佐村河内の現在!仕事や活動は?噂などまとめ

2014年にゴーストライター騒動で世間を騒がせた作曲家・佐村河内守さんの現在の状況について調査しました。佐村河内守さんは現在どんな仕事・活動をしているのでしょうか?佐村河内守さんのゴーストライター騒動の概要や世間で囁かれている噂などもご覧下さい。

佐村河内の現在!仕事や活動は?噂などまとめのイメージ

目次

  1. 1佐村河内守のプロフィール
  2. 2佐村河内守の現在
  3. 3佐村河内守の現在の仕事や活動は?
  4. 4佐村河内守のゴーストライター騒動の噂の真相
  5. 5佐村河内守の現在のプライベート生活も調査
  6. 6佐村河内守以外の作曲家の現在にスポットライト
  7. 7佐村河内守の現在は作曲活動の日々

佐村河内守のプロフィール

・愛称:不明
・本名:佐村河内守(さむらごうちまもる)
・生年月日:1963年9月21日
・年齢:後述します
・出身地:広島県広島市佐伯区
・血液型:非公表
・身長:非公表
・体重:非公表
・活動内容:後述します
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:後述します

佐村河内守の経歴

佐村河内守さんは1963年9月21日に広島県広島市佐伯区で生まれ、私立崇徳高校を卒業後に京都へ移住し、俳優養成所に通いながら東映京都撮影所で大部屋俳優として生活するようになりました。その後悪役商会に入ることを目的に上京し、悪役商会に加入後は「速瀬守」名義で単発ドラマ4本に出演しています。

1980年代後半に音楽プロデューサー・大倉百人さんに自分の歌を入れたデモテープを渡したところ、素質があると認められて大倉百人さんの事務所に所属しました。しかし、デビュー直後に佐村河内守さんの弟が事故で亡くなり、更に大倉百人さんが佐村河内守さんの虚言癖に気付いたことなどからその年の夏に事務所を解雇されています。

1990年に音楽バンド・Kidsを結成してサミーという名で活動していたこともありました。1990年代後半からゲーム音楽の作曲を担当するようになり、その頃から「全聾の作曲家」ということが公表され、2001年9月発行のアメリカの雑誌『TIME』に「現代のベートヴェン」と紹介されています。

佐村河内守の現在

ゴーストライター騒動から10年近くが経過した今もなお世間の人の関心を集めている佐村河内守さんの現在の様子について調査しました。佐村河内守さんの2022年6月現在の年齢や現在の姿などをチェックしてみましょう。

佐村河内守の現在の年齢は?

佐村河内守さんの現在の年齢を見てみましょう。1963年9月21日に生まれた佐村河内守さんは2022年の誕生日に59歳になります。アラカンと言われる年齢に差し掛かった佐村河内守さんは現在どんな生活を送っているのでしょうか?佐村河内守さんの現在の暮らしについて調査した結果を順を追ってご紹介します。

佐村河内守の現在は家売却との噂

佐村河内守さんの現在について「以前住んでいた家を売却した」という噂がありました。その噂の真偽について調査した結果、佐村河内守さんが以前家族と住んでいた横浜市内の自宅マンションが2018年に差し押さえられ、2019年2月に売却していたことがわかりました。現在は新しい住人が住んでいるようです。

佐村河内守さんはゴーストライター騒動後に全国ツアーが中止されたため、全国ツアーを企画していた会社に提訴され、約4200万円の支払いを高裁に言い渡されました。自宅マンションはその損害賠償金を支払うために手放したのかも知れません。

佐村河内守の現在の姿をチェック

佐村河内守さんの現在の姿もチェックしました。こちらは、2022年2月にニュースサイト『NEWSポストセブン』のインタビューを受けた際に撮影された佐村河内守さんの現在の姿です。

現在の佐村河内守さんは2016年に公開された佐村河内守さんのドキュメンタリー映画『FAKE』に出演した時よりも痩せており、白髪が増えていますが「年齢よりもずっと若く見える」「痩せると結構イケメン」「若い頃より現在の方がいい」と評されていました。

佐村河内守の現在の仕事や活動は?

佐村河内守さんの現在の仕事や活動について調査しました。佐村河内守さんは現在何の仕事で生計を立てているのでしょうか?佐村河内守さんが現在手掛けている仕事や活動の内容を活動ジャンル別に見てみましょう。

佐村河内守の現在の仕事や活動①YouTuber

佐村河内守さんの現在の仕事や活動・その1はYouTuberです。佐村河内守さんは2020年10月にYouTubeチャンネル『MALLEVS MALEFICARVM』を開設しました。

YouTubeチャンネルを開設した当初は「色眼鏡なしに作品を楽しんでもらいたい」という思いから作曲したのが佐村河内守さんであることは伏せられていましたが、現在はその正体を明かした上で新たな作品を配信し続けており、チャンネル登録者数と視聴者数は順調に上昇しています。

佐村河内守の現在の仕事や活動②作曲家

佐村河内守さんの現在の仕事や活動・その2は作曲家です。佐村河内守さんのメインの活動は作曲家でした。発表の場は当初YouTube動画に限られていましたが、2016年公開のドキュメンタリー映画『FAKE』のエンディングテーマ「Requiem」を作曲しています。

2017年には『FAKE』に感激したザ・グレート・サスケさんの依頼を受けてザ・グレート・サスケさんの入場テーマ「Resurrection」を作曲して話題になりました。

佐村河内守の現在の仕事や活動③ドキュメンタリー映画『FAKE』に出演

佐村河内守さんの現在の仕事や活動・その3はドキュメンタリー映画です。2014年11月から2016年1月まで佐村河内守さんの自宅を中心に撮影が行なわれたこの映画は業界で大評判になり、マスコミ向けの試写会は連日満席状態でした。

世間の注目を集めたゴーストライター騒動に真正面から取り組んだ作品ということもあり、一般公開後も多くの人が観覧して高い評価を受けています。

佐村河内守の現在の仕事や活動④SNSは?

佐村河内守さんの現在の仕事や活動・その4としてSNSでの活動をご紹介しようと思ったのですが、2022年6月時点で佐村河内守さんが運営しているSNSを確認することができませんでした。

YouTuberとしての活動当初は佐村河内守という名前を伏せていたように、SNSも佐村河内守とは違う名義で行なっているのかも知れません。SNSでの活動については今後の活動を見守っていきましょう。

佐村河内守のゴーストライター騒動の噂の真相

佐村河内守さんといえば2014年に世間を驚かせたゴーストライター騒動ではないでしょうか?佐村河内守さんの起こしたゴーストライター騒動の概要や経歴詐称の真相について調査した結果をまとめました。佐村河内守さんのゴーストライター騒動の噂の真相に迫ります。

ゴーストライターとは

ゴーストライターというのは、依頼を受けて依頼主の代わりに文書・記事・脚本などを代作する著作家のことです。佐村河内守さんの場合は作曲家なので、佐村河内守さんのゴーストライターは佐村河内守さんの依頼を受けて作曲を行なっていました。2014年に公表されて波乱を巻き起こしたゴーストライター騒動の概要を振り返ってみましょう。

2014年にゴーストライター騒動が発覚

ゴーストライター騒動が発覚したのは2014年2月のことでした。佐村河内守さんの依頼を受けてゴーストライターとして楽曲を作っていた人物が、佐村河内守さんと自分との関係を『週刊文春』記者に明かし、その内容が『週刊文春』に掲載されたのです。

記事内容は『週刊文春』が発売される寸前に佐村河内守さんに送られ、それを受けて佐村河内守さんが「自分の主要な楽曲はゴーストライターが手掛けたもの」と弁護士を通じて告白しました。『週刊文春』発売後にゴーストライター本人が記者会見を開き、更に驚くべき告白をしてマスコミは連日このニュースを取り上げるという事態になりました。

佐村河内守のゴーストライター騒動の内容とは

佐村河内守さんのゴーストライター騒動の内容を見てみましょう。ゴーストライターが騒動を起こすきっかけとなったのは、野口剛夫さんが抱いた「佐村河内守さんは耳が聞こえているのではないか?」」という疑問が2013年10月発売の『新潮45』に掲載されたことでした。

ゴーストライターはそれを機に佐村河内守さんのゴーストライターを辞めると佐村河内守さんに申し入れましたが佐村河内守さんに拒否されたため、全てを公表することに決めたのです。

『週刊文春』に掲載された記事には佐村河内守さんとゴーストライターの関係がゴーストライターによって告白されていました。「全聾の作曲家佐村河内守はペテン師だった」という見出しは、佐村河内守さんを全聾の作曲家と信じていた世間の人達に大きな衝撃を与えたのです。

新垣隆がゴーストライター暴露

佐村河内守さんのゴーストライターを務めていたのは作曲家・新垣隆さんでした。新垣隆さんは2014年2月に行なった記者会見の席上で、18年間佐村河内守さんの代作を行なっていたと暴露しました。

更に「佐村河内守さんの曲は全て自分が担当したと認識している」「佐村河内守さんの耳は聞こえていて、通常の会話でコミュニケーションが取れていた」「佐村河内守さんのピアノは初歩的なレベルで楽譜も全く書けない」といった驚くべき内容を次々と告白したのです。

新垣隆へのギャラは数百万円との噂

新垣隆さんへのギャラも新垣隆さんが会見で明かしています。「18年間ゴーストライターを務めていた間に作曲した作品は20曲以上で、その報酬は720万円だった」という告白も業界・世間の人々を驚かせ、佐村河内守さんへのバッシングを更に高める結果をもたらしました。

佐村河内守の経歴詐称の真相

佐村河内守さんの経歴詐称の真相を見てみましょう。佐村河内守さんは2014年2月に新垣隆さんによってゴーストライターに楽曲を代作させていた事実が暴かれた後、それまで公表していた経歴のほとんどが詐称だったことも露見する顛末になりました。佐村河内守さんが2014年2月以前に公表していた経歴をおさらいしてみましょう。

佐村河内守の生い立ちの謎

佐村河内守さんは自分の生い立ちについて「両親は広島で被爆しており2人共被爆者手帳を持っている」「4歳の頃から母親によってピアノの英才教育をほどこされ、10歳の時にはベートヴェンやバッハを弾きこなす天才少年になっていた」と語っていました。これは新垣隆さんに否定されています。

「中学生時代と高校生時代には学識論と和声法と対位法と楽器法と管弦楽法を勉強し、更に音楽の知識を深めたいと考えたので、高校2年生の時に家出して東京に行こうとした」「現代音楽の作曲法には馴染めなかったので音楽大学へは進学せず、高校卒業後は独学で作曲していた」という経歴については地元の同級生が「事実と違う」と証言していました。

佐村河内守の高卒後の夢とは

佐村河内守さんの高卒後の夢を見てみましょう。高校時代の佐村河内守さんは当時の男子高校生の多くがそうであったように不良に憧れていました。その憧れが高じて喧嘩の武勇伝を同級生などに語っていましたが、全て虚偽と見なされ「ホラ吹き」と呼ばれていたそうです。

不良への憧れから悪役俳優になりたいと考えるようになった佐村河内守さんは、記事冒頭の経歴の項でご紹介したように、悪役商会に加入して悪役俳優を目指して活動するようになりました。しかし、悪役俳優で食べていけるほどの収入は得られず、上京して間もなく夢を断念しています。

佐村河内守のミュージシャン失敗説

悪役俳優として生計を立てていくという夢が破れた佐村河内守さんが次に目指したのはミュージシャンでした。しかし、これも経歴の項でご紹介したように叶えられない夢となりました。佐村河内守さんを見限った大倉百人さんは「すぐ嘘をつく人物だった。このまま関わっていくとこちらがヤバくなると感じた」と後年明かしています。

作曲家になったきっかけは新垣隆?

大倉百人さんに三行半を突きつけられた後の佐村河内守さんは、それでも諦めきれずにバンド活動をしていましたが、1993年にNHK番組『山河憧憬』から劇伴音楽の依頼を受け、作曲家としての活動を開始しました。

1996年には映画『秋桜』の劇伴音楽の依頼を受けた佐村河内守さんが音楽の専門知識が不足していることを痛感した頃に出会ったのが新垣隆さんです。新垣隆さんという協力者を得た佐村河内守さんは、それ以降新垣隆さんの能力を利用してより広い範囲から仕事を請けるようになり、その過程で全聾の作曲家を名乗るようになったのです。

佐村河内守は耳が聞こえる?

佐村河内守さんの経歴詐称の中で代表的なのは「全聾の作曲家」という肩書でした。2013年10月に野口剛夫さんに「耳が聞こえているのでは」という疑問を投げかけられ、2014年2月には新垣隆さんに「通常の会話が可能だった」と暴露された後、佐村河内守さんは謝罪文を提出し、翌月記者会見を開いています。

佐村河内守さんは謝罪文に「一時期は本当に聞こえなくなっていて身体障害者手帳を交付されていた」「3年ほど前から体調によって音声をある程度聴き取れるようになった」と記しました。記者会見の席上では、「再検査を受けた結果、全聾ではなく中度の感音性難聴であると診断され、身体障害者手帳を返上した」と発表しています。

佐村河内守は現在のベートヴェンではなかった?

2014年に謝罪会見を開いた佐村河内守さんは「障害者手帳が交付されないレベルの難聴」と語り、記者会見にも手話通訳を伴っていました。しかし、記者からの質問に対して手話担当者が通訳する前に反応を見せたことで記者会見を見た人の疑惑を更に高めています。

2022年2月の『NEWSポストセブン』記事では「聴力に頼れないので作曲に健聴の作曲家の何十倍も時間がかかる」と語ったものの、記事に掲載された仕事場にスピーカーやヘッドホンが設置されていたことで「やっぱり耳は普通に聞こえている」と指摘されていました。佐村河内守さんは現在のベートヴェンではなかったのです。

佐村河内守の現在のプライベート生活も調査

佐村河内守さんの現在のプライベート生活も気になるところです。この章では、佐村河内守さんの結婚生活や家族構成、近年明らかになった愛猫との生活の様子をご紹介します。佐村河内守さんがPTSDに苦しんでいるという噂の真相も見てみましょう。

佐村河内守の現在の結婚生活は?

佐村河内守さんの現在の結婚生活について調査しました。佐村河内守さんは俳優として下積み生活を送っていた1988年2月、故郷・広島県にいた頃からの知人だった3歳年上の一般女性と結婚したことが公表されています。

ゴーストライター騒動によって売れっ子作曲家としての地位を失った後も妻とは離婚せず、佐村河内守さんに仕事がない間も妻が働いて生活費を稼いでいるという噂がありました。

2022年2月にニュースサイト『NEWSポストセブン』のインタビューを受けた際に現在の収入源についても質問を受けましたが、その返答は「プライベートにつきお答えを控えさせて下さい」というものでした。

佐村河内守に子供はいる?

佐村河内守さんと妻の結婚生活は2022年で34周年になります。その間佐村河内守さんと妻の間に子供が生まれたのかについて調査したところ、「娘が1人生まれているらしい」という噂があることがわかりました。しかし、それはあくまでも噂で、佐村河内守さんが娘の存在について公の場で語ったことはありませんでした。

『NEWSポストセブン』のインタビューによると、2022年2月時点で一緒に生活しているのは妻と愛猫だけということだったので、娘がいるとしても別の場所で暮らしていることは確かです。娘の生活の安泰を守るために娘の存在を隠している可能性もあります。

佐村河内守が愛猫との生活を告白

『NEWSポストセブン』のインタビューで、佐村河内守さんは愛猫との生活を告白しています。最近の楽しみについて「深夜、処方された睡眠薬を服用して横になり、好きなドラマを毎晩観ることと、愛猫に癒やされています」と語っていました。

佐村河内守さんの愛猫は立ち耳のスコティッシュフォールドで、『NEWSポストセブン』の記事にもその愛猫を抱き上げて顔を寄せている佐村河内守さんの写真が掲載されています。佐村河内守さんは猫について「かけがえのない大切な存在」と語り、野良猫にも名前を付けて可愛がっていると明かしていました。

佐村河内守の現在はPTSD?

『NEWSポストセブン』のインタビューで、佐村河内守さんは「現在最重度のPTSDの治療を続けている」と語っています。「通院して治療を続けながら作曲制作に取り組んでいる」と発言しているのですが、2014年に佐村河内守さんを告発した新垣隆さんの話題になると「一対一で対談をして真実を明らかにしたい」と語りました。

この提案については記事を読んだ多くの人が「最重度のPTSD患者とは思えないような提案をしている」と指摘しています。佐村河内守さんの発言どおり、真実は佐村河内守さんと新垣隆さんが対談をした時に明らかになるのではないでしょうか?

佐村河内守以外の作曲家の現在にスポットライト

佐村河内守さんの現在について一通りご覧いただいた後は、佐村河内守さん以外の作曲家の現在のスポットライトを当ててみます。世界的に高評価を受けている作曲家である小室哲哉さん・坂本龍一さん・久石譲さんの現在の仕事や活動内容をご覧下さい。

作曲家の現在【小室哲哉編】

小室哲哉さんの現在を見てみましょう。1975年にデビューして以降第一線で活躍し続けてきた小室哲哉さんは、2018年1月にC型肝炎や左耳の突発性難聴に罹患したことで創作能力の限界を感じるようになったという理由で引退表明をして世間を驚かせました。

2019年にピアノ・シンセサイザーを駆使した空間音楽を自分の名前を出さずに企業に提供する形で音楽活動を再開し、2020年に乃木坂46の「Route 246」の作曲・編曲を担当した時にはストリーミングが1週間で300万再生を超えるという記録を出しています。

2021年にはビルボードワンマンライブを開催し、2022年3月には国立研究開発法人「理化学研究所」の客員主管研究員に就任しました。

作曲家の現在【坂本龍一編】

坂本龍一さんの現在を見てみましょう。坂本龍一さんは1978年にメジャーデビューし、YMO時代に国内外で大成功をおさめてブレイクしました。その後は1つのジャンルにとらわれずにバラエティに富んだ曲を発表し、世界的に有名な作曲家として名声を高め続けています。

しかし、2014年7月に中喉頭癌であることを公表し、治療の結果治癒したと見られていましたが、2020年6月にアメリカ・ニューヨークで直腸癌と転移巣の手術を受けたことを2021年1月に公表し、2022年6月に癌がステージ4であることを発表して業界・ファンに衝撃を与えました。

闘病中ながらも2022年3月に東京・サントリーホールで行なわれた『東北ユースオーケストラ演奏会2022』に出演しています。

作曲家の現在【久石譲編】

久石譲さんの現在を見てみましょう。久石譲さんは1974年にアニメ『はじめ人間ギャートルズ』の音楽でデビューしました。1984年上映のアニメ『風の谷のナウシカ』でブレイク後は数多くの映画音楽を手掛けるようになりました。

1992年から3年連続で日本アカデミー賞の最優秀音楽賞を受賞したことも話題を集めています。デビュー以来、現代音楽・ポップス・クラシックと多岐のジャンルの楽曲を発表し、それらの功績が評価され2009年に紫綬褒章を受章しました。

2016年から2019年までは長野市芸術館の芸術監督を務めています。2020年には新日本フィルハーモニー交響楽団のComposer in Residence and Music Partnerに着任し、2021年には日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に就任しました。

佐村河内守の現在は作曲活動の日々

2014年にゴーストライター騒動で世間を驚かせた佐村河内守さんの現在は作曲活動の日々であることがわかりました。虚言については現在も多くの人に指摘されていますが、現在までに発表された楽曲は視聴者に高い評価を受けています。今後は真実の姿で作曲家として活動していかれるのではないでしょうか?

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

新着一覧

最近公開されたまとめ