【首都圏連続不審死事件】犯人の木嶋佳苗の生い立ち!犯行の経緯や獄中結婚の真相も調査

日本中を震撼させた【首都圏連続不審死事件】について考察します。犯人の木嶋佳苗の生い立ちや、首都圏連続不審死事件の概要、そして木嶋佳苗の3度の獄中結婚にまつわるエピソードなどをご紹介します。木嶋佳苗はどのような経緯を経て犯行に至ったのでしょうか?

【首都圏連続不審死事件】犯人の木嶋佳苗の生い立ち!犯行の経緯や獄中結婚の真相も調査のイメージ

目次

  1. 1【首都圏連続不審死事件】の概要
  2. 2木嶋佳苗死刑囚の生い立ち
  3. 3首都圏連続不審死事件の犯行手口の概要
  4. 4首都圏連続不審死事件の裁判と判決
  5. 5木嶋佳苗死刑囚の獄中結婚とその後
  6. 6首都圏連続不審死事件で木嶋佳苗は死刑判決で3度の獄中結婚

【首都圏連続不審死事件】の概要

この章では、【婚活殺人事件】【婚活連続殺人事件】とも呼ばれている【首都圏連続不審死事件】の概要について解説します。首都圏連続不審死事件の被害者の概要などについても併せてご覧下さい。

2007年-2009年に発生した連続不審死事件

首都圏連続不審死事件は、2007年から2009年の間に発生した事件です。この2年間の間に複数の男性が、自殺とも思える不審な死を遂げていました。そしてその男性達が1人の女性と交際していたことが明らかになり、その女性が容疑者として立件されたのです。

犯人は木嶋佳苗で結婚詐欺師?

2007年から2009年の間に不審死を遂げた男性達と交際していたのは、木嶋佳苗という無職の女性でした。2009年に埼玉県富士見市で見つかった男性の遺体が、自殺にしては不審な点が多かったため、埼玉県警が事件という扱いで捜査を開始しました。

その結果、男性と交際していた木嶋佳苗の存在が浮かび上がったのです。木嶋佳苗には死亡した男性の他にも多数の交際相手がいた事から、埼玉県警は木嶋佳苗を結婚詐欺の容疑で逮捕したのでした。

首都圏連続不審死事件の被害者の概要

詐欺の容疑で逮捕される前に、木嶋佳苗の交際相手達のうち、2009年に死亡した男性を含めると6人が死亡している事が明らかになりました。首都圏連続不審死事件において、木嶋佳苗の手にかかって死亡したとされている6人の男性の概要をご覧下さい。

1人目の被害者:千葉県松戸市の70歳男性

首都圏連続不審死事件の1人目の被害者は、千葉県松戸市の70歳男性です。この男性は、2008年8月に自宅の風呂場で亡くなりました。死因は不明です。自営業でかなりの収入を得ていたこの男性は、亡くなるまでに木嶋佳苗に7,400万円にも及ぶ金額を貢いでいたのだそうです。

2人目の被害者:東京都青梅市の53歳男性

首都圏連続不審死事件の2人目の被害者は、東京都青梅市の53歳男性です。この男性は、2009年1月末に亡くなり、2月4日に発見されました。死因は練炭による一酸化炭素中毒です。亡くなる直前、男性の銀行口座から木嶋佳苗の口座へ1,700万円が振り込まれている事が判明しました。

3人目の被害者:千葉県野田市の80歳男性

首都圏連続不審死事件の3人目の被害者は、千葉県野田市の80歳男性です。この男性は、2009年5月15日に自宅で亡くなりました。自宅は火事で全焼し、遺体近くの和室に練炭数個が置かれていた事が判明しました。

死因は一酸化炭素中毒で、更に、睡眠薬を飲む習慣がなかった男性の体から大量の睡眠薬が検出されています。この男性の死亡直後、木嶋佳苗は男性の口座から190万円近い金を引き出しています。

4人目の被害者:東京都千代田区の41歳男性

首都圏連続不審死事件の4人目の被害者は、東京都千代田区の41歳男性です。この男性は、2009年8月6日、埼玉県富士見市の駐車場に停められていたレンタカーの中から遺体で発見されました。死因は一酸化炭素中毒でした。

しかし、男性自身が一酸化炭素中毒の原因となった練炭を扱った形跡はなかったほか、自殺としては不審な点が多かったため、埼玉県警が捜査を開始したのです。この男性は、亡くなる前に木嶋佳苗に約470万円を渡していました。

その他にも関東地方在住の中年男性2名

上に挙げた4人の男性のうち、首都圏連続不審死事件の起訴事案となったのは2人目の被害者からで、1人目の被害者は起訴事案になっていません。そして、この4人の他にも、死亡日は不明なのですが、2人の男性が不審死を遂げている事が判明しています。

詐欺や窃盗被害者の男性も数名浮上

不審死を遂げた男性以外にも、詐欺や詐欺未遂や窃盗の被害にあった男性もいました。木嶋佳苗は、3人の男性から100万円以上の金を騙し取ったとして詐欺罪で立件されています。

更に、1人の男性から5万円を盗んだ窃盗罪や、2人の男性から100万前後の金を騙し取ろうとした詐欺未遂罪で起訴されています。これらは全て2008年から2009年にかけて犯した罪でした。

木嶋佳苗死刑囚の生い立ち

首都圏連続不審死事件を起こした犯人である木嶋佳苗の生い立ちを見てみましょう。木嶋佳苗はどんな場所に生まれ、どんな環境で育ってきたのでしょうか?首都圏連続不審死事件の主犯・木嶋佳苗は、どんな女性だったのでしょうか?

生い立ち①北海道別海町出身との噂

生い立ちその1「北海道別海町出身との噂」をご覧下さい。木嶋佳苗は、農業と漁業の盛んな観光の街・北海道別海町の出身だと言われています。高校卒業までは別海町で育ち、別海高校を卒業した後に上京しました。

生い立ち②裕福なエリート家族の長女として誕生

生い立ちその2「裕福なエリート家族の長女として誕生」をご覧下さい。木嶋佳苗の実家はエリート一族で有名でした。父は行政書士の資格を持つ大学職員、母はピアノ講師で、祖父は3期も町議会議長を務めた経歴を持っていました。木嶋佳苗自身も成績優秀でした。

生い立ち③母親は変わり者?

生い立ちその3「母親は変わり者?」をご覧下さい。ピアノ講師をしていた母の影響で木嶋佳苗自身もコンクールで優秀な成績を修めていたのですが、近所付き合いもしない変わり者と言われる母親と木嶋佳苗の関係は、子供の頃からあまり良くなかったのだそうです。

生い立ち④小学生時代から盗み癖あり

生い立ちその4「小学生時代から盗み癖あり」をご覧下さい。木嶋佳苗の家は裕福だったのですが、木嶋佳苗には何故か小学校の頃から盗み癖があり、両親を悩ませていました。木嶋佳苗が盗んだものの弁償などは両親が行なっていました。

生い立ち⑤高校時代には窃盗に加担で保護観察処分

生い立ちその5「高校時代には窃盗に加担で保護観察処分」をご覧下さい。木嶋佳苗は、高校2年の時、交際していた40代男性に「知人の家から通帳と印鑑を盗み出せ」と指示され、800万円もの金を盗み出しました。この罪で木嶋佳苗は保護観察処分となりました。盗んだ800万円は木嶋佳苗の両親が返済しています。

生い立ち⑥東洋大学に進学するも学費未納で退学

生い立ちその6「東洋大学に進学するも学費未納で退学」をご覧下さい。高校卒業後に上京した木嶋佳苗は、東洋大学に進学しました。しかし、入学して間もなく学費未納で退学になっています。学費が金銭的な事情で払えなかった訳ではなく、他の事に金を使っていたようです。

20代の木嶋佳苗は万引きや詐欺行為で数度の逮捕

大学を中退した後の木嶋佳苗は、万引や詐欺行為で数度逮捕されています。1999年には化粧品の万引容疑で逮捕され、2000年には本の万引容疑で逮捕され、2001年には現金窃盗容疑で逮捕され、2003年にはネットオークションの詐欺容疑で逮捕されました。この時は懲役2年6ヶ月・執行猶予5年の刑を言い渡されています。

木嶋佳苗は若い頃から熟した子供だった?

木嶋佳苗は若い頃から熟した子供だったと言われています。知能も非常に高かったのですが、身体も同年齢の女子より成長が早い傾向にありました。中学の時には援助交際の噂が立ち、周囲を驚かせています。

年齢8歳で初潮を迎える

木嶋佳苗が初潮を迎えたのは8歳の時でした。初潮を迎える平均年齢は12歳とされていて、ほとんどの女性が10歳から14歳の間に迎えるので、8歳というのはかなり早いです。身体的な成長が早いと初潮もそれに伴って早くなるようです。木嶋佳苗もそのタイプでした。

モテるが変わり者?

木嶋佳苗はモデルタイプの美人という訳ではないのですが、男性に非常にモテていました。一方で変わり者だとも言われていたようです。木嶋佳苗の母親も変わり者と呼ばれていたので、仲が悪い母娘でもそういうところが似ていたのかも知れません。

首都圏連続不審死事件の犯行手口の概要

この章では、首都圏連続不審死事件の犯行手口の概要について解説します。首都圏連続不審死事件の被害者達の他にも、木嶋佳苗に騙された男性が何人もいました。木嶋佳苗はどんな手口を使って男性達を騙していたのでしょうか?その手口の概要をご覧下さい。

癒しの体型と雰囲気が武器?

多くの人が木嶋佳苗について「美人ではない」と表現しています。しかし、木嶋佳苗は被害者を含めた男性達の心を強く捉え、首都圏連続不審死事件の主犯として収監された後にも彼女に近付こうとする男性は後をたちません。

木嶋佳苗に惹かれる男性は、「木嶋佳苗のふくよかな体型と女性らしい雰囲気に癒やされ、彼女の虜になっていくのではないか?」と言われています。

木嶋佳苗は料理上手だった

木嶋佳苗と被害者達とは婚活サイトを通じて知り合ったのですが、その時にも料理をテーマにした自身のブログを紹介し、家庭的な一面をアピールしていました。そして交際をスタートさせてからは実際に手料理を振る舞い、料理の腕でも男性達の心を掴んでいったのです。

育ちの良さから話術や文才に満ちていた

裕福な家に育った木嶋佳苗は教養が高く、話術に長けていました。文才もあり、木嶋佳苗のブログから彼女のファンになった人も少なくありません。更に木嶋佳苗は素晴らしい声の持ち主です。声優ばりの美しい声で巧みな話術を繰り出す木嶋佳苗は、非常に魅力的な女性だったのです。

奔放な木嶋佳苗の性欲とは

木嶋佳苗は、自分の奔放な性欲について公判で語っていました。そして、男性を夢中にさせるテクニックも持ち合わせているのだと明かしています。自分の奔放さも、男性達を手玉に取るための武器に使っていたのです。

首都圏連続不審死事件の裁判と判決

この章では、首都圏連続不審死事件の裁判と判決の概要をご紹介します。首都圏連続不審死事件の裁判の結果、主犯である木嶋佳苗にはどのような刑罰が下されたのでしょうか?

首都圏連続不審死事件の裁判について

首都圏連続不審死事件の刑事裁判はさいたま地方裁判所で開かれました。殺人未遂3件と詐欺と詐欺未遂6件と窃盗1件についての併合審理となり、約100日間にも及ぶ長期裁判となりました。

木嶋佳苗への死刑判決

首都圏連続不審死事件の第一審の裁判で、木嶋佳苗は2012年4月に死刑を宣告されました。木嶋佳苗側はその判決に反発し、その日のうちに控訴の手続きを取っています。しかし第二審でも同じ判決が下ったのでした。

死刑判決に納得いかず上告するも棄却され死刑確定

第二審でも死刑を言い渡された木嶋佳苗側は、第一審の時と同様に即上告しています。木嶋佳苗側は「被害者は自殺」だと言う主張を続けましたが、最高裁判所でもそれは認められず、2017年4月に上告が棄却され、木嶋佳苗の死刑が確定しました。

判決その後も木嶋佳苗は反省の様子が無いとの噂

死刑判決が下った後も、木嶋佳苗は反省の意を見せませんでした。控訴・上告が棄却された後も、木嶋佳苗の態度は変わっていません。獄中でも至って平常な様子で毎日を過ごしています。

木嶋佳苗の実家の家族のその後も調査

木嶋佳苗の実家の家族のその後を調査したところ、木嶋佳苗の父は2005年に自動車事故で死亡していた事が判明しました。母は健在ですが、木嶋佳苗の面会に来る事はありません。木嶋佳苗の妹は度々面会に訪れているようです。

木嶋佳苗死刑囚の獄中結婚とその後

木嶋佳苗は、首都圏連続不審死事件の主犯として収監された後に数回獄中結婚をしています。この章では、木嶋佳苗の獄中結婚の概要と、獄中結婚の後の木嶋佳苗の様子について調べた結果をお伝えします。

木嶋佳苗死刑囚は獄中でもモテた?

首都圏連続不審死事件で逮捕される前もモテていた木嶋佳苗ですが、獄中でも変わらずモテていたようです。刑務所内で出会いがあった訳ではなく、刑務所の外から訪れた男性が木嶋佳苗を求めていたのです。

3度の獄中結婚歴あり

木嶋佳苗は3度獄中結婚をしています。相手は刑務所の外で一般的な生活をしている男性達です。木嶋佳苗と男性達はどういう経緯で知り合い、獄中結婚に至っているのでしょうか?

獄中結婚とは

ここで獄中結婚について簡単に解説します。獄中結婚というのは、勾留中ないし刑の執行中で刑務所や拘置所にいる人物が結婚をする事です。日本国憲法に定められた婚姻に関する諸権利も保障されます。

獄中結婚相手①60代の男性支援者

木嶋佳苗の1人目の獄中結婚相手は、60代の男性支援者です。木嶋佳苗とこの男性は2015年3月に結婚しました。2013年に文通を始め、2014年に木嶋佳苗から交際を申し込み、結婚に至りました。しかし、2016年に男性が事故で金銭援助が出来なくなった後、離婚しています。

離婚後は養子縁組になり驚きの展開

木嶋佳苗は、後にこの男性と養子縁組を結んでいます。木嶋佳苗は男性と離婚した後2回目の獄中結婚をしているのですが、男性が「それでも金銭援助をしたい」と申し出たため、養子縁組という形になったのだそうです。

獄中結婚相手②土井という男性と再婚

木嶋佳苗の2人目の獄中結婚相手は、土井という男性です。木嶋佳苗とこの男性は、木嶋佳苗が逮捕される前からの知人でした。この男性も、収監した後の木嶋佳苗を支援していた1人でした。しかし、この男性とも2018年に離婚してしまいました。

獄中結婚相手③週刊新潮のデスクとのW略奪愛

木嶋佳苗の3人目の獄中結婚相手は、週刊新潮のデスクです。結婚したのは2018年1月の事でした。そして、この結婚は何とW略奪愛でした。木嶋佳苗は当時土井という男性の妻であり、3人目の夫となった男性も既婚者だったのです。しかも週刊新潮のデスクをしている男性とあって、3度目の獄中結婚は大きな話題となりました。

獄中結婚生活の様子はブログでも公開

木嶋佳苗の獄中結婚生活の様子は、木嶋佳苗のブログでも公開されています。刑務所ではインターネットが利用できないため、木嶋佳苗が肉筆の本文を支援者に送り、支援者が本文を撮影したもの、あるいはライターがパソコンで文字入力したものがブログにアップされるのです。

作家の佐藤優までも虜に?

日本の外交官でもある作家の佐藤優さんも、木嶋佳苗の虜になったと噂されています。佐藤優さん自身が、2017年5月に木嶋佳苗に1万円分の花とりんごを贈ったと告白したからです。拘置所ではりんごが購入できないためにりんごを選んだそうです。佐藤優さんは、木嶋佳苗からお礼のメッセージを受け取ったと語りました。

首都圏連続不審死事件で木嶋佳苗は死刑判決で3度の獄中結婚

首都圏連続不審死事件を起こし、死刑が確定した木嶋佳苗ですが、首都圏連続不審死事件の概要や生い立ちなどを振り返ると、被害者達を夢中にさせるだけの技量を持った女性だという事が分かります。

騙された被害者達が悪いのではありません。木嶋佳苗がそれだけの力を持った女性だったからなのです。木嶋佳苗のブログは2018年5月18日以降更新されていませんが、再開を待ち望む人も少なくないようです。今後の木嶋佳苗の情報に注目をしていきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ