【千葉小3女児殺害事件】渋谷恭正の現在!嫁や子供など家族のその後や事件の真相は?

小学校保護者会長でありながら、同じ小学校に通う小3女児を殺害して世間を震撼させた渋谷恭正。現在は渋谷恭正の家族の情報も存在していると言いますが、渋谷恭正の家族は事件後どのような生活を送っているのでしょうか?千葉小3女児殺害事件の概要と共に見て行きましょう。

【千葉小3女児殺害事件】渋谷恭正の現在!嫁や子供など家族のその後や事件の真相は?のイメージ

目次

  1. 1渋谷恭正のプロフィール
  2. 2渋谷恭正の起こした千葉小3女児殺害事件とは
  3. 3渋谷恭正の現在
  4. 4渋谷恭正の嫁や子供など家族のその後は?
  5. 5渋谷恭正の事件の真相
  6. 6渋谷恭正の冤罪主張など判決までの経緯
  7. 7渋谷恭正の前科も調査
  8. 8渋谷恭正の現在は無期懲役判決で服役生活

渋谷恭正のプロフィール

まずは渋谷恭正のプロフィールをご紹介しておきましょう。渋谷恭正は1971年4月14日に千葉県松戸市で誕生しており、現在の年齢は48歳になっているものと考えられます。その他のプロフィールについては明らかになっていませんが、逮捕時の渋谷恭正を見る限り身長も高く大きな体格をしているものと推測されます。

渋谷恭正の経歴

渋谷恭正の経歴について見て行きましょう。まずは渋谷恭正の学歴についてですが、学歴は松戸市内にある市立六実第二小学校、市立六実中学校を経て県立高校の沼南高柳高校を卒業していた事が報告されています。

学生時代は柔道を習っていたと言う渋谷恭正は、中学校以降は素行の悪さが目立つようになり、力がとても強かったと言う証言も出ています。高校卒業後は飲食店のアルバイトなどを転々として生活しており、事件直前には自営で不動産屋を営んでいたと自称しています。

渋谷恭正の起こした千葉小3女児殺害事件とは

ここからは、渋谷恭正が起こした千葉小3女児殺害の事件概要についてご紹介していきます。千葉小3女児殺害は、2017年3月24日に発生しています。被害者となってしまったのは、千葉県浜松市在住のベトナム国籍の少女、リンちゃんです。

千葉小3女児殺害が発覚してから、リンちゃんの両親は悲痛な思いをメディアに訴えかけていた事から、この千葉小3女児殺害事件を覚えていると言う人も少なくはないでしょう。リンちゃんの葬儀の様子もメディアで報じられており、亡くなったリンちゃんを思いむせび泣く家族の様子もリアルに放送されていました。

まだまだこれからと言うリンちゃんの尊い命を奪った渋谷恭正には、世間から瞬く間に怒りの声が寄せられる事となったのです。まずは、千葉小3女児殺害事件の詳しい概要や、渋谷恭正が犯人として逮捕されるまでの詳しい経緯を見て行きましょう。

千葉小3女児殺害事件の概要

まずは千葉小3女児殺害事件の概要から見て行きましょう。千葉小3女児殺害事件が発生したのは、2017年3月24日の事です。同日、千葉県松戸市内に在住していた当時小3のリンちゃんが学校に行くために自宅を出たものの帰宅せず、その後行方が分からなくなった事で両親が警察に届け出て事件が発生しています。

その後警察が懸命な捜索を続けましたが、残念ながらリンちゃんの行方を掴む事が出来ず、連日ニュースでも情報を求めるように報道されています。近隣住民、そして警察と地域一体となってリンちゃんの捜索が続けられましたが、2017年3月26日朝、リンちゃんは同我孫子市北新田の排水路脇の草むらで絞殺された姿で発見されてしまったのです。

リンちゃんが発見された周辺では、リンちゃんの物と思われるランドセルや事件当日に着ていた衣服なども見つかっており、警察は殺人・死体遺棄事件として捜査を開始しています。

渋谷恭正は小学校保護者会長

そして2017年4月14日、現場の遺留品のDNAの型が渋谷恭正のものと一致したとして警察は渋谷恭正を逮捕しています。この時世間を騒がせたのは、渋谷恭正の肩書きです。実は渋谷恭正はリンちゃんの通っていた小学校の保護者会長を務めていたのです。

また、渋谷恭正は通学路などで児童の登校を見守る活動を行っていた事も知られています。渋谷恭正が逮捕された後の近隣住民へのインタビューでは、事件前後で複数の児童に「車で送って行こうか?」と言った不審な声がけを行っていた事も判明しています。

実は渋谷恭正はほぼ毎日見守りを行っていたものの、事件当日は姿を見せていなかったそうです。渋谷恭正は逮捕される前は保護者会長であったにも関わらず、リンちゃんの捜索には協力せず保護者からの連絡も受けていなかったそうです。

ベトナム人小3女児のリンちゃん殺害

被害者となってしまったリンちゃんについてご紹介しておきましょう。リンちゃんは千葉県松戸市内に在住のベトナム国籍の少女です。リンちゃんは愛称であり、本名はレェ・ティ・ニャット・リンと言う可愛らしい名前がつけられています。リンちゃんは当時小3で、同級生には渋谷恭正の子供もいた事が分かっています。

リンちゃんはとても明るい性格だったそうで、事件発覚当時、メディアではリンちゃんが学校行事で楽しそうに合唱している姿も放送されていました。リンちゃんは両親からとても愛されて育っており、遠く離れて暮らしているベトナム在住の祖母もこよなくリンちゃんを愛していたそうです。

リンちゃんの葬儀は、母国であるベトナムで行われています。葬儀の様子もメディアで報じられていますが、怒りを露にした父親と泣き崩れるようにリンちゃんの棺に寄り添う祖母や親族の姿も報じられていました。リンちゃんは、多くの人に愛されていながらも渋谷恭正にその尊い命を奪われてしまったのです。

渋谷恭正がなぜリンちゃんを殺害したかは後ほどご紹介していきますが、まずはなぜ渋谷恭正が千葉小3女児殺害事件の犯人として逮捕されたかについてご紹介していきましょう。警察は遺留品から見つかったDNAが渋谷恭正と一致した事や、事件当日いつもは歩いて送っている子供を車で送っていた事から疑いをかけています。

また、周辺現場の防犯カメラにはリンちゃんの通学路を渋谷恭正の車が走行していた事から渋谷恭正の所有している軽自動車やキャンピングカーを押収して調査しています。その結果、渋谷恭正の所有している車からリンちゃんの毛髪が発見され渋谷恭正逮捕に至ったそうです。

幼児性愛者の渋谷恭正の恐ろしい裏の顔

渋谷恭正がなぜリンちゃんを殺害したのか、その理由は渋谷恭正の恐ろしい裏の顔に秘められていました。渋谷恭正は幼児性愛者だったそうで、周囲にも「若い子が好き」と自ら明かしていたようです。男性であれば誰でも若い子が好きであってもおかしくはありませんが、渋谷恭正は少し違ったようです。

渋谷恭正は「若ければ若いほどいい、中学生とか小学生くらい」と、その異様な性癖を周囲に恥ずることなく発言していたそうです。また、「高校生には興味がない」と明かしていた事から幼児性愛者であった事が発覚しています。

幼児性愛者がいけないと言う訳ではありませんが、渋谷恭正は千葉小3女児殺害事件を起こしてしまい、リンちゃんの尊い命を奪っている事から、その性格は歪んでいた事は確かです。また、普段は温厚で人当たりが良い性格だったそうですが、何かがきっかけで1度切れてしまうと手のつけようのない恐ろしい性格だった事も知られているようです。

また、渋谷恭正は小学生が出演するイメージビデオを収集していたそうです。この事から推測するに、渋谷恭正は異常とも思えるほど小学生に対しての性的感情があったのではないかと感じさせられます。

普段はオタクで子供服に興味あり

渋谷恭正にはさらに裏の顔があります。実は渋谷恭正は普段はオタクだったようで、子供服にも興味があった事が分かっています。渋谷恭正はAKBやアニソン、宇多田ヒカルが好きだったようで、AKBでは特に竹内美宥を推していた事が分かっています。

また、渋谷恭正は「しじみねぇね」という名前でネットオークションに参加していたようで、オークションの自己紹介には「子供服に興味がある」と言った内容が記されていたそうです。この事から推測するに、オークションでも渋谷恭正は子供への興味を抑えきれていなかったのではないかと思われます。

2chやアルバイト先でのロリコン発言

渋谷恭正は2chやアルバイト先でも、恥じる事も無く幼児性愛者を感じさせる発言をしています。先ほどご紹介した渋谷恭正が幼児性愛者と感じさせる発言は、渋谷恭正が2chやアルバイト先で発言していた内容です。

普通であれば自らの性癖を隠すものですが、渋谷恭正は隠す事も恥じる事も無く周囲に異常な性癖を明らかにしています。この事を踏まえると、渋谷恭正は自分の行いに対してプライドがあり、正当化していたのではないかとも推測する事が出来ます。

渋谷恭正は自らの欲求を抑える事が出来ず、また自分の行いが正当な事であると考えていた事から、千葉小3女児殺害事件を起こしてしまったのかも知れません。公には報じられていませんが、リンちゃんは衣服をまとわない状態で性的暴行を加えられた形跡もあったとの記述も存在しています。

渋谷恭正の現在

ここからは渋谷恭正の現在について詳しく見て行きましょう。現在は既に渋谷恭正への裁判も行われ、判決が下されています。渋谷恭正は現在どのようにしているのでしょうか?渋谷恭正の現在について調べてみると、意外な事に渋谷恭正の自宅の場所が判明していた事が分かりました。

渋谷恭正の自宅については正式に公表されている情報ではありませんが、渋谷恭正が逮捕される際にメディアで報じられた自宅が周辺住民からのタレコミでどこの場所にあるか明かされていたようです。渋谷恭正の現在と共に、渋谷恭正の自宅と思われている場所についても詳しく見て行きましょう。

現在は自宅の場所も判明?

渋谷恭正の自宅の場所が現在は特定されています。渋谷恭正の自宅の場所が特定されたのは、渋谷恭正の自宅マンションの住民へのインタビュー様子がメディアで報じられ、その特徴から近隣住民から「この場所ではないか?」と証言された事がきっかけのようです。

渋谷恭正の自宅は、千葉県松戸市にあるMシャトレという青いマンションです。マンション全体が特徴的な青色をしている事から、渋谷恭正の自宅の特定は逮捕後割とすぐに特定されていたようです。何階に住んでいたかは定かではありませんが、1階ではないと推測されているようです。

また、渋谷恭正の自宅のマンションは被害者のリンちゃんが家族で暮らしていた自宅から300mほどしか離れていない事も分かっています。これはあくまで推測ですが、自宅近くに住んでいるリンちゃんをよく目にしていた事から、以前から目を付けていた可能性も考えられます。

現在は無期懲役判決が下り服役中

渋谷恭正の現在について見て行きましょう。千葉小3女児殺害事件が発生してから2019年現在で2年の月日が経っていますが、渋谷恭正は現在どのようにしているのでしょうか?渋谷恭正の現在について調べてみると、現在は裁判が行われて既に無期懲役の判決が下されている事から服役中と推測する事が出来ます。

渋谷恭正は裁判後、無期懲役の判決に納得が行かなかったようで、冤罪であると訴えていたようです。しかし冤罪の訴えが認められたと言う報道も無いようなので、現在も無期懲役の判決がひっくり返る事も無く服役生活を送っているものと考えられます。

渋谷恭正が服役している刑務所についてですが、正式な情報は存在していないものの裁判が千葉地裁で行われている事から千葉刑務所に服役しているものと考えられます。今後、渋谷恭正には暗い塀の中でまだ幼いリンちゃんの尊い命を奪ってしまった罪の重さをしっかりと意識してもらいたいものです。

渋谷恭正への現在の世間の反応

ここで渋谷恭正に関して現在投稿されている世間の反応をご紹介していきます。現在も渋谷恭正に関する意見やコメントはネット上に多く投稿されています。渋谷恭正は裁判で無期懲役が言い渡されて現在服役中ですが、世間からはそのように見られているのでしょうか?

Twitterに投稿されている渋谷恭正に関するツイートを見てみると、その多くが渋谷恭正の裁判で下された無期懲役判決についてでした。多くの人は渋谷恭正へ下された無期懲役判決は軽すぎるとしており、死刑でおかしくはない罪としています。

また、ネット上には渋谷恭正のプライベートに関する情報も存在していました。渋谷恭正は不動産業を営んでいると自称していましたが、どうやら不動産は両親から相続したものだったようです。この他にも、現在も渋谷恭正に関する情報がネット上に寄せられ続けています。

渋谷恭正の嫁や子供など家族のその後は?

ここからは渋谷恭正の嫁や子供など家族についてご紹介していきます。渋谷恭正は子供が被害者となってしまったリンちゃんと同じ小学校に通っていたと言う情報が存在していた事から、子供や嫁がいるものと考えられます。凶悪事件を起こした渋谷恭正の嫁や子供などの家族構成はどのようになっているのでしょうか?

渋谷恭正の家族について調べてみると、なんと意外な事に子供の名前や元嫁の情報までが発覚していた事が分かりました。渋谷恭正の家族について詳しく見て行くと共に、その家族は現在どうしているかなど事件後の家族の状況についても詳しく見て行きましょう。

家族①離婚した両親や姉

まずは渋谷恭正の両親や兄弟など実家の家族について見て行きましょう。渋谷恭正の実家の家族について調べてみると、両親と姉の4人家族であった事が分かりました。しかし両親は時期は定かではないものの離婚していた事が発覚しており、両親の離婚後渋谷恭正は姉と2人で暮らしていた時期もあったそうです。

なぜ両親の離婚で姉と生活していたかは定かではありませんが、渋谷恭正は姉との生活が長く続いていた訳ではなさそうです。渋谷恭正は姉と生活をした後に移住しており、移住先は北海道だったそうです。北海道に移住した渋谷恭正は、新天地で家族を設けて暮らしていたようです。

家族②元嫁2人

渋谷恭正は移住先の北海道で1人目の元嫁と結婚しています。北海道では子供1人にも恵まれて、新たに家族3人での生活を送っていた事が判明しています。しかしその後離婚し、2002年、渋谷恭正が31歳の頃に家族は離れて生活を送る事が決定し、渋谷恭正は地元千葉県松戸市内に戻っています。

千葉県松戸市内に戻ってきた渋谷恭正は、その後の2009年、渋谷恭正が38歳の頃に2人目の元嫁と再婚しています。再婚した2人目の元嫁はかなり年下だったそうで、20代の渋谷恭正よりも1周り以上年の離れた女性であった事が報告されています。2人目の元嫁とも子供1人に恵まれるも程なくして離婚してしまっています。

2度の離婚をした渋谷恭正ですが、千葉小3女児殺害事件当時は同棲していた彼女がいた事が判明しています。事件当時、渋谷恭正はこの同棲している彼女と子供2人の4人家族で暮らしていたそうです。彼女についての情報はあまり存在していませんが、一説によるとアジア系の外国人と言う情報も存在しています。

家族③子供

逮捕時に4人家族だったとご紹介していますが、渋谷恭正は同棲している彼女の他に2人の子供がいた事が明らかになっています。この2人の子供については、同棲している彼女との間に授かった子供ではないそうです。

実は渋谷恭正は離婚した2人の元嫁の間に1人ずつ子供に恵まれていますが、その2人の子供は離婚時に渋谷恭正が親権者となっていたのです。つまり、千葉小3女児殺害事件で渋谷恭正が逮捕された当時に一緒に暮らしていた子供は、それぞれ2人の元嫁との間に授かった子供達だったと言う事になります。

家族発覚で子供の名前も判明?

千葉小3女児殺害事件当時、渋谷恭正が4人家族であった事はニュースでも報じられています。しかしながら、ニュースで渋谷恭正の家族についての詳細な情報が語られる事はありませんでした。もちろん加害者家族について情報が流出してしまえば、家族まで社会的制裁を受けてしまう可能性があるからです。

そんな中、現在は渋谷恭正の家族が発覚した事で、ネット上では渋谷恭正の子供の名前も判明してしまっているのが現状です。子供の名前が判明してしまった経緯については、事件前に渋谷恭正が開設していたFacebookから子供の名前が特定されてたようです。

これはあくまでネット上で特定された情報なので信憑性がある情報かは定かではありませんが、渋谷恭正の2人の子供の名前は「ひりゅう」「あやか」とされています。子供の名前の漢字までは定かではありませんが、ネット上では渋谷恭正の子供と思われる2人の子供の写真までもが流出しているようです。

家族のその後も調査

渋谷恭正の家族のその後について見て行きましょう。渋谷恭正の家族のその後については情報が存在していませんが、渋谷恭正が地元ではある程度知名度があった上で千葉小3女児殺害事件を起こしているので、家族もその後社会的制裁を受けてしまっているのではないかと推測されます。

もちろん、いかなる犯罪者であってもその家族に罪があるかは明言しづらい所があります。むしろ、渋谷恭正の事件当時の家族は、まだいたいけな子供2人と籍すら入れていない外国人の彼女です。この事を踏まえると、渋谷恭正の家族には何の罪も無く社会的制裁を受ける必要すらないのではないかと感じさせられます。

しかし、犯罪者の家族のその後について報じられる事は少ないのが現状ですが、大半の加害者の家族のその後は悲惨なものになっています。自殺する人も少なくはなく、名前を変える、転居しなければならないと言うのは誰でも想像がつきます。

渋谷恭正の家族は籍を入れていない彼女と子供2人だったので、その後彼女と子供は離れて暮らしている可能性もあります。また、日本にはNPO法人のWOH(World Open Heart)を始めとする「加害者家族に手を差し伸べる会」なども存在しており、これらの救いの手を利用している可能性も考えられます。

渋谷恭正の事件の真相

ここからは渋谷恭正の千葉小3女児殺害事件の真相についてご紹介していきます。警察は2007年4月14日に渋谷恭正逮捕へと乗り切っていますが、渋谷恭正はなぜリンちゃんを殺害しどのような理由から逮捕されていたのでしょうか?

実は渋谷恭正は逮捕までに警察とのやり取りで事件関与を否定し続けていたようです。また、逮捕後には悲しみに明け暮れているリンちゃんの家族に考えられないような発言をしていたようです。渋谷恭正が逮捕されるまでの流れとリンちゃんの家族への発言についてそれぞれ詳しく見て行きましょう。

千葉小3女児殺害事件の真相

まずは千葉小3女児殺害事件の真相について見て行きましょう。事件は2007年3月24日に発生し、26日にリンちゃんは家族と暮らしていた自宅から20㎞離れた場所で遺体となって発見されています。そして事件発生から19日後の2007年4月14日、警察は渋谷恭正を犯人として逮捕しています。

リンちゃんの通っている小学校の保護者会長を務め信頼も厚かったであろう渋谷恭正が、一体なぜ捜査線上に挙げられていたのでしょうか?実は警察は渋谷恭正逮捕までに様々な証拠と疑わしい行動を証拠として挙げており、言い逃れ出来ないような状態で渋谷恭正逮捕へと乗り切っていたのです。

渋谷恭正逮捕のきっかけは?

渋谷恭正逮捕の大きなきっかけは、現場の遺留品やリンちゃんの遺体に付着していたDNAが渋谷恭正と一致した事です。渋谷恭正のDNAは、リンちゃんの腹部や使用した粘着テープなど複数の場所で発見され一致している事が判明しています。

また、渋谷恭正の所有しているキャンピングカーと軽自動車が警察に押収されていますが、軽自動車からはリンちゃんのDNAと一致する毛髪が発見されており、床にはリンちゃんのDNAと一致する血痕も発見されています。これらの証拠が、渋谷恭正逮捕に乗り切る大きなきっかけとなったのです。

DNA一致に証拠捏造を主張

渋谷恭正逮捕後に行われた裁判でも、検察側は証拠としてDNAの一致を挙げています。しかしこれについて渋谷恭正と弁護士はDNAの一致を「架空で捏造」と否定し、証拠捏造を主張したと言うのです。さらに、渋谷恭正と弁護士は捏造を理由に判決が下された後も冤罪を訴え続けていると言うのです。

明らかに渋谷恭正の虚偽とも思える発言ですが、現在ネット上ではこの証拠捏造説について様々な意見が寄せられているのです。過去にも弁護士の活躍でDNA鑑定について捏造されていた事が発覚して冤罪が確定した事件もあります。あくまで可能性の話になってしまいますが、可能性が0と明言する事は難しいようです。

リンちゃん家族への驚きの発言とは

また、渋谷恭正は裁判でDNA鑑定の結果を捏造とした際にリンちゃん家族へ驚きの発言をしています。渋谷恭正は「子どもから目を離さないのは親の義務」と発言し、悲しみに明け暮れている家族に向かって守ってあげられたら守ってあげて欲しかったと言った旨を発言していたのです。

さらに渋谷恭正は続けて、「私が行った募金を受け取ってもらい、ありがとうございました」と言いながら涙を拭う仕草も見せていたようです。実は事件後、リンちゃんの家族は母国で葬儀をあげる為に帰国を考えていたものの多額の資金が必要になってしまい困っていたそうです。

そんな中、渋谷恭正が募金を募った事で千葉小3女児殺害事件を知った人達から募金が寄せられ、リンちゃん家族は母国へ帰国する事が出来たんだそうです。この発言の後には見守りをしている中での事件だった事を謝罪するような言葉も添えられており、渋谷恭正が本当は冤罪で良心的な人物なのではと感じさせられてしまうものです。

しかし、裏を返せば経済的に困難に陥っているリンちゃん家族の弱みに付け込んで、冤罪へと繋げようとしたのではないかとも取ることが出来る発言でもあります。実際に、渋谷恭正は事件発覚後から逮捕されるまでに周囲に自分が犯人として疑われていると発言していたのです。

渋谷恭正の冤罪主張など判決までの経緯

ここからは渋谷恭正の冤罪主張など判決までの経緯について詳しく見て行きましょう。先ほども少し触れていましたが、渋谷恭正は裁判で弁護士と共に冤罪を主張しています。渋谷恭正と弁護士はどのようにして冤罪を主張したのでしょうか?

また、冤罪を主張している渋谷恭正と弁護士に対して、リンちゃん家族はどのような判決を求め戦っていたのでしょうか?裁判後には渋谷恭正の弁護を担当した弁護士にも様々な事態が発生していたようなので、裁判後の渋谷恭正の弁護士についても少しご紹介していきます。

渋谷恭正逮捕後も冤罪主張

渋谷恭正は逮捕後から裁判後まで冤罪を主張しています。裁判でも渋谷恭正は「架空で捏造」とDNA鑑定の結果の証拠も否定しており、一貫して冤罪を主張し事件に関与していないと発言しています。また、逮捕時に「子供の前で逮捕状もなく逮捕された」と警察の不当な動きについてを弁護士と訴えていたそうです。

冤罪とは

渋谷恭正と弁護士が訴えている冤罪とは、無罪であるにも関わらず犯罪者とされてしまった人の事を表します。冤罪はこれまでにも日本でも報告例があり、決して珍しい事ではありません。しかしながら、有罪判決を無罪に変えるのは様々な証拠が必要で、これまでに何人もの敏腕弁護士をも苦しめてきた問題でもあります。

リンちゃん家族側は渋谷恭正に対する死刑を主張

冤罪であるとし無罪を主張している渋谷恭正と弁護士に対して、リンちゃん家族はどのような刑を求刑していたのでしょうか?リンちゃん家族とその弁護士は、渋谷恭正の行った行為について「冷酷、残酷、極めて悪質」と渋谷恭正の行為全てを批判して、最も重い刑である死刑を求刑し主張し続けています。

渋谷恭正の弁護士側は無罪主張

もちろん冤罪を主張している渋谷恭正とその弁護士は無罪を主張しています。裁判の最後に発言を許された渋谷恭正は、「拘束中に右目を失明し、狭心症も悪化し日々の生活が困難」と言った現在の自らの状況について明かしています。これは推測ですが、同情を求め無罪になる事を目論んでいた可能性もあります。

2018年7月に渋谷恭正に無期懲役判決

弁護士と共に一貫して無罪を主張し冤罪だとしていた渋谷恭正でしたが、2018年7月6日、千葉地裁で無期懲役判決が下される事となりました。渋谷恭正は無言で判決内容を聞いていたそうですが、判決が下された当日に即日控訴して再び無罪を主張し始めています。

無期懲役判決に弁護士への炎上も

実は渋谷恭正に無期懲役判決が下されると、渋谷恭正の弁護士や裁判所に批判の声が殺到し炎上騒動に発展していたようです。無期懲役判決はいずれ無罪になる可能性もあり、釈放する可能性もあります。非人道的行為を行った渋谷恭正は即刻死刑するべきと言った意見が寄せられ、双方が炎上騒動となってしまったようです。

渋谷恭正の前科も調査

最後に、渋谷恭正の前科や余罪について詳しく見て行きましょう。実は渋谷恭正は過去にも事件を起こしており、余罪もあるのではないかと噂されています。渋谷恭正が過去に起こした事件や、余罪が疑われている事件について詳しくご紹介していきます。

前科①中学生時代の暴力事件

渋谷恭正は中学生時代に暴力事件を起こしています。教師からビンタされてしまった渋谷恭正は、仕返しとして教師を血だらけになるまで殴ったそうです。体罰問題で渋谷恭正の母親は慰謝料を請求しており、教師は15万円の慰謝も払っていたそうです。

前科②幼児暴行未遂事件

渋谷恭正は千葉県にある児童保育施設でボランティアをしていたそうです。しかし、千葉小3女児殺害事件後にこの児童保育施設で幼児暴行未遂をしていたと言う告発文書が送られています。その後事件に発展はしていないものの、告発内容が真実であればれっきとした幼児暴行未遂事件として扱われる問題です。

フィリピンハーフ女児行方不明事件で余罪?

渋谷恭正はもう少しで事件発生から20年ほど経つ、フィリピンハーフ女児行方不明事件と言う未解決事件への関与が疑われています。被害者は2002年5月19日に行方不明になっており、アジア系のハーフでもある事から千葉小3女児殺害事件との関連性があり渋谷恭正が犯人と疑われています。

実は渋谷恭正の自宅付近ではこのような行方不明事件が頻発しており、全て幼い少女と言う共通点もある事から渋谷恭正の関与が疑われています。これらの事件全てに渋谷恭正が関与していたとなると、渋谷恭正には余罪がまだまだありそうにも感じさせられてしまいます。

渋谷恭正の現在は無期懲役判決で服役生活

千葉小3女児殺害事件の犯人、渋谷恭正とその家族について詳しくご紹介してきました。渋谷恭正は無期懲役判決が下され、現在も服役中です。渋谷恭正の行った行為は決して許されるものではありませんが、渋谷恭正の家族には何の非もありません。家族への追求は避け、渋谷恭正の無罪主張が認められない事を祈るばかりです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ