成河(ソンハ)まとめ!出演ドラマなどの経歴は?結婚や子供の噂も調査!

舞台を中心に活躍する俳優成河(ソンハ)は、2007年のドラマ出演をきっかけに活動の幅を広げマルチに活躍しています。成河はどのようなドラマに出演してきたのでしょうか?また結婚、そして子供はいるのでしょうか?成河(ソンハ)の気になるプロフィールなどをご紹介します。

成河(ソンハ)まとめ!出演ドラマなどの経歴は?結婚や子供の噂も調査!のイメージ

目次

  1. 1成河(ソンハ)のプロフィール
  2. 2成河の出演ドラマなどの経歴
  3. 3成河の結婚や子供の噂も調査
  4. 4成河の韓国との関係や家族について
  5. 5成河の学歴
  6. 6成河は在日韓国人3世で結婚や子供は謎のイケメン俳優

成河(ソンハ)のプロフィール

・愛称:なし
・本名:曺成河(チョ・ソンハ)
・生年月日:1981年3月26日
・年齢:38歳(2019年8月現在)
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:168センチ
・体重:非公表
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:スペースクラフト・エンタテインメント
・家族構成:後程ご紹介

成河の経歴

成河(ソンハ)は1981年東京都生まれの俳優です。大学時代より演劇活動に励み、2002年から「北区つかこうへい劇団」という劇団に所属、翌2003年に「飛龍伝」で役者としてデビューを果たしました。その後も舞台を中心に活躍を続けていました。

2014年にはNHKの連続テレビ小説「マッサン」にて連続ドラマ初レギュラー出演を果たし、知名度を上げました。その後も連続ドラマなどに出演し俳優として活躍しています。

エリザべートなど舞台出演も凄い

学生時代から劇団に所属していた経歴を持つ成河(ソンハ)は、舞台を中心に多く活動していました。中でも注目を集めることになったのが「エリザベート」という舞台です。

2016年に上演されたこの舞台で成河はルキーニという役に抜擢され、山崎育三郎とWキャストで役を演じました。エリザベートを暗殺するという重要な役どころであり、大きな期待がかかった舞台を成河は見事に演じ、役者として知名度を大きく上げることとなりました。

成河の出演ドラマなどの経歴

成河(ソンハ)はこれまでに舞台を中心に俳優活動を行ってきたとご紹介しましたが、テレビドラマではこれまでにどのような作品に出演しているのでしょうか?

成河が連続ドラマに始めてレギュラー出演を果たしたのは2014年のことであり、地上波に姿を現してからはそれほど長い時間が経っていません。それでもいくつか人気ドラマに出演経歴を持つとの噂です。成河のこれまでの出演ドラマをまとめてご紹介します。

成河のドラマ出演経歴

2014年に連続ドラマに初レギュラー出演とご紹介しましたが、実は2007年にもドラマにわき役として出演しており、これが成河にとって一番最初のドラマ出演となっています。その後は若干のブランク期間はあったものの、1年に1本ペースでドラマに出演しています。

一体どのようなドラマに出演してきたのでしょうか?成河がこれまでに出演したドラマ作品をいくつかピックアップしてご紹介します。

ドラマ出演経歴①「SP警視庁警備部警護課第四係」

成河のドラマ出演経歴1つ目は「SP警視庁警備部警護課第四係」です。2007年に放送されたドラマで、成河は第4話から第7話にかけて出演しました。

ポールという役どころであり、証券会社の社長の殺害をたくらむテロリストの1人という役どころを演じました。人気の高かったドラマであり、わき役ではあったもののこの出演で成河のことを覚える視聴者も存在していたようです。

ドラマ出演経歴②「マッサン」

成河のドラマ出演経歴2つ目NHKの連続テレビ小説「マッサン」です。ご紹介している通り、成河にとって初めてのレギュラー出演となったドラマです。

成河はこのドラマの中で紺野という、主人公演じる玉山鉄二と最初は協力関係にあったものの、その後ライバル関係に発展していくという役どころを演じました。ドラマの舞台が大阪であったため、最初は関西弁のセリフ、イントネーションに苦労したと語っています。

関西弁の取得のため、関西弁を指導する先生より関西弁のセリフを録音したテープをもらい何度も練習して習得したと言います。主演の玉山鉄二とも収録時は長い時間を過ごし、交流を深めたようです。

ドラマ出演経歴③「下町ロケット」

成河のドラマ出演経歴3つ目は「下町ロケット」です。2015年に放送されたドラマで成河は第2話に出演しました。高瀬という役でゲスト出演でした。

特許裁判に登場し、主人公演じる阿部寛たちの味方となる正義感の強い役を演じ、視聴者からも高評価を得ていました。テロリストの一味という役を演じた「SP警視庁警備部警護課第四係」の時とはまた違った成河の姿を見ることができます。

ソンハが映画「チワワちゃん」出演!

さらに成河は2019年1月18日に封切りされた映画「チワワちゃん」にも出演しています。この映画の中で成河は主人公たちが訪れるミュージックバー「セジウィック」のバーテンダー、シマという役を演じています。

バーテンダーとして主要な登場人物みんなのことを知っているにも関わらず、肝心のシマ自身のことは謎な部分が多いというミステリアスな役どころを見事演じています。

成河の受賞歴も調査

劇団公演から役者としてのキャリアをスタートさせた成河ですが、これまでに「エリザベート」や38役を1人で演じ分ける「フリー・コミティッド」という一人芝居を通じて着実にキャリアを積み上げてきました。その証拠に数々の賞も受賞しています。

2008年には文化庁主催の第63回文化庁芸術祭にて新人賞を受賞、さらには「エリザベート」では第24回 読売演劇大賞、上半期の男優賞に輝いています。

成河の結婚や子供の噂も調査

2019年誕生日を迎え38歳となった成河(ソンハ)ですが、プライベートでは結婚しているのでしょうか?また結婚しているとすれば子供は存在しているのでしょうか?

成河が結婚を思わせるブログ投稿をしていたという噂もありますが果たして本当でしょうか?成河はこれまでに暴露した理想の女性なども合わせて、成河のプライベートをまとめてご紹介します。

ソンハの結婚情報は謎に包まれたまま

2019年8月現在38歳の成河ですが、結婚しているか子供がいるのかどうかは結論から言うと不明です。後程詳しくご紹介しますが、成河の家族に関しては情報があるものの、成河本人のプライベートに関しては謎な部分が多いです。

「成河は結婚していない」、また反対に「成河は結婚している」「子供も2人いる」など全く正反対ともいえる噂がネットを見ると流れています。

憧れの女性は美加里

結婚、また子供の有無に関しては謎な部分が多い成河ですが、自身が憧れを抱いているという女性に関してはしっかりと語っています。成河が憧れを抱いた女性は美加里という女性です。この女性を見て、成河はプロを志すようになったと語っています。

美加里も成河と同じく「ク・ナウカ」という劇団に所属する女性です。いつどのような作品であったかは語られていませんが、美加里の舞台を見たことがきっかけだったようです。

当時抱いた感情についてですが、美加里が演じる姿を見て、「演劇はなんという世界を作り出せるのだろう」と猛烈に憧れを抱いたと成河は語っています。

ソンハの憧れ美加里とは

成河(ソンハ)がプロになろうと憧れを抱くほどの美加里という女性はどのような人物なのでしょうか?美加里は1962年東京都生まれの舞台女優です。

「青ひげ公の城」という作品で役者としてデビューを果たし、その後1990年に「ク・ナウカ」の立ち上げに参加しています。「ク・ナウカ」に所属後は主演女優として人形振りを演じており、「歌わないカナリア」とも呼ばれました。

その後も多くの舞台に立ちましたが、2007年に「ク・ナウカ」が活動を休止し、その後はピンで活動をしています。舞台女優でありながらも美加里の美貌、そして独特の世界観からファンは多く存在しています。

2006年のブログで結婚を匂わす投稿?

結婚や子供の有無に関しては謎に満ちている成河ですが、2006年に投稿されたブログで結婚を匂わせるような書き込みをしています。タイトルは「というわけで」というもので、「結婚しますよ」と一言最初に書かれています。

その下は特に結婚のことには触れておらず、当時成河が所属していた劇団のPRと「これからもよろしくお願いします」という文言で締めくくらています。

このブログは現在既に削除されており、詳しい内容は確認することができません。「結婚しますよ」という文言はただ単に劇団の主宰する舞台に関連するものであったのか、それとも本当に結婚す予定であったのか、今となっては分かりません。

また子供に関しても2009年に投稿されたブログに「『お月様はどこに行くの?』と子供に聞かれ、さてどこに行こうかしら、と二度泣きします。」と綴られています。

このブログ投稿に関しても謎が多いですが、もし2005年のブログで本当に結婚し、その後すぐに子供を授かっていたとすると2009年に3歳の子供が存在すると予想できます。もちろんこのブログも現在では確認できません。

成河の韓国との関係や家族について

東京都生まれの成河ですが、本名を見ると曺成河(チョ・ソンハ)となっており、日本人としてはかなり珍しい名前をしています。実は韓国人という噂がある成河ですが、果たして本当でしょうか?

成河と韓国との関係について、またとても仲が良いことで知られている成河の家族についてまとめてご紹介します。

成河は在日韓国人3世

成河は日本人ではなく、在日韓国人3世です。3世ということは成河の祖父は韓国で育ったものの、成河の父親の代から日本に住んでいたものと考えられます。

成河は第二次世界大戦以前から日本に住んでおり、1952年に日本国籍を離脱したもののその後も日本に住み続けている朝鮮半島出身者の子孫にあたり、特別永住権を獲得しています。

家族構成は両親と姉妹の5人家族

結婚に関しては特に分かっていない成河ですが、家族は父親、母親、姉、妹、そして成河を合わせて5人家族であると言われています。

年末年始は家族で旅行、姉と妹とは3人でカラオケに行くなどかなり仲が良いことで知られています。家族の年齢は分かっていませんが、父親は記者として仕事をしていたことがあり、現在では両親で飲食店を営んでいるという情報があります。

出身地は韓国ではなく日本?

成河は在日韓国人3世であり韓国をルーツに持つものの、生まれは日本東京都です。既に永住権を獲得していることを考えても、日本国籍も所有しているものと考えられます。

本名はチョ・ソンハ

成河の本名はチョ・ソンハ、漢字で表記すると曺成河と書きます。韓国人が来日など一時的な日本活動でなく、移住するなどして本格的に腰を据えて日本活動を行う際は、日本名に名前を変えることが一般的ですが、成河の場合は最初そのまま本名で活動していました。

在日韓国人の有名人の中ではなかなか稀なケースと言えます。成河がチョ・ソンハという本名で活動していたのは2011年までです。

2011年に成河(ソンハ)に改名

成河は2011年4月に本名であったチョ・ソンハから下の名前であるソンハだけを取って成河と名乗るようになりました。芸名を変えた理由に関しては特に明らかになっていません。

噂ではありますが、名字に当たる「チョ」という感じが日本ではなかなか使わない漢字であったためではないかとも言われていますが、真相は分かりません。いずれにしても改名前も改名後も成河は実名を変えずに活動していることが分かります。

成河の学歴

在日韓国人3世としてこれまでに多くの舞台、そしてテレビドラマ、映画と俳優として数々の功績を残している成河ですが、生まれ育った日本でどのような学歴を持っているのでしょうか?実は結婚を同じく成河の学歴も謎な部分が多く存在します。

詳しくは知られていないものの、分かる範囲で成河のこれまでの学歴を中学校から大学までまとめてご紹介します。

ソンハの学歴①出身中学は法政大学中学校との噂

ご紹介する成河(ソンハ)の学歴1つ目は中学校です。またしてもブログの中で成河は「吉祥寺近くで中高6年間通った」、「お坊っちゃん私立のきゃつらは覚えのある顔をしている」などと語っています。

そのため成河の出身中学校は吉祥寺の近く、そして私立であるということが予想できます。これに当てはまるのが法政大学中学校です。

ソンハの学歴②出身高校は法政大学高等学校?

また出身高校に関しても同じことが言えます。先程のブログを見るとお坊っちゃんというキーワードがあるため、加えて男子校ではないかと予想されます。こうした条件を見てもやはり当てはまるのが法政大学高等学校です。

公表はされていないものの、成河が綴っていた過去のブログから出身中学校と高等学校はそれぞれ法政大学の附属学校ではないかと世間では予想されています。

ソンハの学歴③大学は法政大学国際文化学部卒業

成河の学歴、最後にご紹介するのは大学です。これに関しては情報があり法政大学国際文化学部を卒業しています。法政大学に進学、そして卒業していることから見ても、成河の出身中学校と高校は法政大学系列の学校であったのではないかと予想されます。

ちなみに演劇活動は法政大学ではなく、東京大学にある駒場キャンパス内にて「ひょっとこ乱舞」に所属し行っていました。

成河は在日韓国人3世で結婚や子供は謎のイケメン俳優

現在では俳優として舞台、テレビドラマ、映画とマルチに活躍する成河(ソンハ)についてご紹介しました。テレビドラマには出演するものの、バラエティ番組などへの露出がほぼないため、結婚や子供などプライベートなことの多くは謎に包まれています。

意識して公開をしていないということも考えられますが、今後露出がより増えればバラエティ番組などに出演することも期待できます。今後も成河の活躍に注目です。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
383holly

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ