太地喜和子と三國連太郎の関係!熱愛のその後は?二人のエピソードなどまとめ

1992年に48歳という若さで夭折した女優・太地喜和子さんと三國連太郎さんの関係について振り返ってみましょう。太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛関係のその後はどうなったのでしょうか?太地喜和子さんと三國連太郎さんのエピソードなどをご覧下さい。

太地喜和子と三國連太郎の関係!熱愛のその後は?二人のエピソードなどまとめのイメージ

目次

  1. 1太地喜和子のプロフィール
  2. 2太地喜和子と三國連太郎の関係
  3. 3太地喜和子と三國連太郎の熱愛のその後は?
  4. 4太地喜和子と三國連太郎の対談エピソード!
  5. 5太地喜和子の三國連太郎以外の歴代熱愛彼氏【厳選】
  6. 6太地喜和子と三國連太郎は火傷しそうな熱愛関係だった

太地喜和子のプロフィール

・愛称:不明
・本名:太地喜和子(たいじきわこ・読み方違い)
・生年月日:1943年12月2日
・年齢:享年48歳(1992年10月13日逝去)
・出身地:東京都中野区
・血液型:非公表
・身長:非公表
・体重:非公表
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:文学座
・家族構成:不明

太地喜和子の経歴

1943年12月2日に東京都中野区で生まれた太地喜和子(たいちきわこ)さんは、生後間もなく養父母に引き取られました。松蔭高校に通っていた頃に東映ニューフェイスの第6期に合格し、東映と専属契約を結んで「志村妙子」名義で女優活動を開始しました。

高校卒業後に東映を離れて俳優座養成所に入った太地喜和子さんは、杉村春子さんに傾倒して1967年に文学座に入団しています。「杉村春子の後継者」と期待され、多くの舞台・テレビドラマ・映画に出演していましたが、1992年10月13日に『唐人お吉』の舞台に立つために訪れた静岡県伊東市で事故に遭って48歳で亡くなり、早すぎる死が惜しまれました。

太地喜和子と三國連太郎の関係

太地喜和子さんの名はしばしば三國連太郎さんと並び称されます。太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛は世間で非常に有名だったからです。太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛ロマンスをご紹介する前に、もう1人の主役である三國連太郎さんの経歴をご覧下さい。

三國連太郎とは

三國連太郎さんは1923年1月20日に群馬県太田市で生まれました。太平洋戦争終結後に多種多様な職業を経験した三國連太郎さんでしたが、1950年に上京して東銀座を歩いていた時に松竹のプロデューサーにスカウトされ、俳優の道に入りました。

幅広いジャンルの作品に出演し、幅広い役柄をこなして名優と呼ばれた三國連太郎さんは、その生涯で180本以上の映画に出演しています。晩年は老人ホームで暮らしていましたが、2013年4月14日に急性呼吸不全で亡くなりました。御年90歳でした。生前は「戒名は要らない。三國連太郎のままで行く」と語っていたそうです。

三國連太郎とは熱愛関係だった

太地喜和子さんと三國連太郎さんは熱愛関係でした。太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛は業界でも世間一般でも話題をさらいました。しかし、太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛は結婚という形では結実しませんでした。

太地喜和子さんと三國連太郎さんが破局した後、太地喜和子さんは「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言しています。対する三國連太郎さんも、1981年6月に発売された『週刊読売』のインタビューで「今までで惹かれた女優さんは一人だけです。太地喜和子さんだけです。僕は、男に影響を与える女の人が好きです」と語っていました。

三國連太郎と繰り広げられた熱愛ロマンスとは

太地喜和子さんが三國連太郎さんと繰り広げられた熱愛ロマンスの概略をご紹介します。太地喜和子さんと三國連太郎さんが出会ったのは、新進女優だった太地喜和子さんが19歳で、大スターだった三國連太郎さんが41歳の時でした。

三國連太郎さんに恋をした太地喜和子さんは、当時所属していた俳優座をやめ、映画『飢餓海峡』を撮影していた三國連太郎さんを追って、ロケ地の北海道まで飛んでいったそうです。しかし、『飢餓海峡』で三國連太郎さんの相手役である左幸枝さんが演じた杉戸八重への嫉妬に苦しみ、数ヶ月で北海道を去って女優の道に戻りました。

そこで2人の恋が終わったのではありません。当時妻子持ちだった三國連太郎さんは太地喜和子さんの実家に挨拶に行き、「10年経ったらせがれが自立できるようになるので、結婚させてほしい」と結婚を頼み、そのまま太地喜和子さんの実家で同棲を開始したのです。

三國連太郎との熱愛関係に対する世間の声

太地喜和子さんと三國連太郎さんとの熱愛関係に対する世間の声を見てみましょう。太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛関係は、現代日本だと「不倫」という事でマスコミにも世間にも叩かれる可能性が極めて高いものでした。

しかし、当時の日本人は太地喜和子さんと三國連太郎さんの道ならぬ恋に対して「大恋愛」「年齢差を物ともしない恋心は素晴らしい」と感嘆していたようです。過去の出来事であるためか、現代日本でも太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛を非難する声はほとんどありませんでした。

太地喜和子と三國連太郎の熱愛のその後は?

太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛のその後を見てみましょう。太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛はその後どんな展開を見せたのでしょうか?太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛のその後の流れをご紹介します。

熱愛のその後は破局へ

「世紀の大恋愛」とまで称された事がある太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛のその後は、残念ながら破局へ向かいました。不倫の恋ながら10年後には結婚する事を目指していた太地喜和子さんと三國連太郎さんでしたが、その夢を果たす事は出来なかったのです。

三國連太郎が太地喜和子から逃げた?

三國連太郎さんが太地喜和子さんから逃げた事で破局したようです。太地喜和子さんと三國連太郎さんは太地喜和子さんの実家で同棲していましたが、数ヶ月後に三國連太郎さんが「疲れた」という書き置きを残し、太地喜和子さんから去っていったのです。打ちひしがれた太地喜和子さんでしたが、女優業に打ち込む事で再起しました。

破局理由が判明したのは10年後の対談

太地喜和子さんと三國連太郎さんの破局理由が判明したのは、2人が破局して約10年後の対談での事でした。太地喜和子さんが対談の席で三國連太郎さんに「どうして逃げ出したんですか」と尋ねたのです。太地喜和子さんと三國連太郎さんの対談の経緯や対談の内容については次の章でご紹介します。

太地喜和子と三國連太郎の対談エピソード!

太地喜和子さんと三國連太郎さんの熱愛のその後に行なわれた対談エピソードをご紹介します。太地喜和子さんと三國連太郎さんは対談において自分達の熱愛エピソードをどう語ったのでしょうか?在りし日の太地喜和子さんと三國連太郎さんを振り返ります。

女性週刊誌での対談が話題に

太地喜和子さんと三國連太郎さんは女性週刊誌での対談が話題になりました。太地喜和子さんと三國連太郎さんとの対談が女性週刊誌で実現したのです。破局から約10年という歳月が経過していました。

どういう経緯でこの企画が立てられたのかは不明ですが、太地喜和子さんも三國連太郎さんも対談のオファーに難なく応じたようです。理由はどうあれ、お互いにお互いの姿をその目で確認したかったのかも知れません。

対談で語った当時の熱愛や破局理由とは

太地喜和子さんと三國連太郎さんが対談で語った当時の熱愛や破局理由をご紹介します。対談の中で『飢餓海峡』の杉戸八重への嫉妬も語った太地喜和子さんですが、三國連太郎さんが何故書き置きを残して太地喜和子さんの元を去ったのかについても尋ねていました。

「どうして喜和子から逃げ出したんですか?」と尋ねた太地喜和子さんに、三國連太郎さんは長い沈黙の後にこう答えました。「あなたの体にひれ伏す事が嫌だった、そういう事です」と。その時は毎日でも身体を重ねる事は出来るが、それが未来永劫続く訳じゃないとも語っていました。

現在は天国で再会しているのであろうか

三國連太郎さんが10年目に明かした別離の真実に対して、太地喜和子さんは「でも良かった。お会いできて」と答えています。本当に嬉しかったのでしょう。それを機に太地喜和子さんと三國連太郎さんの焼けぼっくいに火がつくという事は起こらず、対談もそれが最初で最後のものとなりました。

そして1992年に太地喜和子さんは不慮の事故で亡くなり、それから21年後の2013年に三國連太郎さんもこの世を去りました。三國連太郎さんが亡くなった後は天国で再会を果たしたのではないでしょうか?

太地喜和子の三國連太郎以外の歴代熱愛彼氏【厳選】

「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言していた太地喜和子さんですが、熱愛を噂された男性は他にもいました。この章では、太地喜和子さんの三國連太郎さん以外の歴代熱愛彼氏をご紹介します。元旦那である秋野太作さんの経歴から見てみましょう。

歴代熱愛彼氏①秋野太作(元旦那)

歴代熱愛彼氏・1人目は秋野太作さんです。三國連太郎さんとの悲しい別離を経た後の太地喜和子さんは、俳優座で同期だった秋野太作さんと交際をスタートさせました。熱愛から結婚への経緯をご紹介する前に、太地喜和子さんの元旦那である秋野太作さんの経歴を見てみましょう。

秋野太作とは

秋野太作さんは1943年2月14日に東京都台東区で生まれました。俳優座養成所に15期生として入所した後、俳優座座員として芸能活動を開始しています。1975年から放映されたドラマ『俺たちの旅』で大人気を博し、スターダムにのし上がりました。デビューから数年間の芸名は津坂匡章でしたが、後に現在の芸名である秋野太作に改名しています。

秋野太作との熱愛から結婚まで

秋野太作さんとの熱愛から結婚までの足跡を辿ります。太地喜和子さんが秋野太作さんと結婚したのは1974年の事です。その時太地喜和子さんは30歳でした。太地喜和子さんと秋野太作さんが恋に落ちた時期は明かされていませんが、俳優座で同期だった2人が仕事の関係などで再会し、やがて恋人同士になったのではないかと言われています。

秋野太作との離婚

秋野太作さんとの離婚についても見てみましょう。1974年に結婚をした太地喜和子さんと秋野太作さんでしたが、8ヶ月で離婚に至りました。

離婚後の太地喜和子さんは「サービス精神がある限り、見ている人に『この人は帰ったら所帯がある』と思わせてはいけない」と語り、その後は誰とも結婚しませんでした。秋野太作さんは離婚の翌年に再婚しています。

歴代熱愛彼氏②中村勘三郎

歴代熱愛彼氏・2人目は中村勘三郎(十八代目)さんです。太地喜和子さんと中村館三郎さんは、太地喜和子さんが31歳、中村館三郎さんが19歳の時、太地喜和子さんの主演舞台『桜吹雪 日本の心中』で出会いました。

共演者として出会ったのではなく、中村館三郎さんが舞台を観に訪れて太地喜和子さんの目に留まり、交流がスタートしたのです。太地喜和子さんと中村館三郎さんの熱愛の経緯をご覧いただく前に、中村勘三郎さんの経歴をご紹介します。

中村勘三郎とは

中村館三郎さんは1955年5月30日に東京都で十七代目中村館三郎の長男として生まれました。1959年に五代目中村勘九郎を襲名して初舞台を踏み、その後は舞台だけではなくテレビドラマ・映画などで子役として活躍するようになりました。

本業の歌舞伎でも現代劇でも才能を発揮し、広い分野で名声を轟かせています。2012年に食道癌に罹患して療養生活を開始し、食道癌手術は成功したもののその後肺炎を発症し、12月5日に亡くなりました。

中村勘三郎との熱愛の真相

中村勘三郎さんとの熱愛の真相を見てみましょう。太地喜和子さんの舞台を観た事から交流が始まった2人は、やがて熱愛関係になりました。しかし、太地喜和子さんの男性関係に中村館三郎さんが激しく嫉妬するようになり、2人の熱愛に翳りがさすようになっています。

中村館三郎さんが嫉妬が高じて太地喜和子さんを突き飛ばし、太地喜和子さんがテーブルで頭を打って出血するという怪我をした事もありました。その翌日に開催された制作会見に太地喜和子さんが包帯姿で現れた事は、現在も業界で語り継がれているそうです。

出会ってから3年間交際をしていた太地喜和子さんと中村感三郎さんでしたが、中村館三郎さんが太地喜和子さんにのめり込み過ぎている事と、梨園の人間である中村館三郎さんの将来を案じた太地喜和子さんは、中村館三郎さんに別れを告げて破局に至りました。

破局後の中村館三郎さんは、1980年に七代目中村芝翫さんの次女である好江さんと結婚しましたが、太地喜和子さんの訃報を聞いた時に号泣したそうです。中村館三郎さんにとっても、太地喜和子さんは忘れ得ぬ女性だったのではないでしょうか?

番外編:志村けんとも熱愛関係?

番外編では志村けんさんとの熱愛についても見てみましょう。太地喜和子さんは志村けんさんの大ファンだと公言していました。その縁で、志村けんさんの冠番組である『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』や『志村けんのだいじょうぶだぁ』に出演してコントを披露した事もあります。

太地喜和子さんと志村けんさんは共に独身の男女だったため、親交を深めているうちに熱愛を噂されるようになりましたが、実際に交際していたかは現在も謎に包まれたままです。太地喜和子さんが亡くなった時には『志村けんのだいじょうぶだぁ』で太地喜和子さんの追悼企画が放映されました。

Thumb太地喜和子の死因は事故?色気や恋愛がすごい?志村けんなどとの関係は?
太地喜和子さんは26年前に亡くなっているので若い方はご存知ないかと思いますが、独特の雰囲気と...

太地喜和子と三國連太郎は火傷しそうな熱愛関係だった

太地喜和子さんと三國連太郎さんは火傷しそうな熱愛関係でした。短いながらも語り草になるような大恋愛をした太地喜和子さんと三國連太郎さんは、それぞれの存在も熱愛も、この先長く伝説として語り継がれていく事でしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ