佐々木琴子の握手会での塩対応がえぐい?ファンの批判などまとめ

元乃木坂46の佐々木琴子さんは、握手会での塩対応がえぐいと話題になったことがありました。佐々木琴子さんの握手会には、ファンからも批判があったのだとか。佐々木琴子さんの握手会での塩対応はどのようなものだったのでしょうか?佐々木琴子さんの握手会について紹介します。

佐々木琴子の握手会での塩対応がえぐい?ファンの批判などまとめのイメージ

目次

  1. 1佐々木琴子(元乃木坂46)のプロフィール
  2. 2佐々木琴子の握手会での塩対応がえぐい?
  3. 3佐々木琴子の握手会にファンが批判?
  4. 4佐々木琴子の握手会の噂から性格を検証
  5. 5佐々木琴子の京都握手会の真相とは
  6. 6佐々木琴子の握手会での塩対応伝説は現在も話題!

佐々木琴子(元乃木坂46)のプロフィール

・愛称:ことこ、こったん
・本名:佐々木琴子(ささきことこ)
・生年月日:1998年8月28日
・年齢:22歳(2020年9月現在)
・出身地:埼玉県
・血液型:A型
・身長:163cm
・体重:???
・活動内容:タレント
・所属グループ:元乃木坂46
・事務所:乃木坂46合同会社
・家族構成:父、母、長兄、次兄

佐々木琴子の乃木坂46や卒業後の活動経歴

佐々木琴子さんの握手会での塩対応について紹介する前に、まずは乃木坂46在籍中や卒業後の活動経歴を見ていきましょう。佐々木琴子さんは2013年に乃木坂46のオーディションに合格し、芸能活動をスタートさせます。オーディションを受けるきっかけとなったのは、友人の母のすすめだったそうです。

乃木坂46のメンバーには幼少期から歌やダンスを習っていた人もいますが、佐々木琴子さんは歌もダンスも習ったことがなかったのだとか。そのため、乃木坂46に加入した当初はかなりレッスンに励んでいたと言われています。

佐々木琴子さんは2013年に開催された乃木坂46の劇場公演「16人のプリンシパル deux」でファンにお披露目されました。その後、幕張メッセで行われた乃木坂46の6枚目のシングル「ガールズルール」の握手会イベントで、2期生として1万人のファンの前で初めてパフォーマンスを披露しています。

研究生としてレッスンに励んできた佐々木琴子さんは、2015年の「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」で正規メンバーに昇格。乃木坂46の11枚目のシングル「命は美しい」に収録された「ボーダー」でCDデビューを果たします。

2017年には、BSフジで放送されていた「ジャパコンpresentsエージェントHaZAP」へのレギュラー出演が決定。佐々木琴子さんは乃木坂46の2期生の鈴木絢音さんとともに、統括補佐官「エージェント・メイ」として1年間出演していました。

2018年には人気アニメを舞台化して話題となった「舞台『けものフレンズ』2〜ゆきふるよるのけものたち〜」にも出演します。佐々木琴子さんが演じたのは、物語の主人公の1人であるキタキツネ役でした。この作品では鈴木絢音さんとのダブル主演にも注目が集まっていたようです。

佐々木琴子さんは2020年1月に乃木坂46からの卒業を発表。2020年3月に配信された猫舌SHOWROOM「できるかな!?乃木坂46」の佐々木琴子卒業スペシャルを持ってグループの活動を終了しました。ただ、乃木46卒業後も所属事務所は変わらず、乃木坂46合同会社に所属しています。

乃木坂46卒業後の佐々木琴子さんは、文化放送のラジオ番組「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」内で放送されている「佐々木琴子のトップギア」のパーソナリティーとして活動しているようです。この番組は、大好きなアニメについて佐々木琴子さんが語るという内容で、今後はアニメ関連の仕事への展開も期待されています。

佐々木琴子の握手会での塩対応がえぐい?

佐々木琴子さんの握手会での塩対応がえぐいという噂について見ていきましょう。佐々木琴子さんは握手会でファンにどのような対応をしているのでしょうか?佐々木琴子さんの握手会での対応について調べてみました。

佐々木琴子の握手会での伝説塩対応とは

佐々木琴子さんの握手会での伝説の塩対応について紹介しましょう。佐々木琴子さんの握手会は塩対応であることが多いと言われていますが、その中でも伝説的な塩対応というものがあり、ファンの間でも語り継がれているのだそうです。佐々木琴子さんの握手会での伝説の塩対応とはどのようなものだったのでしょうか?

握手会での塩対応①ファン出禁

佐々木琴子さんの握手会での塩対応について調べてみると、握手会でファンが出禁になったことがあるようです。これはファンの行動に佐々木琴子さんがブチギレしたことが原因で、そのファンが出禁になってしまったという事件なのだとか。

このファンの行動というのは、オードリーの春日さんのモノマネを大声でしたというものだったそうです。これ以上の詳細は不明ですが、「佐々木琴子さんがファンのモノマネにブチギレした」ということが、多くの人に衝撃を与えたようでした。

握手会での塩対応②朝鮮プロレタリア芸術家同盟

佐々木琴子さんの伝説の握手会での対応には、朝鮮プロレタリア芸術家同盟に関わるものがあるのだそうです。朝鮮プロレタリア芸術家同盟とは、「朝鮮の社会主義団体」のことで、通称「カップ」と呼ばれているのだとか。

佐々木琴子さんの握手会あるファンが「(胸のカップは)何カップ?」という質問をし、佐々木琴子さんは「カップ」にかけて「朝鮮プロレタリア芸術家同盟の話?」と問い返したのだそうです。この対応については、「塩対応」という意見もあれば「神対応」という意見もあり、賛否両論があったようでした。

佐々木琴子の握手会にファンが批判?

佐々木琴子さんの握手会をファンが批判しているという噂についても見ていきましょう。佐々木琴子さんの握手会は、どのようにファンから批判を受けてしまっているのでしょうか?佐々木琴子さんの握手会に対するファンの批判について調べてみました。

塩対応過ぎて握手会にファンが批判との噂

佐々木琴子さんの握手会がファンから批判されてしまっているのは、先ほどからも紹介しているように、塩対応が原因のようです。多くのメンバーは、ファンが喜ぶように握手会での対応にも工夫を凝らしています。

ただ、佐々木琴子さんの場合は、ファンに対しても媚びることなく、平気で塩対応をするということで有名でした。握手会に参加するためには、CDを購入したり長い行列に耐えるなどの試練もあります。その試練を乗り越えて順番が回ってきたのに塩対応をされると、ファンとしては批判もしたくなるのでしょう。

ファン批判の様子①トラウマ状態?

佐々木琴子さんの塩対応は、ファンにとっては「トラウマレベル」とまで言われています。好きなアイドルから冷たい対応をされてしまうというのは、ファンにとってはかなり辛い出来事だと言えるでしょう。

実際にネットの情報を見てみると、佐々木琴子さんの塩対応で「握手会がトラウマになった」というコメントもありました。また、佐々木琴子さんの握手会での対応について「シベリアの極寒のような対応」という意見もあり、乃木坂46のメンバーたちの中でも、群を抜いた塩対応だったことが分かります。

ファン批判の様子②やる気無し説

佐々木琴子さんの握手会については、ファンたちの間で「やる気がないのでは?」という批判もあるようです。佐々木琴子さんの握手会では、ファンが話しかけても無言ということもあり、ファンとしては「何のために握手会に来たか分からない」という状態になるのだとか。

乃木坂46のメンバーの中には、握手会の最初から最後まで元気に対応している人も多くいるようです。また、ファンの顔を覚えたり、リクエストにも気軽に応じるなど、それぞれのメンバーが工夫を凝らしています。それに比べると、佐々木琴子さんの握手会は「やる気がない」と批判されても仕方がないのかもしれません。

ファン批判の様子③オタ卒したくなる?

佐々木琴子さんの握手会は、トラウマになるばかりではなく「オタ卒したくなる」レベルだという意見もネット上にはありました。乃木坂46の人気は「オタク」と呼ばれる人たちが支えていますが、佐々木琴子さんの握手会は、その「オタク」を辞めたくなるほど酷いものだと言われています。

乃木坂46のファンたちの間では、「佐々木琴子の握手会はマジでやばい」という話は有名だったようで、「よほどのファンでない限りは行かない方が良い」とも忠告されていたそうです。

佐々木琴子の握手会は批判ばかりではない?

批判が多いと言われる佐々木琴子さんの握手会ですが、「握手会に行って良かった」と感じているファンもいるのだそうです。中には「佐々木琴子との握手は最高級だった」と振り返るファンもいました。

佐々木琴子さんの握手会については、「良かった」と感じる人は少ないのかもしれません。ただ、佐々木琴子さんの熱烈なファンにとっては、佐々木琴子さんを触れ合える貴重な時間なのでしょう。また、「ハイテンション過ぎるよりは、佐々木琴子さんぐらいのほうが落ち着いていて良い」というファンもいるようです。

佐々木琴子の握手会の噂から性格を検証

佐々木琴子さんの握手会の噂から見えてくる性格についても検証してみましょう。佐々木琴子さんの握手会にはどのような噂があるのでしょうか?また、その噂からどのような性格が見えてくるのでしょう?佐々木琴子さんの握手会の噂と性格について調べてみました。

性格を検証①すぐ泣く

佐々木琴子さんはファンに対して塩対応をすることで有名ですが、実は涙もろいことでも知られています。乃木坂46には他にも涙もろいメンバーがいるようで、大園桃子さんはグループ加入当初、かなり頻繁に涙を見せることでも有名でした。

佐々木琴子さんの場合は「乃木坂工事中」の企画の中で、漫画家の真島ヒロさんと対面した際に感激の涙を流したのだそうです。その時には僅か5秒ほどで瞳を潤ませていたということでしたので、驚いたファンも多かったようでした。

性格を検証②ガンダムファン

佐々木琴子さんはアニメが好きだということで有名ですが、その中でもガンダムシリーズのファンであることを公言しています。バラエティ番組に出演しても、佐々木琴子さんはほとんど話をしないことで有名です。しかし、ガンダムの話題になると、とたんに饒舌になるのだとか。

ただ、ガンダムシリーズは長く続いている作品ですので、ファンたちの思い入れが深い作品でもあります。佐々木琴子さんはテレビ番組などでガンダムに関する知識を披露していますが、その知識が「にわか」だと批判されたこともありました。佐々木琴子さんはガンダム好きではありますが、シリーズ全作を網羅しているわけではなさそうです。

性格を検証③好きな事に一筋縄

佐々木琴子さんは握手会などではやる気がない様子ですが、自分の好きなことには一生懸命になるのだそうです。たとえば、佐々木琴子さんはラジオ番組のパーソナリティーをしていますが、テレビ番組ではほとんど話さなくても、ラジオ番組でアニメの話をし始めると、いつまでも話しているのだとか。

また、舞台に出演した際には、日頃はあまり見せない笑顔を惜しみなく見せていたと言います。佐々木琴子さんはメンバー思いな一面もあり、仲良しのメンバーに対しては普段のクールな様子からは想像もつかないほどの深い愛情を見せることもあるそうです。

Thumb佐々木琴子(乃木坂46)はガンダム好きだが炎上?原因は?
乃木坂46の佐々木琴子はガンダム好きなことで有名ですが、ある番組に出演した際ガンダムオタクか...

佐々木琴子の京都握手会の真相とは

佐々木琴子さんの握手会といえば、京都握手会の事件が有名なのだそうです。佐々木琴子さんの京都握手会での事件とはどのようなものだったのでしょうか?佐々木琴子さんの京都握手会について調べてみました。

塩対応の理由は京都握手会が関係?

佐々木琴子さんが握手会の時に塩対応するようになったのは、京都握手会での事件がきっかけだったと言われています。この京都握手会が行われたのは、2016年のことでした。佐々木琴子さんは2015年に正規メンバーに昇格していますので、握手会にもまだ慣れていない頃だったかもしれません。

京都握手会では、警察が出動する騒ぎになったこともあり、ネット上でも大きな話題となりました。京都握手会の会場は、「京都パルスプラザ」だったとのこと。京都パルスプラザは京都市伏見区にあるコンベンション・センターです。

京都握手会での暴言事件とは

京都握手会での事件について詳しく見ていきましょう。京都握手会での事件というのは、ファンの男性がメンバーに対して暴言を吐き、警察が呼ばれたというものでした。この暴言を吐かれたメンバーの1人が、佐々木琴子さんだったのです。

京都握手会では暴行などはなかったそうですが、暴言があまりにも酷かったということから警察が呼ばれたとのこと。佐々木琴子さんとともに、西野七瀬さんや衛藤美彩さん、若月佑美さんが同じファンの男性に暴言を吐かれたそうです。

その後は笑顔も少なくなったとの噂

京都握手会での暴言事件までの佐々木琴子さんは、握手会でもファンに対して笑顔を見せていたと言われています。しかし、事件の後から握手会で佐々木琴子さんが笑顔を見せることは少なくなり、やる気もなくなってしまったとのこと。

佐々木琴子さんが握手会でファンに対して塩対応をするようになったのは、この暴言事件がトラウマになってしまったからではないかと言われています。その真相は定かではありませんが、ファンたちの間では、佐々木琴子さんの塩対応の原因としてもっとも有力なのが、京都握手会での暴言事件とされているようです。

佐々木琴子の握手会での塩対応伝説は現在も話題!

元乃木坂46の佐々木琴子さんの握手会について紹介してきました。佐々木琴子さんはファンサービスの一環である握手会で無言を貫くなど、塩対応で有名だったのだとか。現在は乃木坂46を卒業した佐々木琴子さん。しかし、乃木坂46を卒業後も、佐々木琴子さんの握手会の塩対応は伝説として語り継がれているそうです。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

新着一覧

最近公開されたまとめ