島田順子(ファッションデザイナー)まとめ!経歴や結婚は?

78歳という年齢になった現在もデザイナーとして活躍を続ける島田順子さん。近頃は洋服だけではなくオシャレなデザインの財布も人気になっているそうです。それでは、デザイナーとしての経歴はもちろんのこと結婚や家族、髪型や化粧など島田順子さんの素顔に迫っていきます!

島田順子(ファッションデザイナー)まとめ!経歴や結婚は?のイメージ

目次

  1. 1島田順子(ファッションデザイナー)のプロフィール
  2. 2島田順子のファッションデザイナーとしての魅力
  3. 3島田順子のデザイナー経歴
  4. 4島田順子の結婚や家族について
  5. 5島田順子の髪型や化粧も調査
  6. 6島田順子は素敵な年齢の重ね方が魅力の世界的ファッションデザイナー

島田順子(ファッションデザイナー)のプロフィール

・愛称:???
・本名:島田順子
・生年月日:1941年7月7日
・年齢:78歳(2019年9月現在)
・出身地:千葉県館山市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:ファッションデザイナー
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:娘、孫

島田順子の経歴

千葉県館山市で生まれた島田順子さんは、小さい頃から勉強よりもファッションなどに興味を持つ子供でした。戦後の日本に多くいた進駐軍の装いがとても洗練された美しいものと感じていたそうです。

そんな美しいものへの憧れと母親に勧められたこともあって、島田順子さんは高校卒業後に「杉野学園ドレスメーカー女学院」へと進学をします。

元々オシャレをすることに興味のあった島田順子さんは、ヌーベルバーグの映画に傾倒したことも相まってフランスへと渡ることを決心し、1966年に単身でフランスへと渡りました。

「プランタン百貨店」の研究室に入りファッションの勉強をした後、デザイナー集団である「マフィア」でさらにセンスを磨いたそうです。その後はキャシャレルに入り、後に自身のブランドとなる「JUNKO SHIMADA DESGIN STUDIO」を立ち上げました。

1981年からは「パリコレ」にも出展し、名実ともにビッグブランドとしてその名を世間にとどろかせます。私生活でもシングルマザーとして娘を育て上げ、47歳の時には後におしどり夫婦とまで呼ばれる「山地三六郎」さんと結婚をしました。

78歳になった現在でも決して歩みを止めずにセンスを磨き続け、精力的に仕事をこなす名デザイナーの一人と言えるでしょう。

島田順子のファッションデザイナーとしての魅力

日本では1980年代から空前のDCブランドブームが沸き起こり、島田順子さんが立ち上げたJUNKO SHIMADAもDCブランドとして絶大な知名度を誇っていました。皆さんも一度くらいはJUNKO SHIMADAのものを身に着けたことがあるのではないでしょうか?

そんなDCブランドブームで世間を席巻した島田順子さんのファッションデザイナーとしての魅力について知りたいという人も多いはずです。ここでは島田順子さんのファッションデザイナーとしての魅力についてみていきます。

島田順子と言えばファッションブランド「JUNKO SHIMADA」

若い頃からフランスに渡り、ファッションの勉強をして自らの名前を冠したブランドを立ち上げた島田順子さん。今や「JUNKO SHIMADA」というブランドは世界中で愛され続けていると言っても過言ではありません。

そのデザインは洋服だけにとどまらず、ハンカチやバッグ、財布やメガネフレームにまで及ぶなど活躍は多岐にわたっています。

島田順子デザインの財布が現在人気

ファッションデザイナーとして洋服だけではなく様々なものをデザインしている島田順子さんですが、その中に財布も入っているのをご存知でしょうか?しかも島田順子さんがデザインした財布が近頃大人気になっているそうです。

ところで皆さんが財布を買う時に重視するところはどんなところでしょうか?「財布は使いやすい方がいい」、もしくは「デザインがカッコいい方がいい」など財布に何を求めるかは人それぞれ違います。

そんな中で島田順子さんがデザインをした財布がデザインもさることながら使い勝手も良いと評判になっています。シンプルなものもあれば手の込んだデザインのものもあり、使い勝手の良さも考慮されているためでしょう。

財布を買ったことがある人であれば、島田順子さんがデザインした財布を一度くらいは手に取って買おうか買わないか迷ったことがあるのではないでしょうか?

ライフスタイル本「Shimada Junko Style」も話題に

洋服だけではなく財布なども人気となっている島田順子さん。デザイナーとしての魅力についてもっと詳しく知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか?近頃では島田順子さんについて書かれたライフスタイル本が話題になっているそうです。

その本の名前は「Shimada Junko Style」といい、これまでの島田順子さんのカッコいい生き方が書かれているので気になるという人は一度見てみるのもいいかもしれません。

2019年の誕生日で年齢78歳の島田順子

洋服や財布などのデザイナーとしてはもちろんのこと、その生き方にまでスポットが当たっている島田順子さんですが、年齢について気になったという人もいるのではないでしょうか?

時折テレビ番組に出演をしてはいるものの、若々しく見えるその姿は年齢不詳と言っても過言ではありません。実は島田順子さんの年齢は78歳だそうです。いつまでも若々しく見える島田順子さんの年齢に驚かれた人も多いことでしょう。

島田順子のデザイナー経歴

78歳という年齢になる現在まで、数々の洗練されたデザインを世に送り出してきた島田順子さん。素晴らしいデザインはもちろんのことですが、これまでの島田順子さんの経歴についても気になるという人は多いのではないでしょうか?

どのような経歴をもってすればあのような素晴らしいデザインができるようになるのか気になるというものです。ここでは、島田順子さんがこれまで歩んできた経歴についてみていきます。

デザイナー経歴①デザイナー集団「マフィア」に入団

現在の輝かしいデザイナーとしての経歴を語る上で欠かせないのが、フランスでの経歴ではないでしょうか?フランスに渡った時の島田順子さんの年齢はわずか25歳でした。その後、プランタン百貨店の研究室を経てデザイナー集団である「マフィア」に所属をします。

社長の「マイメ・アルダノン」さんやインテリアデザイナーの「アンドレ・プットマン」さんが所属していたことでも有名で、おそらくはここに所属していたことが島田順子さんのセンスに影響を与えたのではないでしょうか?

デザイナー経歴②「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」をパリに設立

デザイナー集団であるマフィアに所属をしていたという経歴を持つ島田順子さん。ここでデザイナーとしての腕を磨いた島田順子さんは、1981年に「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」を設立します。

パリや東京のコレクションに出展し高い評価を受け、その後は1982年に代官山、1985年にはパリにブティックをオープンさせました。

その後は東京に「JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL」設立

40歳という年齢でJUNKO SHIMADA DESIGN STUDIOを立ち上げた島田順子さんですが、1988年には東京に「JUNKO SHIMADA INTERNATIONAL」を設立しました。

この頃にはすでに世界的に有名なデザイナーとなっていて、大手航空会社や大手銀行の制服をデザインするなど大々的に活躍をされます。

デザイナー経歴③オリンピック関係の公式スーツ監修

1980年代からデザイナーとして輝かしい経歴を持っている島田順子さん。2000年代に入ってからもその活躍は衰えることを知らず、2013年には72歳という年齢にして東京オリンピックにも携わることになります。

ブエノスアイレスで開かれたIOC総会において、安倍晋三首相やプレゼンターを務めた滝川クリステルさんが着用した公式スーツを監修しました。この時のスーツは従来ものと違い、華やかな雰囲気だと各方面から評判が良かったことは言うまでもありません。

島田順子の結婚や家族について

デザイナーとしてJUNKO SHIMADAというブランドを立ち上げ、数々の素晴らしいデザインを世に送り出してきた島田順子さんですが、私生活については謎に包まれていると感じた人も多いのではないでしょうか?

輝かしい経歴を持つ島田順子さんの私生活については誰もが気になるというものです。ここでは、島田順子さんが結婚をしているのかどうかと家族についてみていきます。

1988年に山地三六郎と結婚

結婚をしたという話や家族がいるなどという話がほとんど表に出てこない島田順子さん。実は島田順子さんは結婚をされています。お相手は「山地三六郎」さんと言い「太平洋海運」という会社の社長も務めた男性でした。

結婚した山地三六郎との馴れ初めは誕生日パーティー

1988年に山地三六郎さんと結婚をした島田順子さんですが、その馴れ初めについて気になってしまうという人も多いはずです。デザイナーである島田順子さんと海運会社に勤める山地三六郎さんとの出会いは、山地三六郎さんの誕生日パーティーでした。

山地三六郎さんの誕生日パーティーに行こうと友人に誘われたことがきっかけだったそうです。そこで出会い愛を育んだ結果、2人は晴れて結婚することになりました。

結婚した山地三六郎は2010年に他界

山地三六郎さんの誕生日パーティーをきっかけに結婚をした島田順子さん。その後はフランスと東京との別居婚状態になってしまい会えるのは1年のうちにわずかだったそうですが、それでもお互いがお互いのことを思いやり仲は良かったそうです。

離れ離れに暮らしていても仲睦まじかった2人でしたが、突然の別れが来てしまいます。2010年に山地三六郎さんが亡くなられてしまいました。島田順子さんはその後も山地三六郎さんのことを思い続けているそうです。

島田順子は結婚前に娘を出産

1988年に山地三六郎さんと結婚をされて幸せな家族を築いてきた島田順子さんですが、実は山地三六郎さんと結婚する前に娘を出産していたことをご存知でしょうか?

47歳で山地三六郎さんと結婚をされているので子供はいないと思われているかもしれませんが、島田順子さんには娘が一人いるそうです。

娘(島田今日子)の父はアラン・ブノスト

山地三六郎さんと結婚をする前に娘を出産していた島田順子さん。実はフランスにいた頃に「ファサード-マガジン」の創始者でもある「アラン・ブノスト」さんという男性と同棲をしていました。

やがて島田順子さんとアラン・ブノストさんとの間に娘が生まれ、「今日を精いっぱい生きる」という意味を込めて「今日子」と名付けたそうです。

アラン・ブノストとは結婚せずに未婚の母に

同棲をして娘が生まれたこともあり幸せな家族を築けると思っていた矢先、島田順子さんに悲劇が訪れてしまいます。アラン・ブノストさんが島田順子さんの元から去ってしまったのです。

突然に家族の元を去ってしまったアラン・ブノストさんはその後二度と戻ってこなかったそうで、それからは島田順子さんがシングルマザーとして一人で娘の今日子さんを育て上げました。

実家の家族は6人姉妹で末っ子

アラン・ブノストさんとの突然の別れにより、母と娘という2人きりの家族で娘を育て上げた島田順子さん。現在は娘も独り立ちしデザイナーとして輝かしい実績を残していますが、島田順子さんが育ってきた実家の家族のことも気になるのではないでしょうか?

そんな島田順子さんの実家の家族は、父と母、そして島田順子さんを含めた6人姉妹だったそうです。6人姉妹の末っ子で姉たちは成績優秀だったそうですが、島田順子さんは勉強が嫌いで遅刻も多く当時からファッションなどに入れ込んでいたそうです。

島田順子の髪型や化粧も調査

両親と6人姉妹の末っ子という家族で育ってきた島田順子さんですが、デザイナーということもありその髪型や化粧にも注目が集まっていることをご存知でしょうか?皆さんも一度くらいはテレビや雑誌で島田順子さんの髪型や化粧を目にしたことがあるはずです。

ここでは、世界的なデザイナーとして世間から注目を集める島田順子さんの髪型や化粧について見ていきます。

夜会巻きの髪型にも注目

テレビや雑誌などでも取り上げられることが多いデザイナーの島田順子さん。テレビや雑誌などで見るあの独特の髪型を覚えている人も多いのではないでしょうか?今や島田順子さんのトレードマークともいえる髪型はネットでも評判になっています。

そんな島田順子さんの髪型は「夜会巻き」といい、髪を下に向かって巻くようにして持ち上げた後にピンなどで止める髪型だそうです。

島田順子の髪型はセルフカット

夜会巻きという髪型がピッタリと似合い、もはやトレードマークになっている島田順子さんですが、実はあの髪型はセルフカットだということをご存知でしょうか?

自分の髪を前の方に持ってきて、裁ちバサミでバッサリと切ってそれでお終いだと言っていました。しかも切るのは満月の日だそうで、満月の日に髪を切ると幸せが来るためだそうです。

島田順子は化粧も殆どしない?

世界的なデザイナーとして活躍を続けている島田順子さん。得てしてデザイナーという職業で活躍している人たちを思い浮かべたならば、化粧はバッチリ決まっている印象が強いものです。島田順子さんも化粧はバッチリ決まっていると思っている人も多いことでしょう。

しかし、島田順子さんは化粧はほとんどしないそうです。画像などを見てもおわかりいただけると思いますが、どの画像もほとんど化粧をしていないように見えます。

化粧で隠さずシワも美しく魅せる装い

テレビや雑誌などで見てもほとんど化粧をしていないようにみえる島田順子さんですが、化粧をしていなくてもとても美しいと感じる人もいるのではないでしょうか?

年齢によるシワなども化粧によって隠すのではなく、それをあえて美しく見せるところはさすがはセンスの光る世界的デザイナーであると感じる人も多いことでしょう。

年齢を重ねる事が素敵に思える島田順子スタイル

誰もが年齢を重ねていくと体形は崩れ老いていくものですが、島田順子さんは決してそのような老いを感じません。むしろ年齢を重ねることによってさらにセンスが磨かれ、より洗練されていっているとさえ感じている人も多いはずです。

髪型や化粧についてももちろんですが、年齢を重ねてもオシャレでむしろ素敵に思えるところが島田順子さんのスタイルなのでしょう。

島田順子は素敵な年齢の重ね方が魅力の世界的ファッションデザイナー

1980年代のDCブランドブームの頃からデザイナーとしてJUNKO SHIMADAを手掛けてきた島田順子さん。その洗練されたデザインは誰もが憧れたものでした。

そんな島田順子さんも年齢を重ねたことでセンスにも衰えが出るかと思いきや、いまだに素晴らしいデザインを世に送り出しています。これからもますます輝き続けることは間違いないでしょう。今後の島田順子さんの活躍から目が離せません!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ