【コードブルー】趣里の役や演技の評判は?

水谷豊と伊藤蘭の娘の趣里は二世タレントとして活躍しています。趣里はコードブルーに出演していると話題になりました。コードブルーでの趣里の役柄や演技の評判が気になります。趣里のコードブルーでの役柄や演技の評判について調査してみました。

【コードブルー】趣里の役や演技の評判は?のイメージ

目次

  1. 1趣里のプロフィール
  2. 2趣里はコードブルーに出演している?
  3. 3趣里のドラマの役柄や演技の評判
  4. 4趣里の演技力を両親と比較!
  5. 5番外編:コードブルー出演者の役や演技の評判
  6. 6趣里はコードブルーに出演していなかったが演技が話題!

趣里のプロフィール

・愛称:???
・本名:水谷趣里(みずたに しゅり)
・生年月日:1990年9月21日
・年齢:31歳(2022年3月現在)
・出身地:東京都
・血液型:O型
・身長:158㎝
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:トップコート
・家族構成:水谷豊(父)、伊藤蘭(母)

趣里の経歴

趣里は1990年9月21日に東京都で生まれました。水谷豊と伊藤蘭との間に一人娘として誕生し注目されています。趣里は4歳からクラシックバレエを習っていて、本格的にバレリーナを目指していました。15歳の時に本場・イギリスのバレエ学校にバレエ留学しています。

しかしイギリスで度重なる怪我に遭遇し、治療のために帰国しました。高等学校卒業程度認定試験大学入学の資格をとり、大学に進学しています。リハビリを続けましたが、バレリーナの夢は断念しました。アルバイトや就職活動をしている時に、演技学校「アクターズクリニック」のレッスンを受け、演技に目覚めました。

趣里はその後、エイベックス・マネジメントに所属しました。2011年にオーディションに合格し、『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』で女優としてデビューしています。大学4年生の時に中退し、女優の道に進みました。

デビュー後も女優としてのレッスンを重ね、数多くの舞台や映画、テレビドラマに出演しました。2014年6月に劇団オーストラ・マコンドーに加入しています。その後、舞プロモーションに所属し、フリーを経て、2015年4月からトップコートに所属しました。

2016年にNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演し注目されています。2012年から2016年までは舞台を中心に活動をしていました。2017年にはドラマ『リバース』に出演し、その演技力が話題になっています。同年11月に『過ちスクランブル』で連続ドラマに初主演を果たしました。

2018年4月からは『ブラックペアン』に出演し話題になっています。2018年に映画『生きてるだけで、愛。』で主演を務めました。この作品で第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞、おおさかシネマフェスティバル2019主演女優賞、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

Thumb【リバース】趣里の役や演技の評判は?
現在女優として人気と知名度を高めている趣里。そんな趣里が世間から注目を集めるきっかけとなった...

趣里はコードブルーに出演している?

趣里はコードブルーに出演していると話題になりました。趣里は本当にコードブルーに出演しているのか、その真相に迫ってみました。趣里はコードブルーでどんな役柄を演じたのかについてもご紹介しましょう。

趣里のドラマ『コードブルー』出演説の真相

趣里のドラマ『コードブルー』出演説の真相に迫ってみました。趣里は『コードブルー』にも出演していると話題になりました。趣里は本当にコードブルーに出演しているのでしょうか?

ドラマ『コードブルー』とは

ドラマ『コードブルー』はフジテレビ系で放送された医療ドラマシリーズです。山下智久が主演を務め、1st seasonは2008年7月3日から9月11日まで放送されています。2nd seasonは、2010年1月11日から3月22日まで放送されました。

2017年7月17日から9月18日までは3rd seasonが放送されています。2018年7月27日に劇場版が公開され話題になりました。

趣里はドラマ『コードブルー』に出演していない?

趣里はドラマ『コードブルー』に出演していると話題になっています。しかし、実は趣里はドラマ『コードブルー』には出演していません。

趣里のドラマ『コードブルー』出演の噂浮上の理由は?

趣里はドラマ『コードブルー』に出演していると噂されていますが、実際には出演しておりません。なぜ趣里はドラマ『コードブルー』に出演していると噂されたのでしょうか?噂が浮上した理由に迫ってみました。

趣里は水谷豊と伊藤蘭の娘であり、二世タレントとして活躍しています。コードブルーに出演したのもコネで出演したと噂されたようです。しかし、趣里は実際にはコードブルーに出演しておりません。コードブルーに出演している田鍋梨久花が趣里にそっくりだったことから勘違いをした人が多かったようです。

親のコネでコードブルーに出演したというのは単なる噂だけだったようで、間違った情報でした。二世タレントの場合、どうしてもコネ疑惑が浮上したり、親の七光りと噂されたりします。趣里もこのような理由からコードブルーに出演したと噂されたのでしょう。

趣里のドラマの役柄や演技の評判

趣里のドラマの役柄や演技の評判について調査してみました。趣里は水谷豊と伊藤蘭の娘なので、ドラマや映画に出演すると話題になっています。趣里の演技力の評判や映画やドラマでの役柄についてご紹介しましょう。

趣里は人気ドラマ多数出演の演技派女優

趣里は数多くの人気ドラマに出演しています。趣里は2011年に『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』で女優としてデビューしました。その後は数多くの人気ドラマに多数出演し、高い演技力が注目されています。

趣里の演技力は高評価を受けていて、様々な賞も受賞しています。「ブラックペアン」での演技力にも注目が集まりました。

趣里の代表出演ドラマでの役柄を調査

趣里の代表出演ドラマでの役柄を調査してみました。「ブラックペアン」では嵐の二宮和也演じる悪魔の天才医師の右腕となる看護師役を熱演しています。医師の相棒的なポジションで、クールな思考を持つ看護師役です。

2016年にはNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演し、「あなたの暮らし社」の新入社員である大塚寿美子役を務めていました。出演回数は少なかったのですが、重要な役柄を演じ話題になっています。

2017年にはドラマ「リバース」で議員秘書の奥さん役を演じました。狂気的な行動をする役柄で、趣里の演技力の高さに注目が集まっています。趣里はおしとやかな雰囲気の役柄から、狂気的な役柄まで幅広く演じることができる演技派の女優です。

趣里の女優としての演技の評判

趣里の女優としての演技の評判についてご紹介しましょう。趣里は演技力が高いと話題になっています。趣里は水谷豊と伊藤蘭の娘で、二世タレントとして有名。親のコネ疑惑がささやかれていたり、親の七光りと噂されたりしていますが、趣里の演技力はとても高いと評判でした。

趣里の演技の評判はとても良く、「趣里の個性的なルックスが大好き」「お芝居が凄すぎる!舞台でのお芝居はさらに凄い!」「演技派の女優」など、趣里の演技力を評価する声が多数聞かれました。

趣里の演技力を両親と比較!

趣里の演技力を両親と比較してみました。趣里の父親は俳優の水谷豊で、母親は元キャンディーズの伊藤蘭です。2人の間に一人娘として誕生しました。趣里の両親はとても有名な人なので、世間からは「親の七光り」という声も聞かれています。

趣里の両親は演技力が高いと評判ですが、趣里の演技力はどうなのでしょうか?趣里の両親と比較してみたのでご紹介しましょう。

親の七光りと言わせないほどの趣里の演技力

親の七光りと言わせないほどの趣里の演技力の高さが話題になっています。趣里の演技力はとても高く、強烈な役柄からおとなしい役柄まで幅広くこなすことができる実力派女優です。

「水谷豊の娘だから」や「伊藤蘭の娘だから」と言わせないくらい、趣里の演技力の高さが注目されています。

水谷豊(父親)との演技力を比較

趣里と父親の水谷豊との演技力を比較してみました。水谷豊は数多くのドラマや映画で活躍している俳優です。個性派俳優として知られていて、その演技力の高さが話題になっています。

趣里は父親の水谷豊と同じく演技力が高いと言われています。個性的な役柄もこなしているのは父親譲りだと言えるでしょう。

水谷豊とは

水谷豊は1952年7月14日生まれの俳優・歌手です。映画監督としても活躍しています。北海道芦別市出身で、4人兄弟の末っ子として生まれました。1965年、13歳の時に劇団ひまわりに入団し、1968年に『バンパイヤ』のオーディションを受けデビューしています。

1970年に『その人は女教師』で映画デビューを果たしました。高校入学後に芝居を一旦やめ、2年間のブランクを経て1972年に芸能活動を再開しています。1972年7月にドラマ『太陽にほえろ!』に出演しました。1974年10月に『傷だらけの天使』に出演しています。

1978年10月にはドラマ『熱中時代(教師編)』で主演を務め大ブレイクしています。その後、『刑事貴族』や『相棒』などレギュラードラマで出演を務めました。2017年に公開された映画『TAP THE LAST SHOW』では主演を務めると共に監督としてもデビューしています。

水谷豊は歌手としても活動していて、1977年に「はーばーらいと」で歌手デビューしました。私生活では1982年にミッキー・マッケンジーと結婚し、1986年5月に離婚しています。1989年1月に伊藤蘭と再婚しました。

水谷豊の演技に対する世間での評判

水谷豊の演技に対する世間での評判についてご紹介しましょう。水谷豊と言えば何と言ってもドラマ「相棒」での演技が注目されています。水谷豊の相棒での役柄ははまり役で、長期間に渡り多くの人を魅力してきました。

「水谷豊の演技はワールドクラス」「水谷豊の声がとてもいい」「水谷豊の演技は半端ない」「表情の演技が抜群」など、水谷豊の演技力を絶賛するコメントが多数聞かれました。

伊藤蘭(母親)との演技力を比較

趣里と母親の伊藤蘭との演技力を比較してみました。趣里は伊藤蘭と似て美人だという声も聞かれます。個性的な顔をしていて、演技も個性派なので、伊藤蘭の娘と聞いて驚く人も多いようです。

伊藤蘭とは

伊藤蘭は1955年1月13日に生まれました。東京都武蔵野市出身の女優、ナレーター、歌手です。1972年に『歌謡グランドショー』のマスコットガールのオーディションに合格しました。1973年9月1日にキャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビューしています。

1978年4月4日にキャンディーズを解散し、芸能界を引退しました。1980年に映画『ヒポクラテスたち』に主演し、本格的に女優として復帰しています。1981年に舞台『少年狩り』に出演しました。

伊藤蘭の演技に対する世間での評判

伊藤蘭の演技に対する世間での評判についてご紹介しましょう。伊藤蘭の演技は自然体で優しい中にもしっかりとした芯を感じさせる演技だと話題になっています。優しい表情の時と、ビシッと決める時の表情の違いに注目が集まりました。

番外編:コードブルー出演者の役や演技の評判

コードブルー出演者の役や演技の評判について調査してみました。コードブルーは人気ドラマで、出演者の役や演技力が注目されました。コードブルーにはどんな出演者がいて、どんな役柄を演じているのでしょうか?演技の評判についてもご紹介しましょう。

ドラマ『コードブルー』出演者の役や演技①山下智久編

ドラマ『コードブルー』で山下智久は脳外科医・藍沢耕作役を演じました。とてもクールな役柄で、感情を表に出さないちおう役柄です。冷静に合理的に行動し、無表情ですが、厳しい中にも優しさを感じさせてくれます。

山下智久の演技は表情やしゃべり方に抑揚がないため、無表情で棒演技という声も聞かれました。感情を表さないキャラクターなので、山下智久に求められる演技力のハードルが高いように思われます。一方で山下智久の細かい演技力を評価する声も聞かれました。目の演技力を評価する声もありました。

ドラマ『コードブルー』出演者の役や演技②戸田恵梨香編

戸田恵梨香はコードブルーでフライトドクター・緋山美帆子役を演じました。戸田恵梨香はコードブルーでの演技力が注目され、演技力が高いと話題になっています。まるで実際の現場のように見えるほどの演技力でした。

戸田恵梨香のコードブルーでの演技は共演者も魅了するほどです。焦っている状況の中でも落ち着いて治療しようとする演技がとてもリアルで演技力の高さが注目されました。

ドラマ『コードブルー』出演者の役や演技③新垣結衣編

新垣結衣は真面目でしっかりとした医師の白石先生を演じています。新垣結衣の演技力はとても高いと評判でした。穏やかな役柄から勝気でしっかりとした役までこなす新垣結衣は演技が上手いと注目されています。

ドラマ『コードブルー』出演者の役や演技④比嘉愛未編

比嘉愛未はコード・ブルーで看護師役を演じています。比嘉愛未の演技はとてもリアルで、演技していることを忘れ見入ってしまうほどです。涙を流すシーンもとても自然で、素敵な演技をしていると話題になりました。

優秀で完璧なナース、強くて美しい役柄を熱演しています。無理をしておらず、いつも自然体で、大人っぽい印象の中にも女性らしさがある比嘉愛未に魅了された視聴者も多かったようです。

趣里はコードブルーに出演していなかったが演技が話題!

趣里はコードブルーに出演していたのかについてご紹介しました。趣里はコードブルーには出演していませんでしたが、演技力の高さが話題になっています。趣里は水谷豊と伊藤蘭の娘ですが、親の七光りではなく、実力派の女優です。両親は有名人ですが、自分で頑張り、実力派女優になりました。今後も趣里に注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ