サイモン・ベイカーの現在!仕事や年収は?妻との結婚や若い頃も調査!

人気刑事ドラマ「メンタリスト」で有名なサイモン・ベイカーさんの現在の様子を追ってみました。サイモン・ベイカーさんの仕事と年収やサイモン・ベイカーさんの妻との結婚を中心にした家庭の様子、そしてサイモン・ベイカーさんが無名だった若い頃についても調査しています。

サイモン・ベイカーの現在!仕事や年収は?妻との結婚や若い頃も調査!のイメージ

目次

  1. 1サイモン・ベイカーのプロフィール
  2. 2サイモン・ベイカーの現在
  3. 3サイモン・ベイカーの仕事や年収は?
  4. 4サイモン・ベイカーの妻との結婚
  5. 5サイモン・ベイカーの若い頃を調査
  6. 6サイモン・ベイカーのCMなど出演作品
  7. 7サイモン・ベイカーの現在は映画監督としても活躍

サイモン・ベイカーのプロフィール

・愛称:不明
・本名:サイモン・ルーカス・ベイカー
・生年月日:1969年7月30日
・年齢:49歳(2019年6月現在)
・出身地:オーストラリア・タスマニア
・血液型:不明
・身長:178cm
・体重:74kg
・活動内容:俳優、プロデューサー、映画監督
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:後述します

サイモン・ベイカーの経歴

サイモン・ベイカーさんは1969年7月30日にオーストラリアのタスマニア州で生まれました。1993年24歳の時に芸能界にデビュー。若い頃は祖国オーストラリアでTV俳優として活動していましたが、26歳の時にロサンゼルスに渡り、アメリカでの俳優活動を開始します。

アメリカで仕事を続けていくうちに次第に重要な役が回ってくるようになり、2005年には映画「ザ・リング2」では副主人公を演じ、同年ジョージ・A・ロメロ監督が20年ぶりにメガホンを取ったゾンビ映画「ランド・オブ・ザ・デッド」で映画初主演を果たしました。

TVドラマでは2001年に「堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-」で連続ドラマ初主演を飾ったサイモン・ベイカーさんは、2008年に放映開始された刑事ドラマ「メンタリスト」で完全にブレイクしました。

サイモン・ベイカーはハリウッド殿堂入り俳優

サイモン・ベイカーさんは、2013年2月にハリウッドの殿堂と呼ばれる「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に遂に名前を刻まれました。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームと言うのはアメリカのカリフォルニア州ハリウッドのハリウッド大通り沿いにある歩道です。

そこにはエンターテイメントの世界で活躍した人物の名が刻まれた星型のプレートが埋め込まれています。そして毎年20名ほどの候補者から一般投票によって刻まれる人が選ばれるのですが、2012年6月の投票でサイモン・ベイカーさんが2490番目の星に選出されたのです。
 

サイモン・ベイカーの現在

代表作の大ヒットドラマ「メンタリスト」が完結してから4年目になりますが、サイモン・ベイカーさんは現在どんな俳優活動を行なっているのでしょうか?俳優としての活動以外にも別の仕事をしているのでしょうか?

2019年の誕生日で年齢50歳のサイモン・ベイカー

サイモン・ベイカーさんは今年2019年の誕生日で50歳になります。もう若いと言える年齢ではないのですが、年齢を重ねてますます素敵になっていると巷で評判になっています。最近は髭を伸ばしているのですが、その髭も大好評なのだとか。

現在は映画監督デビュー

サイモン・ベイカーさんは2018年5月に映画監督としてデビューしました。2018年5月3日にオーストラリアで初公開され、続いてアメリカで公開された後は320万ドルの興行収入を上げました。

サイモン・ベイカーさんはこの映画で監督としての仕事を務めているだけでなくプロデューサーの仕事も熟し、更に俳優としても出演しています。

初監督作品は映画「Breath」

サイモン・ベイカーさんの監督デビュー映画は「Breath」というタイトルで、サイモン・ベイカーさんの生まれ故郷のオーストラリアを舞台にサーフィンに取り組む若者達の青春を描いた作品です。

日本では「ブレス あの波の向こうへ」のタイトルで2019年7月27日から東京の新宿シネマカリテを始めとした映画館で全国で上映される予定になっています。

2016年の競馬ジャパンカップにゲスト出演で話題に

サイモン・ベイカーさんは2016年に開催された競馬ジャパンカップにゲスト出演をして話題を呼びました。ジャパンカップの表彰式でプレゼンターを務めたのです。

高級時計ブランド「ロンジン」アンバサダーが関係

サイモン・ベイカーさんがプレゼンターを務めたのはロンジン賞でした。サイモン・ベイカーさんはジャパンカップとパートナーシップを結んでいる高級時計メーカー「ロンジン」のエレガンスアンバサダーであるため、今回の表彰式に出席が決まったのです。

その後は雑誌「Safari」表紙を飾る

サイモン・ベイカーさんは2016年12月25日に発売されたファッション情報誌「Safari」の表紙を飾って日本のファンを狂喜させた事もあります。Safariは30代から40代のセレブカジュアルスタイルを主に紹介している雑誌ですが、この号は特に売行きが良かったようです。

現在もサイモン・ベイカーの笑顔健在!

サイモン・ベイカーさんは同性に嫉妬されそうなイケメンですが、好感度が高く同性にもとても人気がある俳優です。その理由はサイモン・ベイカーさんの笑顔にあります。邪気のない大らかな笑顔が男女問わず人の心をとらえるのです。

そしてその笑顔は若い頃から変わらず、高年収を誇るハリウッドセレブの仲間入りを果たした現在も健在です。

サイモン・ベイカーは性格も良いとの噂

サイモン・ベイカーさんは性格も良いと評判です。これまでに共演者やスタッフと揉めたりファンに酷い態度を取ったりしたなどという噂が全くないのです。ファンだけでなく共演者やスタッフにも愛されているからです。

年収が多くなるのに比例して尊大な態度をとるようになってしまうセレブが多い中で、年収が上がっても大らかさを失わないサイモン・ベイカーさんは貴重な存在ですね。

サイモン・ベイカーの仕事や年収は?

人気ドラマ「メンタリスト」が2015年に終了して以降目立った俳優活動がなかったサイモン・ベイカーさんですが、サイモン・ベイカーさんの仕事内容と年収はどうなっているのでしょうか?

仕事は俳優兼プロデューサー・映画監督

サイモン・ベイカーさんの仕事は、本業は俳優ですが現在はプロデューサーと映画監督も務めています。初監督映画「Breath」ではプロデューサーも兼務していました。サイモン・ベイカーさんは「プロデューサーの仕事は監督の仕事ほど面白くない」と語っています。

今後の仕事の比重は好みに合わせて「俳優>映画監督>プロデューサー」という感じになっていくのかも知れません。

「最もセクシーな男」に選ばれる高年収俳優

サイモン・ベイカーさんが「米TV界で最もセクシーな俳優」に初めて選出されたのは2009年の事でした。以来サイモン・ベイカーさんはこのランキングの常連となっています。ですがサイモン・ベイカーさんの妻はそう感じていないようなのだそうです。

サイモン・ベイカーさんは「妻に今朝言われた。『今のあなたの写真を見せたら最もセクシーな俳優の肩書は撤回されるわ』ってね」と語りました。子供達にももっさりした親父扱いされているとも明かしています。

サイモン・ベイカーの年収は?

デビュー後即ブレイクをした訳ではなく、若い頃は不遇な時代も経験しているサイモン・ベイカーさんですが、現在は押しも押されぬセレブで高年収俳優の1人に数えられています。2015年にはその年収は1200万ドル、日本円にして約14億円に達していました。

フォーブス誌による高年収俳優TOP10入り

年収が1200万ドルに達した2015年、サイモン・ベイカーさんはフォーブス誌が選ぶ2015年度最も収入の高い俳優トップ10の9位にランクインしました。1位から6位までは2000万ドル以上の高年収が並んでいます。芸能大国アメリカは俳優の年収のスケールが違いますね。

サイモン・ベイカーの妻との結婚

サイモン・ベイカーさんは若い頃から現在までスキャンダルやゴシップが流れた事が一切ありません。愛妻家そして家族思いの男性として有名なのです。この章ではサイモン・ベイカーさんの妻との関係、そして2人の間に生まれた子供達について解説します。

1998年に妻・レベッカ・リグと結婚

サイモン・ベイカーさんは1998年、今から21年前に妻のレベッカ・リグさんと結婚しました。28歳の時でした。そしてそれ以降家庭不和の噂が流れてくる事が一切ない円満な夫婦関係を築いています。次の項で妻のレベッカ・リグさんをご紹介します。

妻・レベッカ・リグとは

レベッカ・リグさんは1967年12月31日にオーストラリアのシドニーで生まれました。年齢は2019年6月現在51歳です。レベッカ・リグさんはサイモン・ベイカーさんより約2歳年上です。

子供を生んでからは家庭優先で芸能活動をほとんどしていないのですが、若い頃はサイモン・ベイカーさんよりも有名な女優でした。レベッカ・リグさんはサイモン・ベイカーさんが主演するドラマ「メンタリスト」シーズン1第9話にゲスト出演して話題になった事もあります。

妻・レベッカ・リグとの馴れ初め

サイモン・ベイカーさんと妻のレベッカ・リグさんが知り合ったのは1900年代の初め、2人がまだ故郷のオーストラリアにいた頃です。共通の友人の紹介で出逢った時サイモン・ベイカーさんは無名の俳優でした。

1992年にはオーストラリアのソープオペラ「E Street」で恋人役を演じました。交際がスタートした時期は不明なのですが、友人付き合いをしていた時に恋人同士の役を与えられた事で意識するようになった、というのが恋人としての馴れ初めである可能性もありますね。

仕事が軌道に乗る前から妻と交際

レベッカ・リグさんと出逢った頃のサイモン・ベイカーさんはデビューしたてで仕事もあまりありませんでした。交際をスタートさせた頃もまだブレイクしていなかったので、年収も雀の涙だったようです。

それでも2人は大切に愛を育み、サイモン・ベイカーさんが故郷オーストラリアからロサンゼルスに移住する時もレベッカ・リグさんはついて行ったのです。

妻・レベッカ・リグとの間に子供が3人誕生

不遇の時代を共に乗り切ったサイモン・ベイカーさんと愛妻レベッカ・リグさんの間には子供が3人誕生しています。サイモン・ベイカーさんのInstagramには子供達の画像がよく投稿されて、仲の良い家族である事がうかがえます。2人の間にはどんな子供達が生まれたのでしょうか?

1993年に娘「ステラ・ブリーズ・ベイカー」誕生

サイモン・ベイカーさんとレベッカ・リグさんの長女ステラ・ブリーズ・ベイカーさんは2人が正式に結婚する5年前の1993年8月8日に生まれました。年齢は2019年6月現在25歳です。ステラ・ブリーズ・ベイカーさんは、両親と同じ演技の道へ進みました。

2014年には母と同じようにドラマ「メンタリスト」のシーズン7第2話にゲスト出演しています。そして2017年には短編映画「Candace」に主演し、2019年に放映されるスリラードラマ「Tell Me Your Secrets」にレギュラー出演しています。これからの活躍が楽しみですね。

1998年に長男「クロード・ブルー・ベイカー」誕生

サイモン・ベイカーさんとレベッカ・リグさんの長男クロード・ブルー・ベイカーさんは1999年に生まれました。誕生日は不明です。年齢は2019年6月現在20歳です。クロード・ブルー・ベイカーさんの名付け親は、サイモン・ベイカーさんとレベッカ・リグさんの親友ナオミ・ワッツさんです。

そしてクロード・ブルー・ベイカーさんも母や姉と同様にドラマ「メンタリスト」シーズン5第8話にゲスト出演しました。兄弟揃って可愛らしい姿を見せてくれています。

2001年に次男「ハリー・フライデー・ベイカー」誕生

3人姉弟の末っ子で次男のハリー・フライデー・ベイカーさんは2001年9月19日に生まれました。年齢は2019年6月現在17歳です。ハリー・フライデー・ベイカーさんも兄と同様両親の親友ニコール・キッドマンさんが名付け親になっています。

3人姉弟は美形揃いです。長女のステラさんが女優になっている事から、弟達も俳優の道に進む可能性は大いにあります。先が楽しみですね。

サイモン・ベイカーの若い頃を調査

今年で生まれてから半世紀になるサイモン・ベイカーさんの若い頃を調査しました。サイモン・ベイカーさんがブレイクしたのは30代になってからなので、無名だった20代の頃の画像は少ないのですがハッとするようなイケメンです。

若い頃は中村雅俊に似てる?

若い頃のサイモン・ベイカーさんが日本の俳優中村雅俊さんに似ている、という声を時々耳にします。タレ目で華筋の通った優しそうなイケメンであるところが似ているのだそうです。較べてみると確かに似ています。

次の項で中村雅俊さんのプロフィールと共に若い頃の中村雅俊さんの動画をご紹介します。画像よりも動画の方が似ているように思えるのですが、あなたはどうお感じになるでしょうか?

中村雅俊とは

・愛称:不明
・本名:中村雅俊
・生年月日:1951年2月1日
・年齢:68歳(2019年6月現在)
・出身地:宮城県牡鹿郡女川町
・血液型:O型
・身長:182cm
・体重:不明
・活動内容:俳優、歌手、司会者
・所属グループ:なし
・事務所:エム・ジェイ・エンタープライズ
・家族構成:妻(五十嵐淳子)、長男(中村俊太)、長女、次女、三女(中村里砂)

「若い頃は良い子じゃなかった」発言

サイモン・ベイカーさんは自分の若い頃について「あまり良い子じゃなかった」と告白しています。学生時代は授業を抜け出して大好きなサーフィンをしに行ったりしていたそうなのです。不良というほどではないのですが、親が聞いたら怒りそうな経歴ですね。

若い頃の夢は看護師?

サイモン・ベイカーさんの若い頃の夢は看護師になる事だったそうです。サイモン・ベイカーさんの異父姉が医者である事もあってサイモン・ベイカーさんの親は彼にも医者になる事を望んでいたのですが、サイモン・ベイカーさんは「医者は無理、看護師になる」と宣言。

知的なイメージのサイモン・ベイカーさんですが、勉強はあまり得意ではなかったのです。授業をサボってサーフィンばかりしていたからでしょう。女性が多いという事で出逢いがいっぱいありそうだと期待して看護学校に入ったサイモン・ベイカーさんですが、3ヶ月でドロップアウトしてしまいました。

ですがドロップアウトしたおかげで俳優となる事が出来たのですから、ファンとしてみればサーフィンが大好きで勉強が嫌いだった若い頃のサイモン・ベイカーさんに感謝するべきなのでしょう。

サイモン・ベイカーのCMなど出演作品

この章ではサイモン・ベイカーさんがこれまでに出演してきた作品をご紹介します。サイモン・ベイカーさんが出演したCMから映画そしてドラマまで、動画を中心にまとめましたので是非ご覧下さい。

サイモン・ベイカーの出演CM

まず最初にサイモン・ベイカーさんが出演したCMをご紹介します。サイモン・ベイカーさんがブレイクする前に出演したCMもあります。今となっては貴重品ですのでじっくりとご覧下さい。

出演CM①「日産自動車エルグランド」

サイモン・ベイカーさんが出演したCMの1本目は、日産自動車のエルグランドのCMです。2007年、サイモン・ベイカーさんがまだブレイクしていない頃に撮影されました。サイモン・ベイカーさんを採用した日産自動車は目の付け所が良いですね、

現在同じようにCMに出演してもらおうとすると、この時と比べ物にならないほどのギャラが発生するのでしょう。ですのでエルグランドのCMは貴重品です。

上の動画はエルグランドのCM複数を集めたものなので、サイモン・ベイカーさんが出演しているバージョンは7:58頃から視聴する事が出来ます。サイモン・ベイカーさんのあのスマイルも健在ですよ。

出演CM②「ANZ」

サイモン・ベイカーさんが出演したCMの2本目は、サイモン・ベイカーさんの生まれ故郷オーストラリアの銀行ANZのCMです。中国語の字幕が付いているのは香港で放映されたCMだからです。

ANZ銀行は香港に大きな拠点を設けているため、サイモン・ベイカーさんが出演しているCMも香港用に編集された特別なバージョンが流れていたようです。日本での放送がなかったのは残念ですね。

サイモン・ベイカーの出演映画

サイモン・ベイカーさんの出演CMに続いてサイモン・ベイカーさんの出演映画をご紹介します。サイモン・ベイカーさんがこれまでに出演した映画は21本と決して多くはないのですが、傑作が揃っています。この機会にご鑑賞されてみてはいかがでしょうか?

出演映画:「L.A.コンフィデンシャル」

サイモン・ベイカーさんの出演映画の1本目は、1997年9月19日にアメリカで公開された映画「L.A.コンフィデンシャル」です。日本では1998年7月18日に公開されました。

サイモン・ベイカーさんがアメリカに移住してから初めて出演した、アメリカでのスクリーンデビュー作品になりました。この時は芸名がサイモン・ベイカーではなく、再婚した母親の夫の姓であるサイモン・ベイカー・デニーを名乗っています。

出演映画:「ザ・リング2」

サイモン・ベイカーさんの出演映画の1本目は、2005年3月18日にアメリカで公開された映画「ザ・リング2」です。日本では2005年6月18日に公開されました。

主演はナオミ・ワッツさんですがサイモン・ベイカーさんは副主人公格で出演しています。それまでに出演した映画の中では最も大きな役でした。この後に出演した映画「ランド・オブ・ザ・デッド」では遂に主役を演じています。

出演映画:「プラダを着た悪魔」

サイモン・ベイカーさんの出演映画の3本目は、2006年6月30日にアメリカで公開された映画「プラダを着た悪魔」です。日本では2006年11月18日に公開されました。

アン・ハサウェイさん演じるヒロインが最悪の人格を持つ上司の元で奮闘する姿を描いた作品で若い女性を中心に人気を博し大ヒットしました。サイモン・ベイカーさんはアン・ハサウェイさんを誘惑する業界の色男クリスチャン・トンプソンを演じています。

出演映画:「キラー・インサイド・ミー」

サイモン・ベイカーさんの出演映画の4本目は、2010年1月24日にアメリカで公開された映画「キラー・インサイド・ミー」です。日本では2011年4月16日に公開されました。

1950年代の西テキサスの小さな田舎町に住む人の良い保安官助手が、ある出来事によって裏の人格が目覚めてしまい、次々と人を殺すようになっていく犯罪映画で、サイモン・ベイカーさんは郡の検事ハワードを演じています。

出演映画:「マージン・コール」

サイモン・ベイカーさんの出演映画の5本目は、2011年1月25日にアメリカで公開された映画「マージン・コール」です。日本では残念ながら劇場で公開されていません。

2007年に発生した世界金融危機「リーマン・ショック」を題材にした作品で、大手投資銀行リーマン・ブラザーズをモデルにした大手投資銀行の24時間を描いています。サイモン・ベイカーさんは冷酷な上司ジャレットを好演しました。
 

サイモン・ベイカーの出演ドラマ【主演】

サイモン・ベイカーさんの出演映画の次は、サイモン・ベイカーさんの出演した多くのドラマの中からサイモン・ベイカーさんが主役を演じているドラマ2本をご紹介します。

主演ドラマ:「堕ちた弁護士-ニック・フォーリン-」

サイモン・ベイカーさんの出演ドラマの1本目は、2001年9月からアメリカで放映されたドラマ「堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-」です。日本では2005年からFOXチャンネルで放映されました。そして2013年に「ヒューマニスト 堕ちた弁護士」に改題されたDVD-BOXが発売されています。

薬物を使用して有罪となったエリート弁護士の心の変遷を主軸に描く物語です。このドラマの出た後サイモン・ベイカーさんは「もう2度とTVに出るものか。あんな単調な仕事はやってられない」と思っていたそうですが、ドラマはシーズン3まで製作されるほどヒットしました。

主演ドラマ:「THE MENTALISTメンタリストの捜査ファイル」

最後にご紹介するサイモン・ベイカーさんの出演ドラマは、サイモン・ベイカーさんの出世作で代表作でもあるドラマ「メンタリスト」です。このドラマは2008月からアメリカで放映され、日本では2010年5月からスーパー!ドラマTVで放映されました。

家族を殺された後は宿敵を追うためにカリフォルニア州捜査局の犯罪コンサルタントとなった元詐欺師パトリック・ジェーンの物語は初回から1560万人が視聴するほど注目を集め、新作でありながら人気ドラマシリーズ「24」と「LOST」を抜いて視聴者数ランキングのトップ10に入りました。

2015年までにシーズン7までが製作された大ヒットとなり、サイモン・ベイカーさんはこのドラマで大ブレイクし、ハリウッドセレブの仲間入りを果たしています。

サイモン・ベイカーの現在は映画監督としても活躍

人気ドラマ「メンタリスト」でブレイクし、数々のTVドラマと映画で活躍を続けてきたサイモン・ベイカーさんは、現在は映画監督として華やかにデビューしています。仕事の内容が多様化する事によってサイモン・ベイカーさんの演技の幅もますます広がるのではないでしょうか?

サイモン・ベイカーさんの最新作は2018年11月9日からアメリカで公開された恋愛映画「Best Day of My Life」ですが、こちらはまだ日本での公開が未定のため、サイモン・ベイカーさんが監督し出演もしている映画「Breath」(邦題「ブレス あの波の向こうへ」)の公開を楽しみに待ちましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ