里田まいが取得した資格フードマイスターって?料理や食事の内容についても調査

おバカタレントとして大ブレイクした里田まいさん。結婚前は全くお料理がダメだったそうですが、田中将大さんとの結婚を機にフードマイスターの資格を取得しました。里田まいさんが取得したフードマイスターとはどんな資格なのでしょうか?詳しく調査してみました。

里田まいが取得した資格フードマイスターって?料理や食事の内容についても調査のイメージ

目次

  1. 1里田まいのプロフィール
  2. 2里田まいが取得した資格フードマイスターとは
  3. 3里田まいの資格を活かした料理や食事の内容
  4. 4里田まいは田中将大を支える良き妻
  5. 5里田まいの英語の資格は?
  6. 6里田まいはフードマイスター資格取得で料理もすごい

里田まいのプロフィール

愛称:まいちゃん、まいちん、さっとん
本名:田中 舞 (旧姓 里田)
生年月日:1984年3月29日
年齢:36歳 (2020年6月現在)
出身地:北海道札幌市
血液型:A型
身長:161.5cm
体重:不明
活動内容:タレント、歌手
所属グループ:元カントリー娘。
事務所:アップフロントクリエイト
家族構成:夫(田中将大)、長男、長女

里田まいの経歴

里田まいさんの簡単な経歴をご紹介しておきましょう。里田まいさんは、1984年3月29日生まれで現在36歳です。北海道札幌市の出身です。中学校を卒業した後、テニス推薦で札幌大谷高校へ進学しました。

その頃から里田まいさんは芸能界に興味を持ち、当時大人気だったモーニング娘のオーディションを受けていました。最終審査まで残りましたが、高校進級の関係から辞退しています。しかし、翌年再度モーニング娘のオーディションを受けましたが、こちらは不合格となっています。

その後里田まいさんはカントリー娘。のオーディションに受かり、2002年1月からメンバーとして加わり芸能界デビューを果たしています。里田まいさんの名前が世間に知れ渡るきっかけとなったのが、フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンⅡ』でした。クイズで珍回答することから、“おバカタレント”と呼ばれお茶の間の人気者となりました。

プライベートでは、2010年11月に当時東北楽天ゴールデンイーグルスの投手だった田中将大さんとの交際が報じられ、2012年3月に婚姻届を出しています。現在は、夫田中将大さんのニューヨークヤンキースへの移籍に伴いニューヨークに移り住み、2015年に男児、2019年に女児を出産しました。

里田まいが取得した資格フードマイスターとは

おバカタレントとして大人気だった里田まいさん。結婚後は、異国の地で野球選手の夫をサポートする良妻賢母としても有名です。そんな里田まいさんは、夫田中将大さんの食事をサポートするためにフードマイスターという資格を所得しました。フードマイスターとは一体どんな資格なのでしょうか?詳しく見てまいりましょう。

2012年にジュニア・アスリートフードマイスターの資格取得

里田まいさんは、2012年に“ジュニア・アスリートフードマイスター”という資格を所得しました。食事の面からも、夫田中将大さんをサポートしたいと考えたからだそうです。

“ジュニア・アスリートフードマイスター”は、スポーツ選手などに必要な食事のスキルを身に着け、食を通して選手をサポートする事ができる資格です。現在、“ジュニア・アスリートフードマイスター”は名称を変え、「アスリートフードマイスター3級」となっています。

料理の資格「フードマイスター」の種類について

料理の資格である「フードマイスター」。実は、里田まいさんが取得したジュニア・アスリートフードマイスター以外にも、数多くの資格が存在しています。例えば、チョコレートの専門知識が養えるチョコレートソムリエ資格、チーズに特化したチーズソムリエ資格、その他にもベビーフード、ドライフード、スパイス、ダイエットなどがあります。

芸能界やスポーツ界でも人気の資格

ジュニア・アスリートフードマイスターは芸能界やスポーツ界でも人気があり、多くの人が取得しているようです。特に、スポーツ選手の旦那さんを持つ奥さんが取得することが多いとのこと。田中将大さんと同じアメリカメジャーリーグに挑戦する前田健太さんの奥さんもジュニア・アスリートフードマイスターの資格を持っているようです。

また、2019年日本中を沸かせたラグビーワールドカップにも出場したラグビー日本代表選手の山田章仁選手の奥さんでモデルのエリナシルカさんもこの資格を取得し、食事面で旦那さんをサポートしているようです。芸能界では、筋肉芸人の小島よしおさんが取得したことは有名です。

フードマイスターの資格取得の難関度も調査

芸能界やスポーツ界でも人気の資格アスリートフードマイスターですが、取得するのは難しいのでしょうか?アスリートフードマイスターの難易度を調べてみました。アスリートフードマイスターには、1級、2級、3級があります。

3級は、誰でも受講することが可能ですが、2級を受講するには3級の資格を取得する必要があります。1級も同様に、受講するには2級の資格が必要になります。里田まいさんが取得したジュニア・アスリートフードマイスター(アスリートフードマイスター3級)の合格率は85%だそうです。2級になると難易度が高くなり、合格率は35%という事でした。

フードマイスター資格取得方法や費用は?

アスリートフードマイスターの難易度に続いて、取得方法や費用をご紹介します。まず取得方法ですが、里田まいさんが取得したジュニア・アスリートフードマイスター(アスリートフードマイスター3級)は、アスリートフードマイスターの公式サイトとから申し込むことが可能です。

通学制と通信制から選ぶことが出来、通学制なら1日6時間の講義を受けるだけです。講義が終了すると、試験を受け合格すればジュニア・アスリートフードマイスター(アスリートフードマイスター3級)の資格を得ることが出来ます。

費用ですが、ジュニア・アスリートフードマイスター(アスリートフードマイスター3級)の資格を得るには税込で73,700円です。内訳は、入会金11,000円、受講料62,700円です。受講後に受ける修了試験料1回分も含まれているそうです。

里田まいの資格を活かした料理や食事の内容

ここからは、里田まいさんがジュニア・アスリートフードマイスターの資格を活かしながら、どのような料理や食事を夫田中将大さんに作っているのか見てまいりましょう。

資格を活かした料理や食事の内容もメジャー級?

里田まいさんは、公式のSNSなどに自分で作ったお料理をアップしています。アップされたお料理はどれも美味しいそうで、ボリュームたっぷりです。里田まいさんは、現在お料理に関してはプロ級の腕前らしいですが、結婚する前はほとんど料理などしたことがなくお米の研ぎ方も知らなかったそうです。

資格を活かした料理画像もチェック

上の画像は、ある日の田中家の食事内容です。お肉、アサリ、サラダ、汁物、酢の物、フルーツ、玄米風のご飯と、アスリートには欠かせない栄養バランスの取れた素晴らしい食事内容でした。

里田まいさんは、毎日朝、昼、晩と食べ合わせや、田中将大さんの好き嫌いも考慮しながらメニューを決めているようです。例えば、田中将大さんが嫌いな野菜は、細かく刻んでハンバーグに混ぜ込むのだそうです。

里田まいの料理や食事の内容に対する世間の声

里田まいさんのお料理や食事内容を見た人はどのように思っているのでしょうか?里田まいさんのお料理や食事内容に対する世間の人達の声を集めてみました。ネット上には、「腕前はプロ級」、「こんな食事を毎日食べてみたい」、「癒やされる」、「田中選手が羨ましい」など、里田まいさんの料理を絶賛するコメントが多数見つかりました。

里田まいの料理レシピ本は?

お料理自慢の芸能人はよく料理レシピ本を出版する事がありますが、プロ級の腕前を持った里田まいさんは料理レシピ本を出しているのでしょうか?調べてみました。

里田まいさんは、2011年に「世界一おいしいごはんの食べ方」という著書を出版していました。この本では、里田まいさんが佐渡で米作りにチャレンジした時のエピソードなどを中心に、お米を美味しく食べるためのレシピなども掲載されているようです。

しかしこの本は、里田まいさんの料理レシピ本とは言い難いかもしれません。それは、この本は、田中将大さんと結婚する前、つまりフードマイスターの資格を取る前に出版されているので、里田まいさんのプロ級のお料理を真似できるものではありません。

里田まいさんは、これ以外の本は出版されていないようなので、里田まいさんのお料理を参考にしたい方は、ぜひ里田まいさんのブログをチェックしてみて下さい。写真と共に具材や簡単な説明が入っているので、参考にしやすいかもしれません。

里田まいに料理を教えた松村和夏のレシピ本も話題に

里田まいさんは、結婚前は本当に料理が苦手だったと言います。そこで、里田まいさんは、松村和夏さんが主催する料理教室に通い献立作りをはじめ料理のいろはを学んだそうです。

里田まいさんのお料理が注目を浴びるようになってから、先生である松村和夏さんのレシピ本『旦那さんごはん』も話題となっています。里田まいさんのお料理の先生松村和夏さんについて少し調べてみました。

松村和夏さんは、2011年に「広尾料理倶楽部」という料理教室を開き、女性向けのヘルシーメニューやスポーツ選手向けの栄養学や食事方法などを教えているそうです。芸能人やモデルさんも多く通い大変人気のある料理教室だそうです。

現在は、予約も取れないほどだとか。なかなか料理教室に通うのは難しそうですが、松村和夏さんは『旦那さんごはん』以外にもレシピ本を出版していたりYoutubeなどでもお料理の紹介をしているそうです。

里田まいは田中将大を支える良き妻

里田まいさんは、夫田中将大さんをしっかりとサポートする良き妻として話題となっています。里田まいさんは、どのように田中将大さんをサポートしているのか?見てまいりましょう。

2012年に田中将大と結婚し野球選手の妻に

里田まいさんは、2012年に当時東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大さんと結婚しました。それまではおバカキャラの代表的存在だったため、「野球選手の妻は無理じゃない?」とも噂されたことがありました。

結婚後は、メジャーリーグに移籍した田中将大さんと一緒にアメリカに渡り暮らしています。交際当時から、里田まいさんは田中将大さんから「将来はアメリカで野球がしたい」と聞いていたそうで、結婚してからは通信制で英会話の勉強も始めたそうです。

フードマイスターの資格取得時期も結婚数ヶ月後

里田まいさんは、アメリカニューヨークに渡っても、田中将大さんを食事の面でも完璧にサポートしたいと考えたのでしょう。結婚してしばらくして、里田まいさんはジュニア・アスリートフードマイスター(アスリートフードマイスター3級)を取得しています。そして、毎日栄養バランスの取れた、豪華なお料理を作っています。

旦那のためにアメリカでも日本料理をおもてなし

田中将大さんは、体質的に太りやすいと言われています。そのためか、里田まいさんはニューヨークの自宅ではカロリーの低い日本食を中心に作ることが多いそうです。

また、炭水化物を控えめにしていたり、揚げ物はなるべく避け食材はオーブンで焼く事が多いそうです。田中将大さんは野菜が嫌いだそうで、里田まいさんはそこにも工夫を凝らし、野菜はスムージにしてみたり、細かく刻んでハンバーグに混ぜ込むのだそうです。

里田まいのアメリカでの食材探しも話題に

里田まいさんは普段の食事では和食を作る事が多いそうですが、そうなると大変なのはアメリカでの和食の食材探しでしょう。

里田まいさんは、和食に合う食材を全米から取り寄せているそうです。長男のお食い初めの時には、食材ばかりでなく食器までアメリカで調達したそうです。「アメリカで出来る範囲で、出来る限りの事をする」これが里田まいさんのモットーのようです。

里田まいの英語の資格は?

里田まいさんは、夫を完璧にサポートしたいとジュニア・アスリートフードマイスター(アスリートフードマイスター3級)の資格まで取って、食事面ではしっかりと田中将大さんをサポートしているようですが、英語の方はどうなのでしょうか?里田まいさんの英語の資格について調べてみました。

里田まいのアメリカ移住で英語の実力にも注目が

現在、里田まいさんは夫の田中将大さんと子供2人と一緒にアメリカニューヨークで暮らしています。アメリカで暮らすには日常会話が話せることは必須です。また夫が大リーグの人気投手ともなれば、様々なお付き合いも生じてくるでしょう。そこで気になるのは、里田まいさんの英語力です。

里田まいさんの英語の実力を調べると、里田まいさんは日常会話程度なら英語で充分なコミュニケーションが取れるようです。また、里田まいさんは、全部英語のミュージカルを鑑賞したりもするそうです。

田中将大のために通信制の英会話を勉強

里田まいさんはアメリカニューヨークで言葉の壁も乗り越え楽しんでいるようですが、実は里田まいさんはアメリカに移住する前から、通信制の英会話で猛勉強していたそうです。里田まいさんが勉強したという通信制の英会話が何なのか調べてみましたが、詳しいことは分かりませんでした。

アメリカに行ってからは、アメリカ人の友人もでき里田まいさんの英会話力もどんどん向上しているようです。元々明るくサバサバした性格の里田まいさんなので、アメリカ人の友人も出来やすいのかもしれません。

英語の資格はある?

英語の資格というと英検やTOEICなどが有名ですが、里田まいさんは何か英語の資格も持っているのでしょうか?里田まいさんの英語の資格について調べてみましたが、「里田まいさんが英語の資格を取った」という情報は見つかりませんでした。

里田まいはフードマイスター資格取得で料理もすごい

おバカタレントとして一躍有名になった里田まいさん。あの当時の里田まいさんを見て、誰が今の里田まいさんを想像出来たでしょうか?メジャーリーグにチャレンジする夫田中将大さんの食事をサポートするためにフードマイスターの資格を取得し、毎日完璧すぎる食事を作る里田まいさんには多くの人が脱帽しています。

また、明るくポジティブな里田まいさんは、精神的にも田中将大さんの大きな支えとなっているようです。今後の田中将大さんの活躍に期待です。そして、その陰に妻の里田まいさんの支えがある事を忘れてはならないでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nananomoe66

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ