【スピードスケート】住吉都の死因は自殺?小平奈緒との関係など噂まとめ!

2018年の1月20日に突然この世を去ったスピードスケート選手の住吉都さん。当初から死因は「自殺だったのではないか?」と噂になっていました。ここでは住吉都さんの同級生だった小平奈緒さんとの関係や、噂になっている「亡くなられた理由」の真相について迫っていきます!

【スピードスケート】住吉都の死因は自殺?小平奈緒との関係など噂まとめ!のイメージ

目次

  1. 1住吉都(スピードスケート)のプロフィール
  2. 2住吉都の死因は自殺?
  3. 3住吉都の自殺理由とは
  4. 4住吉都と小平奈緒の関係
  5. 5住吉都の旦那・子供の噂や学歴
  6. 6住吉都のスピードスケート記録
  7. 7住吉都の死因は自殺の可能性が高い

住吉都(スピードスケート)のプロフィール

・愛称:みーやん

・本名:住吉都

・生年月日:1987年3月19日

・年齢:享年32歳

・出身地:北海道釧路市

・血液型:O型

・身長:162cm

・体重:56kg

・活動内容:スピードスケート選手

・所属グループ:???

・事務所:ローソン

・家族構成:父、母、姉

住吉都の経歴

北海道の釧路市で生まれた住吉都さんは、スピードスケートが盛んである釧路市ということもあって、小さい頃からスケートが身近にあったそうです。住吉都さんがスピードスケートと出会ったきっかけは、お姉さんに付き添ってスケートに行ったことが始まりました。

当時、お姉さんが滑っていたスケート場の近くに雪山があり、住吉都さんはその雪山で遊ぶことが大好きだったそうです。きっとその雪山からお姉さんのスケートをする姿を見て、住吉都さんもスケートの道に進んでいったのでしょう。

その後、高校に進学する頃にはすっかりスピードスケートの魅力にはまってしまっていたそうで、1年生の時にはインターハイの1500mで8位に入賞するほどの実力をつけていました。

スピードスケートにも打ち込む一方で勉学にも一生懸命に励み、見事に国立大学の信州大学へと進学することに成功します。信州大学では、平昌オリンピックで金メダルを獲得した小平奈緒さんと同級生だったそうです。

進学した信州大学では小平奈緒さんと切磋琢磨することによって、インカレで3連覇を成し遂げるなど将来有望な選手としてメディアなどに取り上げられていました。この頃に1500mなどの中距離から500、1000mなどの短距離を専門とするようになったそうです。

卒業後は企業チームに所属したものの、所属チームの廃部という憂き目に遭ってしまいます。その結果、活動資金の調達ができずに練習にも支障をきたすようになってしまいましたが、決して腐らずに懸命に練習に打ち込んだそうです。

その後、JOCとトップアスリートの就職を支援する「アスナビ」を利用して、ローソンという所属先を見つけたのはソチオリンピックが行われる前年の2013年のことでした。

2013年と2014年の世界スプリントスピードスケート選手権で好成績を収めた住吉都さんは、翌2014年のソチオリンピックの代表に選ばれます。結果は500mが14位、1000mは22位だったそうですが、住吉都さんの名前が世界にとどろいた瞬間でもありました。

ソチオリンピック後は怪我などの影響もあり、記録が伸び悩むようになってしまいます。それでも2018年の平昌オリンピック出場を目指して懸命に努力を重ねていたそうです。

しかし懸命の努力も実らず2017年の平昌オリンピック代表選考会では、500mが18位、1000mは22位という結果に終わってしまいます。まだまだこれから活躍が期待できると誰もが思っていた矢先、2018年の1月20日に自宅で死去されていたことが発表されました。

住吉都の死因は自殺?

2018年1月20日に住吉都さんが自宅で死去されていたというショッキングなニュースが飛び込んできました。現役スポーツ選手の死にスピードスケートファンのみならず、誰もが驚いたのではないでしょうか?

そんな住吉都さんの死去のニュースを受けて、「なぜ亡くなってしまったのか?」という理由が気になったのは言うまでもありません。それほど住吉都さんの死去のニュースは世間を揺るがしました。

住吉都さんの死因については公に発表されることがなかったので、SNSなどでは死因について様々な憶測が飛び交います。「事故」、「病気」、「自殺」などいろいろな原因が考えられたのですが、「自殺だったのではないか?」という意見が大勢を占めているようです。

ここでは、住吉都さんが自殺したと言われている理由と、死去の原因が他にもあったのではないかという可能性についてみていきます。

2018年1月20日に他界

平昌オリンピックを翌月に控えた2018年1月23日、所属先でもあったローソンが、住吉都さんが1月20日に自宅で亡くなっていたことを発表しました。

2017年の12月27日から長野市で行われていた平昌オリンピックの代表選考会には、500mと1000mにしっかりとエントリーをしていました。そのわずか3週間後にこんな結末が待っていようとは誰が予想できたでしょう。

死因①NHKが自殺と報道

平昌オリンピックの代表選考会でも、元気に滑る姿が目撃されていた住吉都さん。その突然の死に誰もがその死因について気になったのではないでしょうか?事故や病気、自殺など様々な死因が考えられる中、住吉都さんの死因についてNHKのニュース報道がありました。

NHKのニュース報道では、住吉都さんが自宅で亡くなっていたことが報じられていたのですが、「関係者によりますと、現場の状況などから自殺とみられるということです。」という言葉が含まれていました。

このニュースにより、世間の住吉都さんの死因は「自殺だったのではないか?」という見方が大勢を占めるようになっていったともいわれているようです。

死因②病気説

NHKの報道により住吉都さんの死因は自殺だったのではないかという噂が流れるようになりましたが、SNSなどでは「病気が死因ではないか?」という意見も出ているようです。

しかし、2017年の12月に行われた平昌オリンピックの代表選考会に出場していたことを考えれば、大病を患っていてそれが理由で亡くなられたとは考えにくいのではないでしょうか?住吉都さんが大病を患っていたという噂もないようです。

では、大病ではないとすると「突然死」ということも考えられるかもしれません。アスリートの中には現役選手であるにもかかわらず、心筋の異常な肥大による「肥大型心筋症」で突然死をしてしまうことがあります。

もしかすると住吉都さんも直前まではとても元気だったのに、心臓に何らかの異常が出てしまったことで、このような結末になってしまったとも考えられるのではないでしょうか?

住吉都の自殺理由とは

SNSなどでは、住吉都さんの死因が自殺とも病気とも言われているようですが、「やはり自殺だったのでは?」という意見が大勢を占めているようです。

もし、住吉都さんが自殺をしてしまったのであれば、その原因とは一体何だったのでしょうか?ここでは、住吉都さんを追い詰めてしまったであろう理由についてみていきます。

死因は自殺の可能性が高い

住吉都さんの死因については自殺の可能性が高いと言われているのですが、一体なぜ自殺だと言われるようになってしまったのでしょう。それは、住吉都さんの亡くなった場所と亡くなられた後の報道にあるようです。

住吉都さんが亡くなられていた場所は自宅だったそうです。前述したように病気を患っているのであれば病院で亡くなることが多いでしょうし、突然死の場合でもその後の報道で病名などが公表されることが多いでしょう。

しかし住吉都さんの場合は、ご遺族の意向もあり死因や葬儀、告別式の日取りも公表されないという状況でした。あくまでも可能性の話なので絶対ではありませんが、これらのことを踏まえて住吉都さんの死因は自殺であったのではないかと噂されているようです。

自殺理由は平昌オリンピックが関係との噂

では住吉都さんの死因が自殺であった場合、自殺しなければならないほどの理由とは何だったのかが気になるのではないでしょうか?SNSなどで言われているのは平昌オリンピックとの関係だそうです。

2014年のソチオリンピックの500mと1000mに出場をしている住吉都さん。結果は残念ながら入賞には届かず14位と22位でした。もちろんその悔しさをバネに4年後の平昌オリンピックへの出場を目指していたはずです。

ソチオリンピックからの4年間はナショナルチームから外れてしまい、それこそ一般人には想像もできないほどの苦しい練習に耐えてきたはずです。しかし満を持して臨んだ平昌オリンピックの代表選考会では、思ったような成績を上げることができませんでした。

怪我の影響も多分にあったことが想像できますが、住吉都さんのその時の悔しさは計り知れないものがあったでしょう。この平昌オリンピックの代表選考会の結果が、住吉都さんを自殺に追い込んでしまったのではないかと言われているようです。

遺書なども発見されず自殺理由は謎

SNSなどでは平昌オリンピックの代表から漏れてしまったことが、自殺してしまった理由なのではないかと言われているようですが、その理由はいまだにハッキリとわかっていません。

平昌オリンピックの代表から漏れてしまったことが原因で自殺してしまったという話も、あくまでも残された者たちの勝手な推測でしかなく、遺書などが残されているわけでもないようです。

SNSなどでは、「ブログで精神的に追い込まれていたのではないか?」、心理カウンセラーの人に影響を受けてしまっての自殺だったのではないか?」など理由については様々な憶測が飛び交っている状態で、すべては謎に包まれていると言えるのではないでしょうか?

住吉都と小平奈緒の関係

30歳という若さで突然この世からいなくなってしまった住吉都さん。実は平昌オリンピックで金メダルを獲得した小平奈緒さんとは深いつながりがあったのをご存知でしょうか?

ここでは、平昌オリンピックで金メダルを獲得した小平奈緒さんと住吉都さんの関係についてみていくことにします。

スピードスケート選手・小平奈緒とは

長野県茅野市で生まれた小平奈緒さんは、小さい頃からスピードスケートに打ち込んでいたそうで中学時代よりその頭角を現します。

全日本ジュニアのスプリント部門を中学生にして制覇し、進学した伊奈西高校ではインターハイで500mと1000mの2冠に輝いたそうです。その後は信州大学に進学し全日本距離別選手権などの大会で優勝を果たすなど、日本の第一人者としての地位を築いていきます。

2010年のバンクーバーオリンピックでは、1000mと1500mで5位に入賞し女子団体パシュートでは銀メダルを獲得しました。その後の2014年のソチオリンピックでも500mで5位入賞を果たします。

そして30歳という年齢で迎えた平昌オリンピックでは1000mで銀メダルを獲得し、続く500mでも36.94秒というオリンピックレコードをたたき出しての金メダル獲得となりました。W杯でも通算22勝という金字塔を打ち立てた日本短距離界のエースです。

小平奈緒とは信州大学の同級生

平昌オリンピックで金メダルを獲得して日本中を歓喜の渦に巻き込んだ小平奈緒さん。実は小平奈緒さんが通っていた信州大学の同級生には亡くなられた住吉都さんがいました。

大学入試の時に小平奈緒さんがガチガチに緊張していたのを住吉都さんがほぐしてくれたエピソードや、同じスピードスケートの選手として切磋琢磨してお互いを高め合ってきたと話されていました。

小平奈緒はスピードスケート金メダリスト

これまでの日本の女子スピードスケートの歴史で、オリンピックのメダリストになった人は数えるほどしかいません。しかも金メダルを獲得できた人はいまだかつておらず、それほど世界の頂点に立つことは容易ではないことがおわかりいただけることでしょう。

そんな中、2018年の平昌オリンピックで史上初の快挙が達成されます。小平奈緒さんの見事な滑りに感動して涙を流した人もいるのではないでしょうか?500mで女子スピードスケート史上初の金メダルを日本にもたらしてくれたことは記憶に新しいでしょう。

金メダル獲得で住吉都へのコメント

平昌オリンピックが開催されるわずか1か月前にこの世を去ってしまった住吉都さん。住吉都さんと小平奈緒さんとの絆が深かったことを小平奈緒さんの会見やコメントで知ったという人もいたことでしょう。

そんな小平奈緒さんは住吉都さんに向けて、「本人の前で金メダルを獲ったと報告したかった」と涙ながらに話されていました。実は2018年の年明けに小平奈緒さんは住吉都さんと一緒に食事をして、スケート談議に花を咲かせていたそうです。

その時の住吉都さんの様子は、小平奈緒さんからスケートについて何かを学ぼうとする前向きな姿勢が見て取れたそうです。ですから、小平奈緒さんも住吉都さんの突然の死を受け入れることは難しかったのではないでしょうか?

住吉都さんのご遺族からも「都の分まで頑張って」と励まされていたことや、生前の住吉都さんから「奈緒が金メダルを取ったら私が金メダルを取ったのと同じ」と言ってくれていたことが救いの言葉であったことを話されていました。

住吉都の旦那・子供の噂や学歴

ソチオリンピックの代表となり数々の大会で好成績を収めてきた住吉都さんですが、SNSなどでは住吉都さんが結婚をして旦那さんや子供さんがいたのではないかという噂が広がっているようです。

ここでは、スピードスケートに打ち込んできた住吉都さんが結婚をして、旦那さんや子供さんがいたのかという噂や出身高校、大学などの学歴についてみていきます。

旦那や子供の噂もネット上で話題に

モデルさんや俳優さんなどに限らず、スポーツ選手などある程度有名になってしまうとどうしても結婚しているのかどうかが気になってしまうものです。ファンであればそれはなおさらであり、皆さんも一度や二度は気になったことがあるのではないでしょうか?

女子スピードスケートの第一線で活躍していた住吉都さんについても、やはり結婚していたのではないかという噂が持ち上がっています。おそらくは住吉都さんの30歳という年齢も、結婚しているのではないかという噂が持ち上がった理由になっているように思われます。

住吉都は結婚していない可能性が高い

SNSなどで結婚して旦那さんや子供さんがいるのではないかと噂になっていた住吉都さんですが、実際には結婚をされていなかった可能性が高いようです。

ネットでは結婚しているどころか彼氏の存在すら出てこない状態でした。おそらくはトップアスリートになると、恋愛にうつつを抜かしている暇などないのではないでしょうか?4年に1度のオリンピックに出るために必死になっているはずです。

もし住吉都さんが一般人であったならば、あれだけのかわいらしい人を世の男性は放っておかないでしょう。しかしストイックなまでに自分を追い込んで競技に集中をしていた住吉都さんは、恋愛は二の次と考えていたように思われます。

ですから、SNSなどで話題になっている住吉都さんが結婚しているのではないかという噂は、限りなく可能性の低い噂ということになるでしょう。

住吉都の学歴

オリンピックの代表選手となり華々しい活躍を続けていたにもかかわらず、突然この世を去ってしまった住吉都さん。その輝かしい実績から住吉都さんの学歴についても気になるのではないでしょうか?

スピードスケートと勉学に一切手を抜かない文武両道だったと噂されている住吉都さんの輝かしい学歴についてみていきましょう。

出身高校は釧路北陽高校

女子スピードスケートの世界で輝かしい実績を残してきた住吉都さんですが、出身高校は北海道の釧路北陽高校だそうです。釧路北陽高校と言えば1984年のサラエボオリンピックの男子スピードスケートを思い起こす人もいるのではないでしょうか?

500mで銀メダルを獲得した北沢欣浩さんの母校としても知られています。そんな釧路北陽高校でスピードスケートに打ち込んできた住吉都さんは、生まれ持ったストイックに頑張る性格もあって瞬く間に頭角を現していったそうです。

しかし、才能はあったものの完全に開花したとはいえず、インターハイなどでも入賞はするものの優勝はなかなかできませんでした。住吉都さんの恩師でもある榊稔監督もおっしゃっていましたが、文武両道でスケートにも勉強にも手を抜かず頑張っていたそうです。

大学は信州大学

スピードスケートと勉強の両方で結果を残すという文武両道を地で行っていた住吉都さん。高校を卒業して企業チームに入っていく人が多い中、住吉都さんは長野県松本市にある国立大学の信州大学への進学を決めました。

高校時代は1500mなどの中距離を得意としていた住吉都さんですが、大学4年生の時に500mや1000mが主の短距離を専門とすることに決めたそうです。

おそらく住吉都さんが信州大学を選んだ理由は、小平奈緒さんと同じではないかと考えられます。信州大学の結城匡啓コーチの存在が大きいのではないでしょうか?結城匡啓コーチは長野オリンピックの金メダリストでもある清水宏保さんのコーチとしても有名です。

きっと結城匡啓コーチの指導を受けて、自らのスケートをさらなる高みに持っていきたかったのではないかと推測されます。

住吉都のスピードスケート記録

釧路北陽高校から信州大学、その後は社会人としてソチオリンピックにまで出場を果たした住吉都さん。その才能は高校時代から片鱗を見せ始めており、数々の大会で輝かしい実績を収めてきたことは言うまでもありません。

ここでは住吉都さんの釧路北陽高校と信州大学での成績と、社会人になってからの国際大会での成績についてみていきます。

スピードスケート記録①インターハイ1500mで8位

お姉さんの影響で小学校1年生からスピードスケートの世界で努力を続けてきた住吉都さんですが、高校時代にはインターハイで輝かしい実績を残しています。

高校1年生の時に出場したインターハイで、1500mで8位に入賞するという快挙を達成しました。2年生の時は12位、3年生の時は9位と入賞にわずかに手が届きませんでしたが、一生懸命に努力を続けていたそうです。

当時活躍していた同年代の選手に、バンクーバー、ソチオリンピックに出場した石澤志穂さん、トリノオリンピックに出場した石野枝里子さんや大津広美さんなどの有力選手がひしめいていたことを考えると非常に優秀な成績であったことがわかるでしょう。

スピードスケート記録②インカレ総合3連覇

高校時代には中距離の選手として、インターハイの1500mで8位入賞という素晴らしい成績を収めた住吉都さん。信州大学に進学してからもその勢いは衰えることはありませんでした。

大学1年生の時に出場したインカレでは、500m、1500m、3000m、5000mという種目の総合で1位となります。その後2年生と3年生でも総合1位を達成し、見事にインカレ3連覇という偉業を成し遂げました。

この時の住吉都さんが得意としていたのは1500mなどの中距離でしたが、500mや1000m、5000mでもコンスタントに好タイムを出しており、オールマイティに滑ることができる選手であったことがわかります。

スピードスケート記録③世界スプリントスピードスケート選手権大会13位

高校時代のインターハイ、大学時代のインカレと数々の輝かしい実績を残してきた住吉都さんですが、社会人になってからも素晴らしい実績を残しています。

2013年にアメリカのソルトレークシティで行われた「世界スプリントスピードスケート選手権大会」では、500mと1000mに出場し13位に入る成績を収めました。翌年に長野で行われた同じ大会でも13位という好成績を収めます。

この時の世界スプリントスピードスケート選手権大会での13位という成績は、世界屈指のスピードスケート選手だったアメリカの「ヘザー・ベルフスマ」さんなども出場していることを考えると、素晴らしい成績だったと言えるでしょう。

住吉都の死因は自殺の可能性が高い

2018年の1月20日に突然亡くなってしまった住吉都さん。30歳という年齢はあまりにも早すぎると住吉都さんを惜しむ声が多く上がっていました。小平奈緒さんも同い年ですから住吉都さんもまだまだ活躍できる年齢だったはずです。

NHKの報道などから推測して、住吉都さんはやはり自殺の可能性が高いようです。きっと本人にしかわからない深い苦悩があったのでしょう。苦しみから解放されて安らかに眠る住吉都さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ