白岩優奈(フィギュア)の成績や高校は?クラウドファンディングの真相は?

2018年にクラウドファンディングで活動資金を募り話題となったフィギュアスケート選手の白岩優奈さん。今回はそんな白岩優奈さんのこれまでの成績やオリンピックへの夢、出身中学や通っている高校、家族について、さらにクラウドファンディングの真相なども含めてまとめます。

白岩優奈(フィギュア)の成績や高校は?クラウドファンディングの真相は?のイメージ

目次

  1. 1白岩優奈のプロフィール
  2. 2白岩優奈の成績
  3. 3白岩優奈の中学や高校は?
  4. 4白岩優奈のクラウドファンディングの真相
  5. 5白岩優奈の家族について
  6. 6白岩優奈は高校とスケートを両立させ今後の成績にも期待

白岩優奈のプロフィール

  • 愛称:不明
  • 本名:白岩優奈
  • 生年月日:2001年11月26日
  • 現在年齢:17歳
  • 出身地:京都府京都市
  • 血液型:A型
  • 身長:151cm
  • 体重:45kg
  • 活動内容:女子フィギュアスケート選手
  • 所属グループ:特になし
  • 所属クラブ:関西大学KFSC
  • 家族構成:父、母、兄3人
  • 出演作品:特になし

白岩優奈の経歴

白岩優奈さんは4歳の頃にフィギュアースケートの世界に入りました。中学生の頃から次第にその才能を開花させ国内外の大きな大会にて好成績をおさめるようになりました。若手期待のフィギュアスケート選手として将来を嘱望されています。

現在は高校に通いながら国際大会などで活躍、2022年の北京オリンピック出場を目指して照準を合わせ、さらに進化したハイレベルな演技を見せてくれています。

トリノオリンピックの荒川静香の影響でスケート界へ

白岩優奈さんがフィギュアスケートの世界に入ったきっかけはまだ4歳の頃、2006年のトリノオリンピックでの金メダルを獲得した荒川静香さんのフリーの演技に感激した事でした。荒川静香さんの演技に感動した白岩優奈さんはその年の秋にはフィギュアスケートを習い始めていたそうです。

コーチや振付師にも注目

かわいいルックスで人気上昇中の白岩優奈さんですが、実はそのコーチや振付師がイケメンだという点でも注目が集まっています。

白岩優奈さんのイケメンコーチとして注目を集めているのは元男子フィギュアスケートの選手で全日本選手権優勝などの実績を持つ田村岳斗さんという方で、白岩優奈さんの他にも紀平梨花さんや宮原知子さんのコーチなども務めるフィギュアスケート界では有名な方です。

白岩優奈さんの振付師の方はトム・ディクソンさんというアメリカ人の元フィギュアスケート選手で、白岩優奈さんの他にも宮原知子さんや韓国のキムヨナさんの振り付けの担当をするなど、世界中の有名なフィギュアスケート選手の振り付け担当の経験を持つ、人気振付師です。

白岩優奈の衣装デザイナーについて

白岩優奈さんは、演技中に着る衣装もかわいいと話題です。衣装デザイナーは伊藤聡美さんという方で、羽生結弦さんや宮原知子さんなどのトップフィギュアスケーター達の衣装を手がける超人気衣装デザイナーです。

白岩優奈さんの衣装は、そのかわいいイメージと優しげな雰囲気をイメージしてデザインされたのだそうです。

白岩優奈はかわいいけど太った?

白岩優奈さんはかわいいけど、2017年のシーズン頃から太った?との声がいくつか出ているようです。この時期の白岩優奈さんは、実は2016年4月に左の脛骨を骨折、2ヶ月のリハビリを行っていました。さらに2017年には腰を負傷するなど思うようにトレーニングが出来ない中で演技を続けられていました。

こうした要因に加えて、年齢的にも10代半ばで体型の変化が出やすい時期でもあり、色々な要因が重なって太ったとの噂につながったのが真相だと考えられます。

かわいい白岩優奈の体型変化が話題に

白岩優奈さんが太ったとの噂が出ている真相について検証するため、2015年と2018年の白岩優奈さんの写真を見比べてみると、確かに2015年に比べて2018年の方が白岩優奈さんの脚が一回り太くなっているのではないかという印象を受けました。

ただ、この真相は太ったというよりは、どちらかというとアスリートとして体が大きくなったというのが真相だと言えるのではないでしょうか。フィギュアスケートという競技は、他のスポーツと比較しても特に体重の変化に影響を受けやすい競技なので、白岩優奈さん自身も特に気を使われている部分だと思われます。

白岩優奈の成績

ここからは白岩優奈さんのフィギュアスケート選手としての経歴、成績について詳しく振り返って行きたいと思います。白岩優奈さんは4歳のころにフィギュアを始められていますが、その才能が大きく開花し、大きな大会で上位の記録を出し始めたのは13歳から14歳の頃でした。

ノービス時代の成績

白岩優奈さんは12歳の頃、2014年10月に開催された第18回全日本ノービス選手権(ノービスAクラス)で「85.61」ポイントで第4位に入賞されています。ちなみにこの時に第2位は本田真凛さんでした。

2014年の第83回全日本ジュニア選手権では、ショートプログラムで24位となってしまいフリー演技へと進めなかったものの、その後に出場した白岩優奈さん初の国際大会2015年のババリアオープンのノービスクラスでは見事第2位を獲得し、その実力の片鱗を示しました。

ジュニア時代の成績

2015年になり、ジュニアクラスとなった白岩優奈さんは、日本スケート連盟によってフィギュアスケートの強化選手に選ばれました。白岩優奈さんの知名度を国内外で一気に上昇させたジュニア時代に入ってからの成績についてまとめていきます。

JGPコロラドスプリングスで優勝

2015年/2016年シーズンの「ISUジュニアグランプリシリーズ」出場選手に選ばれた白岩優奈さんは「JGPコロラドスプリングス」にてSPの5位からFSで首位に立って逆転、見事優勝して金メダルを獲得しています。

さらに白岩優奈さんは「JPSグローニョ」でも優勝。本シリーズの2連勝は、日本人では2008年/2009年シーズン以来の快挙となりました。これによって白岩優奈さんはジュニアグランプリファイナルへの進出を決め、そこでも第5位の成績をおさめています。

世界ジュニア選手権初出場では4位

白岩優奈さんは続く2015年11月の全日本ジュニア選手権においても第2位の好成績をおさめます。続く2016年リレハンメルユースオリンピックでは総合4位、2016年の世界ジュニア選手権にも初出場を果たし、総合4位の好成績をおさめています。

2017世界ジュニア選手権では総合5位

ここまで順調に成績を伸ばし、今後の活躍への期待が高まった白岩優奈さんでしたが、2016年の4月に左の脛骨を骨折し、2ヶ月間氷上練習ができないなどの大きな出遅れと共に白岩優奈さんの2016年/2017年シーズンは始まりました。

さらに、2016年の冬には腰を疲労骨折するなどして思うように練習ができず苦戦をしいられますが「JGPモルドヴィア杯」で4位、「JGPブラエオン・シュベルター杯」にて2位に入るなど善戦。全日本選手権では総合6位に食い込み、白岩優奈さんは2年連続での世界ジュニア選手権の代表権を獲得しています。

白岩優奈さんは、2017年3月の世界ジュニア選手権では総合5位を獲得しました。前年から総合順位を一つ落としたとはいえ、怪我に見舞われて出遅れての白岩優奈さんのこの成績は見事でした。

平昌オリンピック出場ならず

2018年の平昌オリンピックへの出場も期待されていた白岩優奈さんでしたが、残念ながら平昌オリンピックへの出場はなりませんでした。2006年トリノオリンピックでの荒川静香さんの演技に憧れてフィギュアの世界に入った白岩優奈さんなので、平昌へ出場できなかったのは非常に悔しかったと思われます。

白岩優奈さんからは2019年再びシニアからジュニアへの転向を決めるなど、2022年の北京オリンピック出場へ向けての並々ならぬ覚悟が感じられます。今後の白岩優奈さんがどのような成績を残されていくのかが楽しみです。

シニア時代の成績は?

白岩優奈さんは2017年/2018年シーズンからシニアクラスで大会に出場しています。シニアデビュー戦となった2017年アジアフィギュア杯では総合2位、続く2017年フィンランディア杯ではミスが出て総合7位に沈んでいます。グランプリシリーズのNHK杯でもミスが出て総合8位と苦戦します。

シニアクラスに上がって初めて挑んだ第86回全日本選手権でも、SP、FS共にミスが出て総合で9位と2017年は白岩優奈さんにとって悔しい年となりました。しかし白岩優奈さんは2018年に入ると、アジアフィギュア杯で2位、グランプリヘルシンキでも総合4位など次第に調子を上げてきています。

2017年からシニアに転向して大会に出場してきた白岩優奈さんでしたが、2022年の北京オリンピック出場のためには再度のジュニア転向が必要だと判断、2019年は再びジュニアクラスとして大会へ出場します。

このジュニアへの再転向は白岩優奈さん自身が「プライドを捨ててやる」と語ったように、強い覚悟を感じさせられる決断でした。北京オリンピックに向けて、今後の白岩優奈さんの活躍を応援していきたいと思います。

白岩優奈の中学や高校は?

フィギュアの実力だけでなく、かわいいとして人気を集めている白岩優奈さんだけにそのプライベートな経歴にも注目が集まっているようです。そこで、白岩優奈さんの中学や高校についても調べてまとめていきたいと思います。

出身中学は京都市立大枝中学校

かわいいと話題の白岩優奈さんの出身中学は京都府京都市西京区「京都市立大枝中学校」です。1989年創立の比較的新しい公立中学校で、京都市内とはいえ丘陵部にあるために猿なども出没するのだとか。

中学時代からフィギュアでの成績を上げ始めた白岩優奈さんなので、かわいいルックスもあって学校でも注目される存在だったのではないでしょうか。

高校は京都両洋高等学校

続いては、白岩優奈さんの高校についてです。白岩優奈さんは2019年3月現在高校2年生として京都府京都市中央区にある「京都両洋高等学校」に在学中です。1925年に設立された旧制中学を前身にもつ伝統ある高校で、男女共学の私立高校です。

男女共学の高校ということで、かわいい白岩優奈さんの彼氏などについても興味が集まりますが、現在白岩優奈さんに彼氏はいないというのが真相の様です。男女共学の高校でいくらかわいい白石優奈さんとはいえ、世界で戦う白岩優奈さんは高校で彼氏を作って遊んでいる暇はないというのがその真相です。

フィギュアスケートは関西大学KFSCにて練習

そんな白岩優奈さんですが、スケート部のない高校に通いながらフィギュアスケートを続けるため、関西大学創立130周年記念として設立されたフィギュアスケートクラブ「関西大学KFSC」に所属しています。

このクラブには白岩優奈さんの他にも、現役復帰した高橋大輔さんを始め、紀平梨花さんなども所属しており、所属クラブは違うものの宮原知子さんや本田望結さんなどの有力なフィギュア選手が多数拠点として活用しています。

白岩優奈のクラウドファンディングの真相

2018年11月、白岩優奈さんがクラウドファンディングにて活動資金を募ったことが話題となりました。ここからは白岩優奈さんのクラウドファンディングの真相についてもまとめていきます。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の人から広く資金を募る方法です。様々なアイディアやプロジェクトをインターネットで呼びかけ、それに賛同した人々から資金を集めます。

白岩優奈さんの場合は、「北京オリンピックでスケートの素晴らしさを届けたい」としてフィギュアスケートの活動資金を募りました。

クラウドファンディングで活動資金集め

プロのフィギュアスケート選手の活動には年間1000万円近い莫大な費用がかかります。白岩優奈さんは、個人でこの活動資金を捻出し続けるのが難しいとして、クラウドファンディングを通じてその活動資金を募りました。

オリンピックへの夢を語る白岩優奈さんには多くの賛同者が集まり、募集開始初日にして目標額の400万円に到達。最終的に2531人の応援者が集まり、合計で1500万円近い金額が集まりました。白岩優奈さんはこれに深い感謝の気持ちを示し、現在とても強い覚悟を持ってフィギュアに取り組まれています。

クラウドファンディング利用に対するファンの反応は?

白岩優奈さんがフィギュアスケートの活動資金を集めるためにクラウドファンディングという方法を使ったことにファンや世間の反応はとても好意的なもので多くの応援のコメントが集まりました。

白岩優奈さんがこのクラウドファンディングを成功させたことで、これまで才能がありながら資金的な問題でアスリートの夢を諦めていた人たちもクラウドファンディングを活用しやすくなったという意味でも、白岩優奈さん本人、支援した応援者共に、とても価値のある行動だったと言えるのではないでしょうか。

白岩優奈の家族について

クラウドファンディングで活動資金を募ったとして話題の白岩優奈さんですが、実は白岩優奈さんの家族はとてもお金持ちであるとの噂があります。その真相を含め、白岩優奈さんの家族についてもまとめていきます。

実家はお金持ちとの噂

白岩優奈さんの実家がお金持ちの噂が出て理由は、以前、白岩優奈さんの実家がテレビで紹介された際に家の中に高級な洋酒が並んだバーカウンターやピアノが設置されている様子が映ったことでした。

両親の職業は?

そんなお金持ちの噂から、白岩優奈さんのご両親はどんな職業に就かれている方なのかにも注目が集まりましたが、残念あがら両親ともにどういった方なのかは一切情報がありませんでした。

ただ、いくら活動資金が足りずにクラウドファンディングを利用したとはいえ、これまで白岩優奈さんの活動を支えてこられたご両親なので、真相は不明ながらかなりのお金持ちである事は間違いないと思われます。

4人兄弟の末っ子

白岩優奈さんは4人兄弟の末っ子で、上に3人のお兄さんがいます。実はこれまでの白岩優奈さんの活動資金をこのお兄さんたちもかなり支援されているそうです。またかなりのイケメンだという事でも話題を集めています。

白岩優奈は高校とスケートを両立させ今後の成績にも期待

今回はかわいいと話題のフィギュアスケート選手白岩優奈さんについてまとめました。4歳でフィギュアを始め、着々と実力をつけ将来を嘱望される白岩優奈さんでしたが、2018年活動資金の捻出が難しいとしてクラウドファンディングで支援を募り、見事に成功させています。

現在の白岩優奈さんは高校に通いながら、2022年の北京オリンピックを目指してファンや家族からの夢や期待を一身に集めて強い覚悟を持ってフィギュアスケートに望まれています。今後のさらなる活躍に期待して応援していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
yujitake226

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ