太賀(俳優)は【あまちゃん】に出演してた?役やシーンは?

近年、数多くの人気作品に出演して注目を集めている俳優の太賀(たいが)さん。そんな太賀さんが「あまちゃん」に出演していたと話題になっています。いったい太賀さんはどんな役で「あまちゃん」に出演していたのでしょうか?太賀さんの役柄や出演シーンを調査しました。

太賀(俳優)は【あまちゃん】に出演してた?役やシーンは?のイメージ

目次

  1. 1太賀のプロフィール
  2. 2太賀が「あまちゃん」に出演していた?
  3. 3太賀のあまちゃんでの役は?
  4. 4太賀はあまちゃんでクドカンに認められた?
  5. 5最近は数々の話題作に出演
  6. 6あまちゃん出演当時の太賀は駆け出しのチョイ役

太賀のプロフィール

・愛称:不明
・本名:中野太賀
・生年月日:1993年2月7日
・年齢:26歳(2019年6月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:168センチ
・体重:不明
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:スターダストプロモーション
・家族構成:父(中野英雄)、母

太賀の経歴

太賀さんは俳優の中野英雄さんの次男で、太賀さん自身は13歳の時に芸能界デビューしています。太賀さんが俳優として初めて出演した作品は2006年のドラマ「新宿の母物語」でした。

デビュー以降の太賀さんは数多くの作品に出演を重ねますが、なかなかブレイクとまではいきません。しかし、2016年にドラマ「ゆとりですがなにか」に出演したことで太賀さんは一躍脚光を浴びることになり、芸歴10年にしてようやく才能が開花していきます。

それ以来、太賀さんは様々な作品で重要な役を演じることになり、2018年に漫画の実写ドラマ「今日から俺は!!」に出演した時にも話題になりました。太賀さんは2019年にも様々な作品に出演しており、現在旬の俳優として注目を集めています。

太賀が「あまちゃん」に出演していた?

現在俳優として様々な作品で活躍している太賀さん。そんな太賀さんが2013年に流行したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演していたことが話題になっています。

NHK朝ドラ「あまちゃん」とは

「あまちゃん」は2013年度上半期に放送されていたNHK連続テレビ小説です。母親の故郷で海女をしていた主人公がひょんなことからアイドル活動を始め、地元を盛り上げるために奮闘する様子を描いた作品です。

「あまちゃん」は岩手県・北三陸地方を舞台にしており、登場人物のセリフにもその土地の方言が使われています。

その中でも話題になったのは、驚いた時に使われる「じぇじぇじぇ」という言葉です。「あまちゃん」放送当時は多くの視聴者がこの言葉を真似するようになり、2013年の「新語・流行語大賞」の年間大賞にも選ばれました。

脚本は宮藤官九郎

「あまちゃん」の脚本を担当したのは宮藤官九郎さんです。宮藤官九郎さんがNHKで脚本を手掛けるのは「あまちゃん」が初めてのことでした。

「あまちゃん」を作るにあたって宮藤官九郎さん自身も岩手県・久慈市に取材に訪れ、現地で「あまちゃん」を盛り上げるためのネタを拾い集めていたようです。

あまちゃんのメインキャストおさらい

社会現象を巻き起こすほど話題になった「あまちゃん」。そんな「あまちゃん」にはどんな俳優・女優が出演していたのでしょうか?太賀さんの出演シーンの前に、まずは「あまちゃん」のメインキャストについて紹介します。

主人公:天野アキ(能年玲奈)

「あまちゃん」の主人公・天野アキは能年玲奈さんが演じています。アキ役にはオーディションを経て選ばれており、能年玲奈さんは「あまちゃん」でドラマ初主演を果たしました。

天野春子(小泉今日子)

主人公の母・天野春子は小泉今日子さんが演じています。春子は若い頃にアイドルを目指していたという人物で、もともとアイドルだった小泉今日子さんにはぴったりの役ではないでしょうか?

ちなみに、若い頃の春子は有村架純さんが演じていますが、有村架純さんはこれを機にブレイクしています。

天野夏(宮本信子)

主人公の祖母・天野夏は宮本信子さんが演じています。若い頃の春子と夏が対立するシーンは視聴者の間で話題になりました。

足立ユイ(橋本愛)

主人公の親友・足立ユイは橋本愛さんが演じています。ユイはアイドルを目指す美少女で、主人公とともにアイドルユニット・潮騒メモリーズを結成していました。

橋本愛さんは当初ユイに共感できなかったといいますが、ユイが「アイドルになりたい」と自分の気持ちを告げるシーンでようやくユイに共感できるようになったそうです。

足立ヒロシ(小池徹平)

ユイの兄である足立ヒロシは小池徹平さんが演じています。ヒロシは当初アキに片思いしており、その恋の行方にも注目が集まっていました。

ヒロシは「あまちゃん」の中で「ストーブさん」というあだ名で呼ばれていたのですが、「あまちゃん」が放送されていた当時は小池徹平さん自身も街で気付かれた時に「ストーブさん」と呼ばれていたようです。

鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)

アキが憧れる大女優・鈴鹿ひろ美は薬師丸ひろ子さんが演じています。薬師丸ひろ子さんがNHK連続テレビ小説に出演するのは「あまちゃん」が初めてのことでした。

オファーが来た時は大女優という役柄のせいもあり、不安を抱えていたようですが、実際には見事に鈴鹿ひろ美役を演じ切っています。

前髪クネ男(勝地涼)

前髪クネ男ことTOSHIYAは勝地涼さんが演じています。前髪クネ男はアキが出演する映画の相手役として登場しただけなのですが、独特なキャラクターで視聴者の注目を集めていました。

前髪クネ男は前髪をくねらせて腰を振る姿が印象的だったのですが、腰を振る動作の指導などは共演者の古田新太さんが行っていたようです。

太賀のあまちゃんでの役は?

太賀さんは「あまちゃん」のメインキャストではありませんでした。では一体太賀さんはどのシーンに出演していたのでしょうか?太賀さんが「あまちゃん」で演じた役や、太賀さんが出演していたシーンを調査しました。

主人公空きが40回のNGを出したシーンに登場

「あまちゃん」で太賀さんが出演していたシーンを紹介します。太賀さんは主人公・アキが映画の撮影でNGを連発するシーンのほか、前髪クネ男が登場するシーンにも登場していたようです。

太賀はAD役だった

「あまちゃん」で太賀さんが演じていたのはAD小池役でした。太賀さんが出演するシーンはそれほど多くなかったようですが、太賀さん演じるAD小池が独特だったため、意外と視聴者の印象的に残っているようです。

名前もない端役?

「あまちゃん」での太賀さんの出演シーンはほとんどなく、セリフも少なかったようです。そのため、太賀さんが「あまちゃん」に出演していたということを知らない方も多いのではないでしょうか?

タオルを巻いた姿が初々しいと評判

「あまちゃん」で太賀さんが演じていた役がADだったため、太賀さんは役作りのために頭に白いタオルを巻いていました。その太賀さんの姿が初々しいと評判になっています。

太賀はNHK大河ドラマにも結構登場

太賀さんは「あまちゃん」以外にもNHKのドラマに多数出演しています。太賀さんが出演していた作品を紹介します。

2007年「風林火山」

「風林火山」は2007年のNHK大河ドラマです。井上靖さんの小説を原作にしており、武田信玄の軍師・山本勘助の生涯を描いています。この作品で太賀さんは第37話に登場する竜若丸役を演じています。

2009年「天地人」

「天地人」は2009年のNHK大河ドラマです。火坂雅志さんの小説を原作にしており、戦国時代に活躍した武将・直江兼続の生き様を描いています。この作品で太賀さんは第45話から登場する直江景明役を演じています。

2011年「江〜姫たちの戦国〜」

「江〜姫たちの戦国〜」は2011年のNHK大河ドラマです。田渕久美子さんの小説を原作にしており、徳川秀忠の正室・江の人生や江を取り巻く人間関係を描いています。この作品で太賀さんは第39話から登場する豊臣秀頼役を演じています。

2013年「八重の桜」

「八重の桜」は2013年のNHK大河ドラマです。物語では新島襄の妻・八重の生涯を描いています。太賀さんは第46話から登場する徳富健次郎役を演じています。

太賀はあまちゃんでクドカンに認められた?

「あまちゃん」では出演シーンが少なかった太賀さん。しかし、数年後には別の宮藤官九郎さんの脚本作品で太賀さんは重要な役を演じています。

2016年「ゆとりですがなにか」では太賀は重要な役に

太賀さんが重要な役を演じた宮藤官九郎さんの脚本作品は、2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」です。

太賀さんはこの作品で山岸ひろむという役を演じているのですが、この山岸という男は空気を読まない発言を連発するキャラクターで、視聴者の間でも話題になっていました。

こうした役柄のせいもあって、演じていた太賀さん自身も私生活で周囲の人にイラつかれてしまうことがあったようです。

ゆとりモンスター山岸は評判でスピンオフも

「ゆとりですがなにか」で太賀さんが演じた山岸は人気となり、山岸が主人公となったスピンオフ作品「山岸ですがなにか」がHuluで配信され、そちらも話題になりました。

最近は数々の話題作に出演

「ゆとりですがなにか」への出演をきっかけに俳優としてブレイクした太賀さん。そんな太賀さんは近年、数々の話題作に出演しています。太賀さんが近年出演していた作品をいくつか紹介します。

2018年映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は2018年の映画です。歌川たいじさんのエッセイが原作ですが、歌川たいじさん自身が児童虐待を受けていた経験をもとに描かれた作品ということもあり、話題になりました。

この作品で太賀さんは主人公の歌川タイジ役を演じています。共演者の吉田羊さんは「全体を通して太賀君の目がずっと怖かった」と、役に入り込んでいた太賀さんの演技を絶賛しています。

2018年「今日から俺は!!」

「今日から俺は!!」は2018年のドラマです。西森博之さんの漫画を原作にしており、高校でツッパリデビューする主人公の生活を描いています。

この作品で太賀さんが演じたのは紅羽高校の番長・今井勝俊役です。「今日から俺は!!」自体コメディ要素が強いのですが、その中でも太賀さんは振り切った演技をしており、太賀さん演じる今井の魅力に取りつかれる人が続出していました。

2019年には3本の映画に出演が決定

太賀さんは2019年にもすでに3本の映画に出演済みです。2019年秋に公開予定の「タロウのバカ」にも、太賀さんはスギオ役で出演することが決定しています。

あまちゃん出演当時の太賀は駆け出しのチョイ役

今回は、今話題の俳優・太賀さんについての情報を紹介しました。「あまちゃん」には脇役で出演していた太賀さんですが、近年は様々な作品で重要な役を演じるなど、俳優としての才能を開花させています。

まだ26歳と若い太賀さんですから、今後も幅広い場面で活躍を見せてくれるのではないでしょうか?太賀さんの活躍を応援していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ