柴田光太郎(マネーの虎)の現在!食堂は?家族との関係がやばい?

俳優田宮二郎さんの長男である柴田光太郎さんは、英語講師の仕事をメインにしながら芸能界の仕事もこなしています。かつてはレポーターやMC、俳優として芸能界で活躍していた柴田光太郎さんの現在の活動や家族との関係、また資金の融資を受けた食堂の情報などをお届けします。

柴田光太郎(マネーの虎)の現在!食堂は?家族との関係がやばい?	のイメージ

目次

  1. 1柴田光太郎のプロフィール
  2. 2柴田光太郎の現在
  3. 3柴田光太郎の食堂は?
  4. 4柴田光太郎と家族の関係がやばい?
  5. 5柴田光太郎の現在は英語講師で芸能界にも健在

柴田光太郎のプロフィール

・愛称:柴ちん
・本名:柴田英光
・生年月日:1966年1月13日
・年齢:53歳(2019年5月現在)
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:184cm
・体重:不明
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:ブレイブ
・家族構成:父(田宮二郎)母(藤由紀子)弟(田宮五郎)
・出演作品:「おはよう!ナイスデイ」「必要のない人」「ボディ・ジャック」「マネーの虎」

柴田光太郎の経歴

俳優田宮二郎さんの長男として生まれた柴田光太郎さんは、学習院大学大学院を終了後、1991年から学習院中等科・高等科の英語教師をしていました。1994年に教員を辞職し、フランス語学留学の後1995年にフジテレビの「おはよう!ナイスデイ」のレポーターとして芸能界デビューします。

1995年のNHKのドラマ「必要のない人」で俳優デビュー。2007年からは広尾学園高等学校で英語教員として再び教壇に立ちます。現在は青稜高等学校や学習塾で英語講師てしての生活をメインにしつつ、芸能活動も続行中です。

柴田光太郎の現在

テレビではあまり見なくなった印象の柴田光太郎さんですが、芸能界を引退したわけではなく、英語の講師として働きながら、芸能活動もこなしているという状況です。

現在は英語講師

柴田光太郎さんは1991年から1994年まで学習院中等科・高等科で英語科の教員として教鞭をとっていましたが、芸能界入りのために退職しました。しかし2007年から再び英語講師として復帰しています。

講師を務める学校は「青稜高等学校」

2007年に英語講師てして復帰したのは広尾学園高等学校でした。現在は進学校としても有名な青稜高等学校で、英語科の非常勤講師として勤務しています。

2017年に「5時夢」のVTR出演で話題に

柴田光太郎さんは2008年に東京MXテレビの「5時に夢中!」のMCを務めていましたが、2017年にVTR出演をして話題になりました。その時に進学校である青稜高等学校で英語の教師として教壇に立っているということを明かしました。

死亡説の噂も浮上

柴田光太郎さんは英語講師の仕事をメインにしながら、現在も芸能界の仕事も続けています。そんな柴田光太郎さんに死亡説が浮上したことがありました。これにはいくつかの原因が考えられます。まず父親の田宮二郎さんが現在の柴田光太郎さんよりも若くして自らの命を絶ってしまったことが一つの原因。

それから弟の田宮五郎さんがくも膜下出血のため若くして他界したことなど、柴田光太郎さんの身内二人が若くして亡くなったことで混乱を招いたようです。それから柴田光太郎さんと田宮五郎さんがよく似ていたことと誕生日が同じだったことも混乱を招く一因だったのでしょう。

柴田光太郎の食堂は?

柴田光太郎さんはテレビ番組「マネーの虎」に出演して、食堂の開業資金を融資してもらうためにプレゼンをしたことがありました。結果として開業資金を融資してもらえることになったのですが、その食堂は現在どうなっているのでしょうか?

マネーの虎で話題の「大田市場食堂」

柴田光太郎さんが食堂を開店したいと考えたきっかけは、弟の田宮五郎さんが経営していた食堂を手伝ったことがあり、そのお店を閉店の際に惜しむ声が多かったことから、今度は自分でみんなを元気にできる食堂を大田市場に作りたいという思いからでした。

マネーの虎にて資本金融資で開店

「マネーの虎」では副業で飲食店を開業するということの認識の甘さを指摘された柴田光太郎さんですが、一年間は何もかも辞めて食堂だけに専念するという約束で、資本金855万円を手にすることができました。

その後は評判上がらず閉店

「マネーの虎」の出演で開業資金を手にして食堂を開店させた柴田光太郎さんでしたが、現実はやはり甘くなく、食堂は話題になることもなく失敗に終わってしまいました。「マネーの虎」での融資者側の出演者たちの言葉が現実になった出来事でした。

柴田光太郎と家族の関係がやばい?

柴田光太郎さんの家族は、柴田さんをはじめとして全員が芸能人として華々しい一家です。しかし一家の関係はかなり複雑であったようで、柴田光太郎さんと弟の田宮五郎さんとの確執も囁かれていました。

柴田光太郎の家族構成

現在は結婚して妻と子供たちと暮らしている柴田光太郎さんですが、子供の頃は俳優である父の田宮二郎さん、元女優の母の藤由紀子さん、そして柴田光太郎さんと弟の田宮五郎さんの4人家族でした。

父は田宮二郎

柴田光太郎さんの父は俳優の田宮二郎さんです。映画「白い巨塔」や「悪名」シリーズ、テレビドラマの「白い巨塔」や「白い影」などの「白い」シリーズで俳優として活躍したほか、「クイズタイムショック」などのスマートで渋いMCが人気でした。

9年もの間続けてきた「クイズタイムショック」の降板、テレビドラマ「白い巨塔」の撮影終了の後、1978年12月28日の猟銃で自らの命を絶つという衝撃的な死を遂げて世間を驚かせました。

母は藤由紀子

柴田光太郎さんの母、藤由紀子さんは元女優です。企業間競争をテーマにしたサスペンス映画「黒シリーズ」で田宮二郎さんと共演し、1965年に田宮二郎さんと結婚、映画界を引退しました。田宮二郎さんとの間に柴田光太郎さんと田宮五郎さんの二人の息子をもうけ、田宮二郎さんが亡くなった後は女手一つで息子を育てました。

弟は田宮五郎

柴田光太郎さんの弟は俳優の田宮五郎さん。186cmという長身で表情や話し方が田宮二郎さんとそっくりでした。人間としていろいろな経験を積んでから俳優になった方が良いという田宮二郎さんの言葉通りに、芸能界入りしたのが遅く、遅咲きの俳優として期待されました。

2012年にくも膜下出血を発症して、闘病の末に2014年11月6日に47歳という若さで帰らぬ人となりました。

弟・田宮五郎との確執関係の噂

柴田光太郎さんと弟の田宮五郎さんの間には確執があったという噂があります。これは母の藤由紀子さんが田宮二郎さんの死後、何かと柴田光太郎さんを頼りにして心のより所としていたことが原因だったようです。このことは田宮五郎さんにも伝わっていたようで、それだからこそ俳優として成功しようと父の言葉通りがんばっていたのでしょう。

弟・田宮五郎がくも膜下出血を患うも協力なし?

柴田光太郎さんと藤由紀子さんは、田宮五郎さんがくも膜下出血で倒れた時もあまりサポートをしなかったと言われています。しかし、当時田宮五郎さんと事実上の婚姻関係にあると言われていた浅野ゆう子さんが全面的にサポートしていたために、柴田光太郎さんが遠慮していたという説もあります。

浅野ゆう子との関係

田宮五郎さんと浅野ゆう子さんは事実上の婚約関係にあったと言われています。田宮五郎さんの最後を看取ったのも浅野ゆう子さんでした。本来なら義理の兄妹になっていたかもしれない浅野ゆう子さんと柴田光太郎さんでしたが、義理の関係になることはありませんでした。

浅野ゆう子とは

浅野ゆう子さんは中学生の時にアイドル歌手としてデビューし、後にトレンディドラマで浅野温子さんとともに「W浅野」として大人気になりました。トレンディドラマのブームが去ってからも、主演だけでなく助演としても大活躍を続ける女優で、バラエティ出演なども多くこなしています。

浅野ゆう子は弟・田宮五郎の元交際相手

浅野ゆう子さんと田宮五郎さんは2007年頃から交際がスタートし、浅野ゆう子さんのマンションに同居していたと言われています。俳優デビューが遅かったために、なかなか役がつかなかった田宮五郎さんをサポートし続けたのも浅野ゆう子さんでした。

浅野ゆう子が家族の代わりに弟の治療費を負担?

2014年に亡くなった田宮五郎さんは2012年にもくも膜下出血で倒れています。その時も柴田光太郎さんと母の藤由紀子さんのサポートはあまり受けられなかったため、浅野ゆう子さんが治療費の面倒も見て献身的に看護をしていたようです。

浅野ゆう子は田宮五郎の死を乗り越え結婚

2014年に二度目のくも膜下出血で倒れ、とうとう帰らぬ人となってしまった田宮五郎さんですが、浅野ゆう子さんのショックはひどく、しばらくはろくに食事もとれなかったようです。それでも何とか女優としてがんばってきた浅野ゆう子さんですが、悲しみを乗り越えて2017年の年末に一般男性と結婚したことを発表しました。

結婚した妻や子供は?

柴田光太郎さんは2002年に一般女性と結婚して、三人の子供がいます。メディアへの露出が少ないのであまり知られていませんが、自身のtwitterなどで時々子供たちの様子などをツイートしておられます。

2002年に一般女性の妻と結婚

英語講師をメインとしているために、メディアへの露出があまり多くない柴田光太郎さんですが、2008年6月に放送されたテレビ番組「オーラの泉」に出演した際に、2002年に福祉関係の仕事をしていた一般女性と結婚していたことを明かしました。

結婚前に起きた妻との恐ろしい体験とは

柴田光太郎さんは2008年6月放送のテレビ番組「オーラの泉」に出演した時、結婚前に妻と歩いていた時に遭遇した恐ろしい体験話をしました。結婚前に渋谷を妻と歩いていて、知り合いとばったりと会ったので、妻を紹介しようとしました。

すると、その知り合いの女性の首が「ろくろ首」のように伸びてきて、ぐるっと回って元に戻ったそうです。自分だけがそのように見えたのかと思っていたら、妻にもそのように見えていたということでした。江原啓之さんの霊視によると、その女性は妻の品定めをしていたのではないかということでした。

妻との間に子供は3人

柴田光太郎さんは妻との間に一男二女の子供をもうけていて、5人家族で暮らしています。独身時代には家族との間に溝があった柴田光太郎さんですが、現在は結婚生活も17年となり、妻と子供たち家族全員穏やかに暮らしておられるようです。

柴田光太郎の現在は英語講師で芸能界にも健在

柴田光太郎さんは名優田宮二郎さんの長男として生まれました。学習院で英語の教師として働くも、父と同じ芸能界入りをしますが、芸能界では父のように活躍することはできませんでした。しかし持ち前の負けん気で、英語講師の仕事をメインにしつつも芸能界でも健在です。今後も柴田光太郎さんの活躍に期待しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
sapphire
昭和のエンタメ大好きです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ