新庄剛志の成績は?各球団ごとに調査!メジャーは?年俸の推移も調べてみた!

阪神タイガースや日本ハムファイターズでプロ野球選手として輝かしい成績を残した新庄剛志さん。突然のメジャーリーグ移籍は当時も大きな話題となりました。それでは、噂となっている新庄剛志さんの年俸の推移や各球団ごとの成績について徹底的に調査していきます!

新庄剛志の成績は?各球団ごとに調査!メジャーは?年俸の推移も調べてみた!のイメージ

目次

  1. 1新庄剛志のプロフィール
  2. 2新庄剛志の成績は?
  3. 3新庄剛志の成績を各球団ごとに調査
  4. 4新庄剛志のメジャーリーグでの成績
  5. 5新庄剛志の年俸推移は?
  6. 6新庄剛志の日本とメジャーでの成績は意外性あり!

新庄剛志のプロフィール

・愛称:プリンス、ツーさん
・本名:新庄剛志
・生年月日:1972年1月28日
・年齢:48歳(2020年2月現在)
・出身地:長崎県下県郡美津島町(現・対馬市)
・血液型:A型
・身長:181cm
・体重:76kg
・活動内容:野球選手、タレント、実業家、クリエイター
・所属グループ:???
・事務所:ZE MANAGEMENT
・家族構成:元妻(大河内志保)

新庄剛志の経歴

長崎県下県郡美津島町(現在の対馬市)に生まれた新庄剛志さんは、小さい頃から野球に取り組んでいたわけではなく小学生の頃はサッカーやソフトボールなどをしていました。その頃から運動能力は抜きんでていたようで、特に「走力」と「肩力」は目を見張るものがあったそうです。

そんな新庄剛志さんに転機が訪れたのはソフトボールの大会で負けた時でした。監督の勧めで悔しさを「野球」で晴らそうということになり猛練習に猛練習を重ね、福岡県大会で3位に入るほどまでになったそうです。その後、中学でも野球に打ち込んだ新庄剛志さんは、福岡県の「西日本短期大学付属高校」へと進学をしました。

野球の強豪校として知られる西日本短期大学付属高校へ進学した新庄剛志さんは、ここでも野球センスの高さを披露し周囲を驚かせます。しかし、高校野球のレベルが高い福岡県の大会を勝ち抜くことはできずに、甲子園の土を踏むことはできませんでした。

甲子園には出場できなかったものの能力の高さはプロ野球の世界でもとどろいており、1989年のドラフト会議で「阪神タイガース」から5位指名を受けてプロ野球選手としての人生をスタートさせます。その後は着実に実力をつけていき、レギュラーの座をつかみ取ることに成功しました。

実力もさることながら派手なパフォーマンスでも注目を集めるようになった新庄剛志さんは、2000年のオフにいきなりメジャーリーグへの移籍を表明します。メジャーリーグでも日本にいた時のように活躍されていましたが、ケガの影響もあり思ったような活躍ができなくなってしまいました。

その後は日本ハムファイターズに入団し主軸として活躍をしますが、2006年に惜しまれながら引退をされます。引退後も派手なパフォーマンスなどで世間を度々賑わせてきましたが、2019年にプロ野球選手として復帰をするという宣言をしたことで再び注目が集まっているそうです。

新庄剛志の成績は?

派手なパフォーマンスにばかり注目が集まってしまいがちな新庄剛志さんの野球選手としての成績について気になったという人もいるのではないでしょうか?

もしかすると、野球選手としては大したことなかったのではないかと思っている人もいるかもしれません。ここでは、プロ野球選手として大活躍をしていた新庄剛志さんの成績についてみていきます。

新庄剛志の野球現役時代の成績をおさらい

現役時代の新庄剛志さんを知らない人にとっては、派手なパフォーマンスにばかり目が行ってしまい大した成績を残していないと思ってしまいがちです。しかし、新庄剛志さんはプロ野球選手として日本とメジャーリーグで17年間も活躍をしていました。

多くの選手が活躍できずに数年でプロ野球の世界を去ってしまっているという現実を考えれば、17年間もプロ野球選手として活躍された新庄剛志さんは立派な成績を残しているとも言えます。それでは、新庄剛志さんの野球現役時代の成績についておさらいしていきましょう。

宇宙人野球選手の異名を持つ新庄剛志

17年間もプロ野球の世界で活躍をされてきた新庄剛志さんには、「宇宙人野球選手」という異名がついているそうです。テレビなどで新庄剛志さんの言動を見てきた人であれば、納得できるという人もいるでしょう。

この宇宙人野球選手という異名は「野村克也」監督に付けられたそうで、才能が高いというニュアンスが込められていました。しかし、新庄剛志さんはこの宇宙人野球選手という異名をあまり気に入ってはいなかったそうです。

父親がきっかけでプロ野球界入り

1990年代から2000年代にかけてプロ野球の世界で大活躍をしていた新庄剛志さんが、野球というスポーツに取り組むようになったのは父親の影響が大きかったと言われています。父親は新庄剛志さんにプロ野球選手になって欲しくて、小さい頃から熱心に指導をしていたそうです。

元々走力と肩力には定評のあった新庄剛志さんに対して、キャッチボールや家業の手伝いなどで力をつけさせたと言われています。さらに阪神タイガースへの入団を決めあぐねていた新庄剛志さんに対し、後押しをしたのも父親だったと言われているそうです。

現在は現役完全復帰に向けて準備?

プロ野球選手として華々しく活躍し2006年に惜しまれながら引退をした新庄剛志さんは、その後も派手なパフォーマンスで度々世間を賑わせてきましたが、引退されてから13年が経った2019年の11月に突如世間を驚かせる発表をします。

自身のインスタグラムにおいてプロ野球選手として復活すると宣言したのです。この新庄剛志さんの発言に度肝を抜かれたという人も多いことでしょう。現在はトレーニングに励んでいるようで、本気で復帰を考えているとも言われています。

新庄剛志の成績を各球団ごとに調査

2019年に復活宣言をして世間を騒然とさせた新庄剛志さんは、現役時代に阪神タイガースや日本ハムファイターズをはじめ多くの球団に所属をしてきました。

それら多くの球団で輝かしい成績を残しており、新庄剛志さんの雄姿が目に焼き付いているという人も多いのではないでしょうか?ここでは、新庄剛志さんの各球団ごとの成績について調査していきます。

新庄剛志の成績【阪神タイガース】

新庄剛志さんの野球選手としての成績を語る上で外せないのは、プロ野球選手としての第一歩を踏み出した阪神タイガース時代でしょう。阪神タイガース時代は強肩を生かした華麗な守備と4番を任されたこともある長打力が魅力と言われていました。

さらには俊足を生かして1番打者も務めるなど、多くの打順をこなせる選手として重宝されていたそうです。これらの野球選手としての素晴らしい実績と甘いマスクにより、当時は女性ファンから絶大な人気を誇っていました。

阪神タイガース(1990-2000年)の成績

1989年にドラフト5位で阪神タイガースに入団した新庄剛志さんは、1992年頃から一軍で活躍するようになります。打率は決して高くないものの、勝負強いバッティングを見せることで首脳陣の評価は上がっていったそうです。

1990年から2000年まで在籍し故障により出場試合が減ってしまう年もありましたが、毎年100試合以上に出場し阪神タイガースの主軸として長らく活躍をされていました。新庄剛志さんの勝負強い打撃を覚えているという人も多いはずです。

新庄剛志の成績【日本ハムファイターズ】

冒頭でも触れましたがメジャーリーグへと移籍をした新庄剛志さんは、2004年に再び日本のプロ野球へと戻って来ます。戻ってきたチームは古巣の阪神タイガースではなく、パ・リーグに所属する日本ハムファイターズでした。

当時の日本ハムファイターズは本拠地を東京ドームから北海道の札幌ドームに移すことが決定しており、メジャーリーグから復帰する新庄剛志さんが加入することで札幌ドームも盛り上がるのではないかと言われていたそうです。

日本ハムファイターズ(2004-2006年)の成績

復帰初年度から日本ハムファイターズの主軸として大活躍を見せ、打率.298、本塁打24本、打点79をマークします。2005年と2006年もチームの主軸として大活躍を見せますが、ケガの影響もあり年々成績は下降線をたどっていくようになりました。

それでもチームの勝利のために懸命にプレイをする新庄剛志さんの姿は感動を呼び、札幌ドームへ新庄剛志さんを見るために多くの観客が足を運んでいたとも言われています。しかしながらケガの影響もあってか、2006年のシーズンを以って現役を引退されることになってしまいました。

新庄剛志は成績より実績がすごい?

メジャーリーグから日本ハムファイターズへ入団し、そこでも大活躍を見せた新庄剛志さんは成績よりも実績がすごいと言われているそうです。成績よりも実績がすごいと言われてもピンとこないという人がほとんどでしょう。

実は新庄剛志さんは「クラッチヒッター」と呼ばれていたそうです。現役時代の成績を見ても打率3割、本塁打30本、打点100をクリアしたことは一度もありません。ここぞという時に打つという記憶に残るプレイを見せたことから、実績がすごいと言われるようになったそうです。

新庄剛志の成績に対する世間の声とは

現役時代の新庄剛志さんのプレイを見てきた人にとっては、真面目にやっているように見えなかったと感じた人も多いことでしょう。派手なパフォーマンスばかりに目が行ってしまい、そのように見えていたのかもしれません。

実際に新庄剛志さんに対する世間の声は、大した成績を残していないという声が大多数を占めているようです。しかしながら間近で見てきた人たちは、新庄剛志さんは常にファンのことを考えチームの勝利を優先する素晴らしい人だったと話されていました。

新庄剛志のメジャーリーグでの成績

ここまでは阪神タイガースや日本ハムファイターズでの新庄剛志さんの成績についてみてきましが、やはり気になってしまうのはメジャーリーグでの成績ではないでしょうか?当時は日本人野手がメジャーリーグで活躍をしていない時代で、新庄剛志さんの移籍も大きな話題となりました。

投手はメジャーリーグでも実績を残せていましたが、野手は体格の違いから活躍できないのではないかという見方が大勢を占めていたそうです。ここでは、世間を驚かせた新庄剛志さんのメジャーリーグでの成績についてみていきます。

メジャーリーグでの成績①ニューヨーク・メッツ(2001年)

メジャーリーグへの移籍が決まったものの活躍できないのではないかと言われていた新庄剛志さんは、「ニューヨーク・メッツ」へ入団を果たし、開幕試合でいきなりヒットを放つなど大活躍を見せたそうです。これにより徐々に出場機会が増え、打率.268、本塁打10本、打点56という見事な成績を収めました。

メジャーリーグでの成績②サンフランシスコ・ジャイアンツ(2002年)

ニューヨーク・メッツに入団し移籍初年度から大活躍を見せた新庄剛志さんは、翌年に「サンフランシスコ・ジャイアンツ」へとトレードされます。移籍先のサンフランシスコ・ジャイアンツでも活躍が期待されていたようですが、ケガをしたことにより出場機会が激減してしまいました。

それでもチームは「ワールドシリーズ」に出場し、新庄剛志さんは日本人で初となるワールドシリーズへの出場を果たします。ワールドシリーズでも新庄剛志さんはヒットも放つものの、前年よりも精彩を欠いてしまったこともありチームの戦力構想から外れてしまいました。

メジャーリーグでの成績③ニューヨーク・メッツ(2003年)

ワールドシリーズに初めて出場した日本人選手として注目を集めたものの戦力構想から外れてしまった新庄剛志さんは、翌年に再びニューヨーク・メッツのユニフォームに袖を通します。しかし、古巣に戻っても初年度のような活躍はできずに終わってしまい、再び戦力構想から外れてしまいました。

新庄剛志の年俸推移は?

阪神タイガースや日本ハムファイターズだけではなくメジャーリーガーとしても活躍していた新庄剛志さんの年俸について、どのくらいもらっていたのかファンでなくとも気になってしまうのではないでしょうか?もしかするととんでもない高年俸だったということもあり得るかもしれません。

メディアなどでよく耳にする1億円プレイヤーの仲間入りを果たしていたということも十分にあり得る話でしょう。ここでは、成績もさることながら派手なパフォーマンスで営業面でもチームに貢献していたと言われる新庄剛志さんの年俸についてみていきます。

阪神タイガースと日本ハムファイターズ時代の年俸推移

阪神タイガースや日本ハムファイターズの主軸として大活躍をしてきた新庄剛志さんですから、誰もが高年俸だったのではないかと考えてしまうものでしょう。しかし実際には阪神タイガース時代には、年俸は1億円には届いていなかったと言われていました。

入団当初の年俸は360万円ほどだそうで、メジャーリーグに行く前年でも7800万円の年俸だったと言われています。日本ハムに入団した年も1億円には届いておらず、3年目にようやく2億2000万円の年俸になったそうです。

メジャーリーグ時代の年俸推移

ここまで新庄剛志さんの日本での年俸についてみてきましたが、やはり気になってしまうのはメジャーリーグでの年俸についてでしょう。メジャーリーグでは数十億円で契約をする選手も珍しくなく、新庄剛志さんも億単位の年俸だったのではないかと勘繰ってしまうものです。

実は、メジャーリーグに移籍する時も阪神タイガースは5年総額12億円という破格の年俸を提示していました。しかし、新庄剛志さんは自分の実力がアメリカでどれだけ通用するのかを知りたかったのでしょう。わずか2200万円という年俸でアメリカへと渡っていきました。

新庄剛志の年俸に対する世間の声

メジャーリーグにも在籍した実績を持ち、長らく阪神タイガースの主軸として活躍された新庄剛志さんの年俸を聞いて驚かれたという人も多いことでしょう。阪神タイガース時代の年俸が1億円に届いていなかったことに対して、意外だったという声が多くあがっていたそうです。

新庄剛志の「野球はバイト」発言も話題に

度々驚くような発言をしていた新庄剛志さんは、「野球はバイト」という発言をして世間の話題になったことがありました。野球選手にとって野球がバイトということについて理解ができないという人も多いはずです。

実はこの野球はバイトという発言には大きな意味がありました。甘いマスクと派手なパフォーマンスで注目を集めていた新庄剛志さんには、テレビ出演やCMの仕事が来ていたそうです。それらの仕事は数千万円のギャラが発生していたと言われ、おそらくはその額に比べれば年俸は大したことがないという意味合いが込められていたと言われています。

年俸から結婚も気になる新庄剛志

ここまでは年俸について見てきましたが、ファンにとって気になってしまうのは新庄剛志さんが結婚をしているのかという点についてでしょう。甘いマスクで絶大な人気を誇っていた新庄剛志さんのハートを射止めたのが誰なのか気になってしまうものです。

元嫁(大河原志保)との結婚と離婚

現役時代から絶大な人気を誇っていた新庄剛志さんのハートを射止めたのは、モデルとして活躍をしていた「大河内志保」さんでした。2000年12月27日に結婚し、メジャーリーグへ移籍した時も一緒にアメリカへ移住するなど献身的に新庄剛志さんを支えていたそうです。

誰の目から見ても結婚生活は順風満帆なように見えていましたが、新庄剛志さんが引退された翌年の2007年12月28日に離婚を発表をされました。離婚の理由は新庄剛志さんのバリ島移住が関係しているようです。

現在は彼女とバリ生活との噂も

現役引退後はバリ島に移住して自由奔放に暮らしていると言われていた新庄剛志さんには、現在彼女がいると言われています。2018年の3月に放送された「今夜くらべてみました」では、彼女を連れて番組収録に来るなど仲睦まじい様子を見せていました。

これまでの年俸から現在の貯金額にも注目が

野球はバイトとまで言うなどテレビ出演やCM撮影などの収入が多かったと言われていた新庄剛志さんの貯金額にも注目が集まっているそうです。貯金額は22億円とも言われていたようですが、知人に流用されるなどしてしまったために、現在はそれほど多くはないと言われています。

Thumb新庄剛志が整形を告白!現在の顔がすごい!目や顎と歯を整形!タトゥーは?
新庄剛志さんは昔と現在で顔が変化したと言われ整形疑惑が浮上していましたが、バラエティー番組で...

新庄剛志の日本とメジャーでの成績は意外性あり!

1989年に阪神タイガースから5位指名を受けて入団をした新庄剛志さんは、突出した成績は残せていないものの勝負強いバッティングと華麗な守備や走塁で、日本国内だけではなくメジャーリーグでも見ているものを魅了し続けてきました。

新庄剛志さんの勝負強いバッティングと華麗な守備や走塁は記録よりも記憶に残るとまで言われ、派手なパフォーマンスと共に人々の記憶に焼き付いています。現在はプロ野球選手としての復活宣言がなされ、動向にも大きな注目が集まっているそうです。今後の新庄剛志さんの活躍から目が離せません!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

新着一覧

最近公開されたまとめ