することとなったのです。

現在も伝説となる役作りへの根性

今ではインプラントにより短く削った4本の歯も元に戻っているそうですが、いくら役作りのためとは言えど見た目にも大きく影響のある前歯を4本も削ってしまうという坂本スミ子には女優としての並々ならぬ覚悟を感じるものがあります。

実際に役どころとしては実年齢とは30歳近くハンデがあったため、本人も代役としてたてられた以上なんとかして評価を残したいという気持ちの表れであったともいえるでしょう。

坂本スミ子は現在園長と歌手兼女優を熟し娘も活躍

80歳を超える現在でも芸能活動、そして幼稚園の園長として活躍する坂本スミ子のプロフィールなどをご紹介しました。一時は大麻で逮捕疑惑まで上がり、芸能界から干されてしまったもののこうしたスキャンダルもそして病気も乗り越え現在でも活躍しています。

娘の石井聖子も現役で活躍しているため、これからも親子共演などで元気に活躍する姿を見ることができる機会があるといえます。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
383holly

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ