シャロン・ストーンの現在!若い頃からの経歴などまとめ

映画「魔性の女」「氷の微笑」「硝子の塔」「カジノ」などで有名になった女優シャロン・ストーンの現在の姿を追っていきます。シャロン・ストーンの若い頃からの経歴や子供たちとの関係などを詳しく調査してみましたので是非ご覧ください。

シャロン・ストーンの現在!若い頃からの経歴などまとめのイメージ

目次

  1. 1シャロン・ストーンのプロフィール
  2. 2シャロン・ストーンの現在
  3. 3シャロン・ストーンの若い頃からの経歴
  4. 4シャロン・ストーンの美の歴史
  5. 5シャロン・ストーンは現在も美貌あふれる3人の子供のシングルマザー大女優

シャロン・ストーンのプロフィール

愛称:不明
本名:シャロン・ストーン
生年月日:1958年3月10日
年齢:60歳(2019年10月現在)
出身地: アメリカ合衆国ペンシルベニア州
血液型:不明
身長:174 cm
体重:不明
活動内容:女優
所属グループ:なし
事務所:不明
家族構成:養子(男子3名)

シャロン・ストーンの経歴

シャロン・ストーンはIQが高いことで知られており、飛び級で高校に進学したのち、州立エディンボロ大学演劇科に進学しました。しかしその後シャロン・ストーンは大学を中退、ミス・ペンシルベニアコンテストで優勝しました。

その後ニューヨークへ出てフォード社のファッションモデルとして成功を収めると、1980年に映画デビューし、「トータル・リコール」や「氷の微笑」などに出演、一躍映画界のスターとなりました。

シャロン・ストーンの現在

「トータルリコール」や「氷の微笑」で映画女優として有名になったシャロン・ストーンですが、現在はどうしているのでしょうか?ここではシャロン・ストーンの現在を追っていきます。

2019年の誕生日で年齢61歳のシャロン・ストーン

シャロン・ストーンは2019年の誕生日を迎えると61歳となります。しかしシャロン・ストーンの現在の姿は若い頃とほとんど変わらない美しさを保っており、その美貌は驚異的ですらあります。

現在「VOGUE」表紙のM字開脚&トップレスが話題に

シャロン・ストーンは60歳を超えた現在、ファッションライフスタイル雑誌「Vogue」のポルトガル版にて表紙グラビアを務めました。そしてなんと表紙写真では脚線美が眩しいM字開脚姿を披露しました。

また、シャロン・ストーンは同じ雑誌にトップレス姿で水面に浮かぶ姿の写真も披露しており、年齢を超えた美しさを保っていることを証明しました。

現在はアンジェロ・ボッファと婚約?

シャロン・ストーンは現在、不動産会社を経営している19歳年下のアンジェロ・ボッファと婚約しているとの噂があります。シャロン・ストーンとアンジェロ・ボッファはフロリダ州マイアミのビーチで過ごしているところをキャッチされています。

このときシャロン・ストーンの左手薬指には大粒のダイヤモンドの指輪がついており、シャロン・ストーンとアンジェロ・ボッファは60歳の誕生日に合わせて婚約したのではないか?とゴシップサイトに取り上げられました。

アンジェロ・ボッファとは

アンジェロ・ボッファは当時41歳の不動産会社経営をしているイタリア人実業家で、シャロン・ストーンとは2018年1月にニューヨークの街で手をつないでいるところをすでにスクープされており、このときすでに交際は確実視されていました。

シャロン・ストーンは2度の離婚歴あり

シャロン・ストーンは過去にすでに2度の離婚を経験しています。1度目は1987年、映画の助監督と離婚しており、2度目は2004年にジャーナリストと離婚しています。

シャロン・ストーンの子供について

シャロン・ストーンは過去に2度の結婚をしており、1度目は映画プロデューサーのマイケル・グリーンバーグと、2度目はジャーナリストのフィル・ブロンシュテインと結婚しています。しかし、シャロン・ストーンは2度の結婚の間には子供が生まれることがないまま離婚に至っています。

子供は3人の養子がいる

シャロン・ストーンは2度の結婚で子供が生まれることはなかったものの、かわりに3人の養子を迎えています。続いては、シャロン・ストーンの養子の性別に迫っていきましょう。

養子の子供は3人息子

シャロン・ストーンは養子で3人の子供を迎え入れていますが、いずれも男の子で誕生日にカラフルな風船をプレゼントされるなど、現在でも非常に良好な関係を保っているようです。

シャロン・ストーンの若い頃からの経歴

映画女優としてトップの地位にまで上り詰めたシャロン・ストーンですが、ここでシャロン・ストーンの若い頃からの経歴をあらためて振り返ってみたいと思います。

若い頃からの経歴①ミス・ペンシルベニアコンテストでグランプリ

シャロン・ストーンは大学在学中に、ミス・ペンシルベニアコンテストでグランプリ受賞しています。この時の審査員の一人からスカウトされ、この後モデルとして活動するようになります。

若い頃からの経歴②大学中退後はモデルに

ミス・ペンシルベニアコンテストに優勝したシャロン・ストーンは、大学を中退してモデルの道に進みます。地元のペンシルバニア州を離れ、ニューヨークへと出てきたシャロン・ストーンですが、次第にモデルから女優を目指すようになっていったと言われています。

若い頃からの経歴③映画「スターダスト・メモリー」で映画女優デビュー

ニューヨークへ出てきてモデルとしての活動を続けていたシャロン・ストーンですが、その一方で映画やテレビドラマのエキストラとして出演をし、女優への道を徐々に意識するようになります。

そしてついに1980年の映画「スターダスト・メモリー」で映画女優としてデビューすることになります。この時の役はいわゆる「チョイ役」だったようですが、初めての実績を得たことでその後もB級映画を中心に映画女優として出演するようになります。

1984年にはテレビ映画「魔性の女」に出演

モデルとして働きながら映画を中心に女優として出演を重ねていたシャロン・ストーンですが、1984年にはテレビ用の映画「魔性の女」(原題「Calendar Girl Murders」)に出演しています。

この映画「魔性の女」は毎月のプレイボーイ雑誌を飾るモデル達が月ごとに順番に殺されていくというミステリー作品です。「魔性の女」はシャロン・ストーンが出演した隠れた名作とも言われています。

テレビ映画「魔性の女」の役柄はキャシー役

テレビ映画「魔性の女」に出演したシャロン・ストーンは、連続殺人犯を追う刑事ダンとコンビを組むトップモデルのキャシー役を演じております。

若い頃からの経歴④映画「トータル・リコール」出演

映画女優として次々と映画に出演をしていたシャロン・ストーンは、1990年にアーノルド・シュワルツネッガー主演の映画「トータル・リコール」にアーノルド・シュワルツネッガー演じるダグラスの妻役として抜擢されました。

「トータル・リコール」に出演した際、シャロン・ストーンはアーノルド・シュワルツネッガーの存在に負けない演技とセクシーなスタイルによって観客を魅了し、一躍注目を浴びるようになりました。

若い頃からの経歴⑤映画「氷の微笑」でブレイク

「トータル・リコール」で女優としてのブレイクのきっかけをつかんだシャロン・ストーンは、1992年に公開された映画「氷の微笑」でヒロインに抜擢され、本格的に映画女優としてブレイクを果たすことになります。

映画「氷の微笑」キャサリン役を熱演

映画「トータル・リコール」の監督、ポール・ヴァーホーヘンは「氷の微笑」でヒロインのキャサリン役としてシャロン・ストーンを抜擢します。シャロン・ストーンは抜擢に答える形で殺人事件の容疑者・キャサリン役を熱演しました。特に取調室でセクシーに足を組み換えるシーンは当時有名になり、数多くのパロディも生み出すことにもなりました。

若い頃からの経歴⑥映画「クイック&デッド」出演&製作

シャロン・ストーンは1995年、西部劇の映画「クイック&デッド」に主人公の女ガンマン・エレンとして出演しました。またこの映画では主演だけでなく製作にもたずさわり話題を呼びました。

無名時代のラッセル・クロウ起用も話題に

シャロン・ストーンは映画「クイック&デッド」で出演だけでなく製作にも関わり、当時無名だった俳優ラッセル・クロウを主人公を支えるガンマン役として推薦しました。そして周囲の反対に合いながらも起用に漕ぎ着けています。

若い頃のレオナルド・ディカプリオも起用

さらにシャロン・ストーンは映画「クイック&デッド」でまだ若かったレオナルド・ディカプリオも起用し周囲を驚かせました。シャロン・ストーンは自身の女優としての才能だけでなく、俳優に対する先見の明があったことも証明しました。

若い頃からの経歴⑦映画「硝子の塔」出演

シャロン・ストーンは、1993年公開のミステリー小説原作の映画「硝子の塔」に出演します。そしてこの映画「硝子の塔」でシャロン・ストーンは、カーリー・ノリスとナオミ・シンガーの1人2役を演じました。

映画「硝子の塔」カーリー役を熱演

シャロン・ストーンは映画「硝子の塔」で、超高層マンションに引っ越してきた敏腕編集者カーリー役を演じました。「硝子の塔」でシャロン・ストーンは次々と不可解な事件に巻き込まれていく主人公を熱演しています。

若い頃からの経歴⑧映画「カジノ」出演

1995年、シャロン・ストーンは映画「カジノ」に出演しました。1970年代のラスベガスを舞台にしたこの映画で、シャロン・ストーンはヒロイン役を演じました。

映画「カジノ」ジンジャー役を熱演

シャロン・ストーンは映画「カジノ」で奔放で浪費家の悪妻ジンジャー役を演じ、かなりの高評価を受けることになりました。

映画「カジノ」でゴールデングローブ賞主演女優賞受賞

シャロン・ストーンは「カジノ」で悪女役を好演し、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しました。映画「カジノ」は、シャロン・ストーンの代表作の一つとなっています。

シャロン・ストーンの美の歴史

シャロン・ストーンは映画女優として映画の中でその美貌を発揮してきましたが、年齢を重ねつつも年齢相応の美しさを保っています。ここではシャロン・ストーンの年代ごとの美しさを確認していきたいと思います。

80年代のシャロン・ストーンのヘアメイク

1980年代前半のシャロン・ストーンはまだ無名でした。映画「キングソロモンの秘宝」では男勝りなヒロインとして登場しており、当時流行していた「カーリーへア」でワイルドな姿を披露しています。

年齢30代のシャロン・ストーンは?

30代に入ったシャロン・ストーンは、「トータル・リコール」へ出演したことで一般に認知されるようになります。上の画像では、シャロン・ストーンの笑顔が輝いています。

ブロンドの髪にナチュラルメイク

31歳の頃のシャロン・ストーンは、カールの効いたブロンドヘアにマスカラやリップを最低限に抑えたナチュラルメイクで自然体のセクシーさを表現しています。

魅力あふれるボブの髪型

33歳になったシャロン・ストーンは、映画「氷の微笑」で映画女優として一躍スターダムにのしあがりました。その年の第64回アカデミー賞授賞式ではボブヘアの髪型にして会場にあらわれ、観衆にアピールしました。

チャリティー活動などを重ね知的な美へ

シャロン・ストーンは映画女優として成功するとチャリティー活動にも力を入れるようになります。1994年には虐待児童を守るためのチャリティーに参加するなど、知的な美を感じさせる姿を見せるようになります。

年齢40代のシャロン・ストーンは等身大のヘアメイク

30代より始めたチャリティー活動が評価されたシャロン・ストーンは、2000年にコンデナストパブリケーションズが発行する「グラムール」のウーマン・オブ・ザ・イヤー・アウォーズを受賞します。

その授賞式でシャロン・ストーンはショートボブ姿で登場し、グロス感のあるリップを使い若さを演出しながらも、40代ならではの等身大のメイクを披露しました。

年齢50代でも美しい白肌披露

2012年、シャロン・ストーンは共同チャリティーを行っているジュエリーブランド・ダミアーニの広告キャンペーンに参加した際、50代とはとても思えないほどの美肌で現れ、周囲を驚かせました。

年齢60代も健康美が健在

2019年2月にシャロン・ストーンは女性癌研究財団のチャリティガラに参加し、60歳を超えてもなお健康的なスレンダースタイルを保っている姿で登場しました。

シャロン・ストーンは現在も美貌あふれる3人の子供のシングルマザー大女優

シャロン・ストーンは「トータル・リコール」「氷の微笑」でブレイクし、世界中の映画ファンの間に知られることとなりました。その一方でプライベートでは2度の離婚をするものの、3人の養子の子供に囲まれ幸せな様子を見せています。

大女優として成功したシャロン・ストーンは、60歳を超えた今でもチャリティー活動などでしばしば公の場に姿を見せており、その美貌は衰えることを知らないようです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ゆすやん
漫画・アニメ・映画大好きの元CGクリエイター・デザイナーです。声優・アイドルなどサブカル全般詳しいです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ