佐久間良子の現在!若い頃からの経歴は?旦那や子供も調査!

佐久間良子はNHK大河ドラマ「おんな太閤記」の主演を務めたことで有名です。そんな佐久間良子の現在について調査しました。佐久間良子の若い頃からの経歴についてもまとめています。そして、現在の佐久間良子の旦那や娘、息子についても紹介します。

佐久間良子の現在!若い頃からの経歴は?旦那や子供も調査!のイメージ

目次

  1. 1佐久間良子のプロフィール
  2. 2佐久間良子の現在
  3. 3佐久間良子の若い頃からの経歴
  4. 4佐久間良子の旦那について
  5. 5佐久間良子の娘や息子も調査
  6. 6佐久間良子は年齢80代の現在オペラ女優に転身

佐久間良子のプロフィール

愛称:???
本名:同じ
生年月日:1939年2月24日
年齢:80歳(2019年8月現在)
出身地:東京市(現在の東京都練馬区)
血液型:O型
身長:158cm
体重:???
活動内容:女優
所属グループ:なし
事務所:ORPHe
家族:夫(離婚)、息子、娘

佐久間良子の経歴

女優の佐久間良子は1958年にデビューしてから、多くのドラマに関わってきました。佐久間良子は高校在学中の1956年に、高校の先輩で東映の女優・小宮光江に誘われて東京撮影所の運動会に参加しています。このことがきっかけで佐久間良子は、東映の幹部から芸能界にスカウトされます。

しかし、佐久間良子の家族や親族はお硬いタイプだったため反対されてしまったそうです。そこで佐久間良子は1年間を条件に女優に挑戦することを押し切ったそうです。そして、1957年に東映に入社して、俳優座養成所で半年間の研修を受けています。

佐久間良子の映画デビューは「美しき姉妹の物語・悶える早春」の端役でした。そして、映画「台風息子」で江原真二郎の相手役に選ばれたことで注目されるようになりました。その後の佐久間良子は1963年に「五番町夕霧楼」、1981年に「おんな太閤記」、1989年に「春日局」などに出演し、女優として成功しています。

佐久間良子の現在

佐久間良子の若い頃は東映映画に欠かせない人物であり、その後はテレビドラマや舞台において活躍した人物です。佐久間良子は80歳という年齢ですが、現在はどのような生活をしているのでしょうか?佐久間良子の現在について調査しました。

2019年の誕生日で年齢80歳の佐久間良子

佐久間良子は2019年の誕生日で年齢が80歳になります。現在の80歳は現役バリバリな人も多く、旦那や息子たちの世話にはならないというぐらい自分で活発的に活動している女性が多いです。それだけに、現在の佐久間良子も80歳という年齢になっても元気なことが想像できます。

現在はオペラ女優に転身で年齢を感じさせない姿

なんと現在の佐久間良子は現役の女優として活動しています。正確にはオペラ女優に転身しており、その腕前は高く評価されています。2018年に東京文化会館で行われた公演では、2000席以上あるホールが満員御礼だったそうです。

オペラ女優転身は年齢80歳目前の事

佐久間良子が行ったオペラは創作オペラとのことです。タイトルは「ストゥーパ~新卒塔婆小町」というものだったそうです。このオペラは能の「新卒塔婆小町」を題材にして、指揮者の西本智実が脚色したもののようです。佐久間良子はこのオペラでは若き日の小野小町と、年老いた小野小町の2役を演じているそうです。

佐久間良子がオペラ女優へ転身したのは、年齢が80歳目前のことだったそうです。佐久間良子は80歳という年齢を前に、女優として新しいステージに立ちたいという気持りになったようです。若い頃から挑戦し続けてきた佐久間良子ですが、80歳という年齢を前にしても気持ちは変わっていなかったということでしょう。

「徹子の部屋」出演も話題に

佐久間良子は2018年7月24日にテレビ朝日「徹子の部屋」に出演しています。佐久間良子と黒柳徹子は昔からの知り合いということもあり、自然と会話が盛り上がったそうです。また、佐久間良子は旦那や息子や娘についての話題も語ったようです。

この佐久間良子の息子と娘について、黒柳徹子は赤ちゃん時代から知っているというだけに感慨深いものがあったのでしょう。佐久間良子の若い頃の話から現在までの経歴を振り返り、変わらない美しさは話題になりました。

佐久間良子の若い頃からの経歴

ここからは、佐久間良子の若い頃からの経歴について確認しましょう。佐久間良子は女優として東映全盛期の作品に出演していただけに、映画の歴史を語る上では無視出来ない経歴を持っています。

若い頃からの経歴①東映入社

佐久間良子は1957年に東映に入社しています。佐久間良子の同期には、水木襄や室田日出男、曽根晴美、花園ひろみ、山口洋子、そして山城新伍などがいます。佐久間良子は1956年に映画「美しき姉妹の物語・悶える早春」の端役で出演したことで映画デビューを果たしました。

若い頃からの経歴②映画デビュー後は東映の看板女優に

佐久間良子は、「台風息子」2部作で江原真二郎の相手役に選ばれたことが飛躍のきっかけになりました。このころには期待の新人となっており、佐久間良子はデビュー2作目の段階で、雑誌「平凡」の人気投票の女優部門で10位に入っています。

その後の佐久間良子は、今井正監督の映画「白い崖」や、家城巳代治監督の映画「秘密」に出演しています。そして、佐久間良子は自ら映画化を希望して村山新治監督の映画「故郷は緑なりき」に出演しています。こういった経歴から佐久間良子は東映の看板女優になりました。

三國連太郎との撮影秘話とは

佐久間良子には俳優の三國連太郎とあるエピソードが存在しています。三國連太郎といえば「釣りバカ日誌」のスーさん役を初め、渋い映画からコメディ風な映画まで出演した人物です。また、俳優の佐藤浩市の父親としても知られています。

三國連太郎は1923年生まれで、1951年に映画「善魔」で俳優デビューしています。当初は松竹系の作品に出演していましたが、1952年に三國連太郎が松竹と正式に契約していなかったことから、東映が引き抜くというトラブルも起きています。

この三國連太郎と佐久間良子のエピソードでは、二人が共演した映画の中でベッドシーンがあり、三國連太郎が役にのめり込みすぎて実際に行為に及ぼうとしたことが問題になりました。佐久間良子はそんな三國連太郎に激怒したというエピソードです。

今では考えられないエピソードですが、まだまだ女性に対する配慮が足りない時代だったことが原因なのでしょう。こういったエピソードは三國連太郎に限らず、当時の俳優には少なからず付きまとう話だったようです。

若い頃からの経歴③NHK大河ドラマ「おんな太閤記」ねね役

佐久間良子を語る上では、1981年にNHK大河ドラマで放送された「おんな太閤記」が重要です。このドラマは橋田壽賀子脚本で制作された作品で、豊臣秀吉の正室であるねねが主役の大河ドラマです。そして、佐久間良子はこの作品で主役のねね役を演じています。

この佐久間良子がねね役を演じた「おんな太閤記」ですが、数少ない女性主役のNHK大河ドラマとなっています。橋田壽賀子が大河ドラマの脚本を初めて務めた作品であり、大河ドラマファンの中で主婦層に高い評価を得ています。

佐久間良子の旦那について

では、ここからは佐久間良子のプライベートな部分について紹介します。佐久間良子には旦那が居るのですが、その旦那とは離婚の噂もあるようです。なぜ、佐久間良子は旦那と離婚することになったのでしょうか?佐久間良子の旦那との関係を紹介すると同時に、離婚の原因も調査しました。

元旦那の平幹二郎との結婚と離婚

佐久間良子は1970年4月16日に俳優の平幹二朗と結婚しています。このときは東京の赤坂にある霊南坂教会で結婚式を挙げています。佐久間良子と平幹二朗の結婚はいろいろと大変な部分があったようです。しかし、二人は1984年に離婚しています。

このとき二人は離婚記者会見も行っており話題となっています。俳優と女優の結婚生活というのもなかなかうまくいかないのかもしれません。佐久間良子も離婚を決意するまでは苦労があったようです。

今は亡き平幹二郎とは

佐久間良子の元旦那である平幹二朗は残念ながらすでに亡くなっています。平幹二朗は1933年11月21日生まれで、2016年10月22日に82歳で亡くなっています。

平幹二朗は俳優や演出家として活動しており、舞台演劇役者として有名です。その演技力は日本だけでなく海外でも高く評価されています。1956年に俳優座座員となっており、同期に木村俊恵やジェームス三木などがいます。

平幹二朗は1963年にテレビドラマ「三匹の侍」にレギュラー出演しており、このときの殺陣はその後のテレビ時代劇に大きな影響を与えました。また、演出家の蜷川幸雄作品「近代能楽集 卒塔婆小町」などで主演を演じていることで有名といえるでしょう。

元旦那の平幹二郎との結婚の馴れ初めはドラマ共演

佐久間良子と元旦那である平幹二朗の馴れ初めは、1968年のテレビドラマ「皇女和の宮」で共演したことがきっかけだったようです。また、ドラマ「お吟さま」などでも共演しているようです。

佐久間良子と元旦那である平幹二朗の結婚は周囲の反対もあったようで、二人でロンドンに逃避行したという話もあります。最終的に、佐久間良子たちは周囲の反対を押し切って結婚しています。

元旦那の平幹二郎とは冷め切った結婚生活?

このような経緯で結婚した二人ですが、佐久間良子と平幹二朗の結婚生活はラブラブという感じではなかったそうです。俳優や女優だけでなく、一般の人の中でも結婚してから思ったような結婚生活ではなかったということはよくある話です。しかし、佐久間良子と旦那の結婚生活はなぜうまくいかなかったのでしょう?

元旦那の平幹二郎との離婚理由は同性愛が関係か

実はこの結婚生活において、佐久間良子側に問題があったというよりも、元旦那の平幹二朗側に理由があったという噂があります。この離婚理由には平幹二朗の同性愛が関係していたそうです。

離婚理由は元旦那の男性劇団員との浮気

近年は、同性愛を初めLGBTに対する理解は深まってきていますが、当時はなかなか難しい問題でした。また、佐久間良子は旦那が同性愛者であることを結婚してから知ったそうです。事前に知っていれば離婚とは違う形になったかもしれません。

平幹二朗は結婚後も男性劇団員と浮気関係にあったと言われています。また、佐久間良子も結婚前は俳優の鶴田浩二やディレクターなどと不倫関係などにあったそうです。

佐久間良子と平幹二朗はこういったことが理由で離婚するということを決断しています。二人の経歴は順風満帆だったわけですが、結婚生活に関してはうまくいかなったといえるでしょう。

佐久間良子の娘や息子も調査

佐久間良子は平幹二朗と離婚していますが、二人の間に息子や娘が居るそうです。佐久間良子は離婚してから、息子や娘とは一緒に生活をしているのでしょうか?佐久間良子の娘や息子について調査しました。

元旦那(平幹二郎)との間に双子の娘と息子が誕生

佐久間良子は1974年に息子と娘を出産しています。佐久間良子の子供は双子だったわけです。元旦那は同性愛者だったようですが、結婚当初は佐久間良子との関係も良好だったのでしょう。

息子は元俳優の平岳大

佐久間良子の息子は平岳大と言います。息子は両親と同じく芸能界に進んでおり、俳優として活動しています。平岳大はORPHeという事務所に所属しているようです。平岳大のデビューは2002年に行われた舞台「鹿鳴館」というものでした。

この舞台で平岳大は両親と共演しています。しかし、すでに離婚から18年経っていたことや、佐久間良子が息子が俳優をしていることには反対だったそうです。それでも舞台が終わったあとに息子のことを認めたという話も残っています。

息子(平岳大)の年齢などプロフィール

平岳大の年齢などのプロフィールも紹介します。平岳大は1974年7月27日生まれの45歳です。平岳大は身長は183cmで血液型はB型です。佐久間良子が離婚した後は、母親側で育ったようです。

息子(平岳大)は大学時代に海外留学も経験

平岳大の学歴は暁星小学校、暁星中学校と進学しているそうです。そして、暁星高等学校に進んで15歳のときに海外留学も経験しています。平岳大はアメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンスの、モーゼスブラウンスクールというところを卒業したそうです。

平岳大はこの学校の後に、ブラウン大学理学部応用数学科に進学して卒業しています。そして、コロンビア大学大学院修士課程に進学していますが中退しているそうです。こういった経歴を持っている平岳大ですが、役者になりたいという夢も持っていたそうです。

そのため、平岳大は佐久間良子と平幹二朗に相談したところ、母親には反対されて父親には自由にするように言われたそうです。平岳大は両親に半分冗談だと思われていたようですが、結果的に俳優になって両親との共演も果たしています。

息子(平岳大)は結婚し愛猫と生活

平岳大は2016年7月12日に一般女性との結婚を発表しています。また、猫好きとのことで妻と猫と幸せな生活を送っているそうです。また、平岳大の俳優活動は現在も続いています。2019年には日本テレビ「イノセンス 冤罪弁護士」の第3話に雲仙一彦として出演しています。

娘は一般人で名前は朋子

着物を着た女性

では、佐久間良子の娘に関しては情報があるのでしょうか?佐久間良子の娘は一般人ということもあり、名前が「朋子」ということ以外はあまり詳しい情報が無いようです。

娘も海外留学経験あり?

きれいな肌の女性

ただし、佐久間良子の娘の情報として若い頃から英語が得意だったのか海外の企業に就職しているそうです。また、佐久間良子の娘も結婚して子供が居るそうです。

佐久間良子は年齢80代の現在オペラ女優に転身

若い頃から活躍していた佐久間良子の現在について紹介しました。佐久間良子の若い頃の活躍はもちろんですが、80歳という年齢を前にオペラ女優に転身しているというのもすごいことです。佐久間良子の子供もそれぞれ独立して成功しているといえるでしょう。これからも佐久間良子の活躍に期待です!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ