佐々木琴子の選抜回数や曲は?選抜に入れない?理由も徹底調査!

元乃木坂46の佐々木琴子さんの選抜回数は何回だったのでしょう?佐々木琴子さんが選抜には入れないという噂がありますが、本当なのでしょうか?佐々木琴子さんが選抜に入れない理由についても調査しました。佐々木琴子さんの選抜回数や曲などについて紹介します。

佐々木琴子の選抜回数や曲は?選抜に入れない?理由も徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1佐々木琴子(元乃木坂46)のプロフィール
  2. 2佐々木琴子の選抜回数は?
  3. 3佐々木琴子の厳選アンダー参加曲
  4. 4佐々木琴子は選抜に入れない?
  5. 5佐々木琴子が選抜回数なしの理由とは
  6. 6佐々木琴子は選抜回数なしのまま卒業

佐々木琴子(元乃木坂46)のプロフィール

・愛称:ことこ、こったん
・本名:佐々木琴子(ささきことこ)
・生年月日:1998年8月28日
・年齢:22歳(2020年9月現在)
・出身地:埼玉県
・血液型:A型
・身長:163cm
・体重:???
・活動内容:タレント
・所属グループ:元乃木坂46
・事務所:乃木坂46合同会社
・家族構成:父、母、長兄、次兄

佐々木琴子の乃木坂46や卒業後の活動経歴

佐々木琴子さんの選抜回数や曲について紹介する前に、まずはその経歴を見ていきましょう。佐々木琴子さんは兄の影響もあり、幼少期からアニメが好きだったそうです。人気アニメ「マギ」の主題歌を歌っていた乃木坂46に興味を抱き、友人の母から勧められたこともあって乃木坂46の2期生オーディションに応募。

佐々木琴子さんはダンスや歌をまったく習ったことはなかったそうですが、オーディションに見事合格しました。オーディションを受けた当初は軽い気持ちだったとのことですが、オーディションが進むにつれ、自分の気持ちも真剣になっていったそうです。

2013年5月に東京・赤坂ACTシアターで行われた「16人のプリンシパル deux」で、佐々木琴子さんは他の乃木坂46の2期生とともにお披露目されました。8月には幕張メッセで開催された「ガールズルール」発売記念全国握手会イベントで、初めてのパフォーマンスを披露します。

歌やダンスを習ったことのなかった佐々木琴子さんは、乃木坂46に加入当初、かなりの苦労があったようです。しかし、地道にレッスンに励み、2015年2月に開催された「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」で正規メンバーへの昇格が発表されました。

佐々木琴子さんは2017年から1年間、BSフジで放送されていた情報番組「ジャパコンpresentsエージェントHaZAP」に出演。この番組には統括補佐官「エージェント・メイ」として、同じ乃木坂46のメンバーである鈴木絢音さんとともにレギュラー出演していたそうです。

2018年には人気アニメの舞台化作品「舞台『けものフレンズ』2〜ゆきふるよるのけものたち〜」にも出演していました。さまざまな動物を擬人化したこの作品で、佐々木琴子さんはキタキツネ役を演じていたそうです。

佐々木琴子さんは2020年1月、乃木坂46から卒業することをブログで発表しました。本来は2020年3月に開催される予定だった2期生のライブが卒業コンサートになる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。その代わりに、猫舌SHOWROOM「できるかな!?乃木坂46」で佐々木琴子さんの卒業スペシャルが生配信されました。

乃木坂46卒業後の佐々木琴子さんは、事務所の移籍はなく、現在も乃木坂46合同会社に所属しています。佐々木琴子さんの現在のレギュラー出演番組は、ラジオ番組「佐々木琴子のトップギア」です。この番組では佐々木琴子さんが主にアニメのことなどについて語っています。

Thumb佐々木琴子(乃木坂46)はガンダム好きだが炎上?原因は?
乃木坂46の佐々木琴子はガンダム好きなことで有名ですが、ある番組に出演した際ガンダムオタクか...

佐々木琴子の選抜回数は?

佐々木琴子さんの選抜回数についても見ていきましょう。佐々木琴子さんは乃木坂46の2期生ですが、これまでに何回、シングル表題曲の選抜メンバーに選ばれているのでしょうか?佐々木琴子さんの選抜回数について調べてみました。

佐々木琴子の選抜回数は0回

佐々木琴子さんの選抜回数について調べてみたところ、何と0回でした。乃木坂46はこれまでに、配信限定を除くと25枚のシングルをリリースしています。1期生でもっとも選抜回数が多いメンバーは、これまでに25回選抜メンバーに選ばれているとのこと。

佐々木琴子さんは2期生ですので1期生よりは少し遅れて乃木坂46に加入しています。ただ、それを差し引いたとしても、選抜回数0回というのは少なすぎるかもしれません。佐々木琴子さんはラジオ番組のパーソナリティーをつとめるなど、ソロでも活躍しているだけに意外な結果だと言えるでしょう。

選抜回数0回に驚きの声も

佐々木琴子さんが乃木坂46を卒業するまでに選抜回数が0回だったという事実には、ファンたちも驚きの声をあげていたようです。乃木坂46のメンバーで選抜回数が少ないメンバーの場合、熱愛スキャンダルなどが原因となっていることも多いのだとか。

ただ、佐々木琴子さんはこれまでに問題となるような熱愛スキャンダルはありませんでした。さらに調べてみると、アニメの「ガンダム」が原因で、炎上してしまったことはあるとのこと。しかし、この炎上が選抜回数の少ない理由になるということはあまり考えられないでしょう。

卒業発表でも選抜入りはなし?

佐々木琴子さんは2020年1月に乃木坂46からの卒業を発表しました。通常、メンバーが卒業を発表すると、最後に参加するシングルの表題曲のセンターに抜擢されたり、選抜メンバーに選ばれるなどの配慮が行われることがあります。

ただ、佐々木琴子さんの場合は、そうした配慮が行われなかったようです。佐々木琴子さんが最後に参加した楽曲は、乃木坂46の25枚目のシングル「しあわせの保護色」に収録された「アナスターシャ」でした。表題曲の「しあわせの保護色」には参加していません。

佐々木琴子の厳選アンダー参加曲

佐々木琴子さんはシングル表題曲の選抜回数は0回ですが、アンダー曲には多数参加しているようです。佐々木琴子さんはどのアンダー曲に参加しているのでしょうか?佐々木琴子さんが参加したアンダー曲を厳選してお届けします。

アンダー参加曲①「別れ際、もっと好きになる」

まずご紹介する佐々木琴子さんが参加したアンダー曲は、「別れ際、もっと好きになる」です。この曲は2015年にリリースされた乃木坂46の12枚目のシングル「太陽ノック」に収録されたアンダー曲とのこと。表題曲の「太陽ノック」のセンターは、生駒里奈さんがつとめました。

「別れ際、もっと好きになる」は、佐々木琴子さんと同じ2期生の堀未央奈さんがセンターをつとめています。この曲のミュージックビデオはコメディタッチのものになっており、堀未央奈さんがインド人の青年に恋をするというストーリーが展開されているようです。

アンダー参加曲②「嫉妬の権利」

続いてご紹介する佐々木琴子さんが参加したアンダー曲は「嫉妬の権利」です。「嫉妬の権利」は、乃木坂46の13枚目のシングル「今、話したい誰かがいる」に収録された曲で、表題曲の「今、話したい誰かがいる」は、白石麻衣さんと西野七瀬さんのダブルセンターも話題となりました。

「嫉妬の権利」は片思いをする女の子の気持ちが歌われた曲で、堀未央奈さんと中元日芽香さんがダブルセンターをつとめています。ミュージックビデオでは、楽曲に参加したメンバーたちの複雑な嫉妬の模様が描かれていました。

アンダー参加曲③「不等号」

2016年にリリースされた乃木坂46の14枚目のシングル「ハルジオンが咲く頃」に収録された「不等号」にも佐々木琴子さんは参加しています。シングル表題曲の「ハルジオンが咲く頃」のセンターは深川麻衣さんがつとめました。

「不等号」は恋する女の子の気持ちを描いた楽曲となっており、ミュージックビデオでは、姿が見えないために想いを伝えることができない少女の葛藤が表現されています。このミュージックビデオの映像は、埼玉県の民家で撮影されたのだそうです。

アンダー参加曲④「シークレットグラフィティー」

続いてご紹介する佐々木琴子さんが参加したアンダー曲は、「シークレットグラフィティー」です。「シークレットグラフィティー」は2016年7月にリリースされた乃木坂46の15枚目のシングル「裸足でSummer」に収録されたアンダー曲とのこと。

この曲のミュージックビデオでは、樋口日奈さんが学園のアイドル「ひぐちくん」に扮し、「ひぐちくん」を巡るさまざまな物語が展開されています。ミュージックビデオの撮影は、茨城県の学校で行われたそうです。

アンダー参加曲⑤「風船は生きている」

佐々木琴子さんが参加したアンダー曲をさらに紹介しましょう。2017年にリリースされた乃木坂46の17枚目のシングル「インフルエンサー」に収録された「風船は生きている」にも、佐々木琴子さんは参加されていたようです。

「風船は生きている」は、法廷を舞台としたミュージックビデオが話題となりました。メンバーが裁判長や裁判官、弁護士、検事などに扮し、法廷での争いが描かれているそうです。

アンダー参加曲⑥「滑走路」

佐々木琴子さんが参加したアンダー曲には「滑走路」もあるようです。「滑走路」は2019年にリリースされた乃木坂46の23枚目のシングル「Sing Out!」に収録されました。「Sing Out!」のセンターは齋藤飛鳥さんがつとめています。

アンダー曲「滑走路」は、「誰もいない街に残された女の子たち」をテーマにしたミュージックビデオも話題となりました。このミュージックビデオでは、10箇所以上の場所でロケを行ったそうで、さまざまな合成技術も使用されているそうです。

アンダー参加曲⑦「アナスターシャ」

佐々木琴子さんが最後に参加したアンダー曲は、乃木坂46の25枚目のシングル「しあわせの保護色」に収録された「アナスターシャ」でした。シングル表題曲の「しあわせの保護色」は、白石麻衣さんの最後の参加シングルとしても話題になったようです。

「アナスターシャ」は2期生の楽曲となっており、ミュージックビデオは「2期生の旗を掲げる」をテーマとした冒険物語が描かれています。「アナスターシャ」のセンターは堀未央奈さんがつとめました。

佐々木琴子は選抜に入れない?

佐々木琴子さんは選抜には入れないという噂もあるようです。いったいどのような理由から、佐々木琴子さんは選抜に入ることができないのでしょうか?乃木坂46選抜決定の経緯についても併せて紹介します。

選抜入りなしのまま卒業発表

佐々木琴子さんは選抜入り無しのままの卒業となりました。佐々木琴子さん以外にも、選抜0回というメンバーはいます。2期生では伊藤かりんさん、山崎怜奈さん、伊藤純奈さんです。選抜に入ることは簡単ではありませんが、卒業まで0回というメンバーは少ないかもしれません。

美人でも選抜に入れない?

佐々木琴子さんが選抜0回ということで驚かれてしまっているのは、「美人なのに」という理由もあるようです。佐々木琴子さんは典型的な美人顔をしており、選抜メンバーに選ばれてもおかしくはありません。なのに選抜0回ということで、不思議に思っているファンも少なくないようです。

乃木坂46選抜決定の経緯も調査

乃木坂46はどのように選抜メンバーを決定しているのかについても調べてみました。乃木坂46のプロデューサーは秋元康さんですが、選抜メンバーを決めているのは運営のソニーだと言われています。そのため、握手会のチケットやグッズの売り上げなどが選抜メンバー選定に影響しているのだそうです。

佐々木琴子が選抜回数なしの理由とは

佐々木琴子さんが選抜回数なしの理由についても見ていきましょう。佐々木琴子さんはなぜ選抜回数なしのまま卒業となってしまったのでしょうか?佐々木琴子さんの選抜回数なしの理由について考察してみました。

選抜回数なしの理由①センター願望なし説

佐々木琴子さんの選抜回数無しの理由についてまずあげられているのが、「センター願望がないから」というものだそうです。佐々木琴子さんはインタビューでセンターへの願望について問われた際「もう十分」と答えています。

何度も選抜に選ばれるメンバーを見てみると、センターへの願望を熱く語っているメンバーが多いようです。やはりセンター願望がないと、「やる気がない」というふうに見られてしまい、選抜から外されてしまうのかもしれません。

選抜回数なしの理由②ダンスの実力説

佐々木琴子さんの選抜回数なしの理由としては、他にもダンスの実力があげられています。佐々木琴子さんは乃木坂46に加入するまではダンス経験がなく、当初はかなりの苦労をされたとのこと。その後もダンスに対する苦手意識があると言われており、これも選抜回数なしの理由ではないかという情報がありました。

選抜回数なしの理由③塩対応説

佐々木琴子さんの選抜回数なしの理由としては、握手会での塩対応もあるのではないかと言われています。佐々木琴子さんの握手会は愛想がない塩対応で有名なのだそうです。握手会はファンにとっては唯一メンバーと身近で接することのできる機会ですので、そこでそっけない対応をされていまうと、人気が落ちる原因になってしまうのかもしれません。

佐々木琴子は選抜回数なしのまま卒業

元乃木坂46の佐々木琴子さんの選抜回数について紹介してきました。佐々木琴子さんは2013年から2020年3月まで乃木坂46に在籍していましたが、選抜回数はなしだったようです。佐々木琴子さんはラジオのレギュラー番組なども持っていましたので、選抜回数なしを不思議に思うファンも多いのだとか。

佐々木琴子さんの選抜回数なしの理由には、握手会での塩対応やダンスの実力など、さまざまな理由がファンたちの間で考察されているようです。現在は乃木坂46を卒業し、タレントとして活躍中の佐々木琴子さん。佐々木琴子さんの今後の活躍にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ